番組紹介

ラジオNIKKEI第1<EAST> 毎週土・日曜日 9:30~16:45
ラジオNIKKEI第2<WEST> 毎週土・日曜日 9:30~16:45

短波放送およびradiko.jpのラジオNIKKEI第1でEAST(東京・中山・福島・新潟)/札幌・函館、短波放送およびradiko.jpの第2でWEST(京都・阪神・小倉・中京)/札幌・函館、中央競馬の全レースを、東西充実のアナウンサー陣が実況。全国競馬ファンの熱い声援に応え続けています。

新着記事

直線1000m対策を練らねば。。。 [山本直の修行日誌]

2016.07/25 山本 直 記事URL

こんにちは、山本直です。
今週末から新潟、小倉、札幌の開催がスタート。夏競馬も早いもので後半戦です。






もう某アナも"絶頂"状態です。そんな某小林アナ(言っちゃった^^;)と私がしゃべっている60周年記念サイトのCMが放送されています。
ぜひチェックしていただければ、と思っております。

私は金曜日の朝から新潟出張を控えています。新潟といえば"直線1000m=直千"でしょうか。
やはり実況が難しい条件のひとつには数えられると思います...と濁したように書きましたが、
ぶっちゃけ難しいです、本当に。

アナウンサーによって戦略(?)は異なりますが、今週は私が実況する際に気をつけていることをご紹介します。

まず、本馬場入場。そこから?と思われるかもしれませんが、そこからです。
場内・場外向けの紹介アナウンスが終わった後、双眼鏡や塗り絵を見ながら馬を覚えます。
しかし直線競馬の場合、真っ直ぐ発走地点に向かってしまいます。
ただでさえ小さく見える上に、ゲートの裏に回ってしまった後は本当に見えなくなってしまいます。
ですからターフビジョンや手元のモニターにかじりついて覚えます。

で、レース。ファンファーレが鳴ってしゃべり始めるわけですが、ゲート入りが本当にわからないのです。
1000m先にあるゲートを暑い夏の新潟で見ようとすると、陽炎にゆらゆらとしていてなかなか見えません。
ですので、またもやターフビジョンや手元のモニターに頼ります。

ただ、ゲートが開く瞬間だけは違います。
皆さんご存知だと思いますが、場内・場外の映像はデジタル化されています。
ターフビジョンはほとんど誤差がありませんが、手元のモニターはいくらか遅れています。
なので、モニターに合わせて「スタートしました」というとちょっと間が空いてしまうのです。
陽炎の向こうでもゲートの開閉はしっかり見えますから、双眼鏡で見てみます。(二日酔いだと酔いそうのは内緒)

そこからはまたモニターに目を転じます。時間差があるのは良くないのでターフビジョンを見ることもあります。
直線競馬独特の並走カメラで実況しながら位置取りを把握します。
中間点で並走カメラから正面の映像に切り替わったところで、双眼鏡に目を移します。
その後は通常のレースと同じですが、馬群が縦より横に広がるのでそのあたりは気をつけたいところです。

今週は土曜の閃光特別、日曜のアイビスサマーダッシュが控えています。
ぜひ新潟競馬場でお楽しみください!(NGT48が見たいな......)

では、また来週!

流行に乗ってみました!? 7月24日(日)の放送予定 [番組情報]

2016.07/23 小塚 歩 記事URL

【9月4日まで「夏の2歳単勝」 2歳戦の単勝の払戻金に売り上げの5%相当額が上乗せ】
【日曜福島は山本高広さん、日曜中京はフリーパスの日で朝比奈彩さんがゲスト】
【日曜函館はMMN(マジで見逃せない)DAIGOさんのトーク。】
【そして3競馬場とも、みんな大好き馬場開放が!福島→こちら、中京→こちら、函館→こちらをご覧ください】


「ポケモンGO」すごいですね。任天堂の株が爆上げ。
アメリカのお祭り騒ぎをみて戦々恐々、どこか冷めた目で見ていたのですが。


22日金曜午前、日本でもアプリがリリースとの報。
Twitterを追っていると、早速多くの人がダウンロードしてる(業務中じゃないの?)
ま、まあ、こうなると気になりますよね。実況アナのIT担当としてはw
てなわけで偽アプリに細心の注意を払いつつ、ストアでポチリ。ログイン。


最初はGPSがうまく動かなかったり、カプセル投げるのがうまくいかなかったり
一から試行錯誤しながら、ちょっとずつ動かしていたのです(業務中にw


ふむふむ、これはハマる(・ω・ )


基本的にはスマホの地図見ながら歩いて、キャラクターいたら捕まえて。
進めるといろいろできるんでしょうけど、まだそこまでいってないのです。


会社の近くの蕎麦屋にいたので捕まえました。昼飯の最中に。
その蕎麦屋への道中、スマホをガン見している若い女性がいましたが
きっとこのゲームでしょうねー。


ひとつのゲームがこれだけ社会現象になるのは久しぶりですかね。
確かに楽しいんですが、多くの人が危惧しているように
マナーをしっかり守って、他人に迷惑かけずに遊ばないといけませんね。
歩き回ってキャラクター探して、見つけたら立ち止まる。
駅や商業施設など混雑の中で急に止まられたら、迷惑だし危険ですよね。


ドローンの時も思いましたけど、競馬場の中も心配。
特にパドックや馬場など、馬優先のエリアでバタバタとする人がいませんように...
節度を守って楽しみましょうね、


では、7月 24日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


函館競馬の模様は、全レースラジオNIKKEI第1でお送りします。
開催日は毎日、函館5レースの後函館8レースの後
函館競馬場から現地の情報をお伝えします。


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小木曽大祐(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:10頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:浜田公人(スポーツニッポン)
14:25頃~「今日のコラム」出演:鳥谷越明(スポーツニッポン)


福島実況:山本直也(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:山本直、渡辺和昭
パドック進行:石原李夏
函館実況:舩山陽司(1R~6R)大関隼(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:20頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:50頃~「メインレース展望」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:10頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
13:40頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:20頃~「重賞レース展望」
16:10頃~「来週の重賞レースの見どころ」


中京実況:檜川彰人(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:佐藤泉、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

失意のまま最終週...。 7月23日(土)の放送予定 [番組情報]

2016.07/22 小塚 歩 記事URL

【9月4日まで「夏の2歳単勝」 2歳戦の単勝の払戻金に売り上げの5%相当額が上乗せ】
【日曜福島は山本高広さん、日曜中京はフリーパスの日で朝比奈彩さんがゲスト】
【日曜函館はMMN(マジで見逃せない)DAIGOさんのトーク。】
【そして3競馬場とも、みんな大好き馬場開放が!福島→こちら、中京→こちら、函館→こちらをご覧ください】


函館開幕週、私は確かに言いました。函館芝の中距離はハービンジャーの天下だと。
しかしここまでのところ、さしたるクリーンヒットも出ぬまま最終週を迎えてしまいました。


詳しくはこちら、6月18日付の当ブログを御覧ください。
ハービンジャー産駒の函館芝産駒はトータルで、勝率18.8%もあったのですが
今年は手元の集計によると勝率7.2%...ええー!!(データは7月17日現在)
ハービンジャー産駒をひたすら頭で買い続けていて、そりゃー儲からないわけだ!がっくり。


いやそれでも、買い方によってはうまくプラスになるようなレースはあったんですよ。ええ。
例えば6月25日の函館3R。7番人気、単勝23倍のヌーヴェルダンスが勝ちなかなかの配当、
でも私は違うハービンジャー産駒を軸にしていてハズレ。ほぞを噛む思いをしたものです。


あるいは7月3日の函館9R。8番人気、単勝22.7倍のクラシックエースで大勝負!
なのに取り逃す。ええそうです、勝負は単勝だったのです...馬連でよかったよなあ...。
実況しながら、心中穏やかではなかったのであります。ああ、私はまだまだ未熟。


しかし。最終週ということは、あと1週だけチャンスが残されているわけですよ。
男たるものここで引き下がるわけにはゆかぬ!
どこまでもついていこうじゃないの、ハービンジャー産駒に!


今週はまたハービンジャー産駒が函館に大挙出走! 土曜9頭、日曜8頭(うち芝6頭)。
土曜6Rのウルドは狙い目でしょー! 前走は藤島康介さん結婚報道直後の出走で、
サイン馬券込みで応援したのですけどね(ウルド=「ああっ女神さまっ」の登場人物)。
その前走は小柄な馬体がさらに減っていたのですが、しぶとく伸びていましたし
体が戻っていれば面白いと思うのですが...どうでしょう。


土曜10Rのクラシックエースはもう一度狙うとして、同レース出走チャリシーは
母ブリガドーンが芝2600mで2勝ですし、この距離は合うと思っているんですけどね。
失意を歓喜に変えるべく、今週の馬券も頑張ります!


では、7月 23日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:35頃~「特別レース展望」
11:55頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:15頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:55頃~「野元賢一の競馬のツボ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:浜田公人(スポーツニッポン)
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」


福島実況:中野雷太(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:石原李夏、渡辺和昭、山本直也
パドック進行:山本直也、石原李夏
函館実況:大関隼(1R~6R)舩山陽司(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
永井晴二(共同通信)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「メインレース展望」
11:25頃~「週の中間の話題から」
12:15頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃~「明日の重賞レース展望」


中京実況:小塚歩(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:米田元気、檜川彰人
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

福島12レースの結果と冷やしタンタン麺。 [山本直の修行日誌]

2016.07/17 山本 直 記事URL

こんばんは、山本直です。
今日(17日)の福島12レースは発走が予定より遅れたため、放送で実況と結果をお伝えできませんでした。申し訳ありませんでした。

レースは向こう正面で後方から動いていった藤田菜七子騎手の7番サンペドロの仕掛けに、先行していた馬の中で唯一反応した12番ロードシャリオが3コーナーで先頭に立つ展開になりました。一旦は後続を振り切ったかに見えたロードシャリオでしたが、中団から馬群を捌いた3番サクラルコール(戸崎圭太騎手)がロードシャリオをクビ差交わし切って1着ゴール。タイムは1分46秒0でした。2着にロードシャリオ、好位追走の10番レッツゴースターが3着でした。サンペドロは4着に流れ込む結果になりましたが、藤田菜七子騎手の仕掛けに場内は大きく沸きました。

戸崎圭太騎手は土曜2勝、日曜5勝の固め打ちで、早くも今年111勝目。リーディングジョッキー争いで2位のルメール騎手に14勝差となり、大きなリードとなりました。

福島開催は来週で最終週となります。
以前もご紹介しましたが、福島競馬場のわが一押し夏季限定グルメといえばこれ↓
精華苑の冷やしタンタン麺。
挽肉とコーンとワカメ。ピリッと辛いスープには氷が入っていて、コクがあります。

明日は海の日。中央競馬はありませんが、盛岡で交流重賞のマーキュリーカップと騎手招待競走のジャパンジョッキーズカップ。一方、佐賀はおなじみ九州産馬限定の交流競走・大隅特別、えびの特別が行われます。本番となる霧島賞へのトライアル競走です。

3連休の最終日、どうぞお楽しみください。

私は虎ノ門に戻ってきました。
茅ヶ崎市民にとって海の日は「眠ってはならぬ日」でありまして、これから朝まで寝ずに迎えるつもりです。
その前になんとなく反省会をしてから帰ろう、かな、と思ったり。


では、また来週!

夢のオールスターの楽しみ方。 7月17日(日)の放送予定 [番組情報]

2016.07/16 小塚 歩 記事URL

【9月4日まで「夏の2歳単勝」 2歳戦の単勝の払戻金に売り上げの5%相当額が上乗せ】
【函館記念のプレゼンターは草刈正雄さんです!最終R終了後にはトークステージも】


メジャーリーグは現地火曜、日本プロ野球は今週金曜土曜とオールスター戦が行われています。
直アナがオルティーズの最終打席について書いてました。見ましたよ、あのシーン。
今年での現役引退を表明したオルティーズ、オールスターでの打席も今年で見納めです。
その最後の打席は四球。代走が出されて交代、場内はスタンディングオベーション。
そんな中で、制球定まらず四球にしてしまった? ホセ・フェルナンデス(マーリンズ)。
普段はわりと強心臓なイメージでしたけど、あのシーンは腕振れてませんでしたものね。
マウンドでの「やっちゃった...」みたいな表情、なかなかシーズン中には見られませんよ。


日本のオールスターは、今年は金曜福岡・土曜横浜での開催です。
福岡開催は2010年以来6年ぶり。この6年前のオールスター、実は私ナマで観戦してました。
当時は夏の小倉開催が8週間行われていて、オールスター開催週は小倉が始まって2週目。
これは、ちょっと足を伸ばせばなんとかなるのでは? そう思い立った小塚は檜川アナを誘い
パシフィックのファンが陣取るライトスタンドへ。


いやあ、オールスターの応援って超楽しいんすよ! 楽しいんすよ! 2回言いましたけど。
やってみたい他球団の応援ってありません?
パシフィックだと日本ハムのチキチキバンバンとか、ロッテの小刻みなジャンプのアレとか
セントラルだと広島のスクワットとか、横浜のかっこいいチャンテメドレーとか
やってみたいけど普段はできないじゃないですか。他球団、だから。
それを(同じリーグなら)大手を振って、みんなと一緒に堂々とできる! 楽しめる!
呉越同舟。普段はライバルのあのチームのファンと、肩組んでひとつになって声出せるのが
オールスターのいいところだと思うんですよね。


選出された全員の応援歌を覚えて、チャンステーマもあらかた覚えて、いざ福岡。
楽しかった。いっぱい歌えたし、いっぱいジャンプしたし。稲葉でも西岡でも。
この時の試合はパシフィックにほとんどいいところなく、途中から酒盛り状態でしたがw
檜川アナはタオルダンスで周りの目を引きつけていました。やはり地元ホークスファンが多く
オリックスのチャンステーマは馴染みなかったんでしょうね。
「勢いだ〜繋げ続け〜」のタオルダンス、周りはみんな檜川アナを手本にやってました。


我々の隣には、お父さんと娘さんの親子連れが。
小学校低学年くらいかな? 娘さんに「どの選手が好きなの」と聞くと「ムネリン!」と。
あの子ももう大きくなっただろうなあ。まだ川崎選手のこと好きかなあ?


では、7月 17日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


函館競馬の模様は、全レースラジオNIKKEI第1でお送りします。
開催日は毎日、函館5レースの後函館8レースの後
函館競馬場から現地の情報をお伝えします。


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小木曽大祐(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:10頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:芳賀英敏(サンケイスポーツ)
14:25頃~「今日のコラム」出演:高橋利明(福島民報)


福島実況:山本直(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:渡辺和昭、山本直也
パドック進行:小島友実
函館実況:小林雅巳(1R~6R)舩山陽司(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
森本昭夫(サンケイスポーツ)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:20頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:50頃~「メインレース展望」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:10頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
13:40頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:20頃~「重賞レース展望」
16:10頃~「来週の重賞レースの見どころ」


中京実況:中野雷太(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、佐藤泉
パドック進行:キダユカ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

おめでとう30周年! 7月16日(土)の放送予定 [番組情報]

2016.07/15 小塚 歩 記事URL

【9月4日まで「夏の2歳単勝」 2歳戦の単勝の払戻金に売り上げの5%相当額が上乗せ】
【函館記念のプレゼンターは草刈正雄さんです!最終R終了後にはトークステージも】


ドラゴンクエスト30周年おめ!と思っていたら、こちらのビッグタイトルも30周年でした。



♪きょうもファミスタ、あしたもファミスタ
♪ファミスタあーれーばー、いっしょーしあーわせー
っていうCMソングを覚えている方はどのくらいいるでしょうか?(ファミスタ'91のCMです)


野球好きの心を鷲掴みにして離さない「ファミスタ」シリーズも、
1986年の第1作「プロ野球ファミリースタジアム」発売から今年で30周年になるとのこと。
渋谷パルコで記念の展示が行われていましたので、覗いてきた次第です。


生まれて初めて買ったファミコンのカセットが「ファミスタ」87年版でした。
当時はパ・リーグ不遇の時代でですね(遠い目)
レイルウェイズやフーズフーズを、若い方はご存知でしょうか。
レイルウェイズは鉄道会社を親会社にもつ阪急、近鉄、南海の連合チーム。
なぜ連合チームにするの? なんてピュアな目で質問されたら答えに窮しそうですけど、
まあそういうことです...。同じ鉄道系なのに阪神が入っていないところで察してください。


フーズフーズは食品系の親会社、日本ハムとロッテの連合チーム。
つまりパ・リーグは西武とレイルウェイズとフーズフーズの3チームのみでした。不遇。
セ・リーグはちゃんと6球団あったのに...。
あとはメジャーリーガーズ。ゲーム内最強チームね。これで都合10チーム。


後にバントでホームランできる野球ゲームが発売されても、
2頭身キャラの野球ゲームが発売されても、ちょっぴり浮気した時もあったけど、
野球ゲームといえばファミスタ一択。長い間お世話になっています。
ちなみにかつてゲームの番組やってた頃、ファミスタの実況をしたことがありまして
これが私のアナウンサー歴唯一の野球実況。そんなのも思い出に残っています。


では、7月 16日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
加藤剛史(馬三郎)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:35頃~「特別レース展望」
11:55頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:15頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:55頃~「野元賢一の競馬のツボ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:芳賀英敏(サンケイスポーツ)
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」


福島実況:大関隼(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:小島友実、山本直、渡辺和昭
パドック進行:渡辺和昭、小島友実
函館実況:舩山陽司(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
森本昭夫(サンケイスポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃~「メインレース展望」
11:25頃~「週の中間の話題から」
12:15頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃~「明日の重賞レース展望」


中京実況:佐藤泉(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:檜川彰人、米田元気
パドック進行:キダユカ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

佐藤 泉
さとう いずみ
渡辺 和昭
わたなべ かずあき
小林 雅巳
こばやし まさみ
木和田 篤
きわだ あつし
檜川 彰人
ひかわ あきひと
中野 雷太
なかの らいた
舩山 陽司
ふなやま ようじ
小塚 歩
こづか あゆむ
大関 隼
おおぜき しゅん
米田 元気
よねだ もとおき
山本 直
やまもと なお
山本 直也
やまもと なおや
小島 友実
こじま ともみ
キダ ユカ
きだ ゆか
宮脇 さなえ
みやわき さなえ
稲葉 弥生
いなば やよい
石原 李夏
いしはら りか

パーソナリティ一覧はコチラ