こんな記録、これから生まれるだろうか? 10月21日(月)の放送予定 [番組情報]
2019/10/20(日) 19:30 小塚 歩

秋の2歳単勝 9月7日(土)~12月15日(日)と12月28日(土)は単勝が5%アップ!


 武豊騎手、菊花賞制覇おめでとうございます!
 50歳7ヶ月6日での菊花賞制覇。1940年(昭和15年)テツザクラの伊藤勝吉騎手が記録した48歳9ヶ月23日の菊花賞最年長優勝記録を塗り替えました。79年ぶりの記録更新であります。
 

 先日弊ブログでこういう記事を書きました。
 古い記録だけど、破れなくはない記録。 9月8日(日)の放送予定
 ソフトバンク千賀滉大投手が、球団として76年ぶりのノーヒットノーランを達成したネタでありました。まさか本当に、武豊騎手が79年ぶりの記録を作るとは!


 記録づくめであります。
 ・50歳代最初のGI勝ち。岡部幸雄騎手、安藤勝己騎手、横山典弘騎手に続く4人目の「50代GIジョッキー」
 ・昭和、平成、令和と3元号でのGI勝ち
 ・ディープインパクトとワールドプレミアの父子菊花賞制覇、その両方に騎乗
 ・菊花賞最年少勝利(19歳7ヶ月23日)と最年長勝利記録(50歳7ヶ月6日)の両方を保持
 ・菊花賞最多勝を更新(5勝)
 

 自身初のGI勝利となったスーパークリークの菊花賞から31年。最年少と最年長の記録を同時に持つなんて、これから生まれることは有るでしょうかね。それほどの記録だと思います。またね、レースぶりもさすがの導きでしたよね。中団インから最後も内が開くのを待って抜け出すという。「いつの間に!?」という感じでした。
 もちろん、大一番で渾身の仕上げを見せた友道厩舎も、それに応えたワールドプレミアも見事でありました。馬券はヤラれましたが、凄いものを見たという菊花賞でした。さ、東京競馬は明日もあります。頑張りましょう!


 では、10月 21日(月) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
郡和之(日刊競馬)


<パドック解説>
宮崎弘貴(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
今野光成(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「土曜・日曜重賞プレイバック」
10:00頃 「パドック解説者 メインレース予想」
10:30頃 「パドック解説者 レース展望」
11:00頃 「メインレース展望」
12:20頃 「コーフィールドカップ プレイバック」
13:50頃 「日曜メインレース展望」
14:20頃 「パドック解説者 レース展望」
16:10頃 「来週の重賞レース展望」


東京実況:小塚歩(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:石原李夏、山本直也
パドック進行:木和田篤、石原李夏

※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント