JRA賞の投票に思うこと。 1月14日(土)の放送予定 [番組情報]
2017/01/13(金) 18:00 小塚 歩

【!】きょう14日(土)の京都競馬は通常どおり開催
【!】きょう14日(土)の中京競馬は通常どおり開催
【!】日経新春杯(GII)の前日発売を取りやめ


【土曜中京は女性限定フリーパスの日、 内田理央さん 来場! トークショー&プレゼンター】
【日曜中山でモーリスの引退式を実施。 モーリスとの記念撮影会 に抽選で参加できます!】


10日火曜日、去年2016年のJRA賞競走馬部門の各賞が発表されました。
各賞の受賞馬は こちら 、馬事文化賞は 「さっ太の黒い子馬」 に決まりました。


年度代表馬をはじめとする競走馬部門は、記者投票で最も票を集めた馬が受賞します。
この記者投票、いつもいろいろ言われますよね。物議を醸すといいますか。一部でね。
「なぜこの馬に投票」「なぜ満票選出じゃないの」「該当馬なしってどういうこと」云々...。
確かにそう思ってしまう気持ちもわかります。


でも、だからこそ、多数決になってるのではないでしょうか。


少数意見を尊重し、そのうえで最も多い意見が採用され、各部門の最優秀馬が選出される。
どれだけ突拍子もない少数投票があっても、最終的に受賞するのは多くの票を集めた馬です。


私個人的には、確固たる理由があればどの馬に投票してもいいと思っています。
「この馬に投票すべき」「満票であるべき」ってのは、ちょっと違うのではと思います。
それぞれの考え方があるのですから。それを否定することがあってはいけません。


その上で、多くの人を納得させるだけの理由がなければ投票してはいけないとも思うんです。
私は過去3回、JRA賞の投票を行いましたが、いつもドキドキしています。頭悩ませます。
この3回すべて、自分の中で決めたことがありまして。
『投票の理由を誰かに尋ねられたら、理路整然と説明できるようにしよう』と。
今回は特に悩みました。票が割れそうな部門がいくつかありましたのでね。
だから、誰に何言われてもいいように、
その馬を選ぶに至った経緯をいちいち文章にして書き出したんです。A4で2枚になりました。
まあ結果的には、私の投票もさほど"変な"投票じゃなかったのでホッとしてますがw


今年2017年の競馬が始まりました。
年末にまた、我々の頭を悩ませてくれるような活躍馬がどんどん出てくることを期待します。


では、1月 14日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:20頃~「週間ニューストピックス」
10:50頃~「特別レース展望」
11:45頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:35頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:15頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:15頃~「今週の注目数字」
14:50頃~、16:00頃~「トレセンレポート」


中山実況:中野雷太(1R~6R)舩山陽司(7R~12R)
進行:石原李夏、山本直、中野雷太
パドック進行:舩山陽司、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
松浪大樹(大阪スポーツ)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~4R
小牧隆之(競馬評論家)5R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者の狙い」
10:00頃~「一般レースの狙い」
10:30頃~「メインレース展望」
11:00頃~「週の中間の話題から」
11:30頃~「特別レース展望」
11:50頃~「日曜メインレース展望」
12:55頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:55頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:25頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃~「明日のメインレースのみどころ」


京都実況:小林雅巳(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:米田元気、山本直也
パドック進行:宮脇さなえ
中京実況:佐藤泉(1R~6R)大関隼(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント