たまに行くならこんな蹴球場(その17) [サッカーコラム]
2014/10/08(水) 19:21 フジマキ コメント (0)

 さてさて、みなさん、すっかりお忘れになられているはずの"たまに行くならこんな蹴球場(略してたま蹴り)"。

 ...ま、私も忘れていましたけど( ´Д`)

 1年ぶりに書きます今回は、岡山県総合グラウンド陸上競技場(Kankoスタジアム)です。

10年からKankoスタジアムになりました



10年からKankoスタジアムになりました






 国体のメイン会場として1957年に開場。そして、2度目の国体開催となる05年に向けて全面改築を行い、03年に完成となり、同時に"桃太郎スタジアム"の愛称で呼ばれることに。

 そして、10年に地元企業の菅公学生服がネーミングライツを取得し、現在の名称となりました。

 岡山県内の各種サッカー大会や天皇杯はもちろん、以前は、ヴィッセル神戸、ガンバ大阪などが主催ゲームを開催していましたが、現在はJ2ファジアーノ岡山、JFLファジアーノ岡山ネクストのホームスタジアムとなっています。

 また、総合グラウンド内には、補助陸上競技場があり、中国リーグのJXエネルギー水島や県社会人リーグの試合が開催。さらに野球場や体育館(桃太郎アリーナ)、武道館、テニスコートに、国指定史跡の津島遺跡があります。

メインスタンドはほぼ一面、屋根で覆われています
メインスタンドはほぼ一面、屋根で覆われています

【アクセス】

 岡山駅から北へ徒歩約20分と、一般的なJクラブのスタジアムを考えれば、かなり行きやすい部類。基本、広い道沿いなので分かりやすいですが、"近道してやろう"と裏道に入ると住宅街だけに迷う危険も。私みたいにね(´・ω・`)

 もちろん、路線バスも最寄バス停であります"スポーツセンター"を通る便はたくさんあるので、方向音痴の人でも安心や。あ、岡山空港からもバスで行けるようで。

 車は、Jリーグ開催時は、総合グラウンド内の駐車場は使用不可ですが、操車場跡地の臨時駐車場からシャトルバスが出ているそうで。また、駅周辺の駐車場に停める手もありますよ。

こちらは補助陸上競技場。向こうに見える煙突みたいなのは武道館です
こちらは補助陸上競技場。向こうに見える煙突みたいなのは武道館です

【座席】

 メイン中央部は背もたれつき、メインの両サイドと、バックスタンドは背もたれなしの個別座席。そしてゴール裏は芝生席となっております。ま、アウェーの声出しサポは、人数が少なければバックスタンドで問題ないのですが、数が多いと芝生観戦に。なかなか微妙な傾斜だけに、体力と忍耐力が必要となります。

 屋根は、メインスタンドのほとんどを覆っています。"晴れの国"といわれている土地ですから、雨が降ることは少ないはず...、ですが、バックスタンドで観戦する時は、一応、雨具のご用意を。

中国地方名物といってよい
スタ内にある中国地方名物といってよい"樽募金"

【売店・トイレ】

 ファジアーノ主催試合時には、メインスタンド側にある広場に"ファジフーズ"と呼ばれている、一大(?)フードエリアを展開。

 食べ物はもちろん、お酒を売る"ファジバー"にも、対戦相手にちなんだカクテルなども販売されるなど、とにかくメニューのバリエーションが多く、味もかなりの高レベル。

 当然、再入場もできますし、ネクストと同日開催の時には、早々から営業しているのも嬉しいところ。

 アウェーなどで観戦する機会のある人は、是非とも、たくさん食べ比べをして頂きたい。

 ま、街中だけに、周辺にはお店もたくさんあるので、事前の買出しも困ることはありません。

 トイレは、ほとんど和式ですが、数はまあまあ多いですし、何より清潔なのはグー。ただ、アウェーの芝生席は一旦、外に出ないといけなく、しかも簡易式...、らしいのですが、どうなんでしょ?


"ファジフーズ"は試合開始のかなり前から大繁盛

【アフター】

 何といっても"大都会"と呼ばれている街ですから、後楽園や岡山城、さらには倉敷や瀬戸内海などの観光や、夜の飲み食い娯楽には事欠きません...、が、当社WC部長O野さんが大好きな"ピンク"関係に関しては、かなり物足りない印象。

 お電話でお呼びするか、海を渡って高松まで遠征するしかないようで。ま、健全な観光を楽しんで下さい(・ω・)


ファジ丸はともかく、みさっきーのような女性はなかなかいない(ry
ファジ丸はともかく、みさっきーのような女性はなかなかいない(ry

コメントする