最古のレコードタイム、破られる日は来る? 8月22日(土)の放送予定 [番組情報]
2020/08/21(金) 21:30 小塚 歩

8月15日(土曜)から9月6日(日曜)までの中央競馬の開催等(7月30日発表)
7月25日(土曜)以降のウインズ、PW等の制限付き営業(7月20日発表)営業再開情報


 20日木曜日の大井競馬で、同場で最も古いコースレコードが更新されました。


 ダート外回り1000メートルの競走で、クルセイズスピリツが58秒8をマーク。ジヨーンズシヤダイが持っていた従来のレコードを0秒1更新しました。旧レコードは1976年12月3日に記録されたので、およそ44年ぶりの更新となりました。


 へええ。44年ぶり。アタシが生まれる3年前だ。確かに新馬戦なんかで、ジヨーンズシヤダイの名前がレコード欄に書かれているのはよく見たけど。そんなに長かったのか。
 日刊競馬の小山内完友さんのコラムにあるとおり、大井1000メートルは長らく2歳戦や3歳戦でしか使われていませんでした。ジヨーンズシヤダイも現在でいう2歳時にレコードをマークしたとのこと。
 小山内さんのコラムに出てくる「弥生賞」は2017年3月24日に行われていて、それより前の大井1000メートル戦をJBISで調べてみても、2歳あるいは3歳の一般戦ばかり。1986年までさかのぼってみても上級条件のレースは2歳オープンを除くとほぼ皆無でありました。
 一方、「弥生賞」以後は古馬の競走も少しずつ組まれるようになっています。そして今回はA1とA2一組のメンバーが出走し、レコードが更新されたというわけ。クルセイズスピリツは3歳時に優駿スプリントを勝った馬ですしね。


 各地方競馬場のレコードタイム表(サラ平地)を確認すると、現在最も古いコースレコードは大井外回り2600メートルとなりました。1977年5月27日、大井記念でアグネスチカラがマークした2分42秒8です。大井2600メートルは年に1回、金盃で行われるだけなので...(2018年は金盃トライアルが同距離で行われたので年2回)更新されることはあるでしょうか。


 中央競馬はというと、2020年現在で行われている距離設定で最もコースレコードが古いのは函館芝1000メートル(2歳)。ハギノトップレディが1979年8月12日にマークした57秒2が未だに燦然と輝いています。1986年以降でこのタイムに迫った勝ち馬はマチカネエデン、ザベストエバー、ウインスピリタスの57秒4で、よほどの快速馬が使わないとレコード更新はないかもしれませんね。
 ちなみに現在使用されていない距離設定で、JRAのサイトにコースレコードとして掲載されている最古のものは京都芝内回り1100メートル(3歳以上)で、キタカミが1966年1月9日にマークした1分7秒5というのがあります。京都競馬場のコースレイアウトを見ると確かに芝1100メートルの設定がありますが、少なくとも1986年以降は使用されていないので今後更新の可能性があるのかどうか......?
 この秋から京都競馬場は改修工事に入りますが、コースレイアウトは変わらないとのこと。可能性は相当低そうですが、芝1100メートルの復活を待ってみますか!


 では、8月 22日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
夏の2歳単勝 9月6日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
林茂徳(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「週間ニューストピックス」
10:00頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:35頃 「特別レース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:15頃 「札幌競馬コーナー(1)」出演:山口瞬(日刊競馬)
12:55頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「札幌競馬コーナー(2)」出演:松田直樹(日刊スポーツ)
14:25頃 「今週の注目数字」
15:40頃、15:55頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:25頃 「あすの重賞展望」


新潟実況:小屋敷彰吾(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:稲葉弥生、木和田篤、山本直也
パドック進行:佐藤泉、稲葉弥生
札幌実況:小塚歩(1R~6R)小林雅巳(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
松浪大樹(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:55頃 「メインレース展望」
11:25頃 「週の中間の話題から」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:15頃 「札幌競馬コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:20頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:10頃 「明日のメインレースの見どころ」


小倉実況:米田元気(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:檜川彰人、加藤弘晃
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

コメント