小次郎講師のトレードラジオ講座~増し玉の仕方 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第3期]
2019.03/19 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。

小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson14「増し玉の仕方」です。


増し玉というのは、同方向のトレンドが確認できる際に
ポジションをいくつかに分けて増やしていくことです。

相場に絶対はありませんので、最初から資産の全てを使って
ポジションを取ることはお勧めできません。

試し玉と言って、最初にエッジがある局面でポジションを構築した後、
そのポジションに利が乗ってきたら、さらに追加でポジションを作る
ということであって、逆方向のポジションを取ることではありません。
それは両建てですね。

では、どのようにポジションを増やしていけばいいのでしょうか。
そのルールは?!

タートルズ流増し玉の考え方は
ATRの半分上昇する度に追加していきますが、全部で3回まで。
4ユニットまでとしリスクを限定していきます。

また、ピラミッティングという言葉がありますが
これは、最初に多く買って、追加するポジションは徐々に小さくするもの。

これは高値でつかむ数量が少ないというメリットがありますが
最初の見極めが思惑と外れていたらリスク量は大きいですね。

また、小次郎講師は難平はすべきでないと解説くださいました。
「ナンピン」と読みます。
下手なナンピン、スカンピン。なんて格言もありますが~

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~適切なロスカットライン [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第3期]
2019.03/05 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.
12月11日から第3期シリーズがスタートしています。
2019年3月までで第3期シリーズをマスターしましょう!

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_14.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。



皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson12「適切なロスカットラインの考え方」です。

上昇トレンドは確認できた!良し買おう!

あれれ?下がってきたぞ・・・・

う~ん、損が広がってきたので、ロスカットだ。

あれれ、、、また上がってきた、損切しなければ良かったの?!


なんて経験、ありませんか?!

上昇トレンドで買い参戦したのに、何故失敗したのでしょう。

トレンドの読みが正しいのに、損切りを強いられる背景にあるのは
損切ラインの設定にあります。

どんなトレンドでも一時的な逆行があります。
トレンドにおける逆行は「ノイズ」です。

トレンドの読みが外れたなら、それは潔くロスカットしなければなりません。
トレンドは終了したのか、それとも継続なのか、、、
これを見極めることが肝要ですね。

では、そのノイズとトレンド終了の見極めはどのようにすればいいのでしょうか。

小次郎講師は「2ATR」を目安にするという手法を教えてくださいました。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師のお話しをお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~破産の確率 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第3期]
2019.02/26 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.
12月11日から第3期シリーズがスタートしています。
2019年3月までで第3期シリーズをマスターしましょう!

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_14.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson11「破産の確率」です。

破産と聞くとギョッとしますが、これは統計上の理論です。
あるルールの下に賭けをするとどれくらい破産するかを計測するものです。

どんなにエッジの高い局面でエントリーしても、負けが続くと
資金を失ってしまうことがあります。

エッジがある局面でのエントリーですから、
続けていれば確率的には勝てることが分かっていても
連敗することもある、というリスクを前提に投資していかなくてはなりません。

1回あたりのリスクが低ければ、連敗時に資金を飛ばしてしまうことはありません。

要するに、1回あたりの掛け金(1回あたりのリスク)が適正レベルを超えていると、
一時的な連敗で資金を失ってしまう可能性があるということ。
破産してしまう、ということですね。


その手法の勝率が高くても、破産の確率の高い手法を続けていれば
投資を継続できなくなるのです。

1回あたりのリスクを考えることはとても重要なのです。
そして、1回あたりの投資における適正リスクは投資資金の2%。

これをきちんと覚えておきましょう。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師のお話しをお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~ユニットの計算法 [大橋ひろこコラム]
2019.02/19 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.
12月11日から第3期シリーズがスタートしています。
2019年3月までで第3期シリーズをマスターしましょう!

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_14.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson10「ユニットの計算法」です。

前回の放送で1回の適正取引サイズであるユニットについて学びました。

取引の適正リスクを知るためには、投資用資金を明確にしたうえで、
投資用資金の1%がいくらなのかを知ることから始まります。

投資用資金に対しての1%が1トレード辺りの1日の最大許容リスク。
そして2%が1トレード辺りの最大許容リスクです。

今回はそのユニットの具体的な計算方法を。

まずは投資資金の1%を計算します。

1000万円が投資資金ならば

1000万×1%= 10万円  これをAとします。

そして、最低売買単位である1枚当たりの損益をATRから算出。

例えば、、、ポンド円、現在2.5円としましょう。

ATR2.5 これがB。

ポンド円の1ユニットは A÷Bとなります。

10万円÷2.5= 40000

つまり、ポンド円を売買するのに、
1回の取引で40000枚の取引が可能ということです。

この計算は、株でも商品でも先物でも全て同じです。
そして、こうして様々な銘柄を取引しても
1回の取引での1日の最大リスクを1%にそろえることで
リスク管理が簡単になるのです。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~適切な取引量、ユニット計算 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第3期]
2019.02/12 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.
12月11日から第3期シリーズがスタートしています。
2019年3月までで第3期シリーズをマスターしましょう!

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_14.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson9「適切な取引量ユニットとは?」です。

資金管理の重要性はわかっていても、具体的にどのように
すればいいのでしょうか。

小次郎講師がズバリ教えてくださったのは

①トレード当たりの適正リスクを知り、それに沿ったトレードをすること。

②最大トレード時の適正リスクを知り、それに沿ってトレード量を調整すること。


そのために知らなくてはいけないのが、
取引対象銘柄のリスク。
そのリスクを知るために「ATR」を計算し把握することが必要だ、
ということは前回放送で学びました。

適正リスクを知るためには、投資用資金を明確にしたうえで、
投資用資金の1%がいくらなのかを知ることから始まります。

投資用資金に対しての1%が1トレード辺りの1日の最大許容リスク。
そして2%が1トレード辺りの最大許容リスクです。

1%といってもその金額は人それぞれ。
1回の取引が必ずしも1銘柄であるとは限りません。

1回の適正取引サイズを「1ユニット」と呼びます。
これはFXでも個別株でも先物取引でも考え方は同じ。
ユニット計算は共通です。

ではそのユニットの計算方法は?!


詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~資金管理の基礎、ATR [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第3期]
2019.02/05 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.
12月11日から第3期シリーズがスタートしています。
2019年3月までで第3期シリーズをマスターしましょう!


第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_14.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson8「資金管理の基礎、ATR」です。

資金管理で最も重要なことは何でしょうか。

まず、投資に使える資金がいくらなのかを明確にすることから
始まりますが、それを取引にすべて使ってしまっても良いでしょうか?!

何かを買ったり(売ったり)した際に、
思惑通りに利益になるとは限りません。
逆方向に動けば損失が生じることとなります。

それを考慮し、口座に準備した資金のうち、
どの程度の資金を使って取引すべきなのでしょう。

小次郎講師は、取引対象銘柄の値動きを知ることが重要だと説きます。

まず、平均的な1日の値動きを把握してください。

これを「ATR」と呼びます。

ATRは計算で簡単にはじき出すことができます。

(当日高値-前日終値)
(前日終値-当日安値)
(当日高値-当日安値)

上記計算式の答えで、「最大の値」となったものが
1日の最大値動き(TR)です。

Aはaverage、TRの平均、という意味です。

上記の計算式で算出された「TR」を「A=平均化」します。

ATR=(前日のATR×19+当日のTR×2)÷21

これが、取引する銘柄の平均的な1日の値動き。

逆方向に動いた時の1日の最大のリスクとなるのです。

ATRを知ることで、適切な取引量を知ることができます。

詳しくはオンデマンド配信で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~タートルズとは?! [大橋ひろこコラム]
2019.01/29 大橋ひろこ 記事URL
毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.
12月11日から第3期シリーズがスタートしています。
2019年3月までで第3期シリーズをマスターしましょう!


第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_14.html

放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson7「タートルズとは」です。

タートルズ?!
そんなタイトルの亀の映画があったっけ、、、

じゃなくて。

タートルズの大実験は、
1980年に実際にあった世紀の大実験、実話です。

2人の天才トレーダー
リチャード・デニスと
ウイリアム・エックハートがある時、賭けをしました。

天才トレーダーは教育によって生み出せるのか。
2人の意見は対立。
その時に2人が食していたのが亀のスープ。
だからタートルズ、、、、スープの名だったとは。

教育によって天才トレーダーは生み出すことができるのか。
2人は新聞広告で20名ほどのズブの素人を集めトレードスキルを伝授。
1人当たり1億円の運用資金を与えるという実験を行いました。

世界のトレーダーが注目したこの実験、結末は・・・?!

この実験は4年間継続されました。
その間の募集された素人トレーダーの一人当たり平均パフォーマンスは
なんと80%。数学者であったウィリアム・エックハートの平均年間
パフォーマンスは60%ですが、、、。

勝ち組トレーダーは育てることが可能である、ということを実証した
タートルズの大実験ですが、
小次郎講師は日本のタートルズの投資手法研究の第一人者です。
その極意を伺いました。

詳しくはオンデマンド配信で小次郎講師のお話しをお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードルールで決めること② [大橋ひろこコラム]
2019.01/22 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.
12月11日から第3期シリーズがスタートしています。
2019年3月までで第3期シリーズをマスターしましょう!

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_14.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson6「トレードルールで決めること②」です。

トレードのMYルール作成の5項目のうち、今回は

①取引銘柄決定ルール
②トレード管理ルール

についてです。

①トレード管理(トレードマネージメント)

皆さんは、ポジションを取るとき(売買するとき)
何を見て判断していますか?!そこに明確なルールはあるでしょうか。

そして、どの程度の量の取引が適切なのか、判断できていますか?

損切よりも難しいとされるのが利食いですが、
どこで手仕舞うのが適切か、理解していますか。

②そして、取引銘柄はどのように選択しているでしょうか。

チェック項目に従って、曖昧だった事柄を明確化し
ひとつひとつルールが作れるよう解説いただいています。

そして完成したルールは常に見直してアップデートしていくことも肝要。

破産の確率は?リスクリワード比率は?そしてトレードエッジ...

一つ一つ明確にしていきましょう!

チェック項目はテキストを手にチェックしていただければ
より分かりやすいかと思います。

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードルールで決めること① [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第3期]
2019.01/15 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.
12月11日から第3期シリーズがスタートしています。
2019年3月までで第3期シリーズをマスターしましょう!

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743


詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_14.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson5「トレードルールで決めること①」です。

トレードのMYルールには以下のルールが必要と前回学びましたね。

①投資用資金決定ルール
②取引銘柄決定ルール
③資金管理ルール
④リスク管理ルール
⑤トレードルール

今回は①③④を具体的に教えていただいています。

チェック項目に従って、曖昧だった事柄を明確化し
ひとつひとつルールが作れるよう解説いただいています。

チェック項目はテキストを手にチェックしていただければ
より分かりやすいかと思います。

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

今回の項目で
自分がどのくらいの金額で取引するのが適当なのかをはっきりさせることで
リスクを取り過ぎず、かといってチャンスを無駄にしないトレードが確立できます。

上がるか下がるかを当てるのがトレードではありません。
リスク量をコントロールできて初めて
どんな局面でも勝ち続けることが可能となるのです。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードルール [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第3期]
2019.01/08 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.
12月11日から第3期シリーズがスタートしています。

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_14.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson4「トレードルールとは?」です。

皆さんは、思いつきやひらめきでトレードしたりしていませんか?!」
ひらめきも悪くありませんが、ポジション管理、資金管理ができてこそのトレードです。

そのためには、トレードのMYルールが必要です。

小次郎講師はトレードには

投資用資金決定ルール

取引銘柄決定ルール

資金管理ルール

リスク管理ルール

トレードルール

が必要だとしています。

こんなにいろいろ準備できないとしり込みせず、
まずはわかるところから始めてみましょう。

エントリーはトレードルールの中の一要素にすぎません。
まずは、あなたがいくら使えて、どのくらいのリスクが取れるのか、
これを把握することから始まるのです。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師のお話しをお聞きくださいね。

 全2ページ中1 ページ   [1] 2 次の10件