今週の放送予定(6月17日~21日) [山本郁コラム]
2013.06/16 山本郁 記事URL






























山手線の渋谷駅のホーム。
ここに大手食品メーカーのアンテナショップ「日清ラ王 袋麺屋」があります。
カウンター10席。
しょうゆ味かみそ味か選んで注文すると、お店の込み具合いにもよりますが5分から10分程度で調理したラーメンが出てきます。
立ち食いソバのラーメン版といった感じでしょうか?
具は、半熟玉子2分の1個  メンマ  ホウレンソウ  長葱
そして写真では玉子に隠れていますがチャーシュー1枚
一杯250円です。

この渋谷駅ホームのアンテナショップは
昨年の11月にオープンしたのですが
若者から中高年のサラリーマン、そして外国人観光客にも人気なのだそうです。

袋麺といえども、今の食品の加工技術は進んでいるので
麺のモチモチ感など生麺に近い食感で
手軽に割安でラーメンが食べられると評判なんですって。

日清では明日から新商品「日清ラ王 冷やし中華」が
関東甲信越・静岡の地域限定で発売になるのですが
それに合わせてこのお店でも、明日から今月23日までの期間限定で
メニューが新商品「日清ラ王 冷やし中華」にメニューが切り替わるのだそうです。
お店の外観も、冷やし中華に合わせて青色のラッピングに変わるということで
この蒸し暑い梅雨時期に目にも爽やかに映りそうです。























沖縄の梅雨明けが発表されてからようやく東京は梅雨らしくなってきましたね。
今週は前線が停滞し、東京は雲の多いぐずついた一週間になりそうです。

では今週の放送予定です。

6月17日(月) 清水功哉さん (日本経済新聞社 編集委員)
           「日銀・追加策見送りの背景は?」

   18日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)
           「今、見直したい、あの商品?!」

   19日(水) 森 成俊さん (オーバルネクスト・アナリスト)
          「貴金属市場の動向と今後の見通し」

   20日(木) 山下雅弘さん (東京商品取引所 農産物・砂糖市場グループ グループ長)
          「農産物取引のポイント」

   21日(金) 津賀田真紀子さん (マーケット・リスク・アドバイザリー)
           「専門家の目~コモディティ市場の動向」

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね!



















今週の放送予定(6月10日~14日) [山本郁コラム]
2013.06/09 山本郁 記事URL
6月7日金曜日の朝10時、ラジオNIKKEIからも程近い赤坂見附駅の駅ビルbellevieに待望のビックカメラがオープンしました。

オープン記念のセール品を目当てに、平日の昼間にも関わらず、大勢の人が訪れていました。
開店前は100mほどの長蛇の列が出来ていたそうです!

実はこのエリア、これまで大型家電用品店が無かったんです。

地下1階から地上9階まで、全館ビックカメラ。
赤坂のビジネス街が近いこもとあって、ビックカメラ初の文具コーナーも設けられています。
また地下一階の以前コクミンがあった場所にはやはりドラッグコーナーが引き続き設置されていました。

特に人気を集めていたのは1階のスマートフォンコーナーと、季節柄、6階の扇風機コーナーだったでしょうか。
また、同じく6階のマッサージチェアコーナーもお試し用のマッサージチェアは全部ふさがっていました。

旧bellevieの看板でもあったデザイナー芦田淳さんのブティックがあった場所には、ビューティー家電コーナーが設けられ、美顔器、ドライヤー、ヘアアイロン、ディフューザー、そして最近大ヒットしている「アイマッサージャー」などがずらり並んでいました。
このコーナーで男性の電動髭剃りや電動頭皮ブラシなども販売していたのですが、今や髭剃りもビューティー家電なんですね。

















残念なのは本屋さんが無いことですね。
駅ビルには必ず本屋さんが欲しい所なんですが...あくまでも個人の感想です。


以前にもこのブログで取り上げましたが、赤坂見附の交差点は赤坂プリンスの取り壊しも進み、すっかり景色が変わってしまいました。

ちょっぴり寂しい気分。
有楽町のビックカメラの前身はそごうデパートですよね。2000年の9月に閉店してその後ビックカメラになりました。
あの時も、何だかすごく寂しかったのですが、今は有楽町にビックカメラは無くてはならない存在です。
この赤坂見附 駅ビックもいずれそうなるのでしょうね。

オープン記念セールは13日木曜日までだそうです。












それでは今週の放送予定です。

6月10日(月) 安西 巧 さん (日本経済新聞社 産業部 編集委員)

          「アベノミクス〝第3の矢〟の効果を占う」

 

 

  11日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー )          

          「キーワードで見る成長戦略」

 

          

  12日(水) 小針秀夫さん (商品アナリスト)

           「商品市場の動向と今後の見通し」

 

 

  13日(木) 山下雅弘さん (東京商品取引所 農産物・砂糖市場グループ グループ長)

          「農産物取引のポイント」

 

 

  14日(金) 池水雄一さん(スタンダードバンク 東京支店代表)

          「専門家の目~世界の金の動き」

今週も一日15分お付き合いくださいね。

今週の放送予定(6月3日~7日) [山本郁コラム]
2013.06/02 山本郁 記事URL

6月になりました。
ジューンブライド...婚礼シーズンもいよいよ本番...かと思いきや
実は6月って、春の婚礼シーズンが終わって少し落ち着いてくるころなんですよね。

厚生労働省の人口動態調査で見ても月別婚姻件数は6月は、8月、1月、9月に次いで少ない月なんです。
今は、入籍と婚礼が同時という方は少なくなってきているので、この調査結果がダイレクトに披露宴の行われる件数に結びついているわけではありません。
婚姻件数が2番目に少ない9月は、むしろ1年の中でも披露宴の件数はトップ3に入るほど多い月ですからね。

梅雨...これが、大きな原因です。
四季のある日本では、昔から暑い夏と、寒い冬、そして梅雨の6月を避けて、気候の良い春と秋に婚礼が行われてきました。
戦後になって結婚式場という文化が定着してきてからは、屋根のある冷暖房完備の会場で挙式・披露宴を一度に行い、花嫁行列もなくなったので、天候に左右されることなく婚礼を行えるようになってきたのですが、やはり遠方からもお客様をお迎えすることを考えて8月と1月、そして6月は避けられる傾向が続いているようです。

そもそもジューンブライドというのはヨーロッパのもので
「5月に結婚すると、 きっと後悔するだろう(Marry in May and you'll rue the day)」という言い伝えがあったため、5月を避けて6月に結婚して幸せに...というのが起源だったようです。
日本の八百屋お七の話に通ずるところがありますよね。
お七のような気性の激しい女の子が生まれてくると困るからと丙午の出産を避けて翌年出産ラッシュになった...というような。

日本の婚礼業界が、暇になる6月に婚礼を増やしたいと、このジューンブライドを広めようとしたようですが名前だけ広まり実態ではあまり定着していないようです。

でも、仏滅とか、6月とか、会場が忙しくない日の婚礼って、実は大きなメリットがあるんですよ。
トップシーズンに比べて料金が安いだけでなく、スタッフが充実しているんです!!
普段はそれぞれ別々の披露宴で指揮をとっている黒服クラスのスタッフが、一つの披露宴に集結して一般スタッフとしてサービスに当たってくれるんですよね。
長年婚礼司会をしている私の実感としても、仏滅やオフシーズンの披露宴はとてもスムースで進行しやすいのです。

コストパフォーマンスを考えると、ジューンブライド、お勧めです♪♪


それでは、今週の放送予定です。
6月3日(月) 春原 剛さん (日本経済新聞社 国際部 編集委員)

         「米中首脳会談と日米関係」

 

  4日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)

          「塩漬け株と成長戦略・その2」

  5日(水) 東海林勇行さん (オーバルネクスト・アナリスト)

        「貴金属市場の動向と今後の見通し」

  6日(木) 山下雅弘二さん (東京商品取引所 農産物・砂糖市場グループ グループ長)

         「農産物取引のポイント」

  7日(金) 亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)

         「専門家の目~金がわかれば世界が見える」

今週も一日15分、付き合いくださいね。


目黒雅叙園のエントランスのディスプレイ。
今は藤の花と熊手のコラボレーションです。
この時期になぜ熊手?と思っていたのですが
6月の花嫁を掻き入れたい...という願いもあるのでしょうか?








今週の放送予定(5月27日~31日) [山本郁コラム]
2013.05/26 山本郁 記事URL
国内に776店舗ある丸亀製麺。
実は今、今年に入って香港、ロシア、インドネシアにも出店されるなど、海外にも8ヶ国26店舗展開しているそうです。
中国にはなんと11店舗も!

写真は韓国に留学している友人が、「近所に出来たんだよ!」と先日送ってくれたものです。
新村店。
店構えは一見日本と変わりませんが、良く見ると看板にハングルがありますよね。
韓国にも今、3店舗あるそうです。











メニュー看板。
これなら韓国だってことがよくわかります!
価格に6200...とか書いてあるとギョッとしますが
ウォンですからね(笑)
5月24日時点で、ウォン/円は、100 円 ≒1,113.58 韓国 ウォン
写真の肉うどんで
一杯600円くらいってことですね。
一番安いかけうどんで400円弱ってとこですか。
日本では、かけうどん280円ですから、韓国では日本のものやはり割高なんですね。

丸亀製麺だけでなく、日本の外食産業で目立つのは
とんかつの『サボテン』

あと、カレーの『ココイチ』
最近は『餃子の王将』もみられるそうです。
回転寿司も多くて、無いのは牛丼屋くらいですって。

実は昔、吉野家が韓国に進出しましたが、一人飯をしない韓国人にとって
カウンターで一人で掻き込む牛丼店は文化として馴染まず
すぐに撤退したのだそうです。
ココイチだって、回転寿司だって日本ではお一人様が多いですけどね。

日本で定着してきた一人カラオケや、一人焼肉、一人しゃぶしゃぶなんて韓国ではとんでもないってことでしょうか。









日本で先日カビ騒ぎがあった後ですが、韓国では誰も全く気にしていなかったそうです。


次は何が進出したら成功するでしょうね。
皆で囲むっていったら鍋や焼肉?
ビバリーヒルズにも展開しているという牛角を調べてみたら
韓国にはまだ一店舗もありませんでした。
焼肉の本場にはさすがに出店しないですかね。

もんじゃやお好み焼きはどうでしょうか?
チヂミがあるから好まれそうな気がしますが。







それでは、今週の放送予定です。

5月27日(月) 志田富雄さん (日本経済新聞社 商品部 編集委員)
「下げ続く金相場、どう見る?」

28日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)
「塩漬け株と成長戦略」 

29日(水) 菊川弘之さん (マーケットアナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」
 

30日(木) 山下雅弘さん (東京商品取引所 農産物・砂糖市場グループ グループ長)
「農産物取引のポイント」


31日(金) 山内弘史さん (セキツウ 常務取締役)
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」

今週も一日15分お付き合いくださいね♪

今週の放送予定(5月20日~24日) [山本郁コラム]
2013.05/19 山本郁 記事URL

今週22日で開業一周年を迎える、東京スカイツリー。
開業前からずっと騒がれていたせいか
え?まだ一周年だったっけ??って感覚。
と言いつつも、まだ一度も上ったことが無い私。
記念に上ってみようか...と週末、出かけてきました。

凄い人ですね(@_@;)
どこもかしこも人人人。
実は地下鉄の駅の改札からこの状態...。

ちょっと前まで不景気って言われていた日本なのでしょうか?
ここは...。

帰りはあまりの人の多さにスムースに歩けず、乗ろうとしていた電車を逃してしまったほどです。

周辺商業施設のソラマチのスカイアリーナに凄い人だかりが出来ていたので、最初
ここが展望台の入口で行列が出来ているのか??と思ったら
一周年を記念したイベント「大道芸フェスティバル」の見物人でした。
大道芸でこの人の量...。
じゃあスカイツリーの展望台にはどれだけの人が並んでいるんだろう...。

不安を抱きながら案内看板を便りにツリーの方へ進んでいきました。



















一度に写せなかったので、二分割のパノラマ写真(笑)
凄い迫力。

空に向かって伸びて行くその姿は、まるでバベルの塔!

早速登ってみないと...と、整理券を配っている所に行ってみると
なんとそこには非情な看板が!

え...午後イチで行ったのに、登れるのは5時の便?

残念ながら夕方に仕事を控えていたので展望デッキに登るのは諦めたのでした...とほほ。

ツリーに登ってみたい方は、チケットを前もって購入されてからお出かけになった方が良さそうですよ。

大道芸の他にも記念イベントは盛りだくさん。
6月4日までは、この一年間に実施した12種類のライトアップが行われるそうです。
夜もまた楽しみですね♪

ツリーの根元の広場では、テレビの公開放送も行われていて
やはり凄い人だかりでした。




















それでは今週の放送予定です。

5月20日(月) 清水功哉さん (日本経済新聞社 編集委員)
「FXの怪しい動きに規制ルール策定」 

  21日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)
「ビビッと来たら個別株!?」 

  22日(水) 近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)
「商品市場の動向と今後の見通し」 

  23日(木) 山下雅弘さん (東京商品取引所 農産物・砂糖市場グループ グループ長)
「農産物取引のポイント」 

  24日(金) 林知久さん (投資日報社)
「テクニカルからコモディティをよむ」

今週も、1日15分、お付き合いくださいね♪

今週の放送予定(5月13日~17日) [山本郁コラム]
2013.05/12 山本郁 記事URL


江戸三大祭の一つに数えられる『神田祭』の大祭が4年ぶりに開催されています。
毎年5月15日の例大祭を中心に数日間、様々な行事が執り行われ
神幸祭と神輿宮入が行われる大祭は隔年で開催されていますが
2011年は東日本大震災があったため中止されたんです。
神幸祭と神輿宮入は土日開催と決まっているので
今年は、5月9日の鳳輦・神輿遷座祭に始まって~5月15日の例大祭が最終日になります。

私は昨日11日の神幸祭を見物しにでかけました。
朝8時から夜7時まで、神田、日本橋、大手・丸の内、秋葉原の町々108町会、約30キロメートルの道のりをお神輿やそれに付き添う平安装束をまとった人々約2000名、約300メートルもの祭礼行列が、一日がかりで巡行するのです。

天気予報で昨日は昼ごろから雨になるということだったので
朝8時の神田明神からの出発を見に行く予定だったのですが、うっかり寝坊してしまい、お昼過ぎ自宅に最も近い日本橋の薬研堀を通るころに出かけてみました。
地下鉄から地上に出るとすでに遠くからお囃子の音が...、そしてまもなく行列が姿を現しました!
お昼頃は、かなり雨足も強まって風も出てきたのですが、お神輿を担ぐ人たちは皆楽しそう♪
待ちに待ったお祭りですもんね。
雨具も着ないでびしょ濡れになって。
江戸っ子ですね!























行列には、馬や牛も連なっている為、通り過ぎた後にはこんな落し物も...(笑)

あんなに威勢の良いお神輿が、ここだけは避けて通ってゆくのも可笑しかったです。


今日は神輿宮入。                   100基の氏子町会神輿が宮入参拝します。
これも勇壮でなかなか見応えがあるそうですよ。
















それでは今週の放送予定です。

5月13日(月) 鎌田伸一 (ラジオNIKKEI 記者)
          「株式市場の動向と今後の見通し」

 14日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー )          
          「"ひと捻りETF"の使い方・2」

 15日(水) 小針秀夫さん (商品アナリスト)
         「商品市場の動向と今後の見通し」

 16日(木) 山下雅弘さん (東京商品取引所 農産物・砂糖市場グループ グループ長)
         「農産物取引のポイント」

 17日(金) 芥田知至さん (三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)
          「専門家の目~コモディティと世界の経済」

今週も一日15分お付き合いくださいね♪








今週の放送予定(5月6日~10日) [山本郁コラム]
2013.05/06 山本郁 記事URL


週末に総武線に乗っていたら
「戦後初のゼンコウジのデガイチョウです!」ってアナウンスがやたら耳に入ってきました。
デガイチョウって??
駅に貼ってあるポスターを見てわかりました。
善光寺の出開帳(デガイチョウ)。
今、両国の回向院で行われているのだそうです。

そもそも「開帳」というのが、普段は公開をしていない寺院の秘仏を、期間を限定して特別に拝むことが出来る催しで、善光寺では7年に1度、、ご本尊の分身仏を公開しているのだそうです。
「出開帳」というのは、遠隔の地でなかなか参詣に訪れることの出来ない人のために御仏さまが出向くことで、回向院では江戸時代に全国の有名寺社の出開帳が166回も行われ、参詣する人で賑わい、両国橋の両岸は江戸で一、二を争う盛り場となったのだそうです。

また沢山の寺社のなかでも善光寺はどの宗派にも属していないお寺で参詣者の宗派を問うこともないため万人を救う仏様として人気があり、江戸時代はお伊勢参りと並んで、「誰もが一生に一度は参詣したい」と望んでいたのだそうです。
安永7年(1778年)のに回向院で行われた善光寺の出開帳は、60日間で1603万人が参詣したそうです。
現代の人気スポットの同じ60日間で比べてみると、何と東京ディズニーリゾートの約4倍の人が回向院に集まったことになるのだそうです!!

そんな善光寺の出開帳が、戦後初めて行われているということで、"初"とか"期間限定"って言葉に弱い私は、早速5月5日こどもの日、朝一番で出かけてみました。

















参拝料の千円を払って境内へ。
今回の出開帳は、東日本大震災の"復幸支縁"で開催されていまして、収益は全て被災地支援に充てられるのだそうです。

これは回向柱。
「御開帳」の時に本堂前に立てられるもので、この柱に触れることで御仏様に触れるのと同じご利益があるとされています。
善光寺では江戸時代の松代藩との縁で、毎回松代町から奉納されているそうですが、今回は東日本大震災の被災地、陸前高田市の復興住宅の造成の伴い伐採された杉の木が寄贈されたそうです。

回向院はもともと1657年の明暦の大火で亡くなった人の魂を慰めるために建立されたもので、境内には安政の大地震、関東大震災、海難事故など様々な供養塔が立てられています。

写真撮影が可能なのはここまで。
善光寺の出開帳仏や、東日本大震災の犠牲者の供養のために、被災地の陸前高田の松で造立された地蔵菩薩は撮影禁止です。
























パンフレットの写真です。
これは善光寺のご本尊の御分身仏。
ご本尊は絶対秘仏のため、7年に1度の善光寺の御開帳のときも、御分身仏の前立本尊が開帳されますが、それとも異なり、今回の出開帳で特別に開帳される珍し仏様なのだそうです。
全ての人に平等にご利益を授けて下さるということで、普段それほど信心深くない私も一生懸命に拝ませていただきました。

この他にも、様々な善光寺の文化財の展示や、講演会、法話会、またオペラコンサートや、落語会、能楽、歌舞伎など、開催期間中は様々なイベントが行われます。

善光寺出開帳は、両国の回向院で5月19日まで、朝9時から夕方5時まで。
詳しくはホームページをチェックしてみてくださいね!




それでは、今週の放送予定です。

5月6日(月) 振替休日

  7日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー )          
         「"ひと捻りETF"の使い方」
          
  8日(水) 森 成俊さん (オーバルネクスト・アナリスト)
         「貴金属市場の動向と今後の見通し」

  9日(木) 山下雅弘さん (東京商品取引所 農産物・砂糖市場グループ グループ長)
         「農産物取引のポイント」

 10日(金) 亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
         「専門家の目~金がわかれば世界が見える」

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね♪♪

今週の放送予定(4月29日~5月3日) [山本郁コラム]
2013.04/28 山本郁 記事URL









































金曜日の午後、お天気が良かったので仕事帰りに赤坂の日枝神社にお参りに行ってきました。
今、日枝神社では藤が花盛り。
風が強くて、なかなか花房が大人しくしていてくれなくて、写真を撮るのに一苦労しました。
そろそろ見頃も終わるようで、風が吹く度に藤の花吹雪になっていました。
藤の花吹雪って、カラカラ音がするんです。
音もなく花を散らす桜とはまた一味違った風情です。
日本の固有の藤の品種はノダフジとヤマフジの2つだそうで、日枝神社の藤はノダフジ。
ノダフジは上から見ると蔓が右巻きでヤマフジは左巻きなんですって。
藤棚を見下ろすのはなかなか難しいと思うので見上げるなら逆に覚えておけばいいのでしょうか?

棚の下には赤い毛氈を敷いた腰掛が用意されていてのんびりと読書している方などの姿が見られました。















それでは今週の放送予定です。
GWに突入して、今週は月曜と金曜がお休みです。

29日(月) 昭和の日

30日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)
         「"ひと捻りETF"を見てみよう

5月1日(水) 東海林勇行さん (オーバルネクスト・アナリスト)
         「貴金属市場の動向と今後の見通し」

2日(木) 山下雅弘さん (東京商品取引所 農産物・砂糖市場グループ グループ長)
         「農産物取引のポイント」

3日(金) 憲法記念日

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね♪♪



今週の放送予定(4月21日~25日) [山本郁コラム]
2013.04/21 山本郁 記事URL































先週の火曜日に撮影した赤坂見附交差点の写真。
右に写っているのが赤坂エクセルホテル東急。
その隣が赤坂プリンスホテル。

あれ?何か違う...って思った方!
そうなんです。
2011年3月で営業を終了した赤坂プリンスホテルが
こんな小っちゃくなっちゃった!!
以前は歩道橋からニョッキリとその姿がそびえたっていたのに。

赤プリの愛称で政治家や芸能人に愛され、バブル期には庶民にも親しまれた、赤坂プリンスホテル。
以前、番組でも話題として採り上げました。
http://blog.radionikkei.jp/trend/entry-184646.html


昨年6月から解体作業が始まったのですが、それがこのように徐々に高さが縮むという不思議な工法。
大成建設が開発した新解体工法「テコレップシステム」を使っているんです。
もともとの建物の最上階の屋根を蓋のようにして、各フロアをジャッキで支えながらビルを上から解体する...という仕組みなのだそうです。
この工法だと、粉塵の飛散や、騒音・振動が抑えられるんですって。

解体された跡地には再開発で、新しくホテルやオフィス、マンションなどのツインタワーが建てられるそうです。
新しい時代を迎えるんですね。


さて、今週の放送予定です。

4月22日(月) 志田富雄さん (日本経済新聞社 商品部 編集委員)

          「どうなる金急落のゆくえ」

 

 

  22日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)

           「ETFでアベクロ政策に乗ろう」

 

 

  23日(水) 近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)

                   「商品市場の動向と今後の見通し」

 

 

  24日(木) 山下雅弘さん (東京商品取引所 農産物・砂糖市場グループ グループ長)

          「農産物取引のポイント」

 

 

  25日(金) 藤澤 治さん(オイルエコノミスト)

          「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」


今週もマーケットトレンドをどうぞ宜しく♪



 






今週の放送予定(4月15日~19日) [山本郁コラム]
2013.04/14 山本郁 記事URL








































12日金曜日、村上春樹さんの新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が発売になりました。
代官山の蔦屋書店では日付の変わった深夜0時から発売を開始しテレビでもその瞬間を中継したりと、前作の『1Q84』に負けない盛り上がりを見せていましたね。
また神保町の三省堂では特設コーナーをつくるだけでなく、表の看板も期間限定で「村上春樹堂」に...と、まさに村上春樹ワールドを展開していました。
土曜の朝、私も実際にどんな様子だろう...と覗きに行ってみたら、テレビ中継で見た特設コーナーの200冊2メートルの本のタワーは殆どその姿を消していました。









































私が訪れた時点で、もう1400冊は売れてしまったそうです。
私が店内をうろうろしていたわずか15分くらいの間にも次々と『色彩を持たない多崎つくる...』売れて行ました。
今まで村上作品は『ノルウェイの森』と『中国行きのスロウ・ボート』しか読んだことの無かった私もついついつられて購入(笑)
パラパラ読んでみましたが、何だかこれからハルキストの仲間入りをしそうな予感です。

なお、「村上春樹堂」の看板の掲示は今日14日までだそうです。



それでは、今週の放送予定です。

4月15日(月) 後藤康浩さん (日本経済新聞社 編集局 編集委員)

          「中国の大気汚染の現状と今後」

 

 

  16日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー )          

          「今、確定拠出年金を見直そう」

 

          

  17日(水) 森 成俊さん (オーバルネクスト・アナリスト)

          「貴金属市場の動向と今後の見通し」

 

 

  18日(木) 山下雅弘さん (東京商品取引所 農産物・砂糖市場グループ グループ長)

          「農産物取引のポイント」

 

 

  19日(金) 柴田明夫さん (株式会社資源・食糧問題研究所 代表)

          「専門家の目~資源価格とマーケット動向」

今週も一日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね♪





 全54ページ中25 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 [25] 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 次の10件