今週の放送予定(1月11日~15日) [山本郁コラム]
2016.01/10 山本郁 記事URL

今シーズンも、特設のアイスリンクがあちこちにオープンしています。
これまでも取材の為に何度かアイスリンクに足を運ぶことがありましたが
今回はついに30年ぶり、人生において4回目のスケート靴を履いてしまったのでありました。

赤坂サカスで今年で8回目の開催となる屋外アイスリンク。
都心で最大級の広さを誇るリンクです。
ここは駅からも近いため、平日仕事帰りの人も気軽に訪れることができます。
18時以降使える「ナイト割」というプランがあって、これだと貸靴無料で1200円で夜9時まで楽しむことができます。

他にも手袋が無い人には手袋の販売もしているのですが、靴下は販売していないんです。
靴下を履いていなかった私は久しぶりに履くスケート靴が足に馴染まなくて、更に緊張!!
氷の上に立つことも出来なくて、初めは手すりにしがみつくしかありませんでした。
スタッフの方に「自転車と同じで一度覚えたことは身体が覚えていますから大丈夫!」と励まされて1時間で何とかよちよち歩きくらいは出来るようになりました。
なるほど!30年前もよちよち歩きくらいしか出来なかったもんね。
ここから先は練習して身に着けるしかないという事ですか。

雪だるまとペンギンは、お子さん用のソリです。
赤坂サカスの「G's RINK」は2月14日まで。

この他にも都内では
スカイツリーの足元のソラマチで
1月4日にアイスリンクがオープン。
こちらは夜8時までと営業時間が少し短いのですが、料金は一日通して貸靴込みで1500円。金曜の夜は女性は1000円で利用することができます。
3月6日までの営業です。

六本木のミッドタウンは、1月6日にオープン。
営業は夜10時まででイルミネーションが楽しめるのが魅力です。
料金は貸靴込みで1500円。
3月6日までの営業です。

二子玉川ライズガーデンではクリスマスからオープンしています。
今シーズンは中央広場で開設。
平日は夜8時までの営業で、貸靴込みで1400円。
2月29日まで営業しています。

昨年まで営業していた松屋銀座の屋上のソラニワは、残念ながら今年は開催していません。

空や街の景色を眺めながらのスケートは屋外リンクの醍醐味です。
寒いと思いきや滑っていると身体はポッカポカ!!
仕事帰りにちょっと寄ってみてはいかがでしょうか?


それでは今週の放送予定です。

1月11日(月)
成人の日でお休み

1月12日(火)
植村和久さん(サンワード貿易 コンシェルジュデスク)
ファンダメンタル分析シリーズ第14回
「農産物のファンダメンタルズ分析・その2」

1月13日(水)
小針秀夫さん (商品アナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」

1月14日(木)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

1月15日(金)
松本英毅さん(よそうかい・グローバル・インベスターズ・インク代表)
「専門家の目~原油市場の見通し」

今週も1日15分マーケットトレンドにお付き合いくださいね。


今週の放送予定(1月4日~8日) [山本郁コラム]
2016.01/03 山本郁 記事URL

新年あけましておめでとうございます。
この写真は銀座のショーウィンドウで見かけたオブジェ。
未年から申年へのバトンタッチです。

2016年は干支で言えば丙申(ひのえさる)
「形が明らかになってくる」「実が固まっていく」そんな年なのだそうです。
つまり、何か新しいことを始めるというよりは、今までの頑張りが形に表れてくる...というイメージの年のようです。

相場格言では「未辛抱」から「申酉騒ぐ」..へ。
変動幅の大きな年になると言われていますが果たして...?

今週の放送予定です。

1月4日(月)
鎌田伸一 (ラジオNIKKEI 記者)
「株式市場の動向と今後の見通し」

1月5日(火)
植村和久さん(サンワード貿易 コンシェルジュデスク)
ファンダメンタル分析シリーズ第13回
「農産物のファンダメンタルズ分析・その1」

1月6日(水)
森 成俊さん (インベステック 調査情報グループ)
「貴金属市場の動向と今後の見通し」

1月7日(木)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今年も1年、マーケット・トレンドをどうぞ宜しくお願い致します!


今週の放送予定(12月28日~1月8日) [山本郁コラム]
2015.12/27 山本郁 記事URL

銀座のイルミネーション...というと三越や松屋のある中央通りをイメージする方が多いと思いますが、実は並木通りもおススメなんです。

銀座並木通りの5丁目~8丁目は「並木と時を刻む」というテーマで、街路樹のリンデンが4万球のLEDでライトアップされます。
最近は色んな色のLEDが発明されているけれど、ここのはゴールド一色。
上品で、より銀座の高級感を醸し出しています。

また御影石の歩道には、ゴボというスポットライトに着けた装飾板で素敵な光の模様が映し出されているのです。

そしてクリスマス前のアドベント期間はこんな素敵な眺めも見られます!
並木通りの7丁目。
左が資生堂銀座ビル
右がノエビア銀座ビル
それぞれ赤と緑のツリーが飾られているのですが
並木通りを挟んでこの2つ
ちょうど向かい合っているんです。

このツリーはクリスマスでお終いなので今シーズンはもう見られませんが、並木通りのイルミネーションは1月17日までやっています。
中央通りに比べて人も少ないので、景色を眺めながらゆっくり歩くことができますよ。

さて今週と来週の放送予定です。
12月31日~1月3日まではお休み、新年は4日からの放送です。



12月28日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「来年の国際商品展望」


12月29日(火)
吉田 哲さん(楽天証券経済研究所 コモディティアナリスト)
ファンダメンタル分析シリーズ第12回
「天然ゴムのファンダメンタルズ・その3」


12月30日(水)
江守 哲さん(エモリキャピタルマネジメント 代表取締役)
「どうなる2016年の商品相場」


(12月31日(木)~1月3日(日)は番組はお休み)


1月4日(月)
鎌田伸一 (ラジオNIKKEI 記者)
「株式市場の動向と今後の見通し」


1月5日(火)
植村和久さん(サンワード貿易 コンシェルジュデスク)
ファンダメンタル分析シリーズ第13回
「農産物のファンダメンタルズ分析・その1」


1月6日(水)
森 成俊さん (インベステック 調査情報グループ)
「貴金属市場の動向と今後の見通し」


1月7日(木)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


1月8日(金)
亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」

今年も1年、マーケット・トレンドにお付き合いいただきましてありがとうございました。
また来年も1日15分マーケット・トレンドにお付き合いくださいね!



今週の放送予定(12月14日~18日) [山本郁コラム]
2015.12/13 山本郁 記事URL
お正月を迎える支度は進んでいますか?
大掃除とはそもそも12月13日のすす払いがルーツなのだそうです。
すす払いが終わったら、神様に「ここは清められた神聖な場所ですよ、安心して来て下さい」と示すためにしめ縄(しめ飾り)をして神様をお迎えしたそうです。
現代なら13日以降であれば大掃除が終わったらしめ縄を飾っていいのですが、29日は二重苦に繋がるから、31日も一夜飾りになり神様に失礼なので避けた方が良いそうです。

そんなしめ飾りですが、各地でデザインも違うんですね!
無印良品有楽町で、各地のしめ飾りを販売するコーナーが出来ていました。

今、open MUJI Tokyoで、国内のご当地しめ飾りや、 日本各地の愛らしい縁起物の郷土玩具などをご紹介する「暦と過ごす『年送り、年迎え』展」を開催しているのだそうです。

16日(水)の夜は、日本全国を歩き回りしめ飾りの調査している しめ飾り研究家の森須磨子さんのトークイベント「お正月を豊かにするしめかざり入門」もあるそうです。
しめ飾りについての知識を得て飾ると、またお正月を迎える気持ちも変わりそうですね。

左は関西地方、中は熊本、右は愛媛。
愛媛はしゃもじの形だそうです。
福を掬い取るという願いが込められているそうです。

左は広島、中は三重、右は鳥取。
三重は「笑門」とありますが、笑う門には福来る...で、松が取れでも、小正月になっても外さず一年中飾っておくのだそうです。
鳥取のは海老で腰の曲がった老人に繋がることから長寿を願うものなのだそうです。

1000円から3000円で販売していました。
皆さんならどれを飾りますか?


それでは今週の放送予定です。

12月14日(月)
中山淳史さん(日本経済新聞社 編集委員)
「日本企業の海外M&A」

12月15日(火)
吉田 哲さん(楽天証券経済研究所 コモディティアナリスト)
ファンダメンタル分析シリーズ第10回
「ゴムのファンダメンタルズ分析」

12月16日(水)
高橋大地さん(リム情報開発 LPGチームリーダー)
「LPG市場の話題から」

12月17日(木)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

12月18日(金)
石川久美子さん(外為どっとコム総合研究所)
「為替相場の現状と今後の見通し」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。


今週の放送予定(12月7日~11日) [山本郁コラム]
2015.12/06 山本郁 記事URL
専門店って色々あるけれど、なんとまぐろの専門店が新しくオープンしました!
新宿歌舞伎町の『まぐろ商店』
地下一階ですが、ドーンと派手なゲートが出ています。

ここのお店の売りは20種類以上のマグロ料理と、365日毎日行っているまぐろの解体ショー!!
毎日18時30分から行っているのだそうです。
http://metro-net.co.jp/business/food/maguroya/


この日解体ショーを披露して下さったのは、大正時代から築地で代々まぐろの仲卸をしている
株式会社山和(やまわ)の皆さん♪
http://www.hobbystock.jp/sp/maguro/

皆さん凄い二の腕!!
市場の男って感じですよね。

この日の解体ショーに使われたのはクロマグロ。
約2歳、50キロあるそうです!!
刃渡り150センチほどありそうな長い包丁を使います。

各部位の説明はもちろん
「泳ぐときに水の抵抗を受けないように、まぐろの体にはヒレをしまう場所がある...」
「三枚おろしの具合で中落ちの量が変わってくる」
「背骨の節々にコラーゲンがたっぷり詰まっている」などなど
まぐろについての豆知識を交えながら楽しく解体して行きます。
まぐろは無駄になる場所がないそうで、頭やヒレの付け根まで、色んな種類の希少部位があるんですね!

ではいよいよお待ちかねのお料理を♪
大トロ、中トロ、赤身がうず高く盛られた迫力の「まぐろの桶盛り」。
3~4人分約400gで、市場価格約5000円ですが、2800円。
これがですね、解体ショー直後の19時から19時30分までの間は特別価格、何と1999円で食べることが出来るんですって!!!
ついさっき目の前で下していた新鮮なまぐろです。
これは外せませんよね!!!

そして、まるでフライドチキンのように見えるこちらは「まぐろのヒレ  手羽先風」
まぐろをまさかスティック状に持って齧りつくなんて想像もしませんでした!
甘辛いタレが美味しくてパリパリした皮の食感も楽しい一品です♪
私のおススメはおでん。
写真は「盛り合わせ」ですがまぐろ串が絶品!!
まぐろのおでんってこんなに美味しいんですね!
刺身の甘さや、焼きの甘さとまた違う深い甘さがあるんです。
パサついているかと思ったらしっとりとしていてとても美味しかったです。
これは是非試してほしいです。
〆の「お茶漬け」も出しが美味い!!
ほんとに幸せな気分になりました♪

まぐろに特化したお店を作ろうと思った理由をお店の方に聞いてみたら
「肉ブームの昨今ですが、魚離れしないように、あえて魚にスポットを当てようと思った」のだそうです。
「魚だったら、みんなが大好きな"まぐろ"だろう」と。

まぐろを一度にこんなに食べたのは初めて。
特別にまぐろ好きではなかったのですが、まぐろってこんなに色んな味を楽しめて、こんなに美味しい魚だったのかと改めて認識することが出来た貴重な体験でした。


『まぐろ商店』
12月3日にJR新宿駅東口から徒歩3分、第一メトロビルB1にオープンしたばかりです。
解体ショーはお子様や、海外からのお客様にも喜ばれますよね。
3か国語対応のタッチパネルもあります。
4人がけの半個室や、40名収容の宴会場もあるそうです。
忘年会シーズン、幹事さん話題の新スポットいかがでしょうか?
http://metro-net.co.jp/business/food/maguroya/


それでは今週の放送予定です。

12月7日(月)
後藤康浩さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「昇るミャンマー、停滞するタイ」

12月8日(火)
菊川弘之さん(日本ユニコム 調査部 主席アナリスト)
ファンダメンタル分析シリーズ第9回
「石油のファンダメンタルズ分析⑤」

12月9日(水)
小針秀夫さん(商品アナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」

12月10日(木)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

12月11日(金)
大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
「OPEC総会を受けての原油市場」


今週も1日15分マーケットトレンドにお付き合い下さいね!




今週の放送予定(11月23日~27日) [山本郁コラム]
2015.11/22 山本郁 記事URL
11月19日、渋谷のマルイの跡地に新しい商業施設「渋谷モディ」がしました。
"モディ"とはラテン語でメロディのこと。
マルイグループが運営しているのですが、コンセプトを「知的商業空間」に
衣・食・住に加えて、遊ぶ・学ぶを重視したマルイの進化系となる商業施設を目指しているのだそうです。
入り口近くにあるタッチパネル式のフロアガイド。
なんと11か国語に対応しています!
増加している外国人観光客によるインバウンド需要に対応するためだそうです。
東京オリンピックもあと5年ですしね。

渋谷と言えば今は若者の街のイメージですが、70年代~90年代は洗練された大人の文化やファッションを発信してきた街。
このモディのコアターゲットは30代~40代の女性です。
質良く、品良く、センスの良い商品が並んでいる印象です。

例えば、バラの専門店や、オーガニックコスメ、ナチュラルコスメ&ジュースのスタンドといったお店があったり、アクセサリーショップを覗いてみても大人のテイストが感じられます。

地下1階から地上9階までの10フロア。
もちろん男性向けのショップもあります。
またカップルで買い物に来て、女性の買い物待ちをする場合にも嬉しい配慮が!
エスカレーター脇にベンチコーナーがあるのですが、各階でデザインが変わっていて面白いのです。

商品の陳列棚が低く制限されていたり、通路が広くとられていたりゆったりとした空間が広がっていることも嬉しい特徴。
またワンフロアに119席もある大型のスターバックスコーヒー、猿田彦珈琲、STREAMAR ESPRESSOなどなど、コーヒーショップも多く充実しています。


そして、注目したいのが5階~7階の3フロアにまたがる「HMV&BOOKS TOKYO」
コンセプト毎に書籍、音楽、雑貨を並べてあるんです!

気になる本をパラパラめくると、その中に出てくる雑貨などが手の届くところにある...面白いですよね。




また各フロアにイベントスペースが設けられていて、毎日催しが行われているそうです。
この日は雑誌とコラボしたメイクアップレッスンが開催されていました。

この他にも、iPhone専門雑貨の「AppBank Store」や、カラオケ「レインボー」や英会話の「and Gaba」などなど興味深いショップが沢山あります。
大人でも渋谷で楽しめる、ついつい長居してしまいそうな、長居出来てしまいそうなスポットが誕生しました♪

それでは今週の放送予定です。

菊川弘之さん(日本ユニコム 調査部 主席アナリスト)
ファンダメンタル分析シリーズ第7回
「石油のファンダメンタルズ分析③」


11月25日(水)
津賀田真紀子さん(みずほ証券 シニアコモディティアナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」


11月26日(木)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


11月27日(金)
山内弘史さん(セキツウ 常務取締役)
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」

今週も1日15分マーケット・トレンドにお付き合いくださいね!

今週の放送予定(11月16日~20日) [山本郁コラム]
2015.11/15 山本郁 記事URL
ミッドタウンのイルミネーションを見に行ったら、クリスマスマーケットを発見!
屋内の小さなものですが、それでもぎっしり並んだ美しいクリスマスグッズを見るとわくわくします♪


ドイツのドレスデンが発祥と言われているクリスマスマーケット。
アドヴェントと呼ばれるクリスマス前の4週間、
ドイツやオーストリア、北欧などのほぼすべての都市で開かれているのだそうです。
広場の中心に大きな塔が建てられて、その周りにお祭りの出店のように食べ物やお土産などの木の小屋 ヒュッテが並びます。
ドイツの冬は夜が長くて暗いので、人々の心を明るく照らしてくれるクリスマスマーケットのライトアップが欠かせないのだそうです。

最近はフランスでもクリスマスマーケットが開かれているそうですが
日本でも10年ほど前頃から、ドイツにちなんだクリスマスマーケットがあちこちの都市で開かれて名物になってきていますよね。
クリスマスのイルミネーションを眺めながら、美しいオーナメント、雑貨などのショッピング。
温かいドリンクや、ビール、本場のソーセージを楽しむ...寒い冬ならではの楽しみです。

東京スカイツリーの「ソラマチクリスマスマーケット」(11月11日~)
長崎ハウステンボスの「クリスマスマーケット2015」(11月14日~)
福岡の「クリスマスマーケットin光の街・博多」(11月18日~)
梅田スカイビルの「ドイツ・クリスマスマーケット」(11月20日~)
札幌大通公園の「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」(11月27日~)
「さいたま新都心けやきひろばクリスマスマーケット」(11月27日~)
六本木ヒルズではドイツ・シュツットガルトをお手本にした「クリスマスマーケット2015」(11月28日~)
横浜赤レンガ倉庫もドイツ式の「クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫」(11月29日~)
他にもまだまだいっぱい!

札幌は今年で14回目の開催と比較的歴史がありますが
ここ数年の間にも新しいクリスマスマーケットが続々誕生しているようです。

あ、ミッドタウンのイルミネーションもきれいでしたよ!



それでは今週の放送予定です。

11月16日(月)
鎌田伸一 (ラジオNIKKEI 記者)
「株式市場の動向と今後の見通し」

11月17日(火)
菊川弘之さん(日本ユニコム 調査部 主席アナリスト)
ファンダメンタル分析シリーズ第6回
「石油のファンダメンタル分析②」

11月18日(水)
狩野克彦さん (リム情報開発 原油チーム記者)
「原油市場の話題から」

11月19日(木)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

11月20日(金)
林知久さん (投資日報社)
「テクニカルからコモディティをよむ」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね!



今週の放送予定(11月9日~13日) [山本郁コラム]
2015.11/08 山本郁 記事URL

そろそろ来年の手帳の用意をしないと...と訪れた文房具売り場のフロアで、松岡修造さんの看板を発見。
何事?と覗いてみると、そこは2016年のカレンダーの特設売り場でした。

松岡修造さんの日めくりカレンダー
「ほめくり、修三!」
「まいにち、修造」が大人気なのだそうです。

何でも今、有名人の言葉を集めた格言カレンダーが人気を集めているんですって。

他にも、アップルの創設者 スティーヴ・ジョブズ氏の日めくり、
面白いところでは、お笑い芸人ノンスタイルの井上裕介さんの「まいにち、ポジティヴ!」
対照的に、ヒロシの「まいにち、ネガティブ。」
などなど。




またペットものも今年の主流の様で、売り場の広いスペースを占めていました。
こんな感じ。
30くらいの犬種、それぞれのカレンダーがあるんですね!
その他にも、猫、ハリネズミ、カエルなど。
確かに、自分のペットと同じものがあったらついつい買ってしまいそうです(笑)

デスクに置くタイプのものも様々。
キャラクターものや、自分で組み立てるクラフトタイプのものもあります。

本当にみてて飽きないです。
自分のお気に入りを見つけて新しい年に備えたいですよね♪

それでは今週の放送予定です。

11月9日(月)
岡田晃さん(経済評論家)
「明治維新から学ぶ日本経済再生の展望」

11月10日(火)
菊川弘之さん(日本ユニコム 調査部 主席アナリスト)
ファンダメンタル分析シリーズ第5回
「石油のファンダメンタル分析①」

11月11日(水)
小針秀夫さん(商品アナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」

11月12日(木)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

11月13日(金)
柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。


今週の放送予定(11月2日~6日) [山本郁コラム]
2015.11/01 山本郁 記事URL
米どころ新潟を代表するブランド米と言えば、押しも押されもせぬ「こしひかり」ですが、そのこしひかりに並ぶ新しいプレミアム米が誕生しました!
その名も「新之助」
「新しい」の「新」、「新潟」の「新」 誠実で芯が強く、かつスタイリッシュな現代的日本男児をイメージ...で名づけられたのだそうです。

「新之助」開発が始められたのは2008年。
「こしひかり」人気の一極集中による、栽培時期が重なるリスクを避ける為に開発が始められたのだそうです。

米の品種は収穫期が早い順に、早生、中生、晩生に分類されますが、「こしひかり」は中生の品種。
新潟には、やはり収穫時期の集中を避ける為に開発された、早生品種の「こしいぶき」があります。
そして今回、晩生品種の「新之助」が誕生したことで、新潟のお米の新米を楽しめる時期も広がりました♪

500種類の品集を交配させ生まれた20万株から選ばれた特別な品種。
温暖化と品種改良で米の産地が北へ北へと移動していますが、「新之助」は暑さに強い品種で、まさに新潟の期待の星なんです。

その名前の通り、弾力があって、つやがあって、粒が大きい!
やわらかい甘みで、コクがあって、香りも良くて。
そう新之助は、超イケメンで超優等生なんです!
実際に食味官能試験のデータでも実証されています。

この「新之助」が皆さんの食卓に流通するのは少し先で2017年度。
でも、先行プロモーションで「新之助」を食べられるお店があるんです。

「私がお邪魔したのは、表参道のネスパス(新潟県のアンテナショップ)にある新潟の食材を使った会席料理のお店『静香庵』
10月13日からご飯は「新之助」を出しているそうです。
御代わり出来るので思う存分味わえますよ!

静香庵(新潟・東京)ではこれからもずっと「新之助」を食べられますが
来年の1月一杯までの期間限定で、新潟では「行形亭」と「一〆」で
東京では「つきぢ田村」や人形町の「濱田家」など10店で味わうことができるそうです。
http://shinnosuke.niigata.jp/shop.html

これから魚の美味しくなる季節。
「新之助」と味わってみて下さい!


それでは今週の放送予定です。

11月2日(月)
野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
「個人型確定拠出年金のメリット」

11月3日(火)
文化の日でお休み

11月4日(水)
森 成俊さん(インベステック 調査情報グループ)
「貴金属市場の動向と今後の見通し」

11月5日(木)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

11月6日(金)
芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)
「専門家の目~コモディティと世界の経済」

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね。





今週の放送予定(10月26日~30日) [山本郁コラム]
2015.10/25 山本郁 記事URL

10月もあと一週間。
街はオレンジに染まっています。
そう、ハロウィン!

年々盛り上がっているハロウィンですが、今年はハロウィン当日の10月31日が土曜日ということで、更に過熱しているようですね。

ハロウィンの経済効果は、昨年バレンタインデーを抜いて1100億円を上回ったとか!
もはやクリスマスに次ぐ大きなイベントになっているんです。

確かにハロウィン商戦といえば最初はお菓子からでしたが、今ではデパートやスーパーマーケットを覗いても、お菓子・食品に限らず、あらゆる売り場でハロウィンに絡めてのセールスをしているようです。
どこをみてもオレンジ!
"オレンジの街"です。

デパートお菓子売り場を覗いてみると、各ブランドで10月限定販売のハロウィンケーキ、ハロウィンチョコレート、そしてハロウィンまんじゅうやハロウィンせんべい...と眺めているだけでも楽しいです。
人気のバウムクーヘン「CLUB HARIE(クラブハリエ)もショーウィンドウからばっちりハロウィン♪
オレンジのユニフォームの店員さんの姿も!
わざわざハロウィン用のユニフォームを作っても、それを上回る利益があるのでしょうね。

では、ハロウィン・コレクションご覧ください♪
店員さんも自由参加で仮装しているのだそうです。

果物屋さんもハロウィン参戦!
ここは柿の売り場ですが、左上の柿に注目!
柿がジャック・オ・ランタンになっています♪♪


この時期、ハロウィン・ハンティングをしながらのウィンドウショッピングも楽しいですね。


それでは今週の放送予定です。


10月26日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「上向く金相場は本物か?」


10月27日(火)
郷右近 要さん(岡藤商事 主席ストラテジスト)
ファンダメンタル分析シリーズ第4回
「貴金属のファンダメンタルズの変化を身近なところで気づく方法」


10月28日(水)
近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)
「商品市場の動向と今後の見通し」


10月29日(木)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


10月30日(金)
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」


今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。



 全54ページ中12 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [12] 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 次の10件