ディアドラは数字の上でも凄かった。 8月4日(日)の放送予定 [番組情報]
2019/08/03(土) 19:00 小塚 歩

夏の2歳単勝 6月1日(土)から9月1日(日)まで、単勝の払い戻しが5%アップ!


【今週は日曜小倉がフリーパスの日。 葵わかなさん !あなたの質問に答えてくれるかも!?】
【さらばディープ。 追悼関連行事 今週土日は3場メインが「ディープインパクト追悼競走」】
【小倉競馬場では夏の開催中毎日 武豊展 オープン。特設ショップもオープン】


 日本時間1日の深夜に行われた、英グッドウッド競馬場のG1ナッソーステークス。日本から出走したディアドラが見事勝利!
 自宅でテレビ観戦していて、夜中なのに大声出しちゃいましたよ。各国を転戦しながら挑戦を続けてきた陣営の奮闘が実って本当によかった。もちろんオイシン・マーフィー騎手の騎乗ぶりも見事でありました。


 レース翌日、競馬中継のWディレクターに言われました。


「ツイッターで、60キロを背負って勝った牝馬はいつ以来だろうと書いてる人がいたけど、これは小塚がニコニコしながら調べる案件なんじゃないの」
 ふええ。件のツイートには、メジロドーベルの58キロとかトウメイの59キロとか書いてある。ってことはトウメイよりも前ってことでしょ? その頃のデータはJRA-VANで簡単に検索できるやつじゃない。どうやって調べようか。


 ディアドラがナッソーステークスで背負った斤量は133ポンド=約60.3278キロ。ということで、中央競馬のサラブレッド平地重賞で斤量60キロ以上で勝った馬を調べました。ええ、手作業で。重賞レースのいろいろなデータが載っている「ハンドブック」(たぶん非売品)と、廃止重賞の全成績が掲載されている年鑑を1ページずつ繰りました。それこそ首っ引きで。


【斤量60キロ以上で中央競馬の平地重賞を勝ったサラブレッドの牝馬(小塚調べ)】
36中山記念(秋) アトランタ 63(kg、以下同じ)
38目黒記念(秋) フエアモア 65
42中山記念(秋) ニパトア 65
47カブトヤマ記念 トキツカゼ 60
47中山記念(秋) ヤマトナデシコ 61
49目黒記念(春) セフテス 63
50目黒記念(秋) クニハタ 60
50中山記念(秋) ヤシマドオター 66
52安田賞 スウヰイスー 61
53目黒記念(春) タカハタ 62
53安田賞 スウヰイスー 62
53東京牝馬特別 チエリオ 62
54中山記念 チエリオ 60
54京都牝馬特別 ジツホマレ 61
55京都記念(春) セカイイチ 61


 ふう、たぶんこれで全部。手作業なので漏れがあったらごめんなさい。
 ということで、ディアドラは1955年の京都記念(春)を勝ったセカイイチ以来64年ぶりとなる「斤量60キロ以上を背負って平地重賞を制した中央競馬所属のサラブレッド牝馬」となるようです(地方競馬だといるかもしれませんが、調べるのがさらに難しそうなので...)。
 凄いことです。1955年って昭和30年ですよ。アタシの母が生まれた年。前回の東京オリンピックよりも前。これからも日本の平地競走では60キロ以上を背負う牝馬は出て来ないでしょうしね。しかもディアドラは、2着馬メダーイーとは8ポンド=約3.6キロの斤量差がありながらの勝利ですから。数字的にも歴史に残る勝利であったと言えそうです。


 ちなみに中央競馬で60キロ以上を背負って平地を勝った牡馬はスエヒロコマンダー(02年札幌日経オープン)が最後。86年以降のサラ系平地重賞では02年京都記念のナリタトップロード60キロで勝利したのが最新のケースであります。障害では牝馬も60キロ以上を背負うケースがありますが、86年以降で斤量60キロ以上を背負い重賞を勝ったのはコウエイトライ(5勝)だけ。
 令和時代の中央競馬では、平地60キロを背負って出走する馬はいるだろうか? もしかしたら重い斤量で勝利した彼らも伝説となっていくのかもしれませんね。


(8/6追記)
 その後データに強い知人から連絡があり、
53神戸杯 ワカクサ 63
56神戸杯 トサモアー 63

 以上2頭の牝馬も60キロ以上でサラ系平地重賞を勝っていたとのことでした。というわけでディアドラの「斤量60キロ以上を背負って平地重賞を制した中央競馬所属のサラブレッド牝馬」はトサモアー以来63年ぶりとなります。調べが甘かったな...。


 では、8月 4日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
桧原正行(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
沢田美紀(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:35頃 「パドック解説者 レース展望」
11:05頃 「メインレース展望」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:30頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃 「日曜メインレース展望」
14:00頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:鳥谷越明(スポーツニッポン)
14:30頃 「今日のコラム」出演:小田哲也(スポーツニッポン)
16:20頃 「来週の重賞レース展望」


新潟実況:小屋敷彰吾(1R~4R)佐藤泉(5R~6R)小林雅巳(7R~12R)
進行:山本直、小屋敷彰吾
パドック進行:稲葉弥生
札幌実況:大関隼(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
竹村浩行(馬サブロー)1R~5R
竹原伸介(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃 「メインレース展望」
11:45頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:45頃 「特別レース展望」
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
13:45頃、14:15頃 「メインレース展望」
16:10頃 「来週の重賞レースの見どころ」


小倉実況:中野雷太(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:竹之上次男、米田元気、髙田洋子
パドック進行:髙田洋子、竹之上次男


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント