小次郎講師のトレードラジオ講座~必勝法はあるのか? [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)]
2019.08/06 野中ななみ 記事URL


皆さまこんにちは、野中ななみです。

毎日酷暑が続きますね。

今日は86日。平和について改めて考える1日になりました。

さて、今回のトレードラジオ講座は、投資に必勝法はあるのかというテーマでしたが、放送開始2分で「必勝法はありません」と小次郎講師に一刀両断されてしまいました。

必勝法があるなら知りたいと思いますが、もし必勝法が存在するなら今頃億万長者だらけですね。

投資の世界に必勝法は無いと頭に入れて、怪しい話や詐欺話を見分けられる目を養いたいものです。

必勝法がないのは投資の世界だけではないようです。
投資と混同されがちなギャンブルの世界にも必勝法はありません。

今回はよくギャンブルの必勝法だと言われるマーチンゲール法について詳しく見ていきました。

ルールだけで考えれば儲けられそうのですが、実は罠が隠されていましたね。

このマーチンゲール法と似た話で、小次郎講師から面白い話を聞きました。

曽呂利新左衛門(そろり しんざえもん)」ってご存知ですか?

豊臣秀吉公に仕えていた方なのですが、この方、ある時秀吉公から褒美を貰うことになったそうなんです。
褒美は何が良いかと聞かれると、

1日目に米粒を1粒。2日目にはその倍の2粒。3日目にはその倍の4粒、4日目にはその倍の8粒。それを30日間欲しい」

と答えたそうなんです。

それを聞いた秀吉公は、

「なんだそんな物で良いのか、欲のないやつだな」と快諾しました。

ここから曾呂利さんがもらえるお米の量を実際に計算してみたいと思います!

1日目:1粒

2日目:2粒

3日目:4粒

4日目:8粒

10日目:512粒

15日目:16,384粒

20日目:524,288

25日目:16,777,216

30日目:536,870,912

桁数が多すぎて訳が分からなくなってきますが、30日後には53600万粒超え!

1日目から30日目まで貰えるお米を足していくと、なんと米俵にして450俵!

石高だと180石になるんだそうです。

曾呂利さんはこれだけで人生一発逆転かと思いきや、途中で秀吉公がとんでもない米の量になる事に気がつき、他の褒美に変えてもらったそうです。

一見お得な話に見えても、落とし穴があるんですね。
まだ放送をお聴きでない方は是非ポッドキャストやラジコのタイムフリー再生で詳しくお聴きください!




TOCOM投資スクールでは新しい試みが始まり、今までアシスタントを務めてきた新メンバーが中心となりセミナーを進行しました!

今回はまりちゃんが担当です。

とても一生懸命奮闘していました!

暑い中沢山お集まり頂いて、TOCOMは大賑わいでした。

世界の株が下落し、注目度がいつもに増して高まっているのでしょうか。

為替では円高が進行し、中国の人民元は暴落。

有事の金買いが進み金価格が上昇、そして景気の先行指標と言われるドクターコッパー(銅)が暴落。

アメリカの長期金利も下落が止まりません。

チャート分析に熱が入りました。

今日のクイズでは米中貿易戦争の話題からAI投資信託まで幅広い問題でした。

全問正解は7名!おめでとうございます!

AIが資産を運用してくれる投資信託ですが、1年以上継続している10本のうち利益を出している物はないそうです。

将来AI革命が起こるとよく言われますが、投資においてはまだ人間が優位に立っているんですね。

投資家にとっては、相場が動かない事が一番困ってしまいますので、不景気方向への動きとはいえ動き出した事自体は喜ばしい事かもしれません。

下げは動きが早いと言いますから、この流れに置いていかれないように注意して見ていきたいと思います!

来週はお盆期間中ですが、いつも通りラジオもTOCOM投資スクールも開催されます。

東京にいらっしゃる皆様、是非お立ち寄りください♪

お待ちしております!

野中ななみ

小次郎講師のトレードラジオ講座~複利の光と影 [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)]
2019.07/30 野中ななみ 記事URL


皆さまこんにちは!野中ななみです。

梅雨明けして毎日暑さが厳しいですね。

湿度が高くムシムシしていて、外に出るのが嫌になってしまいます。

そんな中、マーケットトレンド公開生放送とTOCOM投資スクールに足を運んで頂きありがとうございます!

今回のトレードラジオ講座は「複利の光と影」というテーマでしたね。

複利の影については、計算結果にすごく驚きました。影の部分を知らなければ、大変な事になってしまいますね。

ぜひまだお聴きでない方にはラジコやポッドキャストで放送をお聴き頂きたいです!



私は投資の勉強をするまで複利が何なのか知りませんでした。

複利と比較されるのは単利ですが、2つの違いもはじめは分からなかったです。



ここで、100万円を元手に毎年10%の金利が貰えるという運用をするとします。

単利と複利、どちらかを選ぶとしたらどちらを選びますか?



計算してみましょう!

100万円の10%10万円ですよね。

単利で運用する場合、毎年10万円が貰えるので10年後には金利が100万円、元本と合わせて200万円になります。



複利ではどうでしょう。

複利は最初の年に110万円になったら、翌年は最初の100万円ではなく、110万円に対して10%の金利がつきます。

翌年には121万円、その翌年は1331,000円になります。

そして10年後にはなんと、2593,742になります!

10年で約59万円の差があるんですね!

これを知っていたら絶対に複利の運用を選びます。



投資においては複利「的」運用、と「的」の文字が入ります。

というのも、100万円で投資を始めて1年目でもし10%負けて90万円に減ってしまったら、翌年は90万円を元手に運用するしかないですよね。
増えるだけでなく、減る事もある場合は複利的運用と呼ばれます。

減ってしまった90万円は10%増やすだけでは99万円にしかならず、元の100万円に戻すには約11.1%増やさなければならないのです...

複利的運用では「毎年利益を出し続けること」大切になってくるんですね。



とっさの暗算が苦手で放送では間違いを連発してしまいました。お恥ずかしいです。

頭では分かっていたはずなのに脳と口の神経が繋がっていないみたいです。

計算練習に励みたいと思います。泣



TOCOM投資スクールの今回のニューフェイスは西山康平さんでした!

賑やかな音楽が溢れた1時間になりましたね(^ ^)

7月の重要スケジュールのうち、

ECB理事会と日銀の金融政策決定会合が終わりましたね!

どちらも利下げは行われませんでしたが、

ECB理事会では「少なくとも2020年の半ばまでは金利を現行かあるいは更に低い水準にする」という声明が発表され、9月の利下げが有力となっています。

日銀の金融政策決定会合では事前予想通り利下げは行われず、公表文には「物価上昇目標への勢いが損なわれる恐れが高まる場合、躊躇なく、追加的な金融緩和措置を講じる」との文言が盛り込まれました。

何度も書きますが、これから始まるアメリカのFOMC10年振りの利下げがどうなるのかというのが最大の注目点になります!



0.25%の利下げは既に100%織り込み済みになっています。

0.5%の利下げが行われればポジティブサプライズ、利下げが行われなければネガティブサプライズとなりますね。

クイズでは今年の利下げ回数についても学びました。

市場が読んでいる今年の利下げ回数は、今回を含めて3です。

今年のFOMCは今回の他に9月、10月、12月に開催される予定です。

4回のうち3回の利下げ。

どのFOMCで実施されるのでしょうか。

今回のクイズ、何と全問正解した方はいらっしゃいませんでした!

難問でしたね!

難問ですがとても大事な問題ばかりです。

しっかり頭に入れたいと思います!

それではまた来週お会いしましょう!

小次郎講師のトレードラジオ講座~一般投資家が負ける5つの理由 [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)]
2019.07/23 野中ななみ 記事URL

皆さまこんにちは!野中ななみです。


7月23日は大橋ひろこさんのお誕生日!
ひろこさん、お誕生日おめでとうございます!!




今回の小次郎講師のトレードラジオ講座は「一般投資家が負ける5つの理由」を学びました。



まず「負ける」とはどういう事なのか...私なりに考えてみました。

1回のトレードが上手くいかず損切りする時も同じように「負ける」という言葉を使う事がありますよね。

ですが小次郎講師がいつも仰るように大数の法則で勝っていくとすると1回の損切りは気にする必要がないように思います。

資金が全部無くなってしまったり、大損したり、塩漬け銘柄が出来て身動きが取れなくなったり、投資をしなかった方が幸せだった...というような状況に陥ってしまう事が、本当の意味での「負ける」という事でしょうか。

せっかく勉強して投資に臨むのですから、投資をやっていて良かったと思いたいです!


一般投資家が負けてしまう5
つの理由とは、

1 損切りが遅れる

2 値ごろ感を持ってしまう

3 買いしかしない

4 リスクを嫌う

5 勝率にこだわる

でしたね。

よく耳にする「安く買って高く売る」が誤解を生んでいるというのはすごく驚きました。

トレンドが発生した時にはその時点での過去の値段よりも高くなっているので、「高く買い、更に高くなってから売る」が正しい考え方でしたね。

私もギクッとなった項目がいくつかありましたが、この5項目を胸に刻んで「負ける5つの理由」を「勝てる5つの理由」にしていきたいです。


詳しい解説はラジコやポッドキャストで小次郎講師の解説をお聴きください!



今回TOCOM投資スクールでアシスタントデビューしたのは八重樫くん(八重樫佑太くん)!

日本体育大学出身の動ける俳優です。




今回の直近ニュースクイズ全問正解はなんとおひとり!おめでとうございます!

今回は難問でしたね!

クイズに出題された、今年1-3月期の仮想通貨の流出量はなんと1300億円!驚きです...

英首相になったボリス・ジョンソン氏のケーキ主義についてなども勉強しました!

イギリスのトランプさんと呼ばれるボリス・ジョンソン氏。イギリスのEU離脱について1031日に合意が無くとも離脱するという姿勢ですから、今後の動きに要注目です。

そして、連動するチャート、似た動きをするチャートについても勉強しました。

原油のチャートとユーロドルチャートには連動性があるそうで、チャートを重ねてみるとよく分かります!

米ドル円と日経225や、日米の金利差とドル円日経225とアメリカのWTI原油のチャートも連動性があるそうです!



WTI原油とユーロドルが連動していて、日経225WTI原油が連動しているという事は、ユーロドルと日経225にも連動性があるのでは!?なんて思いながらチャートを見てみるのも楽しいです!

なぜ連動するチャートが生まれるのか、という話も聞く事が出来てとても面白かったです!

チャート分析は奥深いですね。



それではまた来週TOCOMスクエアでお会いしましょう!

小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードルール作り10の掟③ [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)]
2019.07/16 野中ななみ 記事URL


皆さまこんにちは、野中ななみです!

今年は梅雨らしい梅雨で雨が続いていますね。

今回のトレードラジオ講座で、トレードルール作りの10の掟を全て教えて頂きました!

皆さま、ロスカット注文は毎回必ず注文確定してすぐに入れていますか?

塩漬け株を作らない為にもロスカット注文は必ず入れる必要があると小次郎講師が仰っていましたね!

でも、ロスカットラインってどこに設定すれば良いのか...

「正しく設定するべし」と言われると更に難しく思ってしまいますが、実際はあまり難しくありませんでした!

基本的にはATR1日の平均的な値動き)の2倍逆方向に動いたところに設定すれば良いのだそうです。


トヨタの株を買うと仮定して、実際に計算してみました!

この時にトヨタの株を終値の6,417円で買ったとします。

この日のATR75円なので2倍すると150円です!

6,417円ー150円=6,267

ロスカットラインは6,267円になります!


ATR
が分かれば出てくる計算はとても簡単なので、慣れればすぐに出来そうです!

2ATRは基本的な数字なので、慣れてきたらその銘柄の過去の動きを参考にロスカットラインの幅を微調整していくそうです。

ロスカットラインは普段の押し目や戻しにはかかって欲しくないのでその銘柄の動きの癖を分析するんですね。

はじめは「2ATR」と覚えれば大丈夫だそうです!

仕掛けや手仕じまいのルール、ポジションを追加するときのルール、取引する銘柄や市場選択のルールについても教えて頂きました!

個別株は銘柄選びが全てだと思っている方が多いそうですが、それは間違っているんだそうです。

大切なのは「大化けしそうな銘柄を探す」ことではなく、「トレンドが分かりやすい」こと。

トレンドが長続きしやすく分かりやすい銘柄を探していく事が大切です!

まずは分からない部分があってもトレードルールを作ってみて、そしてトレードの記録をつけて検証して、自分にとってベストな物に近づけていく。

教わったルールをそのまま自分の物にするのではなく、少しずつ自分に一番合ったルールを見つけていくんですね!

トレード記録のつけ方についても教えてもらいましたので、詳しくはぜひラジコのタイムフリー再生や、ポッドキャスト配信で小次郎講師の解説をお聴きください♪

今回のTOCOM投資スクールのアシスタントはゆきちゃん(佐々木ゆきちゃん)でした!

身長168cmの女優さんです!背が高いです♪


NY
ダウがついに明確に史上最高値を更新しました。

今月末に開催されるFOMCでの利下げ期待でどんどん株価が上昇しています。

アメリカの利下げについては、チャート分析とクイズコーナーの両方でしっかりと見ていきましたよ!

2007年に5.25%だったアメリカの政策金利はリーマンショックをきっかけに0.25%まで利下げされました。

その後2016年から0.25%ずつ利上げを行い、現在2.5%となっています。

これまでの利上げと同じ幅で0.25%の利下げが行われるという市場予想が71%、それよりも大きく0.5%の利下げが行われるという予想が29%。
合わせて100%になります。

利下げが行われるという事は100%織り込み済みで、何%利下げされるかという問題になっているんですね。

でも先ほど書いたようにNYダウは史上最高値を更新している訳ですから、政策金利が5.25%だった頃よりも今の方が株価は高いです。NYダウだけではなく主要3指数と言われるS&P500もナスダックも同じく史上最高値を更新しています。

そんな中、利下げは本当に行われるのでしょうか?

100%織り込まれている事が不思議に思えてしまいます。



今回のクイズは3名の方が全問正解でした!おめでとうございます!

ゆきちゃんは最後の一問で外してしまい全問正解ならず。

小次郎講師からのご褒美を最初にゲットするのは誰なのでしょうか!

今月25日にはECB理事会、2930日には日銀の金融政策決定会合、3031日にはアメリカのFOMCと、注目イベントが続いていきます!

ぜひ毎週火曜日はTOCOMスクエアで小次郎講師の生の解説をお聞きください♪

小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードルール作り10の掟② [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)]
2019.07/09 野中ななみ 記事URL


皆さまこんにちは!野中ななみです。

先週の金曜日に発表された米雇用統計の結果が良かったので、月末に行われる利下げへの期待が下がりNYダウは目先下がっていますね。

為替も、円高が継続している通貨と円安に変化している通貨と二分しています。

さて、前回からトレードルール作りの具体的な内容に入っている「小次郎講師のトレードラジオ講座」ですが、今回は10の掟の種類を最後まで教えて頂きました。

トレードルール作りの大枠が見えてきましたね!

今週は10の掟の5番目、リスク管理について学びました。

投資の勉強を始めた時に一番驚いたのが、「リスクの量を自分で調整できる事」でした。

投資はハイリスクハイリターンなイメージがあり、当たれば大儲け、外れれば一文無しになってしまう世界だと思っていたのですが、それは間違えていました。

自分が今、資金に対してどれくらいリスクを取っているのかきちんと計算で求める事ができるんですね!

自分の投資用資金の1%を、取引する銘柄のATR(=1日の平均的な値動き)で割ると、資金に対して1%のリスクを取っている計算だそうです。

自分でも実際に計算してみました!

投資用資金が100万円の方がトヨタの株を買う時★

100万円の1%1万円

ATRの数字を調べてみると77

計算は、

1万円÷77円=129.87

四捨五入して100株単位にすると仕掛ける量は「100株」!

そしてその時のリスクの量は、1%となるんですね!

だんだん分かって来ました!

ユニットという新しい言葉も出て来ていますので、小次郎講師の詳しい解説はぜひポッドキャスト配信をお聞きください。

TOCOM投資スクールではまりちゃん(鈴木万里絵ちゃん)がアシスタント初出演でした!

舞台で活躍しており、数字にも強く資格を沢山持っている凄い女優さんです!

円高一直線だった為替の流れの変化や、米国の主要3指数、金や原油の動き、金利の変化などをチャートで詳しく見ていきました♪

言葉で書くと難しいですが、小次郎講師の解説を聞きながらチャートで実際に見ていくとスルスルと頭に入っていきます(^ ^)

チャートでは、原油の動きと日経平均の動きが似ているというお話もありました!

チャートを横並びにしてみると、本当に似ていますね!!

日経平均とアメリカのWTI原油のチャートが似ているなんて、チャート分析は本当に面白いです。

似ているチャート同士は、どちらかが動き出すともう一方も同じように動き出す事が多いそうなので、今後の動きに注目したいです。

今回のクイズは、全問正解の方が沢山いらっしゃいました!おめでとうございます!

まりちゃんは4問中2問正解!

フランスを始めとする世界での異常気象が相場にも影響すると知って驚きました!

確かに災害や天候の影響で穀物や野菜が高くなる事は実生活でもよく起こりますよね。

新たな発見でした!

そして今月の大事な経済スケジュールについても見ていきましたよ!

日本時間の81日午前3時発表予定のFOMCで利下げが行われるかどうかがとても重要なポイントですね!

それでは来週もTOCOMスクエアでお待ちしております!

事前のお申込みなどは無くお気軽に立ち寄って頂けますよ♪

小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードルール作り10の掟① [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)]
2019.07/02 野中ななみ 記事URL


皆さまこんにちは!野中ななみです。

今日はG20が終わってからはじめてのマーケット・トレンド、TOCOM投資スクールでした!

1週間経過するのがあっという間すぎて驚きます...

G20では米中首脳会談が行われ、米朝首脳会談が行われるというサプライズもありました。

株価は上昇し、アメリカ・中国・日本の平均株価は現在第1ステージです。

金価格の上昇や米長期金利の下落が止まらない中、株価も上昇するという「特異な状況」が続いています。



さて、今回のトレードラジオ講座ではいよいよトレードルール作りの具体的な内容に入りました!

トレードルール作りのはじめの第一歩は、投資に使う資金を明確にする事ですね。

途中でお金を追加したり利益が出た分を使ったりせずに、1年間投資のためだけに使用するお金が自分にいくらあるのかをきちんと把握する事が大事だそうです。

そして、投資用の資金が明確になった後は1年間の利益目標を定めます。

多ければ多いほど良いと思ってしまいますが、それではダメだそうですね!

そして、大事な大事なATRという言葉も出てきました。

小次郎講師流の資金管理ではこのATRが凄く重要です。

ATRその銘柄が1日に平均どれくらい動くかを表す数字です。

前日比ではない所が注意ポイントですね!

ATRにも計算式があるそうですが、日々計算しなくてもインジケーターで見られる物が増えてきているそうです。

私もチャートでドル円のATRをチェックしてみました!


今のドル円は1日に平均0.56円動くようです。

投資資金の違いだけではなく、ATRの違いによっても1回にエントリーするべき量が変わってくるという事は、

「株はいつも300株で」「FX1万通貨ずつ」というやり方ではダメなんですね!!

詳しくはポッドキャスト配信で小次郎講師の解説をお聴きください♪



TOCOM投資スクールには今日から新アシスタントメンバーが加わりました!

投資の勉強をし始めて1ヶ月の初心者さんです。

小次郎講師から金利の下落について急に話を振られ、真っ赤になりながら頑張って答える姿がとってもキュートでした♡



金利の下落、止まりませんね。

安値をどんどん切り下げています。

それに対しNYダウは年始から14%上昇し、上期としては20年ぶりの上昇率となっています。

今月のFOMCでの利下げ期待がどんどん膨らんでいます。

注目のFOMC今月3031

絶対に外せない重要なスケジュールですね!

今回のクイズは新メンバーにもサプライズで挑戦してもらいました!

4問中3問正解という大健闘!

TOCOM投資スクール生の方の中には全問不正解の逆ストレートの方も。

そんな事も楽しく報告できる温かい場所です♪

これから毎週、週替わりで新メンバーが登場します!
まだ勉強を始めたばかりの初心者の子が多いので、知識に自信のない方もこれから投資を始めてみようという方も、ぜひ安心してお越しください♪

それではまた来週もTOCOMスクエアでお待ちしています!

小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードルール作り [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)]
2019.06/25 野中ななみ 記事URL

皆さまこんにちは、野中ななみです。

 

S&P500が市場最高値を更新し、NYダウも市場最高値まで後わずかとなりましたね。

それにも関わらず7月のFOMCでは利下げが100%織り込まれました。

 

利下げ期待で株価が上昇している今ですが、この状況はかなり「特異」だと小次郎講師からお話がありました。

毎週TOCOM投資スクールで相場を定期的に観測し、チャート分析を勉強している私達はこの特異な状況に発生するエッジを上手く狙って利益に繋げていきたいですね!

 

具体的には、利下げが100%織り込まれている中で、もし利下げが行われないというネガティブサプライズがあれば株価下落に繋がる可能性が高いですし、市場の予測通り利下げが行われたとしても材料出尽くしで下落する可能性が十分にあります。

 

そんな下落の可能性が十分にある中で株価がここまで上昇しているのは、以前のトレードラジオ講座で勉強した「認知のゆがみ」という話にも繋がるのかもしれません!

 

28日29日に行われるG20や米中首脳会談の行方がどうなるかというとても大事な時期ですので、今週は相場に大きな変化が出てくるかも知れません。大注目ですね。

 

 

さてさて、今週の「小次郎講師のトレードラジオ講座」ではトレードルール作りの具体的な話に入ってきました。

 

 

「何を決めたら良いか分からない」

「どう決めたら良いか分からない」

 

というトレードルールですが、まず最初にするべきなのは投資用資金を明確にすることだそうです!

 

何かを購入する予定のお金や将来のための貯蓄とは全く別の、投資のためだけのお金が自分にいくらあるのかをしっかり把握する事がトレードルール作りの初めの一歩なんですね。

 

ボーナスなどでまとまったお金が入った時や利益が出た時は途中で増やしても良いのかという点が分からなかったのですが、1年間は一度決めた資金を変えずに運用するのが正解だそうです。

年末で締めて新年からスタートさせるのが分かりやすそうですね!

 

投資用資金を明確にしたら決めるべきルールは4つ。

・資金管理のルール

・リスク管理のルール

・トレード管理のルール

・取引銘柄選択のルール

 

だそうです。

これから4つの中身を具体的に学んでいくのが楽しみです。

 

小次郎講師の詳しい解説はぜひポッドキャストをお聞きください!

 

 

 

TOCOM投資スクールでは冒頭でも書いたように今は特異な状況になってきているという事でチャート分析をいつも以上に詳しく行なっていきました!

詳しく見ても分かりやすいのが小次郎講師の凄さです。

 

S&P500をはじめとする株式相場が上昇する中、円高の流れは止まらずドル円は一時106円台に突入しました。

 

そして、不変の価値を持ち有事に買われる「金」は一気に上昇しました。

 

今まで何度も挑戦し抵抗を受けてきた大事な価格を一気に突破している、かなり強い展開です!




 【金チャート】


そしてアメリカの長期金利は下落の一途です。

(小次郎講師が「金利は下がるよどこまでも」と替え歌を作っていらっしゃいましたね♪)

 

クイズでは仮想通貨の話題やアリババの株式分割ファーウェイ問題などなど近々の注目ニュースが盛り沢山で今週も大好評でした!


申し込みも要らないですし無料ですので、毎週火曜日はぜひTOCOMスクエアで投資を楽しく学びましょう♪

 

来週もお待ちしております!

小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードルール入門 [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)]
2019.06/18 野中ななみ 記事URL

皆さまこんにちは、野中ななみです。

今週のトレードラジオ講座ではトレードルールについて教えて頂きました。


トレードルールという言葉を初めて聞いた時は、スポーツのようにトレード自体に守らなければいけないルールがあって、それを破ると反則になってしまうのかなと思っていましたが、トレードルールは人それぞれ自分で決めるんですね。

自分の体力(資金力)や生活スタイルによって一番良いルールを決めたいですが、まず大事なのは作ってみる事だそうです!

ついつい初めから完璧なトレードルールを作りたいと思ってしまいますが、トレード結果を検証しながらアップデートしていけば良いので、最初は難しく考え過ぎなくて良いそうです。

後はそのルールをきっちり守る事!
(これがなかなか難しいですが...!汗)

損失が嫌だと損切りしなかったり、まだトレンドの途中なのに利益確定してしまったり、ルール外の事をしてしまうと結果を検証するときにルールそのものが良かったか良くなかった分からないですものね。

ルールを厳守するメンタルの管理も大事になってきます。

小次郎講師がいつも仰っている「大数の法則で勝つ」を胸に刻んで、ルールをしっかり守っていきたいです。

来週はトレードルール作りについて詳しく学んでいくので楽しみです。



TOCOM投資スクールも大盛況でした!
いつも沢山のご参加ありがとうございます!

NYダウやS&P500は第1ステージまで戻して来ていますが、上昇トレンドに戻ったと見て良いのか否か、チャート分析で様々な角度から見ていきましたよ!

ナスダック市場や原油や金価格、アメリカの長期金利などのチャートを見ていくとまだ景気が回復したと見ることはできそうにありませんね。


為替の円高トレンドも続いています。




中国やメキシコに対するアメリカの関税問題はクイズで楽しく学びました。

そして625日にはロシアを加えた拡大OPECの閣僚会議がありますのでそこにも注目です。

それではまた来週もTOCOMスクエアで楽しく学びましょう!

以上野中ななみでした。

小次郎講師のトレードラジオ講座~目標利益の正しい設定法 [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)]
2019.06/11 野中ななみ 記事URL

皆さまこんにちは!野中ななみです。

関東も梅雨入りし、雨の日は冷え込みますね。

晴れの日と雨の日や室内と外の気温差が激しくなるので、体調を崩されないよう気をつけてお過ごしください♪



さてさて今回のトレードラジオ講座では小次郎講師に目標利益の正しい設定法を教えて頂きました!

目標利益は、

30万円!」「100万円!」「いいや私は1億円!」

などと、気合いで決めるのかと思っていたのですが、何となくや気合いで決めてはいけないそうです。

ちゃんと計算で求める事が出来るんですね!驚きです。

自分の勝率平均利益負け率平均損失が分かれば1回のトレードで期待できる利益の額(=期待値が分かります!

期待値が分かればそこに年間のトレード回数を掛ければ、あっという間に目標利益が計算できてしまいます!

資料の中では、

勝率40%、平均利益40万円、平均損失20万円

年間トレード回数30回の方のケースが出ていました。

勝率は50%を切っていますが、平均利益が平均損失の2倍あるこの方は、年間30回トレードすると「120万円の利益」が出ます!



例えばこの方が目標利益を300万円に伸ばしたいと思った時、どんな方法があるのか気になって色々計算してみました!

同じ手法で年間のトレード回数を増やしてみると、300万円になるためには年間75回のトレード!

トレード回数を2倍以上にするのは大変ですかね、、

ではトレード回数はそのままに平均利益を45万円に伸ばして平均損失を15万円に減らしてみると、年間270万円!近づきました!

ではでは、勝率を50%に上げて計算してみると、ちょうど300万円です!!



こうして試算してみると、色んな作戦が立てられますね!

自分の実力の現在地をきちんと認識しておけば成長も一目瞭然です!

私も試算してみたいと思います(^ ^)

詳しい解説はポッドキャストをチェックしてみてください!




TOCOM投資スクールでは今月盛りだくさんの重要スケジュールについてしっかり見ていきました。

1819日にはFOMC

利下げが行われないとサプライズ

20日は日銀の金融政策決定会合

日本も各国の利下げの流れになるのか

2829

大阪にてG20

流れが大きく変わる可能性もあるので、リスクを取りすぎないように気をつけたいですね!

今回の1枚はこちら。

日米の金利差とドル円を表したチャートです。

ロウソク足が日米の金利差(米金利ー日本金利)で、オレンジの折れ線グラフがドル円の価格です。

この2つが連動している事が分かります!

利下げが行われるか否かでこのチャートにも変化が出てくれば、ドル円の動きを分析する手立てにもなるので注目です!

今回のクイズはサービス問題が1問あったのですが、全問正解した方はお2人でした!

難問もあり盛り上がりましたね!

クイズと分かりやすい解説で楽しく学べるTOCOM投資スクール、お申し込み不要で参加できますので
是非毎週火曜日はTOCOMにお越しください♪

18時前に来て頂けるとラジオとセットで分かりやすく学べます!

小次郎講師のトレードラジオ講座~認知のゆがみから生じるエッジ [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)]
2019.06/04 野中ななみ 記事URL

皆さまこんにちは!野中ななみです。

今回のトレードラジオ講座では小次郎講師に「認知のゆがみ」について教えて頂きました!

認知のゆがみ...言葉からして難しそうですが、いわゆる「勘違い」の事だそうです!

投資における色々な勘違いが、安定的に勝てる投資家への道の障害になってしまうんですね。



「決済したものだけを実際の損益だと思ってしまう」という内容にはドキリとしました...

私自自身、損に関しては含み損も現実だと受け止める事が出来てきているのですが、含み益に関しては、まだ確定していない仮の数字だと思って見てしまっていました。

そうなると次に芽生えるのは、

「早く今の利益を確定させないと減ってしまうかもしれない...」という気持ち。

利益確定が早くなってしまうと、大きなトレンドが発生しても始めの少ししか獲れていなかったという事態に繋がってしまいます。

トレンド全体の8割くらいは獲りたいところですよね!



また、損切りや上手くいかないトレードが続くと落ち込んでしまいますが、

直近の結果だけで判断してしまう事や少ない例でそれが絶対だと思ってしまう事も認知のゆがみだと分かったので、

「大数の法則で勝っていくんだ」としっかり意識したいです。

これらを知っていると、放送で教えてもらったように、多くの人が勘違いしてしまっている局面で逆のエッジを掴むことができますね!!!

逆のエッジとは何なのか、詳しくはポッドキャストで小次郎講師の解説をお聴きください!



TOCOM投資スクールでは毎週相場を見ているからこそ見えてくる変化に注目しました!

原油の下落、そして金の上昇、円とドルが強くなっている(買われている)為替、下落する米金利、

変化している物の兆候を見るとどれも景気減退を示しております...



沢山のチャートを見るのですが、その中でも今日のチャートはこちら。

「長期金利と短期金利の差」を表す1枚です!

「米10年債 3ヶ月債」の結果をチャートにしている物なので、黒いゼロラインを下回ると長期金利と短期金利の逆転が起こっています。

逆転が起こると何が問題なのか、等々直近のニュースが分かりやすく学べるクイズコーナーも毎週あるので是非TOCOMスクエアで生の解説をお聞きくださいね♪

それではまた来週お会いしましょう!

野中ななみでした。

 全2ページ中1 ページ   [1] 2 次の10件