1200mのGIも3600mも、と思っていたらもっとすごい。 12月2日(日)の放送予定 [番組情報]
2018/12/01(土) 21:45 小塚 歩

秋の「2歳単勝」12月16日(日)まで+12月28日(金)の2歳戦は、単勝が5%アップ!


【チャンピオンズCの表彰式プレゼンターは高畑充希さん!トークショーもあります】
有馬記念の記念入場券が中山競馬場で発売開始。いよいよ年の瀬ですねえ】
【中山競馬場はこの季節恒例のクリスマスイルミネーション 点灯中!有馬記念当日まで】


 きょうのステイヤーズステークスはリッジマンが勝ち、重賞初制覇を果たしました。この馬が出走するときには毎度言われているし、これからもきっと言われるのでしょうけど、この馬スウェプトオーヴァーボード産駒なんですよね。
 スウェプトオーヴァーボードはエンドスウィープ産駒。エンドスウィープ自身はアドマイヤムーンやスイープトウショウなどを出し、産駒の距離の融通はわりと利いた印象です。しかしスウェプトオーヴァーボードは6ハロンから7ハロンを主戦場とし、唯一出走したマイル戦でG1勝ちという短距離志向。JRAでは先週まで、芝もダートも産駒の勝利の平均距離が1300mというタイプです。
 スウェプトオーヴァーボード産駒で、芝2000mを超える距離で(障害戦除く)勝ったのは確かこのリッジマンだけだったはずです。そのリッジマンは北海道の芝2600mを得意とし、3000m級の万葉SやダイヤモンドSでも2着、そして今日3600mの重賞を勝ったのであります。


 なんかすごい。


 アタシが仕事してた都内某スタジオで、こんな話になりました。
 「産駒がスプリンターズSもステイヤーズSも両方勝つなんて、そんな種牡馬いたのかなあ?サンデーサイレンスくらい?」
 なるほどなあ、それはレアだろうなあ。というわけで調べてみました。


 1986年以降のステイヤーズSを勝った馬の種牡馬を羅列します。
 ジムフレンチ、ニゾン、ノーザンテースト、ホスピタリティ、ミスターシービー、シンボリルドルフ、トニービン、リアルシャダイ、サドラーズウェルズ、メジロライアン、サンデーサイレンス、ハンティングホーク、ブライアンズタイム、マヤノトップガン、ダンスインザダーク、サッカーボーイ、メジロブライト、エルコンドルパサー、グラスワンダー、チーフベアハート、ネオユニヴァース、アドマイヤドン、スウェプトオーヴァーボード
 

 以上の種牡馬の中で、中央で1200m(ダート、2歳重賞含む)の重賞勝ち馬を出したのはノーザンテースト、サンデーサイレンス、ブライアンズタイム、エルコンドルパサー、グラスワンダー、チーフベアハート、スウェプトオーヴァーボード。
 このうち芝1200mのGI馬を出したのはサンデーサイレンスとスウェプトオーヴァーボードだけですから、いやあすごい種牡馬だ。ちなみに「中央競馬実況中継」に出演中の石原李夏さんは、とある理由でスウェプトオーヴァーボード産駒推し。嬉しかっただろうなあ。


 なんて書いていたら、JRAが発表したステイヤーズSのアラカルトにこんな文章が。
 『産駒がJRAの平地重賞レースにおいて、最短距離の1000mと最長距離の3600mのレースの両方を制した種牡馬は初めて』


 !!!
 そうかパドトロワはアイビスサマーダッシュを勝っていたな。サンデーサイレンス産駒はアイビスSDを勝っていない。こりゃすごい記録が生まれたもんだ。


 ちなみに明日行われるチャンピオンズカップに出走するアメリカ馬パヴェルと、現役時代のスウェプトオーヴァーボードは同じ勝負服。スウェプトオーヴァーボードは、パヴェルの馬主レッダムレーシングの主体であるジョン・ポール・レッダム氏の名義で走っていました。ふう、これでステイヤーズSとチャンピオンズCが繋がった。それでは皆さん明日も頑張りましょう。


 では、12月 2日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
今野光成(研究ニュース)11R、12R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:35頃~「パドック解説者 メインレース予想」
11:05頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:25頃~「メインレース展望」
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:55頃~、13:25頃~「日曜メインレース展望」
13:55頃~「今日のコラム」出演:千葉智春(サンケイスポーツ)
16:10頃~「来週の重賞展望」
16:30~「競馬延長戦」


中山実況:小林雅巳(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:稲葉弥生、小屋敷彰吾
パドック進行:小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
吉田順一(馬サブロー)1R~5R
竹村浩行(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース
10:00頃~「一般レースの狙い」
10:30頃~「メインレース展望」
11:45頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:20頃~「特別レース展望」
13:50頃~「解説者 今日の狙い目」
14:25頃~「メインレース展望」
16:15頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:佐藤泉(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:米田元気、岡田麻紗巳、佐藤泉
パドック進行:髙田洋子
中京実況:山本直也(1R~6R)中野雷太(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント