単勝オッズはいくらになるだろう?と皮算用。 11月14日(土)の放送予定 [番組情報]
2020/11/13(金) 21:30 小塚 歩

第5回東京競馬・第5回阪神競馬・第3回福島競馬におけるお客様のご入場(10月21日発表)
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


各事業所の営業再開情報


 本題に入る前に。
 無観客競馬に入るまで、去年12月28日~今年2月23日までに発売された勝馬投票券の払い戻し期限が明日「11月14日(土)」となっております! ご承知のとおり、各競馬場は事前に指定席券を購入しないと入れず、各ウインズ等の営業所は営業時間が限られておりますからね。くれぐれもお忘れなきよう、当たり馬券を紙屑にしてしまうことのございませんよう......!


 12日木曜日、競馬ファンを揺るがす大発表がございました。


 アーモンドアイが次走をジャパンカップとし、このレースで引退することに。競馬関連記事のみならず一般ニュースにもなりました。NHKのニュースウォッチ9で、スポーツコーナーではなく一般ニュースの枠で伝えてましたからね。それだけ大きな発表だったということ。


 そしてアーモンドアイは、ジャパンカップで、先に参戦が発表されていたデアリングタクト、コントレイルと最初で最後の直接対決。無敗の牡牝の三冠馬対決でテンション上がってたところに、先輩牝馬三冠馬にして芝GIの最多勝記録保持者アーモンドアイも参戦とは! ああ、キーボードを叩きながらまたゾクゾクしてきた。
 これだけ心躍る"直接対決"って最近ありましたかねー? ジャパンカップではかつてオルフェーヴル対ジェンティルドンナの(年齢は1歳違いますが)牡牝三冠馬対決がありました。今回はさらに古馬のチャンピオンの中のチャンピオンが加わるわけで、盛り上がらないわけがありません。あー、平常時なら東京競馬場に15万人はカタいのに。返す返すもコロナ憎し。まあコロナのせいで国内が充実するというのも言えるかもしれませんけど。


 気が早いファンは「1番人気は3頭のうちどれだろう?」なんて考え始めてるかもしれませんね。アーモンドアイもコントレイルもデアリングタクトも、どれが1番人気になっても納得ですし、この3頭が3番人気までを占めるのはほぼ間違いないところでしょう。
 そこでスケベなアタシは考えちゃうのです。3番人気の単勝オッズはいくらになるだろう? 3倍? 4倍? 4倍もつくなら美味しいし、今後、3歳の三冠馬2頭の単勝オッズが3倍になることなんかないかもしれない。アーモンドアイはオークス以降ずーっと単勝1倍台。これが3倍もつくなら十分。というわけで、3番人気が一番旨味あるんじゃないかなと想像するのであります。


 1986年以降で、3番人気の単勝オッズが一番低かったのは何倍でどのレースだったんだろう?
 ざっくり調べてみたところ、「3番人気の単勝オッズが3.0倍以下」というレースが58レースありました。直近では今年5月16日の東京7Rで、2000年代に入ると数は少なくなりますが1990年代以前はわりとあった印象です。
 重賞レースでは一度だけ、2000年の阪神大賞典でありました。1番人気テイエムオペラオー2.0倍、2番人気ラスカルスズカ2.6倍、3番人気ナリタトップロード2.9倍。人気順通りの決着でした。
 多くは少頭数のレースですが、一度だけ16頭立てで同様のケースあり。2000年2月26日の中山4R(3歳新馬)、1番人気ジェダイナイト2.8倍、2番人気キャピタルレター2.8倍、3番人気ダイワダブリン3.0倍。このレースもまた人気順そのままの1着2着3着でした。


 「3番人気馬の単勝オッズ3.0倍以下」って、まあ平たく言えば3強ですわね。上記2レースは人気順どおりの決着ですが、対象58クラのうち上位人気3頭で決まったレースはいくつあったか? 漏れがなければ23クラ。4割弱というところです。これは上位人気3頭が順番問わず3着までを占めたケースですから、1→2→3番人気で決まったレースはもっと少ないです。
 58クラそれぞれの1番人気、2番人気、3番人気の成績はというと...
 1番人気(16.22.11. 9)
 2番人気(19.13.19. 7)
 3番人気(15. 8.12.23)
 2番人気が最も勝率が良く、このケースは3頭それぞれ単勝オッズにほとんど差がないので単勝回収率も2番人気がトップ。うーむ。真に美味しいのは3番人気じゃなく2番人気なのか??


 ......などとレース2週間以上前から考えちゃってるんだもんなあ。まだ時間はある、頭を冷やしてよーく考えよう。他のライバル達だって十分チャンスがあるだろうしね。出走予定馬が皆無事にレースを迎えて、無事レースを終えて、その上で歴史に残るアツい勝負を期待したいですね。


 ※1986年以降で「最も単勝オッズの数字の小さい3番人気馬」はユーワラムジェット。1990年9月1日の新潟4R障害戦、5頭立て3番人気で単勝オッズは2.6倍。3着でした。


 では、11月 14日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
吉田幹太(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
10:20頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:50頃 「週間ニューストピックス」
11:20頃 「特別レース展望」
11:45頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:40頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:10頃 「土曜メインレース展望」
13:40頃 「今週の注目数字」
15:25頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:25頃 「あすの重賞展望」


東京実況:山本直也(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:石原李夏、木和田篤、小屋敷彰吾
パドック進行:小屋敷彰吾、石原李夏
福島実況:小塚歩(1R~6R)大関隼(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
佐藤将美(サンケイスポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:00頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「土曜メインレース展望」
11:25頃 「週の中間の話題から」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:50頃 「解説者 今日の狙い目」
14:25頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
15:05頃 「メインレース展望」
16:15頃 「明日のメインレースの見どころ」


阪神実況:檜川彰人(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:米田元気、加藤弘晃
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

コメント