番組紹介

ラジオNIKKEI第1<EAST> 毎週土・日曜日 9:30~16:45
ラジオNIKKEI第2<WEST> 毎週土・日曜日 9:30~16:45

短波放送およびradiko.jpのラジオNIKKEI第1でEAST(東京・中山・福島・新潟)/札幌・函館、短波放送およびradiko.jpの第2でWEST(京都・阪神・小倉・中京)/札幌・函館、中央競馬の全レースを、東西充実のアナウンサー陣が実況。全国競馬ファンの熱い声援に応え続けています。

新着記事

年に一度のアレ。 6月26日(日)の放送予定 [番組情報]

2016.06/25 小塚 歩 記事URL

【9月4日まで「夏の2歳単勝」 2歳戦の単勝の払戻金に売り上げの5%相当額が上乗せ】
【宝塚記念!プレゼンターは笑福亭鶴瓶さん。お昼休みは加藤諒さん登場!】
【みんな大好き馬場開放、東京阪神もありますよ。天気がいいと良いですね】


宝塚記念でございます。
JRAの公式サイトに、このようなページがあるのをご存知でしょうか。


盛りだくさんの内容の中で、目を引いたのはいちばん下。
「宝塚記念生演奏ムービー」
宝塚記念オリジナルファンファーレが使われるようになった1999年から去年まで、
各年のファンファーレが全てこのサイトで見られるのです。


おお...おおお...
こんなサイトが欲しかった!!!!!!!!!1


すみません取り乱しました。
私こう見えても(?)ファンファーレヲタ、本馬場入場マニアでございますので
当然、年に一度の宝塚記念ファンファーレも大好物。
この動画を片っ端からクリックするだけで酒が進む進む。味付け濃いわー。


年に一度か二度のファンファーレといえば、JRAでは
「障害GIファンファーレ」「名鉄杯ファンファーレ」も人気が高いですよね。
曲のクオリティに加えて、年イチのレア感。支持を集めるのもうなずけます。


さて明日、宝塚記念が行われる阪神競馬場には、もう2つほど気になるレースが。
10R「花のみちステークス」と12R「リボン賞」。
花のみちステークス(一昨年は「宝塚歌劇100周年記念花のみち特別」)のファンファーレは
宝塚歌劇団n"すみれの花咲く頃"をアレンジしたもの。
リボン賞は去年から、兵庫県宝塚市出身の漫画家・手塚治虫さんの代表作のひとつ
"リボンの騎士"の主題歌をアレンジしたものがファンファーレとして使われています。


ということは、ですよ。去年と同様のファンファーレであれば、今年も
10R:花のみちS → 11R:宝塚記念 → 12R:リボン賞
年イチファンファーレの三連コンボが楽しめるわけではないですかぁぁ!!!


はぁはぁ。わたし実況担当なのでした。
テンション上げ過ぎないように気をつけたいと思いますw


では、6月 26日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


函館競馬の模様は、全レースラジオNIKKEI第1でお送りします。
開催日は毎日、函館5レースの後函館8レースの後
函館競馬場から現地の情報をお伝えします。


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:20頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:50頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:35頃~「メインレース展望」
12:05頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:40頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:35頃~「函館コーナー(2)」出演:鳥谷越明(スポーツニッポン)
14:10頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:45頃~「今日のコラム」出演:芳賀英敏(サンケイスポーツ)


東京実況:中野雷太(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:渡辺和昭、中野雷太
パドック進行:石原李夏
函館実況:山本直也(1R~6R)大関隼(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:25頃~「メインレース展望」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:05頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
13:45頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:20頃~「宝塚記念展望」
16:20頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:佐藤泉(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:檜川彰人、米田元気
パドック進行:キダユカ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

今年もやるらしい。 6月25日(土)の放送予定 [番組情報]

2016.06/24 小塚 歩 記事URL

【9月4日まで「夏の2歳単勝」 2歳戦の単勝の払戻金に売り上げの5%相当額が上乗せ】
【オリジナル「コップのフチ子」東京競馬場での限定発売は今週まで!】


明後日は宝塚記念だっていうこのタイミングに、この告知は正直どうかと思いますが。
今年もやるそうです!

毎年ご好評いただいております、ふくしま屋台村でのラジオNIKKEI賞検討会
今年もラジオNIKKEI賞の前日、7月2日(土)午後6時半スタートです。
お馴染み、福島民報の高橋利明記者のトークが冴え渡ります。聞き手は山本直アナ。


このイベントももう10年近くになるかな?初回から何度かは私も出演していたんですよ。
「ひとつのレースの検討だけで1時間ももつんかいな?」なんて思っていたのが懐かしい...
各メディアへの出演や(中央競馬実況中継にも「今日のコラム」に出演いただいてます)、


福島競馬場での場立ち予想などをご覧になった方はお分かりかと思われます。
高橋記者(我々は「利明さん」と呼びます)、ヒッジョーにお喋りが達者な方であります!
1時間のうち、利明さん40分、アナウンサー20分、くらいの割合でしょうかね?
メディアには出てこない、ここだけの裏話なんかがあったりして、これがまた楽しい。
1時間なんてあっという間、なイベントです。


宝塚記念が終わると、夏のローカル開催の季節。
もし福島遠征を迷われている方がいらっしゃれば...その方の背中を押すつもりで!
多くの皆様のお越しをお待ちしております。


では、6月 25日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


函館競馬の模様は、全レースラジオNIKKEI第1でお送りします。
開催日は毎日、函館5レースの後函館8レースの後
函館競馬場から現地の情報をお伝えします。


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:25頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:05頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:45頃~「野元賢一の競馬のツボ」
13:45頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:鳥谷越明(スポーツニッポン)
14:25頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」


東京実況:山本直(1R~6R)舩山陽司(7R~12R)
進行:小島友実、中野雷太、渡辺和昭
パドック進行:渡辺和昭、小島友実
函館実況:大関隼(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
芝井淳司(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
12:05頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃~「明日の重賞レース展望」


阪神実況:小塚歩(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、佐藤泉
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

12レースのパドックは...... [山本直の修行日誌]

2016.06/20 山本 直 記事URL

こんにちは、山本直です。

先週から北海道シリーズが開幕。
北海道が好き、中でも札幌が好き、実は暑いのが好き、という小林アナにしてみれば、
もうちょっとスカッとしたお天気を望んでいたのかもしれません(笑)

レーススケジュールにも変化がありました。
全場で最後に行われるレースの発走時刻が5分繰り下がり、16時30分になりました。
(ほぼ東日本主場の12レースですが、今週日曜日は宝塚記念が終わった後の阪神12レースです)
15時45分に発走の11レースから、45分の間隔があります。
従って、12レースのみパドックへの入場時刻も繰り下がります。
通常の前レースの発走直前ではなく、発走30分前ごろが目安、というところになりそうです。

競馬中継で情報を順番にお伝えしている中で、
「パドック終わった?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
北海道の12レース(16時05分頃)を間に挟むか、
レース終了後、2場目(通常なら西日本主場)の12レースまでにお伝えする機会が多くなると思います。

(ちなみに昨日19日の東京12レースは11レースの発走が遅れたことなどがあり、函館最終レースの後に入場しました)

twitterを始めとするSNSの皆さんに、どうぞお伝えいただけると嬉しいですm(_ _)m

ちなみに1レースのパドック入場時刻は発走30分前、午後最初の5レースは25分前が目安になっているようです。

さて、パドックに欠かせない存在といえば誘導馬。
最近のパドックブースの話題は「サクセスブロッケンの身体に厚みが出てきたのではないか」ということ。
2008年のジャパンダートダービー(大井)、2009年のフェブラリーステークス(東京)、東京大賞典(大井)を制した後、東京競馬場で誘導馬となり早5年。
年齢のせいか、などと軽々しく口にしていた我々に衝撃のニュースが!
ついに我々の前で飛んでくれるのですか、サクセスブロッケン!!!!!!
これは見なければ、撤収なんて後回し!(いや、やれよ)

では、また来週!

去年の馬券術は使えるか!? 6月19日(日)の放送予定 [番組情報]

2016.06/18 小塚 歩 記事URL

【9月4日まで「夏の2歳単勝」 2歳戦の単勝の払戻金に売り上げの5%相当額が上乗せ】
【19日日曜、函館競馬場は フリーパスの日 !イベントたくさんありますよ】


去年の夏、私は確かに言いました。函館芝の中距離はハービンジャーの天下だと。
しかし、絶望的に馬券が下手な私は、ほっとんど儲からなかったのでありました。


いや、待てよ。ちょ待てよ。
本当に函館の芝コースはハービンジャー産駒の庭なのか? イメージ先行ではないか?


調べました。
ハービンジャー産駒、JRA芝コースでの成績。(先週まで)
札幌 13.4% 22.4% 34.3%
函館 18.8% 18.8% 34.4%
福島 4.2% 14.1% 25.4%
新潟 4.8% 9.6% 15.7%
東京 8.2% 12.4% 26.8%
中山 11.0% 21.5% 29.7%
中京 7.7% 16.3% 28.8%
京都 10.3% 19.5% 28.2%
阪神 9.3% 18.6% 28.4%
小倉 8.4% 17.9% 27.4%
(数字は左から勝率、連対率、3着内率)


はい。ハービンジャーは北海道。はっきりしました。ここまでとは。
勝率と3着内率は函館がトップ、連対率は札幌がトップ。
函館の成績を詳しく見ると、上位人気の馬がきっちりと勝ち切っているので
回収率としては決して大きい数字ではありません。ただ堅い軸ではありそう。
人気薄ではクラレンスハウス(去年7月3日、11番人気3着)の例もありますから、
複穴で狙いたいです。


もうひとつ、函館芝短距離はマイネルラヴだと、去年こんな感じで書きました。
果たしてそうなのかと調べたところ...
過去5年間のJRA芝1000〜1200mのマイネルラヴ産駒の成績、トップは阪神。
函館での勝率は9競馬場のちょうど真ん中。(東京は芝1200以下の設定がありません)
あ、あれ? 回収率もたいしたことない。サンプル少ないけど札幌では好成績なのに。


(・ε・)ムー
傾向を掴むって難しい。
ひとまず開幕週の様子を見て、来週以降に使えるようなものを見つけたいところです。


函館競馬の模様は、全レースラジオNIKKEI第1でお送りします。
開催日は毎日、函館5レースの後函館8レースの後
函館競馬場から現地の情報をお伝えします。


では、6月 19日 日曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
郡和之(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:10頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:野村英俊(東京中日スポーツ)
13:50頃~「今日のコラム」出演:高木一成(日刊スポーツ)


東京実況:山本直(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:大関隼、渡辺和昭
パドック進行:稲葉弥生
函館実況:中野雷太(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
10:20頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:50頃~「メインレース展望」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:10頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
13:40頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:20頃~「重賞レース展望」
16:10頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)舩山陽司(7R~12R)
進行:佐藤泉、米田元気
パドック進行:キダユカ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

来たぜ、函館開催! 6月18日(土)の放送予定 [番組情報]

2016.06/17 小塚 歩 記事URL

【9月4日まで「夏の2歳単勝」 2歳戦の単勝の払戻金に売り上げの5%相当額が上乗せ】
【いよいよ函館開催スタート!初日の18日は鈴井貴之さん登場!】


いや私はまだ行ってないんですけど。


あす18日からいよいよ、今年の北海道シリーズが始まります。まずは函館。
函館競馬場は開設120周年の記念すべき年を迎えました。1896年開設ですってよ。明治29年。
JRAのサイトによれば、現存する日本で最も歴史の長い競馬場なのだそうです。


小林アナはウッキウキで函館へと飛びました。ですが、泣きの入ったメールが来たそうです。



そう、この時期の函館はまだお天気が不順なんですよ。


あれは2008年だったでしょうか、舩山アナと私で函館開幕週に出張しました。
当時はまだスタンド改修前。まだ古い、でもなんとも言えない味わいがあるスタンドでした。
喜び勇んで出張したはいいものの、空はどんより曇り、モヤなんだか霧雨なんだかわからない。
当然、ものすごく寒いわけです。


当時の旧スタンドの放送席には、ストーブがありました。ガスストーブだったかなあ。
初めて函館に出張したときは「ストーブなんていつ使うんだ、夏の開催なのに」て思ってた。
この日に初めてわかりましたよ、ストーブがある理由。ものすごく寒いんです!


いま過去の天気調べました。この年の函館開幕日、6月21日の函館の最高気温は24度。
しかし翌日曜、22日の最高気温は14度ですよ。14度。最低12度からの最高14度。
最高気温14度って、東京だと3月並みですからね。


しかも夏競馬だウェーイってなってるから、防寒なんぞロクにしてないんですよ。
結果、レースの合間はストーブの温風にあたりながらガクガクブルブルしてたってわけです。


いまはスタンドも新しくなり、空調ばっちり。
小林アナによると、お昼ごろからお天気も回復してきたようです。
昨日(16日)には大きな地震もありましたが、競馬場や競走馬には影響がなかったとのこと。
人馬とも無事に、いいコンディションのもとでレースが行われることを願っています。
そして、函館札幌と12週間続く夏の北海道シリーズ、たーーーっぷりと楽しみましょう!!


函館競馬の模様は、全レースラジオNIKKEI第1でお送りします。
開催日は毎日、函館5レースの後函館8レースの後
函館競馬場から現地の情報をお伝えします。


では、6月 18日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:10頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:50頃~「野元賢一の競馬のツボ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:野村英俊(東京中日スポーツ)
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」


東京実況:山本直也(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:小島友実、渡辺和昭、山本直
パドック進行:山本直、小島友実
函館実況:小林雅巳(1R~6R)中野雷太(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
永井晴二(共同通信)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
森本昭夫(サンケイスポーツ)1R~5R
竹中昇(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:20頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:50頃~「メインレース展望」
11:20頃~「週の中間の話題から」
12:10頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:40頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃~「明日の重賞レース展望」


阪神実況:舩山陽司(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:米田元気、檜川彰人
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

スーパージョッキーズトライアル第1ステージと関東オークス! [山本直の修行日誌]

2016.06/13 山本 直 記事URL

夜中から降り出した雨が止みません。社外で収録があるこんな日に限って...。
え、夕方には止むって? あーやっぱり晴れ男だなー(手のひらを返す)

昨日の東京競馬場からの帰り道、川崎競馬版の日刊競馬を買ったところ、盛岡競馬の馬柱(出走表)が入っていました。盛岡では今日、8月27日と28日にJRA札幌競馬場で行われる「ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)」の地方競馬代表騎手を選ぶ「スーパージョッキーズトライアル(SJT)」の第1ステージが行われます。

SJTは各地区の代表騎手12名と、ワイルドカードを勝ち上がった2名の14名が争います。第1ステージの下位2名は第2ステージに進めません。去年の第2ステージでは、第1ステージをギリギリの12位通過だった金沢の藤田弘治騎手が2連勝を飾って大逆転!WASJへの出場権を獲得しました。WASJ第1戦でも差し切り勝ちを決めて"3連勝"。小林アナの\藤田弘治ここにあり!/という実況でご記憶の方も多いと思います。

今日の第1戦(9レース、16時35分発走)は、前走で6着と敗れるまで、いずれも逃げて8連勝を飾っていたモズフウジンを地元の山本聡哉騎手が引き当てました。前走は逃げられずに敗れているだけに、今回の13番枠は気になりますが人気は集めそうです。

続いての第2戦(10レース、17時10分発走)は、芝の1700m戦。地方では盛岡にしかない芝コースでのレースです。気になっているのは、笠松の吉井友彦騎手が騎乗する10歳馬のイグゼキュティヴ。この馬、皆さん覚えていらっしゃいますでしょうか。道営からJRAのクラシック戦線にチャレンジし、JRAに移籍。アンライバルドが勝った2009年の皐月賞、スリーロールスが勝った2009年の菊花賞に出走しました。2008年11月の京都2歳ステークス(当時はラジオNIKKEI杯ではなくオープン特別でしたね)以来勝利がなかったのですが、先月の芝1600m戦で約7年半ぶりの勝利を飾ると2連勝。今回は格上挑戦になり相手関係が強化されていますが、果たして。

水曜日には、川崎競馬場で関東オークスが行われます。
実況収録と取材に行きますので、塗り絵を作りました。

火曜と水曜は晴れるようですが、良馬場まで回復するかどうかは微妙なところです。
南関東勢の牝馬主力組は軒並み先週の東京ダービーに出走していましたし、中央勢だけで馬券を考えて良いような気がしています。
距離を考えてゆったり流れると、逃げ馬が早めに引き離す展開になりそうなので、単騎逃げまで想定できるアルセナーレと、オープン特別勝ちのあるディーズプラネットを軸と見ました。
給料日前、今週末の中央競馬に資金を残したいので何卒よろしくお願いします(どこに言っているのか)

では、また来週!

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

佐藤 泉
さとう いずみ
渡辺 和昭
わたなべ かずあき
小林 雅巳
こばやし まさみ
木和田 篤
きわだ あつし
檜川 彰人
ひかわ あきひと
中野 雷太
なかの らいた
舩山 陽司
ふなやま ようじ
小塚 歩
こづか あゆむ
大関 隼
おおぜき しゅん
米田 元気
よねだ もとおき
山本 直
やまもと なお
山本 直也
やまもと なおや
小島 友実
こじま ともみ
キダ ユカ
きだ ゆか
宮脇 さなえ
みやわき さなえ
稲葉 弥生
いなば やよい
石原 李夏
いしはら りか

パーソナリティ一覧はコチラ