この春を振り返って [小屋敷彰吾の研修レポート]
2018/06/25(月) 15:36 小屋敷 彰吾

皆さん、こんにちは。
今日は恐ろしいほどの暑さですね・・・

上半期の総決算、宝塚記念が終わりましたが、みなさんいかがでしたでしょうか?

早いもので10週に渡る東京のロング開催も昨日で終わってしまいましたね。
最終レース終了後にはコースの開放も行われていました。

大学時代には社会人になった先輩から「社会人になると1年があっという間だから」という話をたくさんされてきました。
社会人になって私も本当にそれを強く実感しました。

毎週、毎週必死になっていたら、瞬く間に時が流れていたという感じです。

 

この10週間、多くのことを学びました。

去年の秋に実況練習を始めたころは、最初は全く3コーナーで追えませんでした。
それが練習をしていくうちに段々とダートの1600m16頭が追えるようになり、ダート1400mで16頭が追えるようになり、ついに今では芝の1400mの18頭も、頑張れば追えるようになってきました。
まだまだ先は長いですが、確実に成長を感じました。

 

そして、ついにこの春は長丁場の進行も任せてもらうようになりました。

正直こちらはまだまだ余裕がなくて、いつも一杯一杯になっています。

毎回終わるたびに反省点だらけで落ち込んでばかりです。

ただ、長丁場を経験していくうちに「こういう時に自分は慌てやすい」といったことが少しずつわかってもきました。

何事も場数を踏むことが一番大切なのだなと強く感じました。

 

いよいよ来週から夏のローカル開催へと移ります。

去年は1度だけの出張でしたが、今年はフル参加することになりました。

正直、毎週の出張で体力が持つのかという心配もあります。

でも、必ずやこの10週で進行をマスターして、「あとは、実況デビューを目指すだけ‼︎」という状況にできるよう頑張ります!

 

そしてそして、最後に、大事なお知らせです。

先週の大関アナウンサーが担当しているCharge for eekend の中でも発表されましたが、大関アナウンサーに代わって来月からこの時間を私が担当することになりました。

30分もの時間を自分に任せてもらえるということで、色々と頭をひねらせているところです。

一人でも多くの方に楽しいと思ってもらえるよう頑張りますので、今後とも温かく見守っていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

 

小屋敷彰吾

コメント