今週の放送予定(4月7日~11日) [山本郁コラム]
2014.04/05 山本郁 記事URL
今、人気の小江戸、川越に出かけてきました。
あちこち移動するのに便利かな...っとレンタカーを借りて
関越道で...何と片道2時間もかかってしまいました。
原因は首都高の渋滞!
失敗。

電車だと池袋から約30分。
渋谷からでも約1時間
横浜からでも、去年から東武東上線と東急東横線、横浜高速みなとみらい線との相互直通 運転が開始されて、約1時間30分で到着することが出来るんですね。

しかも「イーグルバス」という、主要散策スポットを廻るレトロバスや、レンタサイクル、更には人力車もあるので車はなくても大丈夫なんです。
もし、川越へ出かける予定のある方は、電車をおすすめします♪

この日は平日でしたが蔵づくりの街並みは観光客でいっぱい。
海外からのお客様も大勢見られました。
大型観光バスもやってきます。

特に人気はこの時の鐘。
時の鐘は、寛永4年(1627年)に川越城主が初代の鐘楼を建て、何代にもわたって川越城下に時を告げてきました。

今のこの鐘楼は、明治26年(1893)に起きた川越大火の翌年に再建されたもので、高さは約16メートルあります。
街並みが混み合っていて通りも細いので、土台から天辺までを写真に収める為にはこれくらい離れないと無理でした。

この鐘の音は今も1日4回時を告げていて「
残したい日本の音風景100選」に選ばれているそうです。










木造の日本建築だけでなくレトロなレンガ造りの建物も。
これは現役で使われている銀行です。

この「蔵づくりの街並み」も、平成11年12月には国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、
平成19年1月には「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されています。


足元のマンホールも洒落てます。

そしてこんな隠れ家みたいな喫茶店も。













これは別の喫茶店。

辻にあるお茶屋さんの店舗の二階がこんな素敵な空間になっていました。

いただいたのは狭山茶と抹茶の五家宝。
茶室をイメージしたようなお部屋で、中には蹲(つくばい)もあるんです。


美術館にも行ってきました。
景観を意識して、蔵を模したつくりになっています。



小江戸、川越。
これからGWに向けての、日帰りの小旅行にはぴったりですね。
でも、くれぐれも、自家用車は避けた方が良さそうですよ!!






それでは今週の放送予定です。

4月7日(月)
鎌田伸一 (ラジオNIKKEI 記者)
「株式市場の動向と今後の見通し」

4月8日(火)
小渕大樹さん (東京商品取引所 広報部長)
「商品先物取引(CX)の仕組みとポイント」

4月9日(水)
小針秀夫さん (商品アナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」

4月10日(木)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

4月11日(金)
芥田知至さん (三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)
「専門家の目~コモディティと世界の経済」


今週も1日15分マーケットトレンドにお付き合いくださいね!

今週の放送予定(3月31日~4月3日) [山本郁コラム]
2014.03/30 山本郁 記事URL

東京も桜、咲きましたね!
先週、3月25日、標準木のある靖国神社の桜が5輪開いたことが確認されて
東京の桜の開花が発表されました。
去年より9日遅かったもののほぼ平年並みの開花。
あんなに寒暖の差が激しかったのに、うまく調整して咲いてくれるんですね。
自然の力って凄い!

日曜日は荒れた天候が予想されていたため、お花見は土曜日に集中して
桜の名所はどこも大賑わいだったようです。

賑わっていたのは地上だけでなく樹上(?)も。


























一気に花開いた桜に、小鳥が大喜び!!
上手く写真に収められなかったのですが、実はこの一本の樹に10羽以上の小鳥がとまっていて
忙しく蜜を吸っていました。

桜の下は大変。
風もないのに花吹雪(笑)
次々と花が落ちてきます。
こんな風に花びらではなく、額ごと花が落ちてきた場合は犯人は恐らくスズメです。
スズメは花の蜜を吸うためのくちばしを持っていないので、ヒヨドリやメジロのように花にくちばしを差し込んで蜜だけを吸うことが出来ず、花を食いちぎってしまうんだそうです。
だから花喰鳥って言われるんですって。








その他、屋内で桜を楽しめるスポット。

これは、地下鉄の銀座線三越前駅の改札すぐ近くの日本橋三越店の地下の玄関。
大きな桜のれんがとても華やいだ雰囲気です。
実は足元の床にも桜の花びらのシールが貼ってあるんですよ。





そして鉄板ですが、目黒雅叙園のエントランス。
こちらは造花ですが、桜と和傘と照明で幻想的な桜の世界を楽しむことが出来ます。



おまけ。
「たねや」の桜餅♪







いよいよ新年度です。
マーケットトレンドも新装開店です。
今まで木曜にお送りしてきた「商品先物取引の仕組みとポイント」は火曜日に
そして木曜日は新たに「岡安盛男のFXトレンド」が始まります。

3月31日(月)
志田富雄さん (日本経済新聞社 商品部 編集委員)
「国際商品 波乱の予感」

4月1日(火)
小渕大樹さん (東京商品取引所 広報部長)
「商品先物取引(CX)の仕組みとポイント」

4月2日(水)
東海林勇行さん (オーバルネクスト・アナリスト)
「貴金属市場の動向と今後の見通し」

4月3日(木)
岡安盛男さん (FXスペシャリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

4月4日(金)
亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」

新年度もマーケットトレンド
どうぞよろしくお願いいたします。















今週の放送予定(3月24日~28日) [山本郁コラム]
2014.03/23 山本郁 記事URL
"幻のマッカーサー道路"がついに開通しました!

新橋と虎の門を結ぶ、約1.4キロメートルの区間。

新橋の第一京浜から柳通り、赤レンガ通り、日比谷通り、愛宕通り、桜田通りを横切って外堀通りまでが、幅40メートルの広い道路で繋がりました。
2年後に全線開通予定の環状2号線の一部になります。

この連休中には開通を記念したウォーキングイベントが行われて大勢の人でにぎわっていたようですね。

道路の上にそびえ立つのは虎の門ヒルズ。
地下5階、地上52階建の高さ247メートル。
都内で2番目に高い超高層ビルで、まもなく5月に竣工予定です。

この超高層ビルの下を幹線道路が通過するという構造、
東京都内では初めてなのです。

この区間の都市計画が決まったのは、終戦直後の1946年。
GHQが、虎の門のアメリカ大使館から竹芝桟橋までの区間を幅100メートルの軍用道路として整備するように要請したことからマッカーサー元帥の名前にちなんでマッカーサー道路と呼ばれるようになった...とそうです。
地元の反対で用地取得が難しくて長年未整備だったのですが、
1989年に法改正によって「立体道路制度」が創設され、道路の上に建物を建てることが法律的に可能になりました。
生まれ育った土地でそのまま生活したいという人たちがその建物に入居することで用地取得問題が解決し、再開発が動き出したというわけです。


環状2号線は残りの新橋から豊洲までは2年後の2016年に開通予定。
豊洲には築地から市場が移転、そして晴海は2020年東京オリンピックの選手村になる注目のエリア。
ラジオNIKKEIのある虎の門からのアクセスは格段に良くなります。
そして、新橋から汐留までの区間はシンボルロードとして緑を多く取り入れて銀座や表参道にも引けをとらない大通りになるそうで、完成が楽しみです。

そうそう、マッカーサー道路ですが、このたび『新虎通り(しんとらとおり)』との新しい名前が決まったそうです。


それでは今週の放送予定です。

3月24日(月) 清水功哉さん (日本経済新聞社 編集委員)
「100円の壁~背景に"4つのI"」

 

25日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)           「追求したいのは"支えになる投資"」

 26日(水) 菊川弘之さん (マーケットアナリスト)

                「商品市場の動向と今後の見通し

 

  27日(木) 小渕大樹さん (東京商品取引所 広報部長)
「商品先物取引(CX)の仕組みとポイント」


28日(金) 山内弘史さん (セキツウ 常務取締役)
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」




今週も1日15分お付き合いくださいね!








今週の放送予定(3月17日~21日) [山本郁コラム]
2014.03/16 山本郁 記事URL
明治座の3月公演を観てきました!
"欽ちゃん"こと萩本欽一さん演出・出演の舞台『ほめんな ほれんな とめんな』
昨年秋にマスコミにも発表されましたがこれが欽ちゃんの明治座最後の公演だそうです。

140年の歴史を持つ明治座。
明治座に欽ちゃんが登場したのは2003年が初めてで、今回が6回目の舞台ということで、そんなに古くからではないんですよね。
それだけに余計残念。

私が観たのは平日の昼間の公演でしたが、欽ちゃんの最後の舞台を観ようと大勢かけつけ、
ほぼ満席状態でした。

会場はのっけから爆笑に次ぐ爆笑。
私も、子供の頃、ブラウン管を通して観ていた「欽ドン」や「欽どこ」の世界が目の前で繰り広げられ大興奮です。
主演の田中美佐子さんのコミカルで気風の良い演技、欽ちゃんのしつこい無茶ぶりに応える小倉久寛の体当たりの演技、これが初めての舞台出演だという佐々木健介さんの朴訥さ。
みんな温かくて、ほっこり、ほろり。
ああ...そうだ、これが欽ちゃんの世界だ...って改めて感じました。

明治座のような大きな舞台での公演はこれが最後とのことで、本当にさみしいのですが
欽ちゃんも今年73歳。
体力の限界が理由だそうです。
「舞台で元気に飛び跳ねている欽ちゃんを覚えていて欲しいの」...と舞台の最後の挨拶で話していました。
生の欽ちゃん走りも見ることが出来ましたし、元気な欽ちゃんの姿をしっかりと記憶に焼き付けました。

30日(日)が千秋楽です。
毎公演、先着5組限定で、公演後に欽ちゃんの楽屋訪問ができる特典があるそうです。
欽ちゃんファンは、この公演お見逃しなく!


おまけ。
これは明治座の敷地内にある明治座稲荷神社。
うっかりすると見逃しちゃいがちな小さなかわいいお社です。
明治座に出演されている役者の皆さんもお参りしているんじゃないかな...なんて想像しながら手を合わせてきました。



3月も半ばを過ぎました。
桜の話題もチラホラ。
暖かくなってきましたが、その分花粉もお出ましのようです。
私も今年、花粉症デビューかも??
水曜日にアレルギー検査を受けることにしました。
今度、検査の様子と結果も報告しますね。


それでは今週の放送予定です。

3月17日(月) 後藤康浩さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「アジア経済の変調」

 

18日(火) 野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
「指数にみる長期投資の効果」


19日(水) 森 成俊さん(オーバルネクスト・アナリスト)
「貴金属市場の動向と今後の見通し」


20日(木) 小渕大樹さん(東京商品取引所 広報部長)
「商品取引所(CX)の仕組みとポイント」


21日(金)は春分の日でお休みです。


今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね♪









今週の放送予定(3月10日~14日) [山本郁コラム]
2014.03/09 山本郁 記事URL
今年夏に開業する虎の門ヒルズで、脚光を浴びている虎の門エリア。
1月から、この虎の門に新しく居を構えたラジオNIKKEIですが
神社の境内にオフィスがあるんです...と説明すると、???となる方が多いですね(笑)

そうなんです。ラジオNIKKEIが入居した虎の門・琴平タワーは、神社の敷地内に建っているのです。
写真を見ていただくとお分かりになるかと思いますが、琴平タワーは、金刀比羅宮(ことひらぐう)との複合施設で、タワーの一階に社務所があるんです。

近代的な高層タワーと社務所のイメージがマッチしなくて、初めて訪れた方はどこでおみくじをひくのか分からない...なんて声も聞かれます。



鳥居から本殿を臨んだ写真。
後ろにはまた別の高層ビルがニョッキリ。
こんな光景が見られるのも珍しいのではないでしょうか?

鳥居には4神:青龍、朱雀、白虎、玄武(亀)が施されています。
それぞれ東、西、南、北の方角を守っていて、また春、夏、秋、冬、そして、川、海、道、山などに対応しています。
なのでこの4神が揃う土地は風水で理想的な地形配置とされています。
そのためでしょうか、金刀比羅宮はパワースポットとしても人気を集めているんだそうです。
境内の一角に縁結びの『結神社』もあるんですよ♪



また興味をそそるのは、保元の乱の厄で讃岐へ島流しされ、日本三大怨霊に数えられる、崇徳天皇が祀られているということ。
一昨年のNHK大河ドラマ『平清盛』で井浦新さんが演じたあの気の毒な崇徳天皇の姿は記憶にもまだ新しいところです。

すさまじい恨みのパワーも昇華できるということでしょうか。


そして、酒・煙草・賭け事などを断つという珍しいご祈願があるのも特徴です。
その際、誓願祈祷書に手形を押すことから、通称「 押手(おしで)(ちかい)」とも呼ばれているそうです。


なかなか面白いスポットではないでしょうか♪
私は全くわからないのですが、霊感のある方はかなりのパワーを感じるそうです。
お近くに来られる際には是非足を延ばしてみて下さい。

そうそう、今、巫女さんも募集中みたいです。

興味のある方、いかがでしょうか?



それでは今週の放送予定です。

3月10日(月) 鎌田伸一(ラジオ
NIKKEI 記者)

         「株式市場の動向と今後の見通し」

 

  11日(火) 野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)

          「真の長期投資を考える」

 

  12日(水) 小針秀夫さん(商品アナリスト)

          「商品市場の動向と今後の見通し」

 

  13日(木) 小渕大樹さん(東京商品取引所 広報部長)

          「商品先物取引(CX)の仕組みとポイント」

 

  14日(金) 柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)

          「専門家の目~資源価格とマーケット動向」

今週も1日15分マーケットトレンドにお付き合いくださいね♪




今週の放送予定(3月3日~7日) [山本郁コラム]
2014.03/02 山本郁 記事URL
弥生3月。
長かった冬が終わり、ようやく春を陽気で実感できる季節が訪れますが
それと同時にやってくるのが、スギ花粉。
そして、ここ数年話題となっている中国からの越境汚染が懸念される微小粒子状物質、PM2.5。

先週の28日、環境省から、PM2.5の濃度が日本各地で上昇しているため
「濃度が高くなると予想される日は、不要不急の外出を控えてほしい」との警戒の呼び掛けがありました。

国の暫定指針、PM2.5の1日の平均濃度が1立方メートル当たり70マイクロ・グラムを超える可能性がある場合、各自治体から住民に外出などを控えるよう呼び掛ける注意喚起が出されますが
先週は日本各地で平均濃度が国の暫定指針値を超えたため日本海側を中心に10府県で注意喚起が出されたのです。

東京都では注意喚起は出されませんでしたが、それでもこの週末はマスク姿の人がかなり多く見かけられました。

日本でこんな状況なら、より中国に近い韓国ではどうなんだろう...と気になって、韓国在住の友人に取材してみました。
写真は韓国ソウル市内の江南区からソウル市街地の上空を撮影したもの。
先月25日朝8時の状況です。
夕日のように見えますが、汚染物質のせいで赤く見えるのだそうです。
ソウルでは27日のPM2.5の平均濃度は108マイクログラム。
韓国の指針で"やや悪い"の81-120マイクログラム/立方メートル)状況が続いていたそうです。
(ちなみに"良い"は0-30、"普通"は31-80、"悪い"は121-200マイクログラム/立方メートル。
中国北京では500を超えています。)

当然ながら日本よりは数値が高いのですが韓国ではマスクをする習慣があまりないそうです。
このところ毎日PM2.5のニュースが流れるようになって、以前よりも増えたものの
それでも1割に満たないくらい。
マスクをするのは風邪をひいた人か、整形手術の直後の人...という感じで
明洞などの観光地でマスクをしている人を見かけたら、かなりの確率で日本人なのだそうです。

せっかく写真を送ってもらったので、同じ2月25日のソウルの空
12時と夕方5時の写真もアップしておきます。
夕方の方がそらが青いですね。

しかしこれから気温が上がるとますますPM2.5の数値の上昇も気になるところ。

環境省でこんなサイトを紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。




環境省大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」と
花粉観測システム「はなこさん」です♪


それでは今週の放送予定です。

3月3日(月) 安西 巧 さん(日本経済新聞社 産業部 編集委員)
         「外国人経営者の起用~何を期待?」」

  4日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー 」
         「備え方、いろいろ」

  5日(水) 東海林勇行さん (オーバルネクスト・アナリスト)
         
「貴金属市場の動向と今後の見通し」

  6日(木) 小渕大樹さん (東京商品取引所 広報部長)
         「商品先物取引(CX)の仕組みとポイント」

  

  7日(金) 池水雄一さん(スタンダードバンク 東京支店代表)
         「専門家の目~世界の金の動き」


今週も一日15分マーケットトレンドにお付き合いくださいね♪







今週の放送予定(2月24日~28日) [山本郁コラム]
2014.02/23 山本郁 記事URL

週末、横浜駅からみなとみらいに向かう遊歩道で、面白い光景を目にしました。

わかりますか?
手摺にズラっと並んで停まっているカモメ。

私が通りかかった瞬間、次々と舞い降りてきて
あっという間にカモメのプロムナードが出来上がりました♪




餌をあげる人がいたわけでありません。

1~2分するとまた次々と飛び立ってしまったので
一瞬の出来事。
私の周りでは、誰もこの様子を見ていなかったんです。




 ちなみにこの日は、写真に写っているガラス張りのビル、日産グローバル本社ビルで行われた NISSAN PRESENTS  JAZZ JAPAN AWARD 2013の授賞式と記念ライヴの司会をしてきました。

この写真の左側に司会台があるんですけど、誰も私のことは写してくれませんでした(涙)
気合を入れてお洒落していたので披露したかったのですが残念!

記念ライブでは、今年はくしくもピアノトリオが3組。
素晴らしい演奏でした。




さて、それでは今週の放送予定です。

2月24日(月) 志田富雄さん (日本経済新聞社 商品部 編集委員)
           「じわり上昇、金相場」

   25日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)
           「フリーこそ、まず公的保障を確保・2」

   26日(水) 近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)
                       「商品市場の動向と今後の見通し」

  27日(木) 小渕大樹さん (東京商品取引所 広報部長)
          「商品先物取引(CX)の仕組みとポイント」

  28日(金) 藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
          「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」


今週も1日15分おつきあいくださいね♪

今週の放送予定(2月17日~21日) [山本郁コラム]
2014.02/16 山本郁 記事URL
先週の金曜日...そうです。東京が今シーズン2度目の大雪に見舞われた夜。
吹雪の中を浜離宮にほど近い劇団四季の自由劇場に出かけました。
今、『壁抜け男』の公演が行われているのです。

この作品、一番の魅力は音楽。
あのミシェル・ルグランが音楽を手掛けたミュージカルなんです。

『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人たち』、『おもいでの夏』、『華麗なる賭け』などなど、映画音楽を作り尽くしたルグランが新しいステージを求めたのが、舞台音楽。
その最初の作品が『壁抜け男』なんだそうです。

ミシェル・ルグラン自身はは昨年秋にも来日されたばかり。
ジャズ・フェスやブルーノート東京で演奏されていましたが
ジャズや映画にそれほど興味ない方でもご存知だと思うのですが
少し前にオンエアされていた資生堂UNOのCM...小栗旬、瑛太、妻夫木聡、三浦春馬のイケメン4人が街を闊歩する印象的なCM...あそこで使われていた曲『Di-Gue-Ding-Ding』は、実はミシェル・ルグランの曲なんですよね。
あのフランスのエスプリが感じられる印象的な曲。
『壁抜け男』はまさにあんな小粋な雰囲気のルグランサウンドで彩られたミュージカルなんです。

私は2006年、退団前の石丸幹二さんが主演された舞台を観て
この作品をすっかり気に入ってしまったのです。

今回主演のデュティユル役はダブルキャスト。この日は若手の飯田洋輔さんが出演されていました。前回の2012年からデュティユルを演じているそうです。
石丸さんに比べるとかなり若く、希望に溢れたフレッシュな壁抜け男になっていました。
欲を言えば、物語の冒頭はもうちょい冴えない感を出して欲しかったな...って思うんだけど。あくまでも個人的な感想ですが。



上演されるこの『自由劇場』も好きなんです。

アールヌーボー様式の曲線を多用した設計。
特に2階から吹き抜けのエントランスを見下ろすこの眺めがお気に入り♪

お気に入りの劇場で、お気に入りの作品をを鑑賞して、素敵な夜になりました。
大雪に閉じ込められた状況さえも、非日常的で気分を盛り上げてくれていたみたいです。

しかし流石にもう雪はいいですよね。
週間予報では今週半ばにまた寒気が入りそうですが、今のところ今回のような大雪はなさそうです。




それでは今週の放送予定です。

2月17日(月) 春原 剛さん (日本経済新聞社 編集委員)
           「オバマ大統領来日と日米関係」

   18日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)
           「フリーこそ、まず公的保障を確保?!」

   19日(水) 森 成俊さん (オーバルネクスト・アナリスト)
                     「貴金属市場の動向と今後の見通し」

  20日(木) 小渕大樹さん (東京商品取引所 広報部長)
          「商品先物取引(CX)の仕組みとポイント」

  21日(金) 茅野信行さん (コンチネンタルライス 代表取締役 )
          「穀物市場の現状と見通し」

 








今週の放送予定(2月10日~14日) [山本郁コラム]
2014.02/09 山本郁 記事URL
全国的な大雪に見舞われて、大騒ぎの週末になってしまいましたね。
都知事選挙、オリンピックと話題がたくさんあったのに雪に持っていかれた感が...。

東京では都心で積雪27センチと45年ぶり、千葉では33センチと観測史上1位を記録しました。
最初は13年ぶりとか言っていたのに、雪が降り積もるにつれて16年ぶり、20年ぶりと数字が増えていって、とうとう45年ぶりに。

子どもだけでなく大人でも、こんな雪を見たことがないと私の周りでも興奮している人が多く
それは世間一般の傾向だったようで、今日は街のあちこちに雪だるまやカマクラが出来ていました。

写真は土曜日の午後、仕事へ行く途中で通りかかった公園です。
3組の親子連れが雪で遊んでいました♪

この日、私が家を出たのは13時50分。
その時、我が家の玄関のポストに積もっていた雪は3センチだったのですが、帰宅した21時には13センチになっていました。

この週末は結婚披露宴も招待客が雪の為に会場に到着できないというケースが多く、私が担当した披露宴でも、ギリギリまで待ったのですが、今度は帰りの時間がタイムリミットにになるために仕方なく1時間半遅れで御両家のご両親がともにいない状態で披露宴をスタートしました。
おしまいの両親への花束贈呈には何とか間に合いましたけどね。

記録と言えば、都知事選挙の投票率は、46・14%で、過去3番目の低さだったとか。
実は私も、雪の為に仕事終わりが遅れてしまったために、投票が間に合わず、低記録に加担してしまった一人。
そして私の中でも、選挙権を得てから初めて投票を棄権してしまったという記録を作ってしまいました。
色んな記録の出来てしまった週末でした。


それでは今週の放送予定です。

今週は火曜日が「建国記念の日」で放送がお休みです。

2月10日(月) 後藤康浩さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
          「政治混乱でどうなる?タイ経済」

  11日(火) 建国記念の日 

  12日(水) 小針秀夫さん(商品アナリスト)
           「商品市場の動向と今後の見通し」

  13日(木) 小渕大樹さん(東京商品取引所 広報部長)
          「商品先物取引(CX)の仕組みとポイント」

  14日(金) 亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
                      「専門家の目~金がわかれば世界が見える」





今週も1日15分マーケットトレンドにお付き合いくださいね♪



今週の放送予定(2月3日~7日) [山本郁コラム]
2014.02/02 山本郁 記事URL
昔は、義理チョコと言えば、不二家の『ハートチョコレート』や『チロルチョコ』が定番だったと思うのですが
最近では有楽製菓の『ブラックサンダー』なのでしょうか?

ブラックサンダーと言えば、6年前、北京オリンピックで銀メダルを獲った体操の内村航平選手の大好物として注目されたことで初めて知ったという人もいらっしゃるかもしれません。
実は私がそうでした。
前回のロンドンオリンピックでは金メダルを獲ったお祝いに花束の代わりにこのブラックサンダーがプレゼントされていましたっけ。

このブラックサンダー実は今年20周年を迎えるのだそうですが、今、また注目を集めているのです。

実は先月29日、東京駅の地下一番街にある「東京おかしランド」内に世界で初めての義理チョコ専門店が期間限定でオープンしたのですが、その主力商品がこれ!

何故かこのような缶詰のパッケージ。
350mlのビールと同じ位の大きさです。
『義理チョコの素』っていうのが商品名でしょうか?
売り場に山のように並んでいます。


























今までの義理チョコは"義理"ということは控えめにしていたと思うのですが
ここでは「一目で義理とわかる」というのが売りのようです。

この缶入りの他に東京限定商品の、雷おこしの『東京サンダー』や、ストロベリー味の『ピンクなブラックサンダー』もありましたが
やはり人気はこの缶のブラックサンダー。
女性だけでなく男性も大勢並んで、いくつも購入していました。

私も試しに購入してみました。
1つ420円。

中には、いわゆる普通のブラックサンダーが3つと、「義理チョコシール」そして、「義理チョコのお作法」っていう、指南書のようなものが入っていました。
①堂々とドヤ顔で「義理です」って言って渡しましょう。
②過度に期待させてはいけません。(渡すのは)15秒以内で済ませましょう。
などの、義理チョコの渡し方です。

どうも、缶のままプレゼントするのではなく、一つの缶のチョコを三人にプレゼントする為のものみたいですね。
サスガ義理チョコ(笑)

でもこんな義理チョコだったら貰った男性も思わず笑ってくれそうだし、お返しも気楽でいいのではないでしょうか。


この義理チョコ専門店
東京駅八重洲中央口地下一階
「東京駅一番街」の東京おかしランドに2月16日まで期間限定で出店しています。
東京ラーメンストリートのすぐそば。


バレンタインデーの義理チョコに悩んでいる人はいかがでしょうか?






それでは今週の放送予定です。


2月3日(月) 安西 巧 さん (日本経済新聞社 産業部 編集委員)
          「好況でも浮かない顔のゼネコン」

  4日(火) 野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー )
          「会社員の備えを知ろう」

  5日(水) 東海林勇行さん (オーバルネクスト・アナリスト)
                    「貴金属市場の動向と今後の見通し」

  6日(木) 森金静香さん (東京商品取引所 広報部)
         「商品先物取引(CX)の仕組みとポイント」

  7日(金) 津賀田真紀子さん (マーケット・リスク・アドバイザリー)
         「専門家の目~コモディティ市場の動向」

今週も一日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね。



 全54ページ中21 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 [21] 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 次の10件