斤量47キロ!? 9月30日(土)の放送予定 [番組情報]
2017/09/29(金) 19:00 小塚 歩

秋競馬もやります 「秋の2歳単勝」 12月17日まで、全2歳戦の単勝が5%アップ!


凱旋門賞特設サイト オープン! 発売の概要、オッズ、払戻金などは こちら で】
【凱旋門賞(G1)を ラジオNIKKEI第1で実況生中継 ! 1日(日)午後10時30分から】


【日曜はスプリンターズS、 藤原竜也 さん来場、プレゼンター&トークショー】
【こんな競馬実況見たことない!? 異種実況チャレンジ 実況に挑戦、1位になると...!?】


 週の半ば、「斤量47キロ」の話題があちこちで記事になりました。
 あす30日の中山6レース、3歳以上500万下の平場戦、芝2200mに出走するカスタディーヴァが、47キロという斤量で▲藤田菜七子騎手を背に出走することになりました。47キロですよ47キロ。ハンデ戦でも48キロ未満は見たことありません。中央競馬で斤量47キロでの出走は、1979年11月以来38年ぶりだとか。白毛馬カスタディーヴァと藤田菜七子騎手のコンビはそれだけで絵になりそうだし、加えて47キロという斤量で出走とあらば注目を集めるのも当然でしょうか。


 どうして斤量47キロが"実現"したか、もうたくさん記事になっていますが改めておさらいします。ぜひJRA公式サイトにあるこのページと照らし合わせながらご覧ください → 競馬のルール 負担重量


 カスタディーヴァは3歳牝馬です。4歳以上牡馬が背負う57キロから牝馬2キロ減、さらに3歳馬に認められている月別・距離別のアローワンスにより、「9月」「2200m以上」のレースなので3キロ減。(ここまでリンク先ページ前半の表を参照のこと)
 さらに、カスタディーヴァは南半球生まれです。南半球で7月から12月の間に生まれた馬にアローワンスが認められていて、「3歳」「9月」「2200m以上」なので2キロ減。(リンク先ページ後半の表を参照のこと)
 そしてこのレースは平場なので減量騎手、▲藤田菜七子騎手が騎乗することで3キロ減。
 57 - 2 - 3 - 2 - 3 = 47キロ! となるわけであります。


 ルール上は十分有り得る話だった斤量47キロ。これまで出現していなかったのは、この時期に長距離を走る南半球産の3歳牝馬が単にいなかった、もしくは減量騎手を乗せなかったということなんでしょうかね。今でもそうですし、この30年を見ても南半球産馬そのものが、絶対数少ないわけですしね。これでカスタディーヴァが結果を残せば、もしかしたら来年以降また47キロで出走する馬が現れるかもしれません。なお同じ競走条件なら10月までは同じアローワンスが適用されるので、コンビ継続で再度の47キロでの出走もあるかも??


 さて気になるのは、現状の競馬番組で47キロよりも軽い斤量で出走することはルール上可能なのかどうか?
 2歳・3歳の限定戦はほぼすべて馬齢重量で行われるため、表にあるような3歳1月の9キロ10キロというアローワンスは事実上ありえず、古馬と3歳馬が混じって走るようになる6月以降のレースが現実的。南半球産のアローワンスは3歳6月まで2200m以上で3キロ、5月までに初勝利を挙げ、6月の東京の芝2400mあたりで古馬と一緒に500万の平場に出走するのは不可能ではないかも? そこで▲の減量騎手を乗せれば、えーと南半球産3キロ減、3歳馬のアローワンスで4キロ減、減量騎手3キロ減で47キロ、牝馬ならさらに2キロ減で...45キロで出走できるのでは?


 今年の番組表を見ると、6月の古馬混合2200m以上の平場戦は...東京に芝2400mの500万下が1クラ、阪神に芝2200mの500万下が1クラあるのみ。このうち、今年6月25日の阪神7R・芝2200mに出走した3歳牝馬アロマドゥルセが△荻野極騎手の騎乗で、斤量49キロで出走し2着となっています。例は少ないものの、同時期の長距離戦に3歳牝馬が出走するケースは無くはない。もしこれが南半球産だったなら、もし▲3キロ減の騎手が騎乗したら...?? 超早熟で長距離もOKという南半球産馬の誕生を待つとしましょうかw


では、9月 30日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:00頃~「週間ニューストピックス」
10:30頃~「特別レース展望」
11:50頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:50頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、15:55頃~「トレセンレポート」


中山実況:大関隼(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:小島友実、木和田篤、小林雅巳
パドック進行:小林雅巳、小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:15頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:45頃~「メインレース展望」
11:15頃~「週の中間の話題から」
11:35頃~「明日の重賞レース展望」
12:35頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:40頃~「新聞記者 今日の注目馬」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日の重賞レースの見どころ」


阪神実況:佐藤泉(1R~6R)山本直也(7R~12R)
進行:檜川彰人、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント