金曜なのに、どよう。 7月22日(日)の放送予定 [番組情報]
2018/07/21(土) 18:00 小塚 歩

「夏の2歳単勝」6月2日(土)~9月2日(日)の2歳戦は、単勝の払い戻しが5%アップ!


【福島競馬場100周年アンバサダー・武田玲奈さんが日曜の福島に来場!】
【日曜中京はフリーパスの日。昼休みはバイきんぐのスペシャルトークショー】
【日曜の函館には名牝メジロドーベル来場。カミナリ&ニルベース齋藤 お笑いLIVE】
【3競馬場それぞれ開催最終日。福島中京函館でみんな大好き馬場開放があります】


 まあそういうことです。土用の丑の日。今年は7月20日金曜日でした。そしてどうやら8月1日の水曜日も「土用の丑の日」だとか。こういうときは20日の方を「一の丑」、1日の方を「二の丑」というんですってね。
 長いこと土用の丑の日にウナギ食べてないなあ。今週せっかく名古屋にいるのに。名古屋といえばひつまぶしなのに。あなうらめしや給料日前...。


 ここでふとキーボードを打つ手が止まる。土用の丑の日とは?そういえば知っているようで知らないし、毎年この時期に由来を目にするはずだけど1年経つとすっかり覚えてない。ウナギを食べる習慣は平賀源内が広めたらしいってのは知ってるんだけど。
 こういう暦関係のことを調べるときに頼りになるのは、やはり国立天文台。ありましたありました。
 暦Wiki
 ふむふむ...雑節?というものがあるのね。あらゆるものが木・火・土・金・水からなるとする思想「五行説」だと、土に該当する季節がないと。なので4つの季節から18日ずつ拠出して土の季節「土用」を作ったということ。
 春夏秋冬に土用は存在し、それぞれの"入り"は太陽黄経で決まっていると。太陽黄経とは何ぞや、というのがこちら。うむむ、こりゃじっくり読まないとわからないや。とにかく、ある一定の数値の日に土用の入りとなるのだそう。
 で、土用の間に十二支の丑の日があると「土用の丑の日」。今年の夏の土用は7月20日から、立秋の前日の8月6日までとなり、この期間中に丑の日が2回(7月20日、8月1日)あるということなのですねえ。はああ。分かったような分からないような。


 体力勝負のアナウンサー稼業ですが、さすがにこの猛暑続きではバテも出てきますからね。馬券をパシッと当てて、お高い国産ウナギで夏バテ知らずといきたいところですな。


 では、7月 22日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
郡和之(日刊競馬)

<パドック解説>
沢田美紀(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~10R
京増真臣(研究ニュース)11R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「宮崎秀一の展望コーナー」
10:05頃~「パドック解説者 メインレース予想」
10:35頃~「パドック解説者 3連単狙い撃ち!」
11:05頃~「メインレース展望」
12:10頃~「函館コーナー(1)」出演:志村竜一(日刊競馬)
12:25頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:25頃~「日曜メインレース展望」
13:55頃~「函館コーナー(2)」出演:立川敬太(東京スポーツ)
14:25頃~「今日のコラム」出演:高橋利明(福島民報)
16:20頃~「来週の重賞展望」


福島実況:中野雷太(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)
進行:小屋敷彰吾、中野雷太
パドック進行:石原李夏
函館実況:小林雅巳(1R~6R)山本直也(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
柏原健士(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
浜口和也(馬サブロー)1R~5R
吉田順一(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:50頃~「一般レースの狙い」
10:20頃~「パドック解説者 狙いのレース」
10:50頃~「メインレース展望」
11:40頃~「激穴!三連単予想」出演:上田琢己(大阪スポーツ)
12:10頃~「函館コーナー」(ラジオNIKKEI第1と同時放送)
12:40頃~「特別レース展望」
13:40頃~「解説者 今日の狙い目」
14:20頃~、14:55頃~「メインレース展望」
16:10頃~「来週の重賞レースの見どころ」


中京実況:米田元気(1R~6R)小塚歩(7R~12R)
進行:檜川彰人、米田元気
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント