今週の放送予定(6月19日~13日) [山本郁コラム]
2017.06/18 山本郁 記事URL

友人の結婚式帰り、お茶をしてから帰ろうと立ち寄った表参道のスパイラルカフェ。
ここは同じフロアーにギャラリーがあって、アーティスティックな作品の展示をしているのですが
この日は歴史写真のような不思議な雰囲気の写真の展示がされていました。

「エバレット・ケネディ・ブラウン展 Japanese Samurai Fashion - 野馬追の侍たちが纏う祝祭の精神 -」
福島県相馬地方で約800 年に渡り伝承されてきた祭礼「野馬追」(のまおい)を撮影したものです。

これらの写真を撮られたのは国際フォトジャーナリストのエバレット・ケネディ・ブラウンさん。
エバレットさん、学生時代に日本に魅せられて、約30年前から日本に在住しているそうです。
流暢なとてもきれいな日本語を話されます。

この不思議な写真の正体は、「湿板光画」という、昔ながらの撮影技法。
昔の写真のようですが、現代の写真なんです。写っているモデルも勿論皆さん存命の方ばかり。
シャッターを押してから、長時間レンズを開いていなくてはならないため、モデルさんも数十秒じっと動かないで貰って撮影するのだそうです。

ネガを作るのも、撮影するのも、現像するのも大変な手間と時間がかかるけれど、こうして写真を撮ると魂が写るんですとエバレットさんは話してくださいました。
この野馬追の祭礼ももう何年も足を運んで撮影されているそうですが、形骸化したお祭りではなくて、精神が引き継がれているので魅力を感じるのだそうです。

この作品展はもう終了するそうですが、エバレットさん実は「タイム」や「ニューズ・ウイーク」、「ニューヨーク・タイムズ」、「ロンドン・タイムズ」、「ル・モンド」のなど、欧米の主要なメディアで定期的に作品を発表していらっしゃる凄い方なんです。
『ガングロガール』とか『日本力』など話題となった写真集も出していらっしゃるんですよ。
また作品展やりますよ...とおっしゃってたので皆さんもきっと目にする機会があると思います。



それでは今週の放送予定です。

6月19日(月)
関口和一さん(日本経済新聞社 編集委員)
「フランスのベンチャー事情」


6月20日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
第12回「先行スパン1を究める」


6月21日(水)
柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」


6月22日(木)
森 成俊さん(みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」


6月23日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね!

今週の放送予定(6月12日~16日) [山本郁コラム]
2017.06/11 山本郁 記事URL

最近私がハマっているのが酵素です。
酵素さえちゃんと摂っていれば、糖質制限やダイエットサプリなんて
必要なく痩せられると言う人もいるほど。

ちなみに私が愛用しているのが「丸山酵素」
飲み始めて約半年ですが、ずっと気になって仕方なかった頬のシミが薄くなったと
最近よく言われるようになってきました。
そんなわけで酵素をしょっちゅう気にしているのですが
最近アンテナに引っかかってきたのが
祐天寺に3か月ほど前にできた、「クレープアリサ」

元銀行員だったご主人と、酵素ジュース教室を開いている奥様の
夫婦二人で開いている小さなお店です。

ここのクレープは、生地に奥様手作りのオレンジ酵素ジュースとミネラルが練りこんであるのだそうです。
酵素が出来上がるのに約二か月かかるそうで、お店のカウンターに仕込み中の酵素が並んでいました。

酵素のおかげでしょうか?
皮はもちもちとした食感で噛むとじわっと感じる甘さ。とっても美味しいんです。
クリームにも砂糖は使わず甜菜で甘みを出しているんですって。
天然のものだけ。悪いものは一切入っていないのだそうです。
とにかくいい素材にこだわっているので、原価がよくわからないんだよね...と笑うご主人。
特に栗のクレープは高い栗を使ってるので原価割れ間違いないと。

リタイア後、クレープ好きの奥様と本場フランスのクレープ屋さんを100店以上食べ歩いたそうです。
日本ではあまり見かけないけれど、フランスでとても美味しかったという栗のクレープ「マロン生クリーム」が奥様のお勧め。
そして、酵素パワーが一番味わえるのは、酵素と漬け込んだオレンジをつかった「オレンジ生クリーム」。
オレンジは無農薬なので皮ごと食べることが出来ます。

火曜日から販売を始めるという酵素ジュースをお願いして特別に飲ませて頂きました。
酵素ジュースっていうと、ファスティングダイエットでもよく使われる癖のある味をイメージされる方もいらっしゃるかもしれませんが
こちらの奥様手作りの酵素ジュースは嫌な癖は一切なし!
むしろとてもすっきりしたオレンジジュースです。
でも、すごくたくさんの酵素が入っているので飲んだ後身体がとても温かくなってくるんですよ!
こちらで酵素ジュースをいただいて、その後ウォーキングしたらとっても効率良さそう...で、約1時間、表参道まで歩きました。

リピート決定です(^^♪
駅からとても近いので、祐天寺に行ったら是非お寄りください。
クレープも、酵素ジュースも、ほんとにお勧めです。

マロンクリームクレープは490円
オレンジ酵素クリームチーズクレープは590円
皮の味を楽しみたかったらシュガーバター350円
酵素ジュースは700円


「Creperie de Arisa Youtenji」
目黒区祐天寺2-3-2
03-6884ー0007
月曜が定休日だそうです。


それでは今週の放送予定です。

6月12日(月)
「今こそ考えたいポートフォリオの中身!!」
野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)

6月13日(火)
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
第11回「三役好転・逆転の意味」
小次郎講師こと手塚宏二さん

6月14日(水)
「専門家の目~世界の金の動き」
池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)

6月15日(木)
「専門家の目~商品市場の見通し」
高井裕之さん(住友商事グローバルリサーチ 社長)

6月16日(金)
「岡安盛男のFXトレンド」
岡安盛男さん(FXアナリスト)

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね。

今週の放送予定(6月5日~9日) [山本郁コラム]
2017.06/05 山本郁 記事URL

6月1日に日本でも公開になった話題の映画『ゴールド/金塊の行方』を観てきました。
http://www.gold-movie.jp/ 
 1990年代に北米の証券市場に大きなダメージを与えた通称‟Bre-X事件"をテーマにした作品です。
人は何故こんなにも金に魅せられるのか...という金そのものの魅力と怖さ、
そして、人間の欲と誠意というものを迫力たっぷりに描いています。
そう、迫力たっぷり...主演のマシュー・マコノヒーにもかなり衝撃を受けました!
マコノヒーと言えば弁護士などのシュッとしたイメージが強かったので。
マコノヒーファンの女性はちょっと覚悟して見るほうがいいかもしれません(汗)

それでは今週の放送予定です。

6月5日(月)
田宮寛之さん(東洋経済新報社 編集局 編集委員)
「21世紀は木の時代」

6月6日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
第10回「先行スパン2を究める」

6月7日(水)
茅野信行さん(コンチネンタルライス 代表取締役 )
「専門家の目~穀物市場の現状と見通し」

6月8日(木)
小針秀夫さん(商品アナリスト)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」

6月9日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。

今週の放送予定(5月29日~6月2日) [山本郁コラム]
2017.05/28 山本郁 記事URL
日曜の昼下がりの世田谷区赤堤通。
環八から少し中に入った閑静な住宅街に面した通りです。
ここに日本で初めての雑誌図書館「大宅壮一文庫」があるんです。

昭和前期に活躍した評論家・大宅壮一氏の雑誌コレクション...明治時代以降130年余りの雑誌、約78万冊を所蔵してる図書館です。
 私が地方のテレビ局の新人アナウンサーだった頃、芸能人との対談やトークショーの仕事が入ると、新潟から新幹線に飛び乗ってこの大宅壮一文庫に足を運び、インタビュー相手の資料を探したものでした。
まだ今のようにインターネットが普及していなかったため、唯一の大事なデータベースだったんです。
その後、誰でもパソコンを持てる時代になり、私もいつしか大宅文庫を利用することもなくなってしまっていました。

実はその大宅文庫が、運営難のためクラウドファンディングで運営資金の募集を始めたというニュースを先日発見。
https://readyfor.jp/projects/oya-bunko
お世話になった恩返をしたいと、私も僅かな額ですが出資しました。
今日確認したら、無事目標額に達したそうですが、出資すると出資額に応じで一定期間入場が無料になったり情報が届いたりというリターンがあります。
なによりも歴史的価値のある貴重な資料を残すことが出来ます。

で、今日休みを利用して、久しぶりに覗いてみようかな...と足を運んでみたのですが
ガーン。
日曜は休館日でした。
こんな基本的なことを怠っていたとは。

そんなわけで、今日は中を覗いてみることも、雑誌を閲覧することも出来なかったのですが、また出直してみたいと思います。

大宅文庫のHPの写真を見たらan・anやnon・no、セブンティーン、平凡パンチ、といったものから、明治7年創刊の婦人画報の創刊号も揃っています。
創刊号だけでも7万冊あるのだそうです。
当時、雑誌の表紙には新進気鋭の画家が採用されていたんですよね。
雑誌の表紙ウォッチングや、また、広告ウォッチングも当時の世相が現われていて楽しいですよ。
尚、興味のある方、私と同じようにかつてお世話になっていたという方は、クラウドファンディング、6月30日(金)午後11:00まで募集しています。
3,000円から出資できますよ!

このあと、環八沿いに1時間ウォーキングして砧公園へ。
世田谷美術館で開催中の「エリックカール展」を見てきました。
こちらはちゃんと開館日でした( ´艸`)
展示が始まってから1か月も経つのに大変賑わっていました。
こちらは7月2日(日)までです。


それでは今週の放送予定です。

5月29日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「ボックス相場の様相強まる国際商品」


5月30日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
第9回「遅行スパンを究める」


5月31日(水)
山内弘史さん(石油ガス・ジャーナル 顧問)
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」


6月1日(木)
近藤雅世さん(コモディティーインテリジェンス 代表取締役社長)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し


6月2日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね!

https://readyfor.jp/projects/oya-bunko
今週の放送予定(5月22日~26日) [山本郁コラム]
2017.05/21 山本郁 記事URL
東京都心で今シーズン初の真夏日が観測されたこの週末。
暑かったですね...。

ここは、新橋から虎ノ門に続く新虎通り(旧マッカーサー通り)。
行列が出来ているのは「切腹最中」で人気の「新正堂」です。
土曜の昼下がり。
気温はまさに30度近かった、最も暑い時間帯です。

この界隈はビジネス街なので、土曜のこの時間は通りにもほとんど車が走っていないのに
この店先だけこの賑わいです。

殆どの人が「切腹最中」と「景気上昇最中」を買い求めてゆく中
私の目当ては別のものでした。

その前に、ご存じない方の為に「切腹最中」ですが

これです!
普通の最中は二枚の皮がぴったりと閉じて、中の餡をしっかりと包んでいますが
この切腹最中は皮から餡がはみ出しているんです。

お店の看板商品の開発に悩んでいた新正堂の社長が、お店の旧店舗のあった場所が、江戸時代の古地図の田村邸の敷地内...つまり、あの松の廊下の刃傷事件で
浅野内匠頭が切腹した場所であることから、思いついた商品だったそうです。
開発当初は切腹なんてって反対の声が大きく、それを押し切り商品化したものの全く売れなかったのだそうです。
それが、仕事のミスで客様へのお詫びの手土産を買いに来た証券会社の人が、この切腹最中を持ってお詫びに行ったら笑って許して貰えた...ということがあり
その話が兜町界隈で話題になって、以来大ヒット商品へと変身したのだそうです。
でも、見た目だけでなく、皮も普通の最中よりも軽くてパリッとしていて、あんこも甘すぎず、中に求肥も入っているので味のバランスも最高なんです。

さすがに、お詫びに切腹最中を持って行ったことはないのですが、
(東京に出てきたときに、お詫びのお菓子はラジオNIKKEIすぐそばの「播磨屋の朝日揚げ」と教えられたということもあり)一度試してみたいな...とは思っているのですが、怒りの火に油を注ぐことになると怖いなぁ...と。

景気上昇最中(もなか)は、景気上昇最中(さいちゅう)にも読める、縁起の良い最中です。
こちらは小判の形の皮に、黒糖を使ったコクのあるこし餡がしっかりと包まれています。
この組み合わせが大変な人気で、私の前に並んでいた人たちも、ほとんどがこれを買っていかれました。
中には一個ずつの詰め合わせを10個つくって!なんて人も。

さて、私のこの日のお目当ては
切腹最中アイス!
お店のメニューには載っていないのですが、お願いすると作って貰えます♪
バニラと抹茶の二種類。
この日はバニラを頂きました。
基本は皮とアイスで300円。
あんこは50円でトッピングしてもらいました。
この他に求肥も50円でトッピングすることが出来ます。

バニラが、玉子の味が濃くて、でもとても洗練された味でなんとも言えず美味しいんです!!
抹茶は、とてもさっぱりしていて、これまた美味しいんです!!

新緑のまぶしい、休日の静かな新虎通りを眺めながら頂きました。

それでは今週の放送予定です。

5月22日(月)
菊川弘之さん(マーケットアナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」


5月23日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
第8回「均衡表の好転・逆転」


5月24日(水)
芥田知至さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)
「専門家の目~コモディティと世界の経済」


5月25日(木)
松本英毅さん(よそうかい・グローバル・インベスターズ・インク代表)
「専門家の目~原油相場の現状と見通し」


5月26日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね♪

今週の放送予定(5月8日~12日) [山本郁コラム]
2017.05/07 山本郁 記事URL
GWも終わりましたね。
暦通りで5連休だった私ですが、この連休中は特に遠出することもなく都内で過ごしました。
そんな私がお世話になったのが最寄りの映画館。
この連休中に、CINEMA2以外の3作品を楽しませて貰いました♪

中でも印象深かったのがCINEMA4で鑑賞した「午前十時の映画祭8」
昨日5月6日から、1995年に日本で公開された「ショーシャンクの空に」の上映が始まりました。
私の好きな映画ベスト3の一つに挙げられる作品で何度も見ているのですが、映画館では一度も見たことが無かった作品だったのです。

大好きな青い海の広がるラストシーンや、脱獄が成功して自由を手にしたシーンなどの迫力!
スクリーンで見ると感動が一入ですね!!

「午前十時の映画祭」
その名前を目にしたことがある方は多いと思います。
人気の高い名作を、ほぼ毎日、タイトル通り午前十時から上映するという企画で
映画文化協会などの主催で2010年に始まりました。

私も存在は知っていて、気にはなっていたのですが、朝10時に映画館に出かけるのが少々億劫で
今まで一度も利用したことがありませんでした。
今回「ショーシャンク...」を上映しているのを知って初めて行ってみようか...という気になったのです。

キャッチフレーズが「一度スクリーンで見たかった。もう一度スクリーンで見たかった。」
映画評論家などで構成される選定委員が選んだ作品を1作品基本2週間ずつ、全国56の劇場で上映していきます。
スタート時はフィルム上映。洋画のみで、1作品1週間で50作品上映していました。
途中、映画館のデジタル化で、フイルムを上映出来る映画館が少なくなったため一旦中止になったこともあったそうです。
邦画が加わったのは5回目の2014年から。「細雪」「砂の器」など上映されています。

そして8回目となる今回は先出の「ショーシャンクの空に」や「ペーパームーン」「ローマの休日」など28作品が選ばれました。
http://asa10.eiga.com/2017/cinema/
この「午前十時...」で初上映となる作品が16作。
目玉は黒澤作品を始めとする日本映画が7作。
オードリー・ヘプバーン主演作品が4作。
毎日1,100円で鑑賞できるというのも嬉しいですね。
「ライフ・イズ・ビューティフル」「アメリ」はもう終わってしましましたが、来年の3月23日まであと26作品の上映があります。
私は、来年1月27日からの「バグダット・カフェ」も、まさに「一度スクリーンで見てみたかった」作品なので、見逃さないように手帳にメモしました♪

尚、今上映中の「ショーシャンクの空に」「裏窓」や、夏休み上映のオードリー・ヘプバーンの4作品は1週間上映なのでご注意を!!
尚、上映映画館もA・B二つのグループがありますので、間違った方に行かないようにご注意くださいね!!
http://asa10.eiga.com/

それでは今週の放送予定です。

5月8日(月)
清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)
「トランプ円安の本格的な再開はあるのか?」


5月9日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
第6回『「転換線」を究める』


5月10日(水)
大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
「専門家の目~原油市場の見通し」


5月11日(木)
石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部 為替アナリスト)
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」


5月12日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね!

今週の放送予定(5月1日~5日) [山本郁コラム]
2017.04/30 山本郁 記事URL

GWスタートしましたね。
今年は最大で9日の連休となりますが、皆さんはいかがでしょうか?
私、山本郁は5月3日から3連休です♪
その連休に先駆けて日曜日、PAUL MAcCARTNEYの日本公演最終日に出かけてきました!
今年のツアーも4公演、すぐに完売だったそうですね。

小学生時代からと、この年代にしては年季の入ったビートルズファンの私ですが
実は生で聴くのは初めての経験。
友人がアリーナ席の最前列のチケットを取ってくれたのでテンションマックスでした↑↑
写真の通り、ポールは斜め30度くらいの角度だったのですが...( ´艸`)

A Hard Day's Nightに始まり、ビートルズ時代の曲も半分くらい演奏してくれたのも嬉しかった!!
ポールのコンサートってこんなに楽しかったのね...

アンコール前、最後の曲「Hey Jude」では、イメージカラーだというブルーのサイリウムを使う演出で会場全体が青く染められて
とても感動的でした。

ポールはまた会いましょう!と言ってくれましたが、また来年も日本に来てくれたらまた行きたい!!
そうやってどんどんチケットは取り辛くなっていくのでしょうね...。


さて、GW中ですが、放送は暦通りありますよ!
今週の放送予定です。

5月1日(月)
岡田晃さん(経済評論家)
「ヨーロッパの政治リスク」

5月2日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
第5回 「『ひとめで均衡がわかる』とは?」

5月3日(水)
憲法記念日でお休み

5月4日(木)
みどりの日でお休み

5月5日(金)
こどもの日でお休み

今週も2日間だけですが、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。

今週の放送予定(4月24日~28日) [山本郁コラム]
2017.04/23 山本郁 記事URL
東京でお花見の時期を外してしまったので、週末、桜前線を追いかけて岩手へ出かけてきました。

岩手の桜はようやく見ごろを迎え始めたばかり。
宿の人からは、桜は来週かな...と聞いていたのでちょっと心配だったのですが
北上川の岸辺には、ちゃんと桜の白い花のトンネルが出来ていました。

宮沢賢治の生誕の地、花巻。
この桜並木は、賢治の愛した「イギリス海岸」にあります。

賢治と親交のあった石川啄木も、北上川を懐かしんだ短歌を残していますよね。

ちなみに、岩手のブランド豚肉に「白金豚(はっきんとん)」があります。
プラチナポークとも呼ばれていますが、
宮沢賢治が「ブランドン農学校の豚」という作品の中で、豚が大地の恵みを受け上質な食肉を生み出していく様を
「自然界の触媒だ。白金と同じことなのだ」と豚を白金に例えたことに由来しているのだそうです。

宮沢賢治とコモディティーの接点を見つけてなんだか興奮した私でした。

花巻の街で、白金豚を食べさせてくれるお店を沢山見かけました。
新幹線の車中で食べた白金豚弁当もとても美味しかったです。

もうすぐGW
岩手、青森で満開の桜が見られるかもしれませんね。


それでは今週の放送予定です。


4月24日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「地政学リスクと金、原油相場」


4月25日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
Lesson 4『一目均衡表の骨格「半値線」の秘密』


4月26日(水)
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」


4月27日(木)
菊川弘之さん(マーケットアナリスト)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」


4月28日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。







今週の放送予定(4月17日~21日) [山本郁コラム]
2017.04/16 山本郁 記事URL

街の景色がピンクから緑に変わったこの週末。
朝から初夏のスッキリとした青空が広がり、家に篭っていてはもったいないと、街に散歩に出ることにしました。
イベントガイドを調べてみたら、池袋駅西口公園でバングラデシュのカレーフェスティバルが、日比谷公園でタイフードフェスティバルが開かれているのを発見。
ちょっと迷って、タイフードフェスティバルに出かけてみました。

日比谷公園では今、新緑とともにチューリップが季節を迎えています。

噴水広場の噴水を囲むように、都内のタイ料理屋さんの屋台が10店舗弱、雑貨店が4店舗、そして何故かケバブ屋さん、ポテト屋さん、チュロス屋さんも出店していました(笑)

どのお店の前にも長い行列が出来て、仮設の休憩所も満席、噴水の周りにも腰掛ける人がいっぱいで、とにかく賑わっていました。

洋品店に売ってた子供用のワンピース!
胸にシャーリングの寄ったこんなワンピース、私の小学生時代に流行していました!
何だか懐かしい。
また、男女兼用のカジュアルパンツ、みんなの注目の的でした。

私も屋台でカオソイを購入。
いつも食べているカオソイに比べるどちょっと、あっさりした味で、具もシンプルだったけど、並んでゲットして野外で食べると不思議に美味しいですね。
野外の食フェスの魅力ってこういうところなんでしょうか?

ちょっと調べてみただけでも、4月から8月までにタイフェスティバルだけでも10回
日比谷公園での食フェスは8回開催されるようです。!

5月は代々木公園で13日(土)と14日(日)で開催予定です。


それでは今週の放送予定です。

4月17日(月)
野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)
「考えてみよう!~住宅ローンのこと」

4月18日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
Lesson 3「一目均衡表の代表的買いサイン、売りサイン」

4月19日(水)
小針秀夫さん (商品アナリスト)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」

4月20日(木)
小山 堅さん (日本エネルギー経済研究所 常務理事 首席研究員)
「2017年原油市場、ここからの価格変動要因」

4月21日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。

今週の放送予定(4月3日~7日) [山本郁コラム]
2017.04/02 山本郁 記事URL

「リカちゃん」が誕生して今年50周年。
それを記念した『リカちゃん展』が松屋銀座で開催されています。
1967年に600円で発売された初代リカちゃんから、現在の4代目リカちゃん(約3,000~5,000円)まで
時代時代に流行った衣装をまとった約580体のリカちゃんと、その家族、友達、ドールハウスなどなどが展示され
連日大勢の観客でにぎわっています。

圧倒的に女性が多いのですが、どの年代の人も、自分の持っていたリカちゃんを見つけて目を輝かせています。
50年...つまり3世代にわたって愛され続けているわけですからね。

ちなみに私は今までずっと私のリカちゃんは初代リカちゃんだと思っていたのですが、2代目リカちゃんだったんだということを、この展覧会で初めて知りました!

左から初代リカちゃん(1967年~)、2代目リカちゃん(1972年~)3代目リカちゃん(1982年~)4代目リカちゃん(1987年~)

実はリカちゃんは、人形よりも先に家を作ろうと考えられたのだそうです。
タカラがダッコちゃんで培ったビニール玩具の技術を使って
その頃日本に上陸して流行ってきたバービーなどのアメリカの人形のドールハウスを開発しようと考えたのが始まりだったのだとか。
実際にバービー人形でドールハウスを作ったらあまりにも大きくなってしまったので
これは日本の住宅事情には馴染まないということで、ちょっと小ぶりな人形を作ろうと考えたのだそうです。

コンセプトは女の子の憧れ。
リカちゃんはハーフという設定で、両親はフランス人で音楽家のパパと日本人の上品なママ。
お姉さんは国際線のスチュワーデス、妹は双子。
リカちゃんハウスには、女の子の憧れ3種の神器といわれた、レースのカーテン、ドレッサー、ベッドがありました。
このシチュエーション、みんな憧れでしたよね!!

私が持っていたのは「リカちゃんマンション」で、その当時、マンションが庶民の憧れだったという世相を反映しているのだそうです。

ボーリングが流行った時は「夢のボーリング場」が、
マクドナルドやファミリーレストランが出店するようになると「マクドナルドドライブスルー」「すかいらーくレストラン」などのセットも発売。

ファッションもその時代時代の流行りのファッションで、初代の頃はツウィギーを彷彿させるミニスカートワンピースや、サイケっぽいスタイルが多いのですが
二代目はアイドルのステージ衣装のようなスタイル、三代目はボディコンや、DCブランドっぽいスタイルが目立つようになってきますし、ガングロのギャル風リカちゃんまで販売されていたんですね。

写真撮影OKのコーナーには、企業とのコラボリカちゃん、くまもんリカちゃん、アリアナ・グランデ・リカちゃん、それから松屋銀座に店を構えているショップとのコラボリカちゃんなどがずらっと並んで、これもまた華やかでした♪


くまもんリカちゃん、浅田真央リカちゃん、アリアナ・グランデ リカちゃん


シュタイフのテディ・ベアリカちゃん、スワロフスキー リカちゃん、そしてメーテル リカちゃん.
実は、銀河鉄道999の作者松本零士さんの奥様、漫画家の牧美也子さんが初代リカちゃんの監修に携わっていた縁でしょうか?


yoshie inabaリカちゃん、LANVIN en Bleuリカちゃん、JUNKO SHIMADAリカちゃん


クードシャンス リカちゃん、ダックス リカちゃん、プロポーション ボディドレッシング リカちゃん

ちなみに、2017年、リカちゃんはフランス観光親善大使に任命されたそうです!

見応えありますから、出来たら1時間以上の時間の余裕をもってお出かけくださいね。
この「リカちゃん展」明日、4月3日夕方5時までです。




それでは今週の放送予定です。
 

4月3日(月)
後藤康浩さん(亜細亜大学 都市創造学部 教授)
「激変するアジアのエレクトロニクス産業」

4月4日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編』第1期
Lesson 1「一目均衡表原論」

4月5日(水)
茅野信行さん(コンチネンタルライス 代表取締役)
「専門家の目~穀物市場の現状と見通し」

4月6日(木)
近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」

4月7日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


今週も1日15分マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。

 全50ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 次の10件