最後まで強烈なインパクトでした。 8月3日(土)の放送予定 [番組情報]
2019/08/02(金) 19:00 小塚 歩

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【今週は日曜小倉がフリーパスの日。 葵わかなさん !あなたの質問に答えてくれるかも!?】
【さらばディープ。 追悼関連行事 今週土日は3場メインが「ディープインパクト追悼競走」】
【小倉競馬場では夏の開催中毎日 武豊展 オープン。特設ショップもオープン】


 30日、ディープインパクトがこの世を去りました。経緯などは皆様も報道等で御承知のことと思います。
 ディープインパクト三冠達成からもう14年にもなるんですね。この間に、新たに競馬ファンになる方はたくさんいらっしゃったでしょう(そういう方に対してディープインパクト見てないの!?みたいな煽りやマウントは無意味だと思っています)。アタシがディープインパクトのレースをこの目でみられたのはラッキーだったからです。


 2005年、前職を辞してラジオNIKKEIに入社。入社後すぐに放送席に通うようになり、入社して最初に放送席で見たGIがディープインパクトの皐月賞でした。
 競馬が好きでこの仕事を目指したこともあり、転職は嬉しかったんですがどこかファンの気持ちも抜けきらない時期でした。そんな中で目の当たりにした皐月賞は、断然1番人気ディープインパクトがスタートでヨレて最後方。悲鳴にも近い歓声(喚声?)がこだまする中、平然と向正面でポジションを上げて直線持ったままで突き抜ける競馬でした。鳥肌。すごい。その一言しか出てきませんでした。
 続く日本ダービーも他馬を問題にせず圧巻の二冠制覇。凄いものをこの目で見ることができた!という高揚感と同時に、この凄さを伝える仕事をしなきゃいけないという緊張感がビリビリと全身を走ったことを覚えています。


 種牡馬入りしたあとも数々の活躍馬が誕生。アタシが実況したGIでディープインパクト産駒の勝利は、今年のラヴズオンリーユーとグランアレグリア、宝塚記念のマリアライト、マイルCSのトーセンラーとミッキーアイル。少ないと思ってたけど、探してみるとあの馬もこの馬もと出てきます。


 そして突然の死。一般ニュースでも取り上げられ、某局では長尺のVTRで報じられました。これも最近の競走馬ではなかったこと。三冠達成当時も社会現象になっていたと思いますが、14年経ってはっきりと「日本のサラブレッドの代表的存在」となっていたことを感じます。そういう意味で、最後までインパクトを残したのだなあ、と。
 現役当時も話されていたことだと思いますけど、昭和時代からのヒーロー像とは違う"英雄"でした。競馬の世界のヒーローやアイドルは、ハイセイコーやオグリキャップ。日本人の判官贔屓気質も相まって、野武士がエリートを倒すことに人々は快哉を叫んだのでありました。
 しかしディープインパクトはそうではなかった。一流の血統、一流の牧場、一流のオーナー、一流の厩舎、一流の騎手。プロフィール的には完全無欠、その馬が勝ち続けることが支持を集めるあたりは時代が変わったのだと。破天荒なレースぶりはかつてのヒーローたちと通ずるところはあるのかもしれませんが。


 競走馬時代から種牡馬時代まで、生涯の殆どを日本のサラブレッドのトップとして走り続けたディープインパクト。ゆっくりお休みください。ディアドラが快挙を成し遂げたように、これからも日本の競馬は前へと進んでいくはずです。


 では、8月 3日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
田村明宏(競馬ブック)
能勢俊介
桧原正行(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃 「週間ニューストピックス」
10:35頃 「特別レース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:55頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:鳥谷越明(スポーツニッポン)
14:30頃 「今週の注目数字」
15:05頃 「パドック解説者 レース展望」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:20頃 「明日の重賞展望」


新潟実況:小屋敷彰吾(1R~4R)小林雅巳(5R~6R)山本直(7R~12R)
進行:稲葉弥生、佐藤泉、小林雅巳
パドック進行:山本直、稲葉弥生
札幌実況:山本直也(1R~6R)大関隼(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
岡崎翔(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「週の中間の話題から」
10:55頃 「パドック解説者の狙い」
11:25頃 「土曜メインレース展望」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


小倉実況:檜川彰人(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:中野雷太、髙田洋子、竹之上次男
パドック進行:竹之上次男、髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント