小次郎講師のトレードラジオ講座~先物取引② [大橋ひろこコラム]
2018.07/31 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます!

今回で入門編第1期が終了。次回から第2期新シリーズスタートです。

カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。

今回は、公開放送視聴+TOCOM投資スクール参加の皆様との記念写真です!!

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「先物取引②」です。

現物、原資産の取引だけではなく、なぜ先物取引が存在するのでしょう。

特に商品先物市場では「ヘッジ機能」が重要です。

ヘッジというのは、リスクを回避するための防止策。
商品の生産者は(プラチナや金の採掘、原油の掘削、穀物農家など)
現物を生産し供給する役割がありますが、
将来現物価格が下落して、コストを下回るリスクにさらされています。

現物を生産、保有し売却するまでの間の下落リスクを避けるために
先物市場で、先にコストに見合う価格で売る権利を獲得することで
価格下落リスクを回避するのがヘッジです。

現物保有の生産者が先物で売りを作るのが基本ですね。

先物取引は、売りと買いがほぼ同条件。
レバレッジも大きいために、小さな資金で大きな取引ができますが
リターンだけでなく、リスクも大きな取引でもあります。
少額資金で大きな金額の取引をするわけですから
自己資金を超える損失が出ることもありますが
この場合は追証といって、追加で資金を用意しなくてはなりません。

でも、レバレッジは自分でコントロールできます。
追証が発生しないような資金管理ができれば
決して怖いことはありません。要するによく理解することが大事なのです。

その長所、短所、ヘッジ機能について小次郎講師に伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。


小次郎講師のトレードラジオ講座~先物取引① [「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第1期(~18年7月)]
2018.07/24 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます!

カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。

※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「先物取引①」です。

先物取引というと、何を思い浮かべますか?

日経225などの「株価指数先物取引」と
金や原油などの「商品先物取引」に大別されますが、
株式市場の個別株の信用取引に似ています。

少ない資金で大きな取引ができるレバレッジ取引であること、
買いだけでなく、売りもできること、
決済期限があることなどです。

似ているというだけであって信用取引とは異なる点も。

売りにも買いにも金利も配当もつきません。
税制上、株式取引との損益通算ができないなどの違いも。
夜間取引があるのも大きな違いですね。

何故、先物取引が存在するのでしょうか。
それは「ヘッジ」ニーズにこたえるため。

先物取引は、将来に受け渡しすることを前提にして、
価格と数量を現時点で決めて取引するものです。

例えば大豆やトウモロコシなどの生産者は、
豊作になると穀物価格が下落するリスクにさらされています。
今年は豊作になりそうだ、、、収穫期には価格が下落しそうだ、、という場合は
価格が高いウチに、売値を確定させてしまう取引でヘッジすることができます。

先物取引に投機的なイメージをお持ちの方も多いようですが
生産者、当業者にとっては大切なヘッジ―ニーズがあるのです。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。



***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~板の見方② [大橋ひろこコラム]
2018.07/10 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいきます!

カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。

※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「板の見方②」です。

前回の放送で、板情報は「指値注文」のみを知ることが可能で
「成り行き注文」はわからないと小次郎講師に教えていただきました。

価格を大きく動かすのは「成り行き注文」です。
小次郎講師は成り行き注文は「攻撃」、
そして、指値がずらりと並ぶ板情報は「防御」だと解説くださいました。
板が厚いところでは、値動きが止まりやすいということですね。
新興市場は板が薄い銘柄が多く、そのために急騰急落が起こりやすいのです。


そして、板の点滅が早ければ売買の活発さがわかります。
現在価格から上下にずらりと並ぶ指値注文。
売方と買方の戦いですね。
まずは板情報から、どの価格からどの価格の間で動いているかを把握しましょう。
そうすれば、その価格帯を離れたときに一気に動くことがあるということがわかります。
買方、売方のバランスが崩れることで、一気に一方向に動きだすのです。

例えば、1000円の株が、一気に1500円まで急騰したとしましょう。
その後、最小単位の「成行の売り注文」によって、
一気に元の価格まで戻ってしまうことがあります。
最小単位で?!何故でしょうか。

価格決定のメカニズムを理解していればすぐにわかります。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~板の見方 [「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第1期(~18年7月)]
2018.07/03 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいきます!


カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。


生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「板の見方」です。

板情報とは、現在の価格と上下に展開する指値の株数を刻一刻注文に応じて
反映させたリアルタイムのマーケット情報です。
日経225先物取引や、商品先物取引、そして個別株市場において板情報が確認できますが
FX取引には板がありません。

今日は株式市場の板を例に小次郎講師に解説いただきました。

上下5本の気配値を表示する通常の板に対し、
ストップ高からストップ安までの全ての注文状況がみられるものをフル板と呼びます。
板情報から読み取ることができるのは新規の「指値注文」だけです。
成り行き注文は突然出てきますし、逆指値注文は条件に到達して初めて執行されます。

この板情報から、どんなことが読み取れるのでしょうか。
買い方、売り方の守備力、大きな注文が出ている価格帯などなど
ポイントを小次郎講師に伺いました。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~足の選択法 [「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第1期(~18年7月)]
2018.06/26 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいきます!


カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。


生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「足の選択法」です。

足って何のこと?!「ろうそく足」の足です。

チャートには、日足、週足、月足、、、時間足なんてのもあります。
1時間足、4時間足、15分足、5分足、、、
様々な時間軸でのチャートが存在します。

どの時間軸のチャートを使って分析、トレードをするのがいいのでしょうか。

トレードの時間軸には、スキャルピング、デイトレ、スイングトレードなど
さまざまなスタイルがあります。

どのようなトレードスタイルが自分に合っているのか、見極めることが肝要。
ライフスタイルにあった時間軸でのトレードを心掛けましょう!

また、小次郎講師はマルチタイムフレームの重要性にについても
詳しく解説くださいました。

是非オンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~商品先物 銘柄選びの基本 [「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第1期(~18年7月)]
2018.06/19 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいきます!


カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。


生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「商品先物 銘柄選びの基本」です。

金やプラチナ、原油に大豆、とうもろこしなどなどコモティティが取引できる
東京商品取引所(TOCOM)。この番組マーケット・トレンドも取引所内にあるラジオNIKKEI
サテライトスタジオ「TOCOMスクエア」からお送りしています。

現物を買うのではなく、「先物取引」です。
先物ですから、決済期限があるのですが、
TOCOMにはゴールドスポット、プラチナスポットというCFD取引商品も上場されており
決済期限がありません。小口の取引も可能で、FX取引のようにゴールドやプラチナが
取引できると人気が高まっています。

主軸は先物取引。

このところは原油価格が金融市場全般に及ぼす影響が大きくなってきていることから
原油先物取引の人気が高まっていますが、ゴールドも根強い人気があります。
人気があって、取引量が大きい銘柄を「流動性が高い銘柄」といいますが、
取引のリスクを小さくしたいなら、流動性を考慮することも重要です。

また、商品先物取引はレバレッジが高いことでも人気ですが、
これは即ち、少ない資金で大きな金額の取引ができるということ。
これはハイリターンが見込める半面、リスクでもありますので、
資金管理のリスクコントロールも必要です。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。
----------------------
6月30日(土)東京・品川で年に1度の"金(ゴールド)の祭典"、「ゴールドフェスティバル2018」が開催されます!

この番組でもお馴染みの池水雄一さん・亀井幸一郎さんによる金投資・金価格に関する講演をはじめ、
早稲田大学大学院教授・岩村充さんに仮想通貨の未来を語っていただきます。


その他、ゴールドバー・金貨の展示や体験型イベントなど盛りだくさんでお届けします。

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)(定員になり次第締切)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~FX通貨ペア選びの基本② [「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第1期(~18年7月)]
2018.06/12 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいきます!


カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。


生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「FX通貨選びの基本②」です。


英国(ポンド)

通貨ポンドの取引量はドル、ユーロ、円に次いで4位。
ポンドの値動きは激しいことで知られています。

そしてロンドン市場の外国為替市場での外為取引は世界一。
(通貨ポンドに限ったことではありませんが)
ロンドンタイムはアジア時間とNY時間の間でもあることから、
世界のトレーダーらが取引に参加する時間帯です。



豪ドル(オージー)

世界有数の資源国である豪州。鉄鉱石、石炭、ウラン、金などが産出されます。
コモディティ価格動向が通貨豪ドルにも影響が及ぶことも多いという特徴が。
また、豪州の輸出の30%は中国であるため、中国の経済指標に神経質に動くことも。
財政は長く安定しているのですが、リスクオフの時のプロキシー通貨として
売り込まれやすいという特徴もあります。


南アフリカランドも資源国通貨と呼ばれています。
取引量は大きくないため、スプレッドが広がる傾向が強いですが
高金利であることが個人投資家に人気ですね。


また、キウイドルとも呼ばれるNZドルはNZの輸出品目である
乳製品、食肉価格に影響される特徴が。
そして最大の輸出先はやはり中国なのです・・・。


このほか、足元で大きく動いているトルコリラ。
リスク回避時に買われる通貨とされるスイスフラン。
カナダドルなどについて、その特徴を伺いました。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

----------------------
6月30日(土)東京・品川で年に1度の"金(ゴールド)の祭典"、「ゴールドフェスティバル2018」が開催されます!

この番組でもお馴染みの池水雄一さん・亀井幸一郎さんによる金投資・金価格に関する講演をはじめ、
早稲田大学大学院教授・岩村充さんに仮想通貨の未来を語っていただきます。


その他、ゴールドバー・金貨の展示や体験型イベントなど盛りだくさんでお届けします。

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)(定員になり次第締切)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~FX通貨ペア選びの基本① [「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第1期(~18年7月)]
2018.06/05 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいきます!


カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。


生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「FX通貨選びの基本①」です。

株式投資に比べて少額で始められるFX取引。
レバレッジ取引であるため、少額で大きな取引ができるのですが
値動きが大きな通貨ペアの取引では損益も大きくなります。


何を取引するかは大変重要です。
今回は選ぶべき通貨ペアの条件。


流動性が大きく(取引量が多い)安定した国であること。
インフレ懸念が少なく(インフレ下では通貨は下落していきます)
デフォルト懸念が少ない国の通貨、、、が大前提。

そして、小次郎講師は複数通貨ペアを取引する際には
相関関係が高くないものを選ぶことも大切と解説くださいました。

取引量の多き通貨をメジャー通貨、
取引量が少ない通貨をマイナー通貨と分類することもあります。

鉄鉱石輸出が大きい豪ドルや産油国であるカナダドル
プラチナや金の生産国である南アフリカなどを資源国通貨と呼ぶことも。

今回は、スプレッドの広い通貨ペアと狭い通貨ペア、その違いなどについても
解説いただいています。
スプレッドとは、通貨を売る時の値段(BID)と通貨を買う時の値段(ASK)の差。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

----------------------
6月30日(土)東京・品川で年に1度の"金(ゴールド)の祭典"、「ゴールドフェスティバル2018」が開催されます!

この番組でもお馴染みの池水雄一さん・亀井幸一郎さんによる金投資・金価格に関する講演をはじめ、
早稲田大学大学院教授・岩村充さんに仮想通貨の未来を語っていただきます。


その他、ゴールドバー・金貨の展示や体験型イベントなど盛りだくさんでお届けします。

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)(定員になり次第締切)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~株式銘柄選びの基本② [「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第1期(~18年7月)]
2018.05/29 大橋ひろこ 記事URL


毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいきます!

カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。



生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。

※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「株式銘柄選びの基本②」です。

前回の放送で、何千もある株式銘柄選びに迷ったら
日経400(JPX日経インデックス400)の中から選ぶと良いと小次郎講師から
お話がありましたが、今回は、この日経400について深堀り!
https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/index/component?idx=jpxnk400

東京証券取引所・日本経済新聞社による共同開発のインデックスで
東証(一部、二部、マザーズ、JASDAQ)から選ばれた400社で構成されています。



すでに連動するETFが多数売買されていますが、日銀や年金が購入しています。

何故、日経平均やTOPIXではなく日経400から選ぶといいのでしょう。
400社に選ばれる基準がポイントとなってきます。

まず上場3年未満の会社で過去3期で営業赤字がある銘柄は除外され
過去3年間の売買代金が1,200位内の銘柄のうち、
時価総額が大きい1,000銘柄にふるいにかけられます。

その1000社から

3年平均ROE(40%)
3年累積営業利益(40%)
時価総額(20%)

をポイント制でランキングしていくのですが、
「株主から得た資金(自己資本)をどれだけ有効に使っているか?=ROE」
という国際基準が日経400重要尺度であるため、
海外勢にも注目される企業群で構成されているのです。

そしてこの構成銘柄は毎年6月末を選定基準日とし、
毎年8月第5営業日に入替銘柄が公表され、8月末日に銘柄入替が実施されます。

ここに大きな投資のチャンスが!!

採用される企業は自ずと買われますが、外れる企業は売りにさらされますね。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~株式銘柄選びの基本① [大橋ひろこコラム]
2018.05/22 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいきますよ!

カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。


生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255



皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「株式銘柄選びの基本①」です。

皆さんは、株式投資をする際、どのように銘柄分析をされていますか?
株式市場には何千もの企業が上場しており、すべてを分析するのは不可能です。
小次郎講師は、ウォッチ銘柄が多ければいいというものではない、
まずは20銘柄で十分だ、とお話くださいました。


上がる銘柄を探す、という考えから、上げでも下げでも値幅を取る、
ということがポイントなのです。上がる20銘柄を探す、ということではありません。


20銘柄をピックアップして監視し続ける、ということが重要。
上昇しているなら買い、下降しているなら売りです。
銘柄の癖を掴むことが大事なのです。


最初は自分の勤める会社、親戚友人の勤める会社、取引先等など
自分の興味ある業種、興味ある会社を選んでいくといいでしょう。

その中から銘柄選びの条件として、
流動性が高い銘柄であること、
経営が安定していること、
貸借銘柄であること。。。



などなど、基本的な選定基準を詳しく教えていただきました。

是非オンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

 全2ページ中1 ページ   [1] 2 次の10件