失意のまま最終週...。 7月23日(土)の放送予定 [番組情報]
2016/07/22(金) 16:50 小塚 歩

【9月4日まで「夏の2歳単勝」 2歳戦の単勝の払戻金に売り上げの5%相当額が上乗せ】
【日曜福島は山本高広さん、日曜中京はフリーパスの日で朝比奈彩さんがゲスト】
【日曜函館はMMN(マジで見逃せない)DAIGOさんのトーク。】
【そして3競馬場とも、みんな大好き馬場開放が!福島→こちら、中京→こちら、函館→こちらをご覧ください】


函館開幕週、私は確かに言いました。函館芝の中距離はハービンジャーの天下だと。
しかしここまでのところ、さしたるクリーンヒットも出ぬまま最終週を迎えてしまいました。


詳しくはこちら、6月18日付の当ブログを御覧ください。
ハービンジャー産駒の函館芝産駒はトータルで、勝率18.8%もあったのですが
今年は手元の集計によると勝率7.2%...ええー!!(データは7月17日現在)
ハービンジャー産駒をひたすら頭で買い続けていて、そりゃー儲からないわけだ!がっくり。


いやそれでも、買い方によってはうまくプラスになるようなレースはあったんですよ。ええ。
例えば6月25日の函館3R。7番人気、単勝23倍のヌーヴェルダンスが勝ちなかなかの配当、
でも私は違うハービンジャー産駒を軸にしていてハズレ。ほぞを噛む思いをしたものです。


あるいは7月3日の函館9R。8番人気、単勝22.7倍のクラシックエースで大勝負!
なのに取り逃す。ええそうです、勝負は単勝だったのです...馬連でよかったよなあ...。
実況しながら、心中穏やかではなかったのであります。ああ、私はまだまだ未熟。


しかし。最終週ということは、あと1週だけチャンスが残されているわけですよ。
男たるものここで引き下がるわけにはゆかぬ!
どこまでもついていこうじゃないの、ハービンジャー産駒に!


今週はまたハービンジャー産駒が函館に大挙出走! 土曜9頭、日曜8頭(うち芝6頭)。
土曜6Rのウルドは狙い目でしょー! 前走は藤島康介さん結婚報道直後の出走で、
サイン馬券込みで応援したのですけどね(ウルド=「ああっ女神さまっ」の登場人物)。
その前走は小柄な馬体がさらに減っていたのですが、しぶとく伸びていましたし
体が戻っていれば面白いと思うのですが...どうでしょう。


土曜10Rのクラシックエースはもう一度狙うとして、同レース出走チャリシーは
母ブリガドーンが芝2600mで2勝ですし、この距離は合うと思っているんですけどね。
失意を歓喜に変えるべく、今週の馬券も頑張ります!


では、7月 23日 土曜日 の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:35頃~「特別レース展望」
11:55頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:15頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:55頃~「野元賢一の競馬のツボ」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:浜田公人(スポーツニッポン)
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」


福島実況:中野雷太(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:石原李夏、渡辺和昭、山本直也
パドック進行:山本直也、石原李夏
函館実況:大関隼(1R~6R)舩山陽司(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]
<解説>
永井晴二(共同通信)
小牧隆之(競馬評論家)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「メインレース展望」
11:25頃~「週の中間の話題から」
12:15頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「小牧隆之 今日の狙い目」
14:20頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃~「明日の重賞レース展望」


中京実況:小塚歩(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:米田元気、檜川彰人
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント