今週の放送予定(8月25日~29日) [山本郁コラム]
2014.08/24 山本郁 記事URL
週末、江戸川区で東京のイーストサイド初の本格的な大型ジャズフェスティバルが開催されました。
『江戸川ジャズ・ナイト』
江戸川区などが主催したイベントです。

このラジオNIKKEIで12年ジャズ番組を担当していることと、江戸川区のコミュニティーエフエムで10年間リクエスト番組を担当させて頂いている御縁で
記念すべき第一回の司会を私、山本郁が務めさせていただきました。

出演されたミュージシャンがとにかく豪華でバラエティーに富んでます!!
日野皓正クインテット
山中千尋トリオ
土岐麻子 meets Schroeder-Headz
高橋誠カルテット
トランペットに、ピアノに、ボーカル、ヴァイオリン
バンド構成もトリオからクインテットまで
ジャンルも、王道ジャズから新世代ジャズ、ジプシージャズ。

このようなバランスのとれたラインナップで幅広い世代の方に楽しんでいただき
何か新しい出会いや発見があればいいな...という狙いなのです。

実際に司会の私も、このイベントの司会を通じて今まで知らなかった高橋誠(セイ)さんというミュージシャンと知り合うことが出来ました。
とてもロマンティックで情熱的な演奏をするヴァイオリニストで、名古屋のマダムに大人気なのだそうです。
いずれ、テイスト・オブ・ジャズにご出演頂こうと思っています。
そして、土岐麻子さん。お父様のジャズサックス奏者土岐英史さんには番組にご出演頂いたことはあったのですが、麻子さんは初めて!
今もCMで流れている『Gift~あなたはマドンナ』を生で聴けたのも感動でした♪♪(ミーハーで済みません)




実は小学校から高校までトランペットを吹いていた私。
小学校時代の憧れのトランぺッターはニニ・ロッソ
そして、中学時代の憧れは何を隠そう日野皓正さんでした!
『シティーコネクション』、『ダブルレインボー』をさんざん聴きまくったものです。
そんな憧れの日野さんと同じステージに立って仕事を出来る日が来るなんて
新潟の田舎で暮らしていた中学時代の私は想像したこともありませんでした。
感動です♪

ちなみにそんな話をこのマーケットトレンドのコラムで書いたことがありました。
6年前の写真です。

そんな昔のことを思い出したりした週末でした...。



さて、8月最終週、夏もいよいよ終わりです。

今週の放送予定をご紹介しましょう。

8月25日(月)
志田富雄さん日本経済新聞社 商品部 編集委員)
「高騰続くパラジウム」


8月26日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
「小次郎講師流トレードの極意・第1回」


8月27日(水)
近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)
「商品市場の動向と今後の見通し」


8月28日(木)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


8月29日(金)
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」

今週から火曜日は『小次郎講師流トレードの極意』が始まります。

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね。



今週の放送予定(8月18日~12日) [山本郁コラム]
2014.08/17 山本郁 記事URL
皆様、お盆休みをどのようにおすごしになりましたか?
ふるさとへ帰省されたり、旅行やイベントに出かけた方の一方で、もちろん普段通りお仕事という人も大勢いらっしゃったと思います。
実は私も。
番組も通常通りありましたし、週末はブライダルフェアーで大忙しでした。
お盆の期間は通常の婚礼の件数が少ないので、司会者は暇かというと大間違い。
秋のブライダルシーズンを控えているということもあって、お盆は毎年婚礼司会者全員参加でブライダルフェアーを行っているのです。

今回のフェアーで目を引いたのはバルーンドレス。
そう、風船で作られたドレスです。
実際に着ることが出来るんですって。
割れないのか心配になりますが、大丈夫!
尖ったもので突かなければ割れることはないし一か所割れても、そこだけすぐに修理することが出来るんですって。

一体一体完全オーダーメイド。
ドレスを着る人の体形に合わせてバルーンアーティストが、風船を編み上げていくんですって。
身体の曲線沿ってこんなに綺麗にデザインできるんですね。
ウエストのあたりは風船の膨らみを小さく、胸のあたりは大きく膨らませてスタイルを良く見せる効果も!


今、バルーンアートの技術は急速に発展しているそうで、風船だからといって、可愛いだけでなく、芸術性に優れた作品が沢山生まれているそうです。

毎年、WBC(World Baloon Competition)という世界大会も開かれていて、日本人も活躍しているそうです♪



それでは今週の放送予定です。

8月18日(月)
清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)
「成長率予測下振れ~金融政策への影響は?」


8月19日(火)
近藤史規さん(東京商品取引所 市場構造研究所 課長)
「総合エネルギー市場の創設に向けて」


8月20日(水)
高木啓子さん(リム情報開発 原油チーム記者)
「WTI、ブレント、ドバイなど指標原油の変動要因」


8月21日(木)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


8月22日(金)
津賀田真紀子さん(マーケット・リスク・アドバイザリー)
「専門家の目~コモディティ市場の動向」

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね。









































今週の放送予定(8月11日~15日) [山本郁コラム]
2014.08/10 山本郁 記事URL

中華街で飲茶をするために訪れた横浜で、こんな催しが行われていました。
『円谷英二 特撮の軌跡展』

特撮の神様と呼ばれた円谷英二さんが、東宝で怪獣の特撮に携わってから今年でちょうど60年。
それを記念して開催されたものです。

貴重な台本や、日記、ポスター、円谷さんが怪獣に演技指導をしている様子を撮影した珍しい写真の展示。
ウルトラマン、ウルトラセブンなど...ヒーローたちの着ぐるみ(?)はもちろん、
バルタン星人、ガラモン、ピグモン、などなど人気の怪獣の数々、
また、当時怪獣の着ぐるみを保管していた円谷プロの怪獣倉庫の再現コーナーもありました。

そして『ウルトラマン』の名作第19話「悪魔はふたたび」の、撮影現場をジオラマで再現したコーナー。
国立競技場でウルトラマンとアボラスが戦うシーンが、カメラなどの機材やスタッフの人影パネルなども入れ込んで
誰がどんな仕事をしているのかも紹介されています。

また作品の上映コーナーも。
やはり名作らしい『ウルトラセブン』第31話の「悪魔の住む花」の上映コーナーも。
怪獣の細菌に感染した松坂慶子さんの鼻の穴の中でミクロ化したセブンが怪獣と戦うというショッキングな作品の一部が上映されていました。

怪獣の一つ一つにも大変細かいキャラクター設定がされているんですね。
毎週毎週新しい怪獣を生み出してきた円谷プロのパワーに改めて感動しました!

そんなわけで、ウルトラマン世代でありながらも、全然知らないウルトラおんちの私でも見ごたえたっぷりで楽しめました!

今の子供たちがポケモンに夢中になるように、昔の子供たちはウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていたんですね。








私が注目したのは純金のフィギア。
ウルトラマンやセブンもいましたが、"純金のカネゴン"ってなんか面白いですよね♪
純金ガラモンも迫力ありました。
50グラムで108万円(税込)限定18体販売だそうです。











もう少しお手頃が良ければ
18金の科学捜査隊バッヂ
8.8g、185,143円。
いかがでしょう。

新宿高島屋で8月11日月曜までです。

また、池袋のサンシャインシティーでも今「ウルトラマンフェスティバル」が開催されています。
こちらは8月31日まで開催しています。



それでは今週の放送予定です。

8月11日(月)
鎌田伸一(ラジオNIKKEI 記者)
「株式市場の動向と今後の見通し」


8月12日(火)
近藤史規さん(東京商品取引所 市場構造研究所 課長)
「石炭市場について」


8月13日(水)
小針秀夫さん(商品アナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」


8月14日(木)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


8月15日(金)
茅野信行さん(コンチネンタルライス 代表取締役 )
「穀物市場の現状と見通し」

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね♪

今週の放送予定(8月4日~8月8日) [山本郁コラム]
2014.08/03 山本郁 記事URL

日比谷公園の一角にある日比谷公会堂。
今年10月に開設85年を迎えます。

東京大空襲の戦火も逃れ、当初の姿をそのまま残すこの建物が、8月2日の一日だけ限定で公開されました。
「日比谷公会堂オープンデー」
無料で館内を自由に見学することが出来る催しで
「普段、公会堂を利用している人や、思い出のある方々に楽しんで貰いたい」という思いで、開催されたもので、今回が初めての試みなのだそうです。

日頃は見ることが出来ない楽屋や舞台袖に入ることも出来き、舞台の上に立ってスポットライトを浴びながら観客席を眺めることも出来ます。

日比谷公会堂は、世界大恐慌の発端となる株価大暴落を数日後に控えた1929年10月19日に、当時の技術の粋を集めて音響効果に優れた多目的ホールとして誕生しました。

年譜をピックアップしてみると
1929年エレアナ・パブロワ(バレエ)公演、森永製菓株式会社クリスマスの集ひ
1930年山田耕作氏祝賀演奏会、全日本選抜選手対抗拳闘試合
1932年三浦環女子独唱会、古賀政男の夕べ
1934年ウィーン少年合唱団公演
1937年ヘレンケラー市民歓迎会、日独伊親善の夕
1938年日本芸術の夕 歓迎ヒトラー・ユーゲント

本当に様々な催しが行われていたのですね。
段々と戦争に向かって行く様子も伺えます。
戦時中もベートーベンはドイツだから敵国ではないので日本交響楽団『第九』のコンサートなどが行われていたそうです。
また、内外の著名な演奏家によるコンサートのほとんどがこの日比谷公会堂で行われ日本のカーネギーホールと呼ばれたそうです。

ラジオの公開放送も盛んに行われていたそうで、見学は出来なかったのですがホールの上に「ラジオ室」なんて部屋も発見しました!

内装も、タイルや大理石、そして曲線が多用されていてとても美しく、そんなところに注目して見学するのもとても楽しかったです。



それでは、今週の放送予定です。


8月4日(月)
野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
「自分で築いた投資スタイルは宝物」


8月5日(火)
新村博道さん(ギンガ・ペトロリアム CEO)
「JOEの今後の取り組み」


8月6日(水)
東海林勇行さん(貴金属アナリスト)
「貴金属市場の動向と今後の見通し」


8月7日(木)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


8月8日(金)
芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)
「専門家の目~コモディティと世界の経済」

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね!

今週の放送予定(7月28日~8月2日) [山本郁コラム]
2014.07/27 山本郁 記事URL

7月23日の大暑から8月23日の処暑までの一か月間
全国一斉打ち水月間なのだそうです。

打ち水は、江戸時代から伝わる風習。
玄関前や道路など屋外に水を撒き、埃を抑えるとともに、周辺の気温を下げる効果がありますが、クーラーなどなかった時代、こうして涼をとっていたんですね。

時を経て地球温暖化やヒートアイランド現象が叫ばれるようになってから、再び打ち水が注目をされるようになりイベントとして様々な場所で行われるようになりました。

灼熱の太陽が強烈な日差しを降り注いだ週末、私も横浜市で行われた
打ち水のイベントに参加してきました。

横浜市水道局が主催している『YOKOHAMA save the water 打ち水濱の陣2014』

参加者全員で打ち水をして、実際にどれだけ地表の温度を下げることが出来るかを体感してもらうイベントです。

午前10時と11時の2回、それぞれ50人ずつ参加者を募り、
「涼しくな~れ!」の掛け声に合わせて一斉に水を撒きました。
桶に入った水、1人500ccほど。
水を撒いている時間はものの3分くらいでしょうか。

打ち水の前後に、このような特殊な温度計を使って地表の温度を測ります。

結果は
1回目は41℃→36℃
2回目は40℃→35℃

何と5℃も温度を下げることが出来ました!
打ち水の効果に皆びっくり。

実際、水を撒いている間にどんどん暑さが和らいで行くのが感じられました。

皆さんも打ち水、試してみてはいかがでしょう?
ただし、打ち水の掟がありまして。
水道水を使うのはご法度です!!
お風呂の残り湯、雨水、クーラーの室外機から出た水などを使うこと。
マンションなどに住んでいて自分の家の玄関前には水を撒けないよ...という方は、この一か月打ち水イベントがあちこちで行われていますから参加してみてはいかがでしょうか♪


それでは今週の放送予定です。

7月28日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 商品部 編集委員)
「深刻化する地政学リスクと商品市況」

 
7月29日(火)
新村博道さん(ギンガ・ペトロリアム 代表取締役社長)
「シンガポールから見た世界の石油マーケット」


7月30日(水)
菊川弘之さん(マーケットアナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」


7月31日(木)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


8月1日(金)
池水雄一さん(スタンダードバンク 東京支店代表)
「専門家の目~世界の金の動き」

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね。





今週の放送予定(7月21日~25日) [山本郁コラム]
2014.07/20 山本郁 記事URL

梅雨明けも目前に迫った先週末
涼を求めて都内の二か所のスポットに足を運んでみました。

まずは日本橋。
ここに"川床"があるんです。

川床っというと、一般に京都の鴨川や貴船でが有名ですが、料亭や茶屋が川沿いの川が良く見える場所に作るお座敷席のこと。
それが、東京の日本橋にあるというんです。

日本橋のたもとすぐ近くの川沿いに『豊年満福』という居酒屋があります。
このお店にその川床にあたるテラス席があるんです。
1階と2階合わせて40席。

東京都建設局が推進する「かわてらす」の社会実験の第一号として今年3月に、テラス席を拡張して設置したのだそうです。

こうして涼しい川風を受けながら食事を楽しむことが出来るんです。

対岸には船着き場があって、水上バスが停泊しているのも見えます。
高架の高速道路が見えますが、これも今や日本橋の風情ですよね。


これは人気のランチ
薩摩黒豚のせいろ蒸し 980円

このボリュームやお店の雰囲気に比べるとかなりリーズナブルな感じ♪
ランチメニューだけでも8品あります。
ランチは平日の11時30分~14時30分
夜は土日祝日も営業していて17時から。


食後はお茶でまったり。

梅雨が明けたらますます人気が集まりそうなスポットです。











さてもう一つの涼のスポット
六本木のかき氷専門店『yelo』
六本木交差点から芋洗い坂をちょっと下って、ちょっと上ったところ。
目印は赤い看板とのことでしたが、大行列が出来ていたのですぐに分かりました。

4月1日にオープンしてからすぐに話題になって連日行列が出来ているのだそうです。
私が並んだのは金曜の午後3時30分。すでに16人が入店を待って列を作っていました。
かき氷だしそんなに時間はかからないだろう...と思ったら甘かった!
入店するまで1時間強。気が付いたら行列は40人にまで伸びていました。
最後尾の人がお店に入るには2時間待つんだろう...とちょっと気の毒に。

お店の中はキンキンに冷えていて一気に汗が引きました。
メニューは約10種類。
11時開店なのですでに一番人気のマンゴーラッシーは売り切れに!!
赤ワイン白桃ヨーグルト
ココナッツチョコバナナ
スイカマスカルポーネ
4種のベリー
などなど
メニューがとても変わっていて種類が豊富しかも更にトッピングなども選べるのでかなり迷いましたが
「キャラメル+オレオトッピング」と「アボカドマスカルポーネ」の二つをオーダーしました。
味ももちろんなんですが氷が今まで食べたことがない食感!!
ふわふわで綿アメみたいです。
今のかき氷って凄く進化しているんですね。

そんなかき氷の技術の革新もあってか
今、"かき氷が熱い"んですって!
特に六本木。
グランドハイアット東京では石垣島のマンゴーとツバメの巣など高級食材を使った2,592円のかき氷や
ミッドタウンでは日本酒の仕込みに使う"百年氷"を使ったかき氷が登場したり。
8月には六本木ヒルズのヒルズカフェスペースで関東と中部のかき氷店6店が出店する「かき氷コレクション」が開催されるそうです。
梅雨明けが楽しみですね。
それでは今週の放送予定です。

7月21日(月)
海の日

7月22日(火)
近藤史規さん (東京商品取引所 市場構造研究所 課長)
「電力市場について」

7月23日(水)
森 成俊さん (商品アナリスト)
「貴金属市場の動向と今後の見通し」

7月24日(木)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

7月25日(金)
山内弘史さん (セキツウ 常務取締役)
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」


今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね♪



今週の放送予定(7月14日~18日) [山本郁コラム]
2014.07/13 山本郁 記事URL
東京はお盆です。
13日が迎え日で16日が送り日です。
スーパーにこのようなお盆のお供えセットが売られていたので購入してみました。

12年前に上京したばかりの頃は
7月にお盆があることも、迎え火、送り火をする習慣も知らなかったので
迎え日の夕刻に橋のたもとに近所の人が集まって、何やらお供えしたり、煙を焚いているのを見て凄く不思議に思ったことを思い出します。

簡易セットなので
敷物の「まこも」と、ご先祖様の乗り物の「精霊馬」、迎え火・送り火用の「おがら」
全部で1000円くらいでした。

こんな感じに飾ってみました。
中央のお供えは、季節の野菜や果物、あるいは故人の好きだったものを飾る...とあったので、
愛猫4匹のために鯖缶を飾ってみました。

ちなみに「精霊馬」のキュウリとナスは作り物です。
なかなかうまく出来ています!

キュウリが馬で、ナスが牛に見立ててあるのだそうです。
ご先祖様が早く帰ってこれるように迎えは馬。
帰りはお供え物を沢山持ってゆっくり帰ることが出来るように牛で送るのだそうです。



この精霊馬、凝っている方々もいらっしゃるようで。
面白いサイトを見つけたのでリンクしておきます。
お子さんたちと夏休みの工作しても楽しいですね。
8月のお盆の地方の方はぜひチャレンジしてみて下さい。


それでは今週の放送予定です。

7月14日(月)
後藤康浩さん (日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「資源ブームに沸くアフリカ~ポストアジアの成長点」

7月15日(火)
近藤史規さん (東京商品取引所 市場構造研究所 課長)
「LNG市場について」

7月18日(水)
阿部正人さん (リム情報開発 記者)
「石油製品市場の動向と今後の見通し」

7月17日(木)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

7月18日(金)
小次郎講師こと手塚宏二さん
「専門家の目~目からウロコのチャート分析」


今週も一日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね!

今週の放送予定(7月7日~11日) [山本郁コラム]
2014.07/06 山本郁 記事URL

最近評判の癒しスポットがある...と聞いて興味津々で出かけてきました。
赤坂にあるシャンプー専門店『Shanpoo Bar』です。

マッサージとシャンプーの専門店で、カットやパーマなどの施術はありません。
2年前に福岡で「頭皮ケア&リラクゼーション」のサロンとして1号店がオープン。
この赤坂のお店が2号店なのだそうです。

一ツ木通り沿いの小さなビルの2階。
1階に小料理屋さんとイタリアンバールがあるのですが、昼間は1階が営業していないので
うっかりすると気づかずに通り過ぎてしまいます。(実際に私は一度通り過ぎてしまいました...)

細い階段を上って2階のお店に入ると、入り口のすぐそばに
メニューの書かれた黒板と券売機があります。
基本のシャンプー、マッサージの他に
男性のミドル脂臭を除去する「消臭クレンジング」や「毛穴クレンジング」
またこの時期限定のかき氷をシャンプーに混ぜた「氷結シャンプー」なんてトッピングメニューもあります。

さあ、どのメニューにしようかな...なんて思っていたのですが
何と予約いっぱいで、マッサージは無しで10分のシャンプーのみだったら1時間待てば入れるとのこと。

この日は平日、午後2時半。
一番空いている時間と思い予約もせずに足を運んでみたのですが、甘かったです。

5月の終わりにオープンしたばかりなのに6月半ばごろから噂が噂を呼んであっという間に人気店になってしまったのだそうです。

確かに、普通の美容院のようなカットやパーマの為の脇役のシャンプーと違い、ここではシャンプーが主役なので、とにかく丁寧で気持ちがイイのです!!
わずか10分の施術でしたが、リラックス&リフレッシュできました。
1080円です。


シャンプーの後は、こちらのコーナーで自分で思う存分、髪をブロー&セットすることが出来ます。

ドライヤーやヘアアイロン、ブラシに整髪剤なんでも揃っていてタダで使うことができるし、スタッフの人の手が空いていれば、相談にものって貰えます。

私も、髪の悩みに合わせた手入れの仕方をアドバイスして貰っちゃいました♪♪

人気に更に火をつけたのが、このサービス!

「お昼寝シャンプー」
シャンプー10分
頭皮揉みほぐし5分
頭皮のツボマッサージ5分
合計20分で2160円(税込)

この施術で万が一お昼寝できなかったら
返金してくれる!というのです。

本当は、これをやってみたかったのですが
予約でいっぱいならしかたありません。

7月末までのサービスなので、もう一度改めてチャレンジしてみるつもりです♪

ちなみに、この1か月で約100人にこの『お昼寝シャンプー』をして、返金を求められたのは2人だったそうです。



このシャンプー専門店というアイディア
本当にイイと思いませんか?
女性の場合、例えば大事なイベントがある日に朝のヘアセットが上手く行かなくて不本意なスタイルで出かけたとしたら、昼休みや会社帰りに寄ってシャンプーーしてセットし直しできるし
男性の場合は、頭に汗をかいたので、午後の仕事に向けてサッパリしたい...なんて時に重宝しますよね。


この他にもこの界隈には、女性限定の仮眠スペースのある昼寝カフェ『クースカ』や
男性向けの身だしなみを整える『BEACON LOUNGE』、(靴磨きやヘアスタイリング、まゆ毛カット、シェービングなどの、メンテナンスが受けられるカフェ)もあります。
隙間時間をうまく利用して、暑さ厳しくなるこれからの季節、リラックス&メンテナンスでリフレッシュして仕事ができるといいですね。

それでは今週の放送予定です。

7月7日(月)
岡田晃さん(経済評論家)
「米国の景気回復は本物か?」

7月8日(火)
近藤史規さん(東京商品取引所 市場構造研究所 課長)
「OTC市場活性化に向けた取り組み」

7月9日(水)
小針秀夫さん(商品アナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」

7月10日(木)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

7月11日(金)
柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」


今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね!

今週の放送予定(6月30日~7月4日) [山本郁コラム]
2014.06/29 山本郁 記事URL
あの"俺の"シリーズの「俺の株式会社」が、また新しいお店を出店しました。

初の中華料理『俺の揚子江』です。
6月27日にグランドオープンしたと噂を聞きつけその2日後29日(日)に行ってきました。

銀座の晴海通りと昭和通りの交差する銀座4丁目。
歌舞伎座の目の前です。

俺のイタリアンを始め、...フレンチ、...割烹、...焼き鳥、...焼肉、...だし(おでん)、...そばに続く8業種目。
シリーズ最大規模の174席を擁した広い店舗です。
更に夕食時を外して5時に訪問したためか
オープンし立てにも拘わらず並んでから10分も経たずに入店できました。

他店と同じように、椅子席も若干ありますが、基本はスタンディング。

直接撮影するとまずいので、鏡張りの天井に映ったお店の様子をアップします。

赤が多用されていて、チャイナレストランの雰囲気が演出されています。

ライブスペースには何と赤いグランドピアノも!!
ライブはクラシックとジャズ。
1回20分、1日4回行われるそうです。

それでは一番気になるお料理を一挙ご紹介♪






















順番に、
青山椒香る枝豆 360円
フカヒレ姿煮 1,280円
ソフトシェルシュリンプ香港スタイル780円
よだれ鶏 580円
青椒牛肉絲 980円
(価格は税別)
この他に、小龍包も食べたのですが、写真を撮り忘れました。

"俺の"シリーズは、立ち飲みスタイルで回転率をあげて利益をあげる経営方針で
原価率が高いことで知られていますが
このフカヒレは何と原価率100%!!!
普通のレストランで出すと10,000円するものだそうです。
味があまり滲みていなかったのが残念でしたが、とても肉厚で立派なフカヒレでした。

どれもこれもなかなかのボリュームです。

お酒は中華なのに紹興酒はなくて、あえてビールとワインが中心。
中華とワインという新しい組み合わせに挑戦しているのだそうです。
平日限定メニューもあります。

お店を見渡してみると、一人で訪れている方も結構多くみられました。
私も安心して一人中華を楽しもうと思います。

俺の株式会社社長の坂本孝氏は、この"俺の"シリーズを10業種まで増やす計画なのだそうです。
あと残り2業種は何でしょう?
これからも目が離せませんね。



それでは今週の放送予定です。

6月30日(月)
 

志田富雄さん(日本経済新聞社 商品部 編集委員)

「原油市場に高まる上昇圧力」

 

 

7月1日(火)

近藤史規さん(東京商品取引所 市場構造研究所 課長)

OTC市場活性化に向けた取り組み」

 

 

7月2日(水)

東海林勇行さん(オーバルネクスト・アナリスト)

「貴金属市場の動向と今後の見通し」

 

 

7月3日(木) 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

 

 

7月4日(金) 

亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)

「専門家の目~金がわかれば世界が見える」

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね!

 

今週の放送予定(6月23日~27日) [山本郁コラム]
2014.06/22 山本郁 記事URL

ワールドカップ一色の一週間でしたね。
開催国のブラジルと日本との時差が12時間あるため、観戦が難しい時間帯と言われていますが、街での話題、ラジオやテレビ、ネットでもワールドカップで盛り上がりました。
ワールドカップを意識したこんな商品も新製品として今月から売り出されたりしていて、
サッカー自体にあまり興味の無い私も、こういう関連商品を探したりすることで、ワールドカップというお祭りを楽しんでいます。

そんな中、あるリスナーさんから、ワールドカップで日本の試合のある時には必ず対戦国に関連した食べ物を食べるようにしている...というメッセージを頂いて面白いなぁ...と思いました。
お子さんのいる家庭では、ワールドカップを食卓の話題に取り上げて、世界地図を広げて対戦国の料理を食べたりすれば、世界地理の生きた勉強になりますよね!!

私も早速25日のコロンビア戦に備えて、コロンビアの料理ってなんだろう...って調べてみました。
コロンビアといえば、ジャガイモとトウモロコシなんだそうですね。
代表的な家庭料理としては「アヒアコ」っていうジャガイモとトウモロコシのクリームスープや、「アロス・コンポーヨ」って鶏肉の炊き込みご飯などだそうです。
どちらも美味しそう!!
コロンビア料理のレシピも色々紹介されているので調べて作ってみるのもいいですね。

また、料理するのは難しいという方は、コロンビア料理の専門店もありますよ。

それすらも...といういう方はコロンビアコーヒーを楽しむのはいかがでしょうか?
コロンビアコーヒーの特徴は、"豊かなコク"があることだそうです♪



それでは、今週の放送予定です。

6月23日(月)

清水功哉さん (日本経済新聞社 編集委員)
「物価2%は質を伴うものになるのか」

6月24日(火)
近藤史規さん (東京商品取引所 市場構造研究所 課長)
「商品先物取引(CX)の仕組みとポイント」

6月25日(水)
近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)
「商品市場の動向と今後の見通し」

6月26日(木)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

6月27日(金)
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」


今週も寝不足が続きそうですが
一日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね!


 全54ページ中19 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 [19] 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 次の10件