ぶらり、サッカー観戦(その78) [サッカーコラム]
2009/08/31(月) 20:28 フジマキ コメント (2)

 多くのところでは、今日が夏休みの最終日。今頃、散々、遊びまくっていたお子たちが、今更、必死こいて宿題をしている姿が目に浮かびます。
 (´-`).。oO(あ~、レッズも早く夏休みが終わらないかねぇ…)


地元出身の大関アナも大好きなホーリーズがお出迎え


 さらには、当たり馬券まで夏休みで、すっかり鬱になった私は、北関東へ傷心の旅へ出かけました(ノД`)

 まず、訪れた“昼の部”天皇杯栃木県決勝については、後日書くとしまして、ここでは“夜の部”J2リーグ・水戸ホーリーホック×ファジアーノ岡山について書いてみますよ。

 ホームのホーリーホックは、この試合前の最近8試合6勝1分1敗と絶好調で、昇格圏内の3位まで勝ち点5差の5位と、J1がハッキリ見える位置まで急接近。ただ、相手のファジアーノも、現在16位ながら、最近8試合では3勝3分1敗。ようやくJ2の水に慣れてきたのでしょうか、ここにきて互角以上の勝負を演じており、なかなか楽しみな一戦となりました。私個人としても、初めてファジアーノを現地観戦するので(0゚・∀・)ワクテカでありました。


高崎寛之選手がPKを決めて逆転

 試合は、前半16分に三木良太選手のヘディングシュートでファジアーノが先制。31分にCKから大和田真史選手のゴールでホーリーホックが同点に追いつきますが、ファジアーノは、44分に澤口雅彦選手が勝ち越しゴールを挙げて前半を終了。
 しかし、後半、21分に高崎寛之選手のゴールでホーリーホックが再び同点にすると、その2分後に、やはり高崎寛之選手が自ら倒されて得たPKを決めて勝ち越し。さらにファジアーノが、カレー券2枚で野本安啓選手が退場になってしまい、41分に高崎寛之選手のハットトリックとなるゴールを決めて、ホーリーホックが4-2で勝利しました。
 では、すっかり恒例にしてしまった、出場全選手の“オレ流ひと言コメント”です。


中盤でたびたびチャンスに絡んだ遠藤敬佑選手

【ホーリーホック】
GK本間幸司 ベテランらしく安定したプレーぶりでした。
DF保崎淳 積極果敢に絡んだ攻撃は○ ただ、守備は軽いプレーが目立って×
DF中村英之 全体にあんましよくなかったですね。
DF大和田真史 セットプレーでしっかり得点しましたし、本業の守備も相手ボールをしっかり弾き返していました。
DF小澤雄希 この日は、左サイドで劣勢に立たされていました。貴重な左SBとして注目しているのですがね。
MF菊岡拓朗 FW2選手のガタイがいいぶん、余計に華奢に見えてしまいますが、キックの精度やキレのあるドリブルは、攻撃のアクセントとして欠かせませんね。
MFキムテヨン 2ボランチでやや下がり目にプレー。ジャッジにちょいと熱くなったのが、雑なプレーが多かったような。
MF森村昂太 こちらはやや前目でプレー。派手さはありませんが、パスなどセンスの高さは、(保有先の)FC東京の人たちが期待しているだけのことはあります。
→MF村松潤 途中出場のぶんよく動いていました。
MF遠藤敬佑 昨年の笠松では、ちょこっとだけの出場で印象に残っていませんでしたが、この日は左SHで効果的な攻めっぷり。シュート精度の悪さはご愛嬌ですが、世代代表に選ばれるだけのプレーぶりでありました。
→MF堀健人 佐川東京時代から、私が唾をつけた選手ですよ。大怪我から最近復帰したばかりで、この日も、まだ、ゲームの流れに乗れていない感はありましたが、惜しいミドルシュートなどは流石だな(=´ω`)
FW荒田智之 いやぁ、いったい、何本シュートをクロスバーに当てたことか…。この日はツイてなかったですね。私と一緒で(´・ω・`)
FW高崎寛之 来年、ちゃんとレッズに戻ってきてくれるかなぁ~。とっても心配だ( ´Д`)=3
→FW山本孝平 カウンターで1対1のチャンスになったのに、スローダウンして味方にパスを出した時、観客席はみんなズっこけてましたな。

監督木山隆之 前半は相手に合わせるサッカーをしてしまっていましたが、後半、見事に修正。試合中は頻繁にベンチを飛び出して選手や審判(?)に叫んでいますが、反面、“ポゼッションサッカーは古い”といい切るなど、若いながらしっかりとした理念を持っており、まさに“熱きリアリスト”というキャッチフレーズがピッタリ。先々、名監督になる予感がしますなぁ。


SBながらゴールまで決めちゃった澤口雅彦選手

【ファジアーノ】
GK李彰剛 TVで何度か観て“いいGKだな”と、薄々思っていましたが、実際、かなりよかったですな。正直、彼のビッグセーブがなかったら、もっと酷いことに…。来年はどっかのJ1クラブにいるかもね。
DF澤口雅彦 前半途中から、自サイドを完全に制圧し、自らゴールも決めました。よかったです。
DF大島翼 実にサッカー選手らしい名前ですな。そして、私と同郷だったりします。
DF野本安啓 前半は強力2トップを何とか抑えましたが、後半はいっぱいおっぱいになってしまいました。
DF野田紘史 1点目のアシストなど、攻撃面では上々も、3失点目となったPKを与えるファールなど課題の守備は今イチ。しかし、高崎寛之選手とのマッチアップする姿は、レッズ好きの私としては複雑な思いでしたね(´・∀・)
MF竹田忠嗣 ボランチの相方が目立っていたぶん地味でした。
→MF武田英明 最後、左SHで得点を狙いましたが、いかんせん時間が短過ぎました。
MF喜山康平 中盤の基点として、前へ後ろへ動き回りました。確かにこの選手がいないと、今のファジアーノは厳しいかも。
MF青木良太 この日は右のSHとして出場。ただ、動きはFWでした。
MF保坂一成 MF登録でしたが、見た目はFWに近いところでプレー。喜山選手ともどもファジアーノの攻撃に必要不可欠な選手ですな。
MF小林優希 豊富な運動量が武器なのでしょう。それなりに仕事はこなしていましたが、退場の影響で交代に。
→DF植田龍仁朗 退場した野本選手に代わりセンターバックに。なんでも、この試合が怪我から復帰初戦だったそうで。
FW三木良太 先制点のヘディングシュートは彼らしかったですね。エースの西野晃平選手が怪我で戦線離脱しただけに、早々に結果を出したのは大きかった。
→FW妹尾隆佑 長身が武器の三木選手とは違い、スピードが武器の選手ですが、自分の持ち味はしっかり発揮していましたよ。

監督手塚聡 生で観たのはザスパ草津監督の時以来ですが、雨が降っていたこともあって、当時より、一層、輝いていましたね。あ、頭じゃないですよ…。前半はしっかり守ってショートカウンターという戦法がピッタリ嵌っていましたが、後半は疲れもあってか、徐々に崩されてしまいました。ただ、調子のよさは十分感じることができましたし、チームの方向性も間違っていないと思います。あと、前と後ろに質の高い選手がいれば、上位も狙えるチームだとは思いますが、それはなかなか難しい相談だな。

水戸ホーリーホック4-2ファジアーノ岡山
【得点】
16分三木(フ)
31分大和田(ホ)
44分澤口(フ)
66分高崎(ホ)
69分高崎(ホ)
86分高崎(ホ)


試合後、サポーターに挨拶する社長さんご一行


コメント

Re : ぶらり、サッカー観戦(その78)

藤巻さん、こんばんは!
福島でも、天皇杯予選県選手権が行われ、福島ユナイテッドがバンディッツいわきを10ー0の大差をつけて、福島県代表として天皇杯に出場することになりました。
9月6日には、いよいよグルージャ盛岡との直接対決が控えているので気分よく試合に臨めるのではないかと思います。
天皇杯の1回戦は9月20日Jヴィレッジで、藤巻さんの地元埼玉県代表の尚美学園大学と対戦します。
天皇杯もそうですが、私は早くJFLに昇格してもらいたいと思いますね。
ところで、水戸のチアガールの写真を見た茨城をこよなく愛するO関アナの反応はどうだったのでしょうか?

2009/08/31 21:33 : 愛コンタクト
パスワード
Re : ぶらり、サッカー観戦(その78)

愛コンタクトさま

( ・∀・)ノ こんばんわ

福島ユナイテッドは強いですね。このぶんだと天皇杯でも台風の目になりそうな気がしますが、
そこで力を使っちゃうと、肝心のリーグ戦やその先の地域決勝に響きますからね。難しいところですな。

いつも“力半分以下”で、仕事をこなしている当社WC担当O野さんみたいならよいのですがね。
もっとも、そのぶん周りは尻拭いで大変ですがヽ(´A`)ノ

2009/09/02 20:24 : フジマキ
パスワード

コメントする