今週の放送予定(11月20日~24日) [山本郁コラム]
2017.11/19 山本郁 記事URL
銀座中央通りから一本入った歓楽街に、昭和初期に創業した正統派のキャバレー「白いばら」があります。

ミラーボールに赤い天鵞絨の椅子といった昭和レトロのゴージャズな雰囲気を楽しめるお店で
入り口に日本地図が掲げてあってホステスさんの出身地が分かるので、客が自分と同じ地方出身の女性を指名して、方言でその地方ならではの会話をすることが出来るということでも知られています。

86年の歴史をもつこのお店が、来年2018年1月10日をもって閉店することが決まったそうです。
そのニュースが伝わった途端、このお店を懐かしむ人々、あるいは私のように一度訪れてみたいと思っていた人から問い合わせが殺到してしまったため
指名の女性のいる常連のお客さん以外は受付できなくなってしまったそうです。
また、営業の妨げになるのでマスコミの取材なども一切お断り...なのだそうです。
大きなニュースであるにも関わらず、この閉店のニュースがテレビなどで報道されていないのは、そういう事情があるからなのだそうです。

そんな中、とても幸運なことに、お店の休業日であるこの週末、この建物を利用して開催されたイベントでお店の中を見ることが出来ました。
「立川志の春 独演会 霜月・シモハルの会」
昨年、TOCOMスクエアで開催された「TOCOM寄せ」にご出演いただいた立川志の春さんです。

普段の高座では演らない艶話を、霜月...シモの月に演ろう...と去年立ち上げた企画だそうで
今回2回目だったのですが、すでに今年の公演が決まってチケットを売り出した直後に飛び込んできた閉店のニュース。
その影響もあってチケットはあっという間に完売だったそうですが、私は発売と同時に購入していたので幸運にもチケットを手にすることが出来ました。

普段の白いばらの営業の時は写真撮影は禁止なのですが、今回、開演前と終演後の時間に限って撮影OKとのことだったので、白いばらの姿をカメラに収めてきました。
開演中の写真も、主催者にお願いして分けて頂いたので掲載しますね。

前半に古典作品を、中入りを挟んで後半に志の春さんの創作作品を楽しみました。

一度お客として行ってみたかったなぁ...まさに後悔先に立たずです。

それでは今週の放送予定です。

11月20日(月)
清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)
「日銀が強める緩和けん制、その理由は?」

11月21日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期
第17回「移動平均線中級編」

11月22日(水)
茅野信行さん(コンチネンタルライス 代表取締役)
「専門家の目~穀物市場の現状と見通し」

11月23日(木)
勤労感謝の日でお休み

11月24日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合い下さいね!
今週の放送予定(11月13日~17日) [山本郁コラム]
2017.11/12 山本郁 記事URL
週末、私の(東京での)地元、江東区で美味しいイベントが開催されて、お手伝いをしてきました。
クッキングフェスタ アマチュア焼き菓子・蒸し菓子コンテスト&講演会
オリジナルの創作スィーツのコンテストです。
審査員が、パティシエの鎧塚俊彦さん、中川二郎さん、食文化研究家の大久保洋子さん。

投票の集計の間は鎧塚さんの熱い講演を聞いて直接質問することが出来るとあって、お菓子作りが趣味の方や、パティシエを目指している中高生などが大勢訪れるほか
観客の皆さんも試食して審査の票を投じることが出来るといういうことで、小さなお子さんも一緒に家族で観覧される方も多い、人気のイベントです。

今回は予選を経て5組が最終審査に出場。
江東区の区民だけでなく関西からもエントリーされる方もいらっしゃいました。
前日から準備を始めて150人分の試食用のお菓子を準備されるということでかなり大変です。


今年のエントリー作品は
No1「レモンバターサンドクッキー」
No2「大葉とゆずのスフレ」
No3「おからだにやさしいおさけーき」
No4「なすとナッツのパウンドケーキ」
No5「ヘルシーUIROUハーモニー」

今年の傾向としては低糖質を意識した作品、野菜を素材にした作品が目立ちました。
グランプリに輝いたのは
No1の「レモンバターサンドクッキー」
実際に市販のお菓子と言ってもおかしくない完成された味で、技術的にもかなり難しい工程が含まれている作品だそうです。
実は今回3回目のチャレンジでグランプリを受賞され、観客からの票を最も集めたオーディエンス賞を受賞されました。

ちなみに私が投票したのはNo4の「なすとナッツのパウンドケーキ」なすが入ったケーキって想像つかなかったのですが、なすが練りこまれた生地はしっとりとして味もバランスがとれていてとても美味しかったです。

来年も開催予定です。
昨年の作品の中からは、このコンテストがきっかけで実際に製品化されたレシピもあるんだそうです。
お菓子作りが好きな方、ぜひチャレンジしてみませんか?

それでは今週の放送予定です。

11月13日(月)
野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
「日本株メインの人におススメの投資信託は?」

11月14日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期
第15回「移動平均線基礎編」

11月15日(水)
柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」

11月16日(木)
亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」

11月17日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね!
今週の放送予定(11月6日~10日) [山本郁コラム]
2017.11/05 山本郁 記事URL
マーケット・トレンドを毎日放送しているTOCOMスクエアの並び...歩いて30秒ほどのところに
「GATA-GATO」というBARがあります。
冒頭の写真は、そのBARの店内を描いた絵。
真ん中の窓の外の方向にTOCOMスクエアがあります。

この絵を描かれたのは、このBARの女主人の佐野馨さん。
昼は画家として制作活動をして夜はBARのマダムという二足の草鞋を履いていらっしゃるのです。

お店GATA-GATOをモチーフとしたシリーズをメインに制作を続けられていて
年に一回、やはり画家でいらっしゃるお父様と親子展を開催されているのだそうです。

この週末、その作品展「GATA-GATO展」に行ってきました。


よく見るとほとんどの作品に「GATA-GATO」のお店と二匹の黒猫が書き込まれているのがわかります。
お店の特徴はパレット型の看板と緑の枠の窓。
ちなみに「GATA-GATO」とは雄猫・雌猫という意味なのだそうです。





中央区銀座2‐10‐5 オオイビル4F
ミレージャギャラリー
11:00~19:00
最終日6日(月)は17:00までです。

ちなみにBAR「GATA-GATO」は月~金の19:00開店。
マーケット・トレンド生放送を観覧いただいて、そのあとTOCOMスクエアで少しコーヒーを飲んで休憩していくと
ちょうど開店の時間になります。
マーケット・トレンド観覧のあと、「GATA-GATO」へ...というのはいかがでしょう?
「GATA-GATO」隣の予約必死の人気ピッツェリア「イル.・タンブレロ」のピザも「GATA-GATO」でオーダーすることも出来るんですって。
だから一軒目からでOKですよ!
おススメコースです♪



それでは今週の放送予定です。

11月6日(月)
岡田晃さん(経済評論家)
「衆院選後の経済政策」

11月7日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期
第15回「トレードエッジの見つけ方」

11月8日(水)
小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)
「専門家の目~今注目すべきコモディティは?

11月9日(木)
小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」

11月3日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。
今週の放送予定(10月23日~27日) [山本郁コラム]
2017.10/22 山本郁 記事URL
週末、いつもマーケット・トレンドの公開放送を行っている、日本橋堀留町のTOCOMスクエアで結婚式が行われました。
『TOCOM GOLD WEDDING』
TOCOMスクエアではこれまで、ラジオの公開生放送のほか、セミナー、金融劇、落語会、コンサートなど様々なイベントが行われてきたのですが
結婚式は初めてです。
取引所で結婚式が行われたのは、世界でもこれが初めてなのではないでしょうか。

TOCOMスクエアの大理石の大階段もその美しいカーブを生かして、新郎新婦の入場口として活用。
お花で綺麗に飾られました。

司式台は体験コーナーに設置。
人前式なので新郎新婦はご列席の皆さんに永遠の愛を誓います。
立会人代表は東京商品取引所の濵田社長にお願いいたしました。

式を挙げられたのは、TOCOMと縁の深いGINGA ENARGY JAPAN株式会社取締役の小柳悠さん美千さんご夫妻。
1年ほど前に、このスペースで挙式をしたいとご相談頂き、今年の春頃にプロジェクトが発足。
TOCOMに上場されている商品の内、GOLDをテーマとした人前式にしようと決定。
何度も話し合いを重ねてGOLD WEDDINGの構想がまとまりました。

新郎新婦の衣装は、シャンパンゴールドのフロックコートとドレス
列席者はサムシング・ゴールド...何か一つGOLDの小物を身に着けて出席
新郎・新婦の指輪は一般によく使われるプラチナではなく、GOLDの指輪
この指輪は新郎新婦が山梨の工房で作成したもので、当日会場で列席者の皆さんから最後の仕上げとして磨いて頂きました。
また結婚誓約書にはメモリアルツリーがデザインされ、参列者の皆さんから金のインクで指紋のスタンプを頂きました。
ウェディングベルは、TOCOMの新商品上場の時に使う金の鐘を使用
新郎新婦退場時には、金の花びらのフラワーシャワーとゴールデンクラッカーで祝福...などなど
まさにGOLD尽くしの結婚式になりました。

あ、私、山本郁は、金のネックレスとピアス、金色のストールと何か一つではなく3つも欲張った金の装いで司会を担当させて頂きました!

台風が接近しているため大荒れのお天気でしたが、TOCOMスクエアの中では新郎新婦を始め皆さんの笑顔があふれていました。

TOCOMスクエアっていろんな事が出来るんだな...って改めて感じたところです。

普段は月~金の11時から19時まで開いています。
マーケット・トレンドの公開生放送は18時から。
まだお越しになったことがない方は是非覗きに来てくださいね。
美味しいオリジナルコーヒーをご用意してお待ちしています♪


それでは今週の放送予定です。

10月23日(月)
田宮寛之さん(東洋経済新報社 編集局 編集委員)
「天変地異と闘う防災企業」

10月24日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期
第13回「一目均衡表総集編」

10月25日(水)
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」

10月26日(木)
森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」

10月27日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今秋も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。


今週の放送予定(10月16日~20日) [山本郁コラム]
2017.10/15 山本郁 記事URL

夕食の時間に朝食を食べられるって、ちょっとおもしろいと思いませんか?

時刻は19時30分。
外苑前の原宿北交差点のすぐ近くの「ワールド・ブレックファースト・オールデイ」
名前の通り、世界の朝食を朝から晩まで提供している"朝食の専門店"です。

オープンしたのは3~4年前ごろ。
(たまたま、オープン当初からのスタッフがいらっしゃらなくて正確に分からなかった)
「朝ごはんを通して世界を知る」をテーマに、2か月ごとにテーマを変えて
世界の朝食を提供しているのです。

10月・11月はタイ特集。
お店のBGMもタイのラジオ番組、壁のポスターもタイのもの。
タイの大衆食堂にいるような雰囲気です。

肝心の朝食は、タイの朝ごはんで一番人気だという「ジョーク」というおかゆでした。
ジャスミンライスをとろとろに煮込んで鶏がらスープで味付けしたもの。
日本式のおかゆとは違って具沢山。
卵、肉団子、鶏肉、揚げビーフン、針生姜、パクチーなどが入っています。
さらにお好みで「パートンコー」という油条(中国の揚げパン)のようなものを割り入れてトッピングし、コクと食感を楽しむことが出来るのです。
中国粥に似ていると思ったら、実はもともと中国から入ってきてタイで人気になったメニューなのだそうです。

気温が高いタイでは、朝早く出勤し、朝食も外食で摂るのが一般的と聞いていますが
なるほど、おかゆを、具沢山でボリュームアップして食べるんですね。パワーがでそうです。
テーブルにはナムソム(酢)とナンプラー(魚醤)のほかに、可愛い胡椒のボトルがありました!

この日は小雨も降って寒い夜だったのですが、「ジョーク」を食べたら身体がポカポカ。
ディナーでも十分な量でした。


ドリンクはタイのハーブティー、マメ科の青い花のお茶「アンチャン」をオーダー。
アントシアニンが豊富で、美容やアンチエイジングに効果があると言われています。
レモン果汁を入れるとピンクに色が変化するのも楽しい♪

他にも青いパパイヤのサラダ「ソムタム」や、ご飯とココナツミルクのデザート「カオニャオ」など人気のタイ料理があるほか
グランドメニューは3種あって、イギリスの朝ごはん、アメリカの朝ごはん、ポーランドの朝ごはんは通年で食べられるそうです。

特集する国は2か月ごとに変わるので、そのたびに、その国の人から調理の指導を受けて、できるだけ現地の味に近づけるように努力しているのだそうです。

「ワールド・ブレックファースト・オールデイ」の本も2冊出ていて、これまで特集してきた国やメニューが掲載されていました。
2冊目の方は現在販売中です。
ココナッツミルクや、ドリンクなど、タイの食材もお店で買うことができるんですね。

タイ特集は12月3日まで。
次回どこの国を特集するかは未だ決まっていないそうです。

「ワールド・ブレックファースト・オールデイ」は、7時30分~20時まで営業。(Loが19時30分)
日曜祝日も営業していますが、年末年始は2週間ほどお休みするそうです。
http://www.world-breakfast-allday.com/

今度は早起きして、ちゃんと朝ご飯で食べてみようと思います♪

そういえば、タイは今記録的な大雨となっているんですよね。
ゴム価格には影響ないのでしょうか...。

それでは、今週の放送予定です。

10月16日(月)
後藤康浩さん(亜細亜大学 都市創造学部 教授)
「共産党大会後の中国経済はどうなるのか」

10月17日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期
第12回「週足一目均衡表」

10月18日(水)
芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)
「専門家の目~コモディティと世界の経済」

10月19日(木)
菊川弘之さん(マーケットアナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」

10月20日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね♪
今週の放送予定(10月10日~13日) [山本郁コラム]
2017.10/08 山本郁 記事URL
このモザイクタイルのように並んだイラストは総て週刊文春の表紙画です。
文春の表紙といえばイラストレータの和田誠さんが1977年5月2日号から40年以上担当されています。
今年の7月20日号の表紙でちょうど2,000枚になったのだそうです。
雑誌の表紙の文字でその号の目玉の記事や当時の世相が推測出来て面白いですね。

その2,000号分が総て展示されているのが、今、墨田区の「たばこと塩の博物館」で開催されている
「和田誠と日本のイラストレーション」展。

和田誠さんが子供の頃に描いた漫画やスケッチから、たばこ「ハイライト」のパッケージデザインや「ピース」の雑誌広告、「怪盗ルビイ」や「麻雀放浪記」などの映画のポスターといった代表作のほか、ともに日本のイラストレーション黎明期を築いてきた、宇野亞喜良、横尾忠則、山城隆一、大橋歩らの作品、影響を受けた清水崑画伯の朝日新聞に連載していた風刺画、「ゴールデン洋画劇場」のオープニング動画など、136点の作品を展示しています。
会期は10月22日まで。

この作品展と、たばこと塩の博物館の常設展示「塩の世界」「たばこの歴史と文化」を100円で観覧することが出来るのです!小・中・高校生は50円!!
例えば、お子さん二人の4人家族で見に行ってもたった300円です。
特別展は展示室内は写真を撮れませんが、展示室入り口外に展示してある文春の表紙は撮影OK。
常設展示は展示室内も撮影OKです。

東京スカイツリーへも歩いて10分ほど。
ご家族でお出かけになってみてはいかがでしょうか?

それでは今週の放送予定です。

10月10日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期
第11回「準備構成とは?」

10月11日(水)
池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)
「専門家の目~世界の金の動き」

10月12日(木)
小針秀夫さん(商品アナリスト)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」

10月13日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。
今週の放送予定(10月2日~6日) [山本郁コラム]
2017.10/01 山本郁 記事URL
ようやく爽やかな秋晴れとなったこの週末。
江東区の木場公園でビーガングルメフェスティバルが開催され大勢の人でにぎわいました。

ビーガン...って、ベジタリアンよりさらに厳しく、肉や魚だけでなく、卵や乳・チーズ・ラードなど動物由来の食品を一切とらない主義の人。
はちみつも食べない、白砂糖も精製の過程で骨炭という動物の骨を使うことからNG。
食べ物だけでなく、毛皮はもちろん、ウールやシルク、皮製品も身に着けないという厳しく主義を貫いている人もいるそうです。

いろいろ厳しくて、さぞかし食べ物は不自由なのだろうなと思うと大間違い。
今は、肉やチーズの代わりになる食材がいっぱい開発されているんですね。
最先端のビーガン情報を、このフェスティバルで知ることが出来ました。

ハンバーガースタンドや、ラーメン、寿司、たこ焼き...ならぬこんにゃく焼き、ケーキやアイスクリームなどもあるんです!!
びっくり。
さすがグルメフェスティバルです。



どこも長い行列ができていて、昼過ぎにはあちこちでSOLD OUT!
すごい人気なんですね。


私も、酵素ドリンクと玄米ソフトクリーム、チョコレートを試してみたのですが、すごく美味しかったです。

トークショーやヨガなどのワークショップも人気でした。




それでは今週の放送予定です。

10月2日(月)
関口和一さん(日本経済新聞社 編集委員)
「日本でも加速するフィンテック導入の動き」

10月3日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期
第10回「変化日とは?」

10月4日(水)
福井俊彦さん(キヤノングローバル戦略研究所 理事長)
「世界経済の現状と今後」

10月5日(木)
新村直弘さん(マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)
「専門家の目~コモディティ市場の現状と見通し」

10月6日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週から金曜日は、ラジオNIkKEIアナウンサーの辻留奈さんがキャスターを担当します。
今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね!!
今週の放送予定(9月25日~29日) [山本郁コラム]
2017.09/24 山本郁 記事URL

最近、六本木のミッドタウンに行かれましたか?
裏の芝生広場...冬になるとアイスリンクになったりライトアップされるあの場所ですが
そこにこんなものが出来ているのお気づきでしたでしょうか?
これは、「アーク・ノヴァ」
巨大な移動式のコンサートホールなんです。
高さ18メートル、幅30メートル、奥行き36メートル、収容人数は約500人。



一見石か何かでできたオブジェのようなどっしりとした風体をしていますが
厚さ1ミリ以下の塩化ビニールでコーティングされたポリエステルで出来たドーム型のテントみたいなもので
送風機から絶えず送られる空気で膨らみ、この形を保っています。


裏には送風機のステーションが設置されています。
3台の送風機から太いパイプで送られる空気で、この巨大なドームを1時間で膨らませることが出来るのだそうです。

出入りは回転ドアで。
ドアの扉には空気の漏れを防ぐための毛羽のようなものが付いています。

このドーム収まる広さの更地があれば、どこでも期間限定のコンサートホールにすることが出来るというわけです。

アークノヴァとは新しい箱舟という意味。
東日本大震災の復興支援のために発案され、2013年に誕生し、これまで松島、仙台、福島でコンサートやワークショップを行ってきたそうです。
この取り組みに賛同し、アークヒルズが誕生から10周年の今年、アークノヴァを六本木に誘致したのだそうです。



ベンチの一部は、震災の記憶を残すために、津波の塩害と地盤沈下を理由に伐採した宮城県松島町の瑞巌寺参道の杉を材料に、市民が参加したワークショップで制作したもの。
しっかりとしたベンチです。ウレタンのクッションも敷いてあるので座り心地もなかなか良いです。

この週末に一般公開され、映画の上映も行われていました。
(500円と格安で映画が見られることからすごい人気!あっという間に整理券がなくなってしまい残念ながら見ることができませんでした)
今後は10月4日までの期間中、コンサート、トークショー、シンポジウムなどのイベントが開催されます。
http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/3641/

芸術の秋でもありますし、足を運んでみてはいかがでしょうか?

それでは今週の放送予定です。

9月25日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「金相場、上昇後のゆくえは?」

9月26日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期
第9回「E計算値・NT計算値・V計算値とは?」

9月27日(水)
山内弘史さん(石油ガス・ジャーナル 顧問)
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」

9月28日(木)
林知久さん(投資日報社)
「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」

9月29日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。
今週の放送予定(9月19日~22日) [山本郁コラム]
2017.09/18 山本郁 記事URL
この連休、銀座に用事があったので、ついでに気になっていたお店に寄ってみました。
「&COFFEE MAISON KAYSER」
以前、マーケット・トレンドにも登場したメゾンカイザーの新業態店。
今月10日にオープンしたばかりなのです。

銀座一丁目駅のすぐ近く、昭和通りと中央通りの間の小路に面した、黄色の看板が目印のお店です。


メゾンカイザーといえば、バターの香りがたっぷりのサクサクのクロワッサン。
その焼き立てのクロワッサンと、クロワッサンに合わせて開発されたコーヒー「カイザーブレンド」を味わえるカフェです。

基本のクロワッサンとコーヒーのセットのほか
ハムチーズクロワッサン、ベーコンアボカドクロワッサン、ラタトゥイユクロワッサンとセットにすることができます。

私は、ベーコンアボカドクロワッサン、ラタトゥイユクロワッサンのセットをオーダー。
それぞれ、アイスコーヒーとホットコーヒーをセットにしてみました。

やっぱりメゾンカイザーのクロワッサン、おいしいです。
サンドウィッチ2つも食べたのに更にクロワッサンを食べるかどうか真剣に悩んだくらい。

もちろん単品で買うこともできるし、テイクアウトもできます。

そこはぐっと我慢して、デザートを。
ショーウィンドウに並ぶ色とりどりのスウィーツの中から、シュークリームとタルトを選びました。

メゾンカイザーのシュークリームはクリームがちょっと違うんです。
甘味はごくごく控えめで、どっしりとした重さがあってこれ以上は無理じゃないかと思うくらい滑らかなテクスチャー。
上質な材料にこだわっているのがとてもよく感じられます。

コーヒーもおいしかった!アイスでもおいしさと香りがしっかり感じられますが、ホットの方がよりしっかり味わえますのでおススメ。

コーヒーカップもかわいいんですよね。

お皿も陶器だし、椅子もクッションのしっかりしているし、隅々まで気配りが行き届いていて、とても居心地の良いお店。
近くに行ったらまた寄ってみたいです。

平日は7時30分~20時まで
日曜・祝日は8時~18時までです。

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13212796/


それでは
今週の放送予定です。

9月19日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期
第8回「N計算値とは?」

9月20日(水)
大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
「専門家の目~原油市場をとりまく環境」

9月21日(木)
亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」

9月22日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。
今週の放送予定(9月11日~15日) [山本郁コラム]
2017.09/10 山本郁 記事URL
週末に今年春に亡くなった恩人のお墓詣りに出かけたのですが、教えてもらった住所に行ってみるとその場所にあったのは綺麗なビル。
新宿御苑前聖陵。今、都市部を中心に増えてきている納骨堂です。
同じ敷地には太宗寺という江戸時代から続く由緒正しいお寺があって、このお寺が経営・管理を行っているのだそうです。

ホテルか高級マンションの入り口のようなきれいなロビーのあるエントランス。
受付を済ませて目的のお墓...遺骨収納厨子の参拝カードを受け取って
参拝フロアへ。

参拝フロアは3階から6階。
それぞれ3つずつ参拝ブースがあって、1階にパネルで使用状況が表示されているので、空いているところを選んで進みます。
ちなみに2階は法事や納骨式などを行うことが出来るホールがあります。

参拝ブース。
右のタッチパネルに参拝カードをかざすと、納骨堂からクレーンが厨子を選んで、参拝ブースのお墓まで自動的に搬送してきます。

扉が開くとこのようにお墓の窓に〇〇家の墓と表示された形になって現れます。

お墓のアップ。本物の黒御影石の立派なお墓です。
同じフロアの、他2つのブースのお墓は別の石で違うデザインになっているので、お気に入りのタイプを選んで参拝してもいいそうです。

お花も生花が供えてあって、お香も備え付けのものがあります。香炉が炭ではなくて電気で高温になっていて、お香を落とすとちゃんと燃えてくれます。

雨の日でも、暑い夏の日でも、天候に関係なく、虫刺されを気にすることもなくお参りできるって本当に便利ですね。

この新宿御苑前聖陵は3年前にオープンしたばかりですが、4,020ある区画の半分ほどがすでに埋っているそうです。
厨子は一般的な大きさの骨壺だと二人分納められるそうで、価格は90万円。そのほか年間会費が15,000円。
使用期限が無く、年会費を払っている限り、永年使用することが出来て、万が一子供がいない夫婦や、独身者でお墓を守ってくれる人がいなくなってしまった場合は、合祀の形になありますが永遠に供養してもらえるそうです。
宗教は自由。

お参りに行く前は、納骨堂ってどうなんだろう...って思っていたのですが、思いのほか温かみがありますし、しかもご住職やスタッフの方が常に見守ってくださっているので、遠方で滅多に行けないお墓よりもさみしくないかなぁと思いました。
これから、こういう納骨堂タイプのお墓が増えていくのでしょうね。

それでは今週の放送予定です。

9月11日(月)
清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)
「黒田総裁が示す日銀総裁の条件とは?」

9月12日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第2期
第7回「計算値とは?」

9月13日(水)
石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部 為替アナリスト)
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」

9月14日(木)
森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」

9月15日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。
 全52ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 次の10件