帽子の色って大事。 12月17日(日)の放送予定 [番組情報]
2017/12/16(土) 18:00 小塚 歩

「秋の2歳単勝」 12月17日(日)まで + 12月28日(木)も、全2歳戦の単勝が5%アップ!


【朝日杯FS スペシャルプレゼンターは 岡山天音さん ! トークショー&レース回顧も】
【中京競馬場にはグラビアアイドル 篠崎愛 さん来場! 三河Sのプレゼンターを務めます】
【有馬記念当日の記念入場券を 中山競馬場で先行発売 します】


 海外馬券発売が始まって1年と少し。これまで馴染みのなかった方も、もう気づいた方も多いかと思います。
 「海外競馬は勝負服が日本よりデザイン豊富」。
 確かに日本では見ることのないデザインや、微妙な色味が見られます(←このビミョーな色味というのはアナウンサー泣かせなんですが、それはまた別の機会に)。


 もうひとつ。
 「海外競馬は帽子の色もオーナーそれぞれで決まっている」
 これも皆さん、もう覚えましたよね。


 そういうものだと思っていれば実況には困りませんし、勝負服が見えづらくても帽子さえ見えれば馬が判別できるという利点もあるわけで。だからどうのこうのはないですが。
 ただね、海外競馬の実況を終えて日本に戻ってくると、ひしひし感じるんです。


 帽子の色が枠ごとに決まっているって、なんて実況しやすいんだろう!


 我々普段は馬名と馬番を一緒に実況します。○番△△、みたいな。
 馬番はどう判別するかというと、帽子の色で判別します。例えば白い帽子なら、15頭立て以下の場合必ず1番。ピンクの帽子なら、n頭立て(n≦16)以下の場合はn番かn-1番かとなります。
 そんなふうに自分なりに法則を覚えて、レース毎に帽子の色で馬番を判別するというわけ。


 このテクニックがねー、海外では使えないんですよねー。
 今は海外馬券発売もありますんで、極力馬番をつけて実況したい。でも帽子だけでは分からないから、日本とは違う覚え方でいかないといけないところはちょっと苦労。
 それでもなんとか乗り切って、日本に帰ってきて、1枠から8枠までキレイに色分けされた帽子を見ると「ああ、何とありがたい」!

 
 デザイン性は乏しいですが、ものすごく機能的であるのだなあ、と。


 皆さんも明日のレースはぜひ、帽子に注目してみてください。ゼッケンが見えなくても、ダノンプレミアムを買っている方は白い帽子から、タワーオブロンドンが本命の方は黒い帽子から目を離さないように。それだけで、注目馬をレース中に見失うことは少なくなるはずです。


では、12月 17日(日曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
藤本貴久(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
松本憲二(競馬ブック)11R
京増真臣(研究ニュース)12R


<主なコーナー>
9:45頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:10頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:35頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:05頃~「メインレース展望」
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:55頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
13:55頃~「今日のコラム」出演:川上大志(スポーツ報知)
16:10頃~「来週の重賞展望」
16:30~「競馬延長戦」


中山実況:小塚歩(1R~6R)舩山陽司(7R~12R)
進行:山本直也、小塚歩
パドック進行:小島友実


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
菱田誠(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
辻俊典(競馬ニホン)


<主なコーナー>
9:40頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:00頃~「一般レースの狙い」
10:30頃~「メインレース展望」
11:45頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:20頃~「特別レース展望」
13:50頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~「メインレース展望」
16:15頃~「来週の重賞レースの見どころ」


阪神実況:中野雷太(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:檜川彰人、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳
中京実況:佐藤泉(1R~6R)山本直(7R~12R)


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント