出ましたよ来年の日程!どうなった? 10月24日(土)の放送予定 [番組情報]
2020/10/23(金) 21:00 小塚 歩

第5回東京競馬・第5回阪神競馬・第3回福島競馬におけるお客様のご入場(10月21日発表)
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


各事業所の営業再開情報


 ご存知のとおり、京都競馬場は今週と来週の開催を最後に長~いお休みに入ります。じゃあ、京都がお休みの間はどこでレースをやるの? その答えが(少なくとも来年分について)今週月曜日に発表されました。


 ま、なんとなく想像はつきましたが京都の分を阪神と中京で受け持つ形です。じゃあどう割り振るのかが問題だったんですが、西日本のメイン場は、
 

 <例年の春>京都(8週)→阪神(8週)→京都(6週)→阪神(4週)→中京(4週)
 <来年の春>中京(6週)→阪神(12週)→中京(6週)→阪神(2週)→小倉(3週)


 こうなります。京都金杯や日経新春杯やきさらぎ賞を中京でやって、京都記念や京都牝馬Sを阪神でやって、通常の阪神春開催をやって、さらに天皇賞(春)まで連続開催。そこから中京に移って京都新聞杯や平安Sを実施。宝塚記念とその前の週の2週だけは通常の暦に戻って阪神開催となるわけです。
 夏場は中京の本場開催を小倉で。だから中京記念やプロキオンSが小倉になります(小倉ダート1700メートルの重賞は史上初とか!)。そのあと今年同様に西日本は3週間お休み、夏の小倉を4週間開催して、秋競馬に突入。


 <例年の秋>阪神(4週)→京都(8週)→阪神(4週)
 <来年の秋>中京(4週)→阪神(12週)


 ひゃー。阪神が連続12週開催。ビッグレースが立て込むだけに仕方ない気もしますけど、秋華賞や菊花賞は中京代替もあるかなーなんて思ったりもしたんですけどね(芝2000メートルも芝3000メートルもフルゲート18頭取れる)。
 そうそう、京都のGIレースは全て阪神で代替されることになりました。天皇賞(春)はビワハヤヒデが勝った1994年以来、菊花賞はハシハーミットの1979年以来、秋華賞とマイルチャンピオンシップはレース史上初めて京都競馬場以外で行われることになります。
 2006年暮れにコース改修されてから、阪神芝3200メートルは設定こそあれど使用実績はありませんでした。おそらくスタートしてから3コーナーまでの距離の関係かと思いますが、1周目外回り→2周目内回りというコースなんですよね。天皇賞までにどこかでレースが行われるという情報も目にしました。実況あたらないかなあ。
 また阪神大賞典で年に一度使用される阪神芝3000メートルはフルゲート16頭。今年もそうですがクラシック最終戦の菊花賞は登録馬も多く、今年で15年連続18頭立てなんですよね。このあたりの問題を解消するのかどうかも見ものです。
 

 GIIやGIIIも、開催競馬場の変わるレースが多いですね。そういうレースはぜひ実況してみたい。プロキオンSの小倉ダート1700メートルもそうですし、京都ハイジャンプの中京芝3900メートルも!中京に(障害ですが)3900メートルのコースがあることをすっかり忘れていました。ぜひ担当してみたいですね。
 以前、中京競馬場が改修工事を行っていた頃に京都や阪神で「中京重賞」を実況しました。高松宮記念を阪神で実況したのは今思えば不思議な感じ。当時は東日本大震災直後でそれどころではなかったですが。


 そして、もしかしたらオールドファンが涙ちょちょぎれかもしれないのが、きさらぎ賞の中京開催。実はもともときさらぎ賞は中京競馬場で行われていたんです。第1回の1961年から、グレード制導入後の1986年まで26年間はきさらぎ賞が中京で開催されていました。来年、35年ぶりにきさらぎ賞が中京に帰ってきます!
 

 と、日程発表だけで今年はこれだけ盛り上がれるのでした。今後開催日ごとの競馬番組が発表されたら、コースや距離やレース名でもっとあーだこーだ言えるでしょうね。個人的にはどこかで中京芝1300メートルが行われるんじゃないかと睨んでおりますが、さて。


 では、10月 24日(土) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
赤塚俊彦(競馬ブック)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
加藤剛史(馬サブロー)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:05頃 「週間ニューストピックス」
10:35頃 「特別レース展望」
11:55頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:55頃 「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:25頃 「土曜メインレース展望」
13:55頃 「今週の注目数字」
14:30頃、16:15頃 「トレセンレポート」出演:野元賢一(日本経済新聞)
16:30頃 「あすの重賞展望」


東京実況:米田元気(1R~6R)大関隼(7R~12R)
進行:小島友実、小屋敷彰吾、木和田篤
パドック進行:佐藤泉、小島友実
新潟実況:中野雷太(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(競馬評論家)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
芝井淳司(大阪スポーツ)1R~5R
中西弘行(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃 「一般レースの狙い」
10:25頃 「土曜メインレース展望」
11:25頃 「週の中間の話題から」
11:45頃 「日曜重賞レース展望」
12:50頃 「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃 「解説者 今日の狙い目」
14:15頃 「パドック解説者 メインレースの狙い」
14:50頃 「メインレース展望」
16:05頃 「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:小塚歩(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:檜川彰人、加藤弘晃
パドック進行:髙田洋子


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

コメント