「作曲家」vs「NFL選手」!? 4月28日(土)の放送予定 [番組情報]
2018/04/27(金) 18:00 小塚 歩

「春の3歳重賞馬連」 1月7日から5月26日までの3歳重賞は、馬連が5%アップ!


【天皇賞(春)のプレゼンターは沢村一樹さん! 最終R終了後にトークショーも実施】
【日曜京都でファンと騎手との集い。毎回凝った企画が楽しみ。今年はどんなのだろう!?】


 今週、残念なニュースがありました。



 イギリスの3歳馬グロンコウスキーがケンタッキーダービーを回避したというニュースであります。ここまで英国のオールウェザーで4連勝、アメリカのビッグレースを目指していました。
 グロンコウスキーとは、NFLのニューイングランド・ペイトリオッツに所属するタイトエンドのロブ・グロンコウスキー選手が命名の由来だそう。大きな体と高い身体能力で、QBトム・ブレイディのどんなパスももぎ取るグロンコウスキー。困ったらここにパス投げとけば大丈夫。これをファンは「戦術グロンク(グロンク=グロンコウスキーの愛称)」と呼びます。まあそのくらい重要な、名門チームの大黒柱のひとりであるということです。

 
 そしてなんと、馬のグロンコウスキーの活躍を知ったグロンコウスキー選手が、オーナーシップの権利の一部を買って、共同オーナーに名を連ねることになったのです。



 競馬好きでアメフト好きにはたまらない状況。簡単な戦いではないとは思うけど、がんばってほしい!
 そう思っていたのですが、日本時間の今週火曜に回避の報が。グロンコウスキー選手は回避に際して、ツイートで残念がっています。


 (ちなみにこのツイート、きょうの夕方時点で1万8千以上の「いいね!」がついてます)


 ケンタッキーダービーといえば、UAEダービーを大差で圧勝したエイダン・オブライエン厩舎のメンデルスゾーンが注目を集めています。メンデルスゾーンといえば歴史に名を残す作曲家。もしかしたら「作曲家」と「NFL選手」という(名前上は)戦いが見られたはずだったのに...残念。
 近年、アメリカ4大プロスポーツの選手の名前がついた活躍馬といえば。一昨年のケンタッキーダービー馬ナイキストはアイスホッケー選手の名前ですし、今年のドバイWCに出走したパブルは同じくアイスホッケー選手、パヴル・ダツュク(Pavel Datsyuk)選手から取ったとのこと。馬の世界のグロンコウスキーもこの後活躍して、G1で見事にタッチダウン!となるでしょうか。


 では、4月 28日(土曜日) の放送予定です。
【PCやスマホで楽しめます。 radiko.jp へ!】


[ラジオNIKKEI第1]


<解説>
宮崎秀一(日刊競馬)
能勢俊介
野元賢一(日本経済新聞)
松本憲二(競馬ブック)


<パドック解説>
石井誠(競馬ライター)1R~5R
宮崎秀一(日刊競馬)6R~8R
久保木正則(日刊競馬)9R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 きょうのおすすめレース」
10:05頃~「週間ニューストピックス」
10:40頃~「特別レース展望」
11:55頃~「能勢俊介の今日の勝負どころ」
12:55頃~「野元賢一の『競馬のツボ』」
13:30頃~「松本憲二のメインレース徹底分析」
14:30頃~「今週の注目数字」
15:40頃~、16:15頃~「トレセンレポート」
16:30頃~「明日の重賞展望」


東京実況:山本直也(1R~6R)中野雷太(7R~12R)
進行:稲葉弥生、小屋敷彰吾、小島友実
パドック進行:小島友実、稲葉弥生
新潟実況:山本直(1R~6R)佐藤泉(7R~12R)


[ラジオNIKKEI第2]


<解説>
永井晴二(共同通信)
関根慶太郎(日本経済新聞)


<パドック解説>
西谷哲生(大阪スポーツ)1R~5R
小宮邦裕(研究ニュース)6R~12R


<主なコーナー>
9:35頃~「パドック解説者 狙いのレース」
9:55頃~「一般レースの狙い」
10:25頃~「土曜重賞レース展望」
11:25頃~「週の中間の話題から」
11:45頃~「日曜メインレース展望」
12:45頃~「大穴一発!一攫千金を狙え!」出演:棟広良隆(競馬アナリスト)
13:45頃~「解説者 今日の狙い目」
14:15頃~「パドック解説者 メインレースの狙い」
16:05頃~「明日のメインレースの見どころ」


京都実況:小林雅巳(1R~6R)檜川彰人(7R~12R)
進行:竹之上次男、米田元気
パドック進行:宮脇さなえ


※出演者、各コーナーの放送時間、放送内容などは変更となる場合があります。

コメント