ONとOFF。 [山本直の修行日誌]
2017/07/20(木) 13:29 山本 直
こんにちは、山本直です。先週土曜日の鳥政の話をしようかな、とも思っていたのですが、あるブログで書きたいことが全部書いてあったので(笑)今日は違う話をします。

日曜日に福島で仕事を終えた後、新幹線で東京に帰ってきました。1時間半、ぐっすり眠りました。斜め後ろに中野部長がいましたが、お構いなし、いろんな意味で太い人間かもしれません、わたくし。

私は神奈川県茅ヶ崎市に住んでいるのですが、茅ヶ崎市民にとって海の日は特別な日。浜降祭があるからです。




海辺の小学校に通っていた私にとっては、年に1度の同窓会の日。人に揉まれながら、同級生とばったり出会うを繰り返していました。

ある同級生は山好きが高じて、山のある街へ移住。平日は別の仕事をしながら、休日は山岳会に参加したり、学生向けの山岳ガイドをしているそうです。『休みがないよう...』と泣き言(?)を言っていましたが、きっとその同級生にとって仕事はON、山はOFF。まるで仕事のように、山へ向かっているようですが、その話をする声は弾んでいました。

アナウンサーになって5年目の夏。ややもすると、ONとOFFの境目が無くなってくるのがアナウンサーという仕事だな、と思っています。好きな競馬を仕事にしたので、OFFのつもりで南関東の競馬をやっていても、どこかにアナウンサースイッチが入ってる気がします。AKB見てニヤニヤしているのがOFFのつもりだったのに、「こだわりセットリスト」が始まっちゃったし(笑)

その点において、その同級生の生き方は尊敬します。ちゃんと2人の自分を使い分けていますから。

"やる気スイッチ"の入ってる山本を「いいね!」と思ってもらえるように、ちゃんとOFFを作ろうと思いました。だから、火曜・水曜はほぼtwitterも開かずにベッドでぐっすり。氷枕って気持ちいいですね、今週は函館2歳ステークスを実況しに行ってきます。

では、また来週!(水曜ごろ更新します)

コメント