6172キロ [小屋敷彰吾の研修レポート]
2018/09/03(月) 18:48 小屋敷 彰吾
10週にわたった夏競馬がついに終わりました。

同時に私の10週間の出張も終わりを遂げました。

 

長かった。。。かつてないほどに私にとってこの夏は長かった。

 

金曜日に新幹線に乗って競馬場へ行き、土、日が終わって新幹線で帰る

気付いたら金曜日になっていて、また新幹線に乗り、競馬場へ行き・・・

どこでもドアがあれば・・・、何度そう思ったことでしょうか。

 

この夏どれくらいの距離を移動したのだろうかと思い調べたところ、福島、新潟の10週で合わせて、6172キロ。

私の人生でいまだかつてこれほど移動したことはありません(笑)

そして、月の半分近くを自宅以外ですごしたことも初めてでした。

ただ、この夏大きく体調を崩すことなく乗り越えられたことは本当に幸いでした。

 

 

昨日新潟で最後の仕事を終えた私は、とあるお店に向かいました。

そこは、うわさに聞いていた「丸十」。

もちろん迷わず、うな重を注文。


 

「あぁ、おいしい。これで夏も終わりなのか」

ほくほくのご飯とふっくらとしたうなぎを食べていると、噛むごとにひと夏の思い出が走馬灯のように頭の中を駆け巡っていきました。

(オジュウチョウサンフィーバーすごかったなぁとか、1日しゃべった日あったなぁとか、新潟外回りの3コーナー見えなかったなぁとか)

 

さあ、いよいよ、秋競馬。

充実の夏から、今度は実りの秋にできるよう、今週も頑張ります!!!

(あ、今週は夏休みなので、中山競馬場へ行くのは来週からでした)

あわせて、お知らせです。

今週の飛び出せ、寺子屋は水曜日に収録しますので、お便りは火曜日までにお願いします!久しぶりに「教えて先輩」のコーナーが復活するかも!?

コメント