キャリーオーバー祭りじゃー! 12月28日(金)の放送予定 [番組情報]
2018/12/27(木) 18:00 小塚 歩

秋の「2歳単勝」 12月16日(日)まで+12月28日(金)の2歳戦は、単勝が5%アップ!
12月28日は 「JRAスーパープレミアム」 全式別の払戻率が80%に。かなりオトク♪


【来年のJRA年間プロモーションに仲間入り 中川大志さん・葵わかなさん 中山に来場!】
【プレイバック阪神競馬2018 「タートピッ!」トークショー&抽選会


 ラジオNIKKEI競馬中継班でも、毎週チームを組んでWIN5にチャレンジしています。一度だけなかなかの高額配当があったほかは、高い壁に跳ね返されているところでありまして...初手からハズれたときはひたすら「荒れろ荒れろ!」と念じてキャリーオーバーを願っているところでありましたが。


 有馬記念当日。グッドラックHをヴァントシルムで通過するも、千両賞でブービー人気のマイネルフラップは買ってない。単勝万馬券!こりゃ票数激減だな。続くフェアウェルSはシャインヴィットゥ!これも人気ないぞ。この時点で残り票数208票。有馬記念当日ということもあり普段よりもたくさん売れていたにもかかわらず、です。
 クリスマスキャロル賞はエアアルマスが一本かぶりでした。「これがいなくなると相当減るんじゃない?」などとディレクターと話していたら、いなくなるどころかまたも人気薄ペルソナリテ!!


 すかさず残り票数を確認すると、


 よ、よんひょう!!!!!!!!


 内訳はモズカッチャン2票、オジュウチョウサン1票、レイデオロ1票。残るは有馬記念。皆さんもう結果はご存知ですね。5億9900万円あまりがキャリーオーバーとなったのでした。レイデオロの1票をお持ちの方の心中はいかばかりか、察するに余りありますがこれも競馬。ブラストワンピースの快走により、あす28日にキャリーオーバーが発生することになったわけです。

 
 JRA発表のデータによると、キャリーオーバーが発生したWIN5は過去10回。払い戻し上限が2億円だった頃は結構ありましたですね。
 キャリーオーバー発生週のWIN5の売り上げを見てみると、初キャリーオーバーだった2011年7月3日は発売22億。前週14億ですからおよそ1.57倍。直近のキャリーオーバーは2014年11月24日で、この日は3日間開催の3日目。売上11億4000万で、前日が5億8000万ですからほぼ2倍近く。やはり売れますなあ。
 しかも28日は「JRAスーパープレミアム」ということで全式別の払戻率が80%に。WIN5は通常、全式別で最も払戻率が小さい70%ですからこれはかなりオトク。優雅な年末を過ごすためにも、ここはぜひ当てたい!!


 ...というわけで、ラジオNIKKEI競馬班のWIN5チームはいつにない参加率となっております。参加者が増えるとタマが増えますからね。いつもよりも買い目を広げてうまく的中を拾いたいもの。ただし不安も。購入担当がアタシなんですよね(普段はディレクターが購入)。責任重大。買い目を間違えて的中ならず、なんてことになったら目も当てられません。ある意味、今年一番の緊張がやってきます。
 

 本ブログはこれが年内最後の更新となります。年明けは1月4日(金)の更新を予定しています。今年1年お付き合いいただき、ありがとうございました。少し早いですが、よいお年を!


では、12月 28日(金) の放送予定です。
28日は中山競馬・阪神競馬の全レースの模様をラジオNIKKEI第2で放送します。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第2]


<中山解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
小木曽大祐(日刊競馬)


<阪神解説>
関根慶太郎(日本経済新聞)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説(中山11R)>
宮崎秀一(日刊競馬)


中山実況:大関隼(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
阪神実況:檜川彰人(1R~4R)山本直也(5R~8R)米田元気(9R~12R)
中山進行:小塚歩、小屋敷彰吾
阪神進行:米田元気、檜川彰人
パドック進行(中山11R):大関隼


※出演者、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント