間を恐れるな [小屋敷彰吾の研修レポート]
2018/04/02(月) 19:00 小屋敷 彰吾

こんばんは、社会人2年目を迎えました小屋敷彰吾です。

新年度になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

新社会人になられた方は、お勤めご苦労様でした。

自分もちょうど1年前を思い出します。

どきどきしながら会社へ行って、必死に人の名前を覚え、使えもしない気を使い...

最初は会社へ通うだけでくたくたでしたね。

大学時代ぬるま湯につかりきっていた自分にとって、1週間に5日も働くなんて信じられませんでした。いまだに、週4日くらい休みたいですけど笑

こんな私でも無事に2年目を迎えられましたので、皆さんも絶対に大丈夫です!

そして私に後輩はできませんでしたので、引き続きラジオNIKKEIの末っ子でございます(笑)

 

 

先週私はついに土日の「中央競馬実況中継」の中で進行デビューいたしました。

12時前後の30分間程度でしたが、終始頭の中はパニック状態でした。先輩の放送を聴いて、イメージは作って臨んだつもりでしたが、いざ始まると慌てふためきましたね。

なんといっても「原稿がない」。これは大きな不安です。

これまでは、ニュースや中継の中でのレポートなど、基本的に原稿に基づいて話すことが中心でした。しかし進行はそういうわけにはいきません。進行にもおおまかな台本はありますが、フリーで話さなくてはいけない時間も長いですし、予定通りにいかないことのほうが多いです。

原稿に頼り切っていた自分にとって、文章を頭の中で構成しながら相手にわかりやすく伝えることはとても難しかったです。

ただ、学んだこともたくさんありました。それは、意外と「間」があっても大丈夫ということです。

どうしても無言の時間ができてしまうと「やばい、何か話さないと」となっていましたが、頭の切り替えをするためにも、むしろ「間」があったほうがわかりやすいのだということに気づきました。そう思ったら少しだけ心に余裕ができました。ほんの少しだけですが(笑)

今回はなんのトラブルもなくレースが進んでくれたから助かったものの次回もそうとは限らないので心してまた進行に臨みたいと思います。



image1.jpeg

こちらは今週の台本です。気づいたことをメモしていたら、メモだらけで訳が分からなくなりました(笑)

 

 

今週もブログをチェックしていただきありがとうございました。

来週の日曜日、4月8日の新・アナライズドは私が担当です!

さっそく今日収録をおこなってきました。皆さんぜひ新・アナライズドもお聴きください!!

コメント