実は?バレてる?ネガティブです。 10月18日(日)の放送予定 [番組情報]
2020/10/17(土) 22:30 小塚 歩

第4回東京競馬・第4回京都競馬・第4回新潟競馬におけるお客様のご入場(9月30日発表)
9月26日(土曜)以降のパークウインズ・ウインズ等の制限付き営業(9月21日発表)営業再開情報
2019年12月28日(土曜)から2020年2月23日(祝日・日曜)までの間の勝馬投票券の払戻有効期限(2020年11月14日(土曜)まで)


 先週ツイッターで色々検索していたら←
 「おうまのQの前口上、小塚アナはネガティブ多すぎ。もっとポジティブにいったほうがいいよ」(超要約)みたいなつぶやきを発見しました。はうっ。そういうとこツッコまれますか。


 ばれたか...
 確かにアタシまあまあネガティブです。まあまあ。優勝から遠ざかる野球チームを長年応援してきたからでしょうか。いや、もともとの気質がそうさせるのかもしれませんけど。あとは生い立ち?それはうーん。あるのかないのか(←青森?
 だから自分に関係することは(馬券とか)すげーネガティブから入ったりする。だから当たらなくてもどんより凹むことはない。毎回凹んでたら身がもたないからね(←わりとはっきり凹むタイプ)。で、そうやってると当たったときの喜びはひとしおなんですな。


 仕事に関しても割とそうだったかな。今も大したことないですけど若い頃はほんとにデキないアナウンサーだったので、大きい仕事があるたびに失敗する想像してた。そうしとくと、失敗しないだけでハードル超えられた気がしてたんだと思います。
 自分のこと以外でも、贔屓チームの試合だったり、国民的大注目のスポーツなどでは「さすがにしんどいんちゃう?」から入ったりします。どこかに「自分が応援すると負ける」という負い目(?)があるのかもしれません。

 
 当然、贔屓チームは勝って欲しいんです。でもさっきの考え方の逆説で「自分が応援しないと勝つ」というロジックが成り立つので、心では応援しつつも表向きは「いやーだめでしょー」なんて言っちゃう。余談ですがこういうタイプは阪神ファンに多かったりするんでしょうか? アタシもそうだし、ウチだと木和田アナがこのタイプの阪神ファンですねえ。


 明日の秋華賞から立て続けに、歴史的偉業なるかというGIレースが続きます。さて、偉業をぜひ目の当たりにしたいけど、そのためにはどういう心持ちでいたほうがいいのか。少なくとも来週は馬券的におとなしくするとして、さて今週はどうしよう。前日発売終了時で1.1倍ですか......来週はどうなっちゃうの!?


 では、10月 18日(日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】
秋の2歳単勝 12月20日(日)までの2歳戦は「単勝」の払い戻しが5%アップ!


[ラジオNIKKEI第1]
  

<解説>
飯田正美(日刊競馬)
能勢俊介
小木曽大祐(日刊競馬)


<パドック解説>
丸山一樹(日刊競馬)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
京増真臣(研究ニュース)9R~12R


<主なコーナー>
9:45頃 「宮崎秀一の展望コーナー」
10:45頃 「パドック解説者 レース展望」
11:15頃 「パドック解説者 メインレース予想」
11:30頃 「メインレース展望」
12:05頃 「能勢俊介の今日の勝負どころ」
13:35頃 「日曜メインレース展望」
14:10頃 「パドック解説者 レース展望」
14:45頃 「今日のコラム」出演:久野朗(日刊スポーツ)
16:15頃 「来週の重賞展望」


東京実況:小林雅巳(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:木和田篤、米田元気
パドック進行:石原李夏
新潟実況:佐藤泉(1R~6R)小塚歩(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
寺下厚司(スポーツニッポン)
森本昭夫(競馬評論家)


<パドック解説>
吉田順一(馬サブロー)1R~5R
城谷豪(馬サブロー)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃 「パドック解説者 狙いのレース」
10:00頃 「一般レースの狙い」
10:50頃 「メインレース展望」
11:40頃 「藤村和彦の射(シャッ)!!」出演:藤村和彦(競馬文筆家)
12:40頃 「特別レース展望」
13:15頃 「解説者 今日の狙い目」
13:45頃、14:20頃 「メインレース展望」
16:05頃 「来週の重賞レースの見どころ」


京都実況:山本直也(1R~6R)山本直(7R~12R)
進行:檜川彰人、加藤弘晃
パドック進行:岡田麻紗巳


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります

コメント