ブログ紹介

2014世界的サッカーイベントブログです。

新着記事

ピロシキまでまだ遠い...(その314) [WCコラム]

2016.07/27 フジマキ 記事URL コメント (0)

でわでわ、まずは、昨日行われた、日本クラブユース選手権(U-18)、グループリーグ2日目の結果です。


※Aグループ

横浜FCユース【4】1-0アルビレックス新潟U-18【0】

愛媛FCU-18【2】0-0浦和レッズユース【2】

※Bグループ

横浜Fマリノスユース【4】2-0カターレ富山U-18【0】

JFAアカデミー福島【6】4-0塩釜FCユース【1】

※Cグループ

清水エスパルスユース【3】2-3三菱養和SCユース【4】

サガン鳥栖U-18【2】2-2松本山雅FCU-18【1】

※Dグループ

ヴィッセル神戸U-18【4】3-0ヴァンフォーレ甲府U-18【1】

FC東京U-18【4】4-0大分トリニータU-18【1】

※Eグループ

サンフレッチェ広島ユース【6】1-0アビスパ福岡U-18【1】

大宮アルディージャユース【4】5-1センアーノ神戸ユース【0】

※Fグループ

北海道コンサドーレ札幌U-18【6】3-1ガンバ大阪ユース【3】

名古屋グランパスU-18【1】1-1栃木SCユース【1】

※Gグループ

柏レイソルU-18【4】1-0ガイナーレ鳥取U-18【0】

京都サンガFCU-18【6】1-0モンテディオ山形ユース【1】

※Hグループ

ベガルタ仙台ユース【1】0-0川崎フロンターレU-18【1】

東京ヴェルディユース【4】0-0セレッソ大阪U-18【4】

 お仕事が定休日だったので、コンサドーレ×ガンバ、レッズ×愛媛を生観戦しました。

 コンサドーレ×ガンバでは、終始、ガンバが主導権を握る展開でしたが、悪ピッチを考えてか、早めに縦へ蹴り込むサッカーに変えたコンサドーレが後半に勝ち越しました。どちらも実力の高いチームでしたが、ガンバはよいピッチコンディションで見たかったですね。宮本恒靖監督も相変わらずオサレでしたしw。

 レッズ×愛媛は、レッズが押せ押せでしたが、愛媛の堅い守備を抉じ開けることができませんでした。

 しかし、灼熱地獄が心配されていたのとは裏腹に、2日目までは雨こそは降っても、気温の方は余り上がっていませんでした。選手にとってはひと安心でしょうが、何故かもの足りない気が...。

 そして、本日からは高校総体も開幕しました。

※1回戦

中津東(大分)0-5昌平(埼玉1)

帝京長岡(新潟)0-1帝京大学可児(岐阜)

西京(山口)1-2前橋商業(群馬)

静岡学園(静岡)5-0一条(奈良)

北照(北海道2)0-8四国学院大学高松西(香川)

盛岡商業(岩手)0-1慶応義塾(神奈川2)

高知商業(高知)1-4長崎総合科学大学附属(長崎)

瀬戸内(広島2)5-1市立長野(長野)

矢板中央(栃木)0-1近畿大学附属和歌山(和歌山)

福井工業大学附属福井(福井)0-4鹿児島城西(鹿児島)

刈谷(愛知1)4-1山形中央(山形)

市立船橋(千葉2)3-0秋田商業(秋田)

中京大学附属中京(愛知2)0-6青森山田(青森)

徳島市立(徳島)1-4聖望学園(埼玉2)

熊本国府(熊本)0-0【PK5-6】鹿島学園(茨城)

綾羽(滋賀)0-1星稜(石川)

那覇西(沖縄)0-2横浜創英(神奈川1)

高岡第一(富山)0-1履正社(大阪2)

三重(三重)1-1【PK2-4】松山工業(愛媛)

東海大学付属高輪台(東京2)0-1日章学園(宮崎)

日本航空(山梨)2-0仙台育英(宮城)

岡山学芸館(岡山)0-3京都橘(京都)

佐賀東(佐賀)1-2尚志(福島)

 青森山田、京都橘など、前評判の高いところはしっかり勝ち上がったようですね。

ピロシキまでまだ遠い...(その313) [WCコラム]

2016.07/25 フジマキ 記事URL コメント (0)

先週から今週にかけて、ラモスさん、城福さん、関塚さんと、各クラブで監督解任のニュースが報じられましたが、それ以上にびっくりしたのが、元アントラーズの本田泰人さんが、3度目の結婚を発表したこと。

 うむ、いつ2度目の結婚をしていたのか? という私の疑問はともかく、引退しているとはいえ、やはりスポーツ選手はモテモテなんですね。

 今度こそ、奥様に解任(?)されないように精進して欲しいものですな。


【続きを読む】

ピロシキまでまだ遠い...(その312) [WCコラム]

2016.07/19 フジマキ 記事URL コメント (2)

連休明けで、どこかまったりどんよりした雰囲気のなか、いきなり澤穂希アニキ...、いやさんが妊娠したという、衝撃の発表がありました。

 まあ、旦那さんも元Jリーガーの人ですし、サッカー遺伝子は、相当、高いと思われます。産まれてくるお子が男でも女でも、日本サッカー界の至宝として、大切に育って欲しいものであります。

 あ、お顔は是非、旦那さん似...。


【続きを読む】

ピロシキまでまだ遠い...(その311) [WCコラム]

2016.07/13 フジマキ 記事URL コメント (2)

さてさて、昨日ですが、横浜Fマリノスのモンバエルツ監督と松永成立GKコーチが、練習中にあわや殴り合いとなる喧嘩が起こったんだそうな。

 理由は定かではないだけに、何ともいえないのですが、監督とコーチがいがみ合うというのは、日本では珍しいケースですね。

 モンバエルツ監督はともかく、松永成立コーチは見た目も怖そうですからね。私が監督だった、例え、自分の方が理にかなっていても、迫力に負けて、すぐ謝っちゃいそう(;´Д`)

【続きを読む】

ピロシキまでまだ遠い...(その310) [WCコラム]

2016.07/11 フジマキ 記事URL コメント (0)

さて、日本時間の早朝に行われたユーロ2016の決勝は、90分では決着がつきませんでしたが、延長後半4分にエデル選手がゴールを挙げたポルトガルが、地元フランスを下して初の欧州王者となりました。

 で、そんなポルトガルで誰よりも目立っていたのが、あのCロナウド選手。

 怪我で25分にピッチを離れるアクシデントも、その後は、まるで監督のようなオーバーなアクションで選手を鼓舞すると、試合後には、頼まれてもいないのに芸人のように服を脱ぎ出し、上半身裸で喜びをアピール。

 代表としては念願の優勝でしたから大喜びするのはわかりますが、冷静に考えてみると、運のなかったCロナさんがピッチからいなくなったことで、逆に運気が向いたような気も...。


【続きを読む】

ピロシキまでまだ遠い...(その309) [WCコラム]

2016.07/08 フジマキ 記事URL コメント (0)

さてさて、いよいよ準決勝も終わり、盛り上がりも最高潮に達してきましたユーロ2016。

 決勝に勝ち進んだのは、今大会旋風を起こしたウェールズを下して、2大会連続のファイナリストとなったポルトガルと、ブラジルWC王者ドイツを破った、地元フランスとなりました。

 これまでの戦いぶりからは、フランスの安定した強さが目立つ一方、ポルトガルは、決勝トーナメント初戦のクロアチア戦で、ようやく90分で勝利するなど、調子は今イチなようにも感じますが、得てしてこういう時の方が優勝しちゃったりするんですよねぇ。

 でも、クリロナ選手の代表での持ってなさぶりもなかなかですし、いろんな意味も面白そうな決勝になりそうです( ´∀`)


【続きを読む】

新着記事一覧

新着一覧はコチラ