情緒豊かな特別レース名。 9月23日(祝・日)の放送予定 [番組情報]
2018/09/22(土) 19:30 小塚 歩

秋の「2歳単勝」12月16日(日)まで+12月28日(金)の2歳戦は、単勝が5%アップ!


【中山は23日(日)フリーパスの日。なんと生ビールが半額!ファンの皆様が羨ましい】
【日曜は中山でジョッキーカーニバル2018、阪神でジョッキーフェスティバル開催!】
ロードカナロア 顕彰馬記念展示会を中山競馬場で。29日(土)には表彰セレモニーも】
【キャッシュレス投票サービス「UMACA投票」いよいよスタート! 特設サイトもオープン】


 毎週末の競馬中継の進行表を作っていると、ふとしたことに気づくもんでして。


 毎年2月にある春麗ジャンプステークスの"春麗"が、一発で変換出来ないんですよ。アタシわりと賢い変換ソフトを利用してるんですが、それでも出てこない。
 JRAのサイトにある特別レース名解説によると、春麗は「すべてが美しく映る春のこと」だそう。ほうほう。(出典→特別レース名解説
 なるほどなあ。レース名考える部署の人のセンスですよね。ネットで春麗と入力してもスピニングバードキックの人しか出てこないですもの。麗を「うらら」と読むと春うらら、ですがこれは少しニュアンスが違うし。どういう経緯で名付けたんだろう?


 きょう行われた清秋ジャンプステークスの"清秋"も、なかなか変換できなかったなあ。こちらは解説によると「空が澄み、空気の清らかな秋のこと」だそうで。なんかいい。
 特別レースの名前は、2歳戦と3歳戦は草木や花の名前で、古馬のレースは地名とか○月の英語名とかマスコミの社杯とか。ただ、たまーに風流なレース名がありますよね。きょうの阪神10レースの夕月特別なんか情緒あるじゃないですか。(夕月...「秋の宵月のこと」)


 かつて日経電子版のコラムで、ダービーデーの名物レース・むらさき賞について書きました(『半世紀超えるアンダーカード 伝統の「むらさき賞」 』)。取材したところによると、担当者間で認識が継承されるものがあるのだそうです。もしかするとこういう情緒豊かなレース名も、伝統になっていくのかもしれませんね。


 では、9月 23日(日・秋分の日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
京増真臣(研究ニュース)11R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:00頃~「メインレース展望」
12:20頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:20頃~「日曜メインレース展望」
14:30頃~「今日のコラム」出演:柴田章利(サンケイスポーツ)
16:20頃~「来週の重賞展望」


中山実況:山本直也(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:稲葉弥生、小屋敷彰吾
パドック進行:小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
浜口和也(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:35頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:35頃~「特別レース展望」
13:40頃~「解説者 今日の狙い目」
14:15頃~、14:50頃~「メインレース展望」
16:00頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:大関隼(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:檜川彰人、竹之上次男
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント