コースレコードは時代と共に。 12月1日(土)の放送予定
2018/11/30(金) 20:30 小塚 歩

秋の「2歳単勝」12月16日(日)まで+12月28日(金)の2歳戦は、単勝が5%アップ!


【チャンピオンズCの表彰式プレゼンターは高畑充希さん!トークショーもあります】
【中京は土曜日も、第4回中京競馬応援サポーターの北乃きいさんが来場!】
【中山競馬場はこの季節恒例のクリスマスイルミネーション 点灯中!有馬記念当日まで】


 いやはや、我が目を疑いました。びっくりして冷静さを失いました。取り乱しました(←(c)ダチョウ倶楽部)
 だって、2分20秒6ですよ!?


 我々2分22秒2が「衝撃のレコードタイム」であると教わって育ったクチですからね。アルカセットが2分22秒1に塗り替えたときも時代が動いた! と思ったものですが、それが1秒5も更新されるとは。


 ジャパンカップはこうしたレコードタイム塗り替えの歴史であるようで、第1回のメアジードーツが2分25秒3というレコードで勝ったときは皆驚いたと聞きます。一流とは言えない成績の5歳牝馬が、それまでのどの日本馬よりも速いタイムで2400mを走ったわけですから。
 その後ジュピターアイランドが2分25秒0、ルグロリューが2分24秒9とコースレコードを更新。ホーリックスはこのタイムを1秒7も上回る2分22秒2で、オグリキャップとの死闘に勝ったわけです。1秒7か...今回より更新の幅がでかい。ホーリックスさんもやっぱすげえや。
 

 ジュピターアイランドとアーモンドアイで比較すると、4秒4の差があります。簡単に調べられる1986年以降に記録されたレコードタイムの比較で、4秒4もレコードが速くなったコースはそう多くありません(基準タイム除く。アラブ・障害除く)。
 福島芝1800m(2歳) 1分51秒5(フライングキッド)→1分46秒2(マイネルサーパス) 5秒3
 東京ダート2400m 2分34秒5(ラスニアック)→2分28秒6(グルーヴィンハイ) 5秒9
 中山芝3600m 3分46秒3(スルーオダイナ)→3分41秒6(エアダブリン) 4秒7
 京都芝外3200m 3分18秒8(イナリワン)→3分12秒5(キタサンブラック) 6秒3
 

 このほか阪神の2000m、2200m、2500m、3000mでレコードの幅が大きく出てきますが、これは90年代前半のコース改修直後は時計がえらいかかっていたということで参考記録といったところでしょうか。
 阪神芝内2000m 2分03秒5(バンブージャンボ)→1分57秒2(ストロングタイタン) 6秒3
 阪神芝内2200m 2分15秒4(マミーグレイス)→2分10秒1(アーネストリー) 5秒3
 阪神芝2500m 2分36秒2(ヤマニンドリーマー)→2分30秒4(カミノマジック) 5秒8
 阪神芝内3000m 3分09秒2(メジロパーマー)→3分02秒5(ナリタトップロード) 6秒7

 
 ざっとこんなところです。だからなんだというデータですが。
 イナリワン、メジロパーマーからキタサンブラック、ナリタトップロードへ。ステイヤーの進化も感じますなあ。


 アーモンドアイはこのあとドバイに向かうとのこと。ドバイターフかな、それともシーマクラシックかな。メイダン芝1800mのトラックレコードは日本のジャスタウェイが持っています。競馬はタイムを競う競技ではないことは重々承知のうえで...ジャスタウェイのレコードをアーモンドアイが破るとなれば、胸熱ですよねえ!


 では、12月 1日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
小林正明(デイリースポーツ)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:45頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:10頃~「週間ニューストピックス」
10:35頃~「特別レース展望」
11:55頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:25頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:30頃~「土曜メインレース展望」
14:05頃~「今週の注目数字」
14:40頃~、16:10頃~「トレセンレポート」
16:25頃~「明日の重賞展望」
16:30~「競馬延長戦」


中山実況:山本直(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:石原李夏、小屋敷彰吾、小島友実
パドック進行:小島友実、石原李夏


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
岡崎翔(大阪スポーツ)1R~5R
荒木敏宏(競馬評論家)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「第5回阪神競馬 馬場情報」(インタビュー)
9:40頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:00頃~「一般レースの狙い」
10:30頃~「土曜メインレース展望」
11:30頃~「週の中間の話題から」
11:45頃~「第5回阪神競馬 イベント情報」(インタビュー)
12:50頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:55頃~「解説者 今日の狙い目」
14:30頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:15頃~「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:大関隼(1R~6R)米田元気(7R~12R)
進行:竹之上次男、佐藤泉
パドック進行:髙田洋子
中京実況:中野雷太(1R~6R)山本直也(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント