小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表 N計算値とは [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第2期]
2017.09/19 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座
第2期前半は一目均衡表の中級編。

マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)
生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。

こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第2期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=120679807

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
第2期第8回は「N計算値とは?」がテーマです。

上昇トレンドの下値と下値を結ぶトレンドラインに対して
上値と上値を結び引いたラインをチャネルラインと呼びますね。

その上昇トレンドは相場水準(中心)とノイズで形成されているのです。
(トレンドの中心を一目均衡表では相場水準と呼びます。)

ノイズとはトレンドの中心から価格が乖離する振れ幅のことですが、
トレンドの中心とノイズ幅が不変である場合は
次の頂点が計算出来ることになりますね。

中心わかれば将来が読める、というわけです。

N波動とは、AからBの最初の第1波動に対し、BからCへの下落の第2波動、
そしてCからDへの再上昇の第3の波動が視覚的に「N」に見えることから
N波動と呼びますが「N計算値は安定上昇パターン」だと小次郎講師。

上昇の1派、下降の2派、再上昇の3派で形成される「N」字ですが、
上昇幅が一定なら、下降の2派の終点、次の3派の始点である「C」から
次にどこまで上昇するかを計算することが可能となります。
そのターゲットが「D」となります。

その計算とは?!

そして変形のE計算値は「加速上昇パターン」
ET計算値は「減速上昇パターン」
V計算値は「もみ合い相場に移行の可能性」のあるパターンだというのですが、、、
これらの計算についてはまた次回。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表、時間論「対等数値」 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第2期]
2017.09/05 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座
第2期前半は一目均衡表の中級編。後半は移動平均線大循環分析を小次郎講師に徹底解説いただいています。

マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。
また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。
第2期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=120679807

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
第2期第6回は「対等数値とは?」がテーマです。

基本数値には、9・17・16といった基本の数値がありました。
では対等数値の基本の数値は・・・・?!

これが、決まった数値がある、という話ではないのです。

小次郎講師曰く、天井から底、底から天井、または天井から天井、
底入れから次の底入れ、といった特徴的な転換点、変化日は
しばらくの間、同じ日数になりやすく、参加者の売買には周期が出来てきます。

ある銘柄、ある市場の相場の周期はしばらくの間繰り返し現れることがありますが、
その形成過程において、基本数値の影響を受けることになるため、
基本数値と対等数値は一致することが多いものです。

また、対等数値には「変擬」と呼ばれるものがあります。
変擬とは、以前に起こった時間の区切り(サイクル)が、
その区切りとは別の天井、または底を出発点として再現することを指します。
この再現するポイントが変擬点なのですが、その変擬には種類があって、

「本擬」 同じ波動構成で対等数値が出現すること
「複擬」 異種の波動構成で対等数値が出現すること
「隔擬 」間を隔てて対等数値が出現すること
「重擬 」ある期間を重ね合わせて対等数値が出現すること

奥が深くなってきました(;'∀')言葉で表現するととても難しいように感じますが、
これが、実際の値動き、波動を図で確認するととてもシンプル。
難しいことなどひとつもありません。一目均衡表の時間論。
詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

****************************************

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表「時間論」基本数値の考え方 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第2期]
2017.08/29 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座
第2期前半は一目均衡表の上級編。後半は移動平均線大循環分析を小次郎講師に徹底解説いただいています。

マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第2期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=120679807

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
第2期第5回は「基本数値の考え方」がテーマです。

一目均衡表の時間論。前回は基本数値について学びましたが、
9.17.26だなんて、なんだかちょっと中途半端な数字で覚えにくい、、、
と思いませんか?!

9.17.26の基本数値を組み合わせてはじき出された複合基本数値も、
33、42、51、65、76、83、97、101...となんだか覚えにくい。
ところが小次郎講師は、この数値は全世界共通のわかりやすい数字で
きちんと理解すればすぐに覚えられるというのですが、、、。

マーケットには、1年を2分割して、上半期、下半期とする考え方がありますね。
更にそれを区分けして4分割すると四半期になります。
その四半期をさらに半分にすると、、、

新聞紙を広げて、半分に折ってから広げてみてください。
新聞紙の端を含め折り目の縦の線の合計は3本になります。

それをさらに半分にして4分割にしてみましょう。
端を含めると縦の線は5本です。

更にそれを半分に折って8分割にすると、、、
新聞の端を含めた折り目の数、縦の線は9本になります。

ここで出てきた「9」が一目均衡表で言う基本数値の「9」

それをさらに半分に折って16分割すると
新聞の端を含めた折り目の数、縦の線は17本、これが基本数値の「17」

もうお分かりですね。

こうして分割していった時の節目が基本数値となっています。


しかしながら前回で解説したように、一目均衡表の数値カウントは
「当日を含めて」います。つまり、当日を1と数えてしまうんですね。
現在の通常の数え方は当日はゼロで、翌日から1とカウントしますので
一目の数値は「1」を引く必要があるんです。


となると基本数値の9は1を引いて8に、17は1を引いて16に、
26は1を引いて25ということになります。


つまり、現在の概念では基本数値は「8」「16」「25」ということなのです。
そうなると、俄然意味がある切りのいい数字だということが解りますね。


8 (一目表記9)・・・フィボナッチ数列、2進法の基本的周期
16(一目表記17)・・・4×4、4進法の基本的周期
25(一目表記26)・・・5×5、5進法の基本的周期


8+8=16

16(32日)周期の日柄の変化は起こりやすい。
16、32、64、96~
(一目表記では17、33、65、97)


25日周期はもっとわかりやすいですね。
25、50、75、100と切りのいい日柄のタイミングとなります。
(一目表記では26、51、76、101)


さらに、16+25=41日周期というのもあります。
41、82という日柄変化もままあるのです。
(一目表記では42、83)


そして、この数値が 一目均衡表では

一期26(ひと相場)~(※1を引くと25)

一巡76 (中局相場)~(※1を引くと75、25の3倍)

一環226 (大局相場)~(※1を引くと225、75の3倍)

一巡環676 (大相場)~(※1を引くと675、225の3倍)

という日柄をもって変化する可能性を示唆しているのです。

テキストにはチャートも添付していますので
その数値とチャートの転換点を確認してみてください。

第2期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=120679807
是非、オンデマンド放送でご確認いただきながらお聞きください。

※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

ここで、プレゼントのお知らせ!!
小次郎講師著「~数字オンチあやちゃんと学ぶ~稼げる『チャート分析の授業』」を、
ラジオ講座第1期終了の感謝の意を込めて抽選で10名様にプレゼントいたします。
「一目均衡表」「移動平均線大循環分析」をわかりやすく解説した一冊。
ぜひ「トレードラジオ講座中級編第2期」の内容と併せてご覧ください。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。
※締め切り:8月31日(木)
※申込先は手塚宏二事務所です。
ご応募にあたっては「応募要項」をよくご確認ください。

*******************************************

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月9日土曜(大阪)、そして9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表の時間論 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第2期]
2017.08/22 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座
第2期前半は一目均衡表の上級編。後半は移動平均線大循環分析を小次郎講師に徹底解説いただいています。

マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第2期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=120679807

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
第2期第4回は「基本数値とは?」がテーマです。

私も初めて学ぶ、一目均衡表の日柄、時間論です!!!

簡単に言うと、変化日を想定しておくことができる、というもの。

価格は時間の経過に伴い変化していきます。
変化しやすい日時(及び価格)を想定しておくことで
次のアクションが機敏に取りやすくなりますよね。

変化しやすい日柄を追究したのが基本数値。
一目山人さんは7年もの歳月をかけて2000人ものスタッフによる
取引行動を研究し編み出された時間論。

研究の末、価格変動は3つの数字を軸としていることを発見!
「9.17.26」これが、変化日の元となる基本数値です。
※全て当日を含んだ計算

ある大底から次の変化日となる天井まで、あるいは大底までの日柄は?!
基本数値に加えて「複合基本数値」も覚えておくといいでしょう。
複合基本数値は基本数値の組合せ(足し算する)したものです。

33、42、51、65、76、83、97、101等

あれ? 足し算の答えになりませんね。

17+17=34 です。何故33なのでしょう?!

答えは、一目均衡表は全てのカウントが「当日を含めている」ためです。
例えば17日の上昇相場があって、そこから17日下降したとします。
天井の17日目は上昇の最終日でもありますが、下降の最初の1日目でもありますね。
つまり、重複しているのです。

これを省いて計算しなくてはなりません。

つまり 17+17-1=13

二つの数字を足した場合の重複は1日なので、一つ引きます。
三つの数字を足した場合は、重複が2日となりので、2を引くのです。


よって、基本数値の組合せ、33、42、51、65、76、83、97、101等は
下記のような計算を用いて導き出されています。

33=17+17-1
42=17+26-1
51=26+26-1
65=17+17+17+17-3
76=26+26+26-2
83=17+17+26+26-3
97=17+17+17+17+17+17-5
101=26+26+26+26-3

101以降も基本数値を組み合わせることで無限にありますが、
まずは、この11の数字を覚えておくところから
いえ、11の数字を覚えなくても基本の3つの数字を覚えておけば
計算の仕方が解っていれば、複合基本数値はすぐにわかりますね。

これが、チャート上の転換点に合致する数値となっているというのですから
驚きです。テキストには東京金、プラチナのチャートがサンプルで取り上げられて
いますが、見事に合致する箇所がたくさんあることが解ります。

す、すごい!!

第2期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=120679807
是非、オンデマンド放送でご確認いただきながらお聞きください。

※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

ここで、プレゼントのお知らせ!!
小次郎講師著「~数字オンチあやちゃんと学ぶ~稼げる『チャート分析の授業』」を、
ラジオ講座第1期終了の感謝の意を込めて抽選で10名様にプレゼントいたします。
「一目均衡表」「移動平均線大循環分析」をわかりやすく解説した一冊。
ぜひ「トレードラジオ講座中級編第2期」の内容と併せてご覧ください。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。
※締め切り:8月31日(木)
※申込先は手塚宏二事務所です。
ご応募にあたっては「応募要項」をよくご確認ください。

*******************************************

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月9日土曜(大阪)、そして9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表S波動とは?! [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第2期]
2017.08/16 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座

第2期前半は一目均衡表の上級編。後半は移動平均線大循環分析を
小次郎講師に徹底解説いただいています。

マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。
お気軽にお越しくださいね。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第2期の新テキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=120679807

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

まずは、プレゼントのお知らせ!!

小次郎講師著「~数字オンチあやちゃんと学ぶ~稼げる『チャート分析の授業』」を、
ラジオ講座第1期終了の感謝の意を込めて抽選で10名様にプレゼントいたします。

「一目均衡表」「移動平均線大循環分析」をわかりやすく解説した一冊。
ぜひ「トレードラジオ講座中級編第2期」の内容と併せてご覧ください。

詳しくは、下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。
※締め切り:8月31日(木)
※申込先は手塚宏二事務所です。ご応募にあたっては「応募要項」をよくご確認ください。


さて!!今回、第2期第3回は「S波動とは?」がテーマです。

S波動とは、「一波の天井と四波の底が同じ」波動のこと。
下降トレンドにおいては一波の底と四波の天井が同じ波動を指します。

S波動は抵抗線が支持線となるという典型波動。
かつて抵抗線だったところが、次の段階では強い支持線となる事を指します。

また、もみあいの上放れは通常、前回の高値を更新して始めて確認されますが、
S波動のケースでは抵抗線が支持線となり、もみあいの中心を
ステップボードにして上放れを確認できるため、
レンジブレイクを一足先に予見することもできます。

是非、この形はテキストをご覧いただきながら
オンデマンド放送でご確認いただきながらお聞きください。



※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月9日土曜(大阪)、そして9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表「波動とは?!」 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第2期]
2017.08/08 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座 第2期!
~チャート分析を極める~がテーマですが第2期全半は一目均衡表の上級編です。

マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。


第2期の新テキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=120679807


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今回は第2期第2回。「波動とは?」です。

価格は波打ちながら上昇し、波打ちながら下降しますね。
これを「波動」と呼びます。

波動は三波動を持って最小単位とし、三波動の連続で
価格変動が構成されます。

1波動は「I(アイ)波動」
2波動は「V(ブイ)派動」
3波動は「N(エヌ)派動」と呼びます。

上昇波動は 3派、5派、7派、9波動となって形成されていきますが、、
小次郎講師は、「波動が解ればエントリーポイントが解る」として
波動の見方、仕掛けのポイントなどを解説くださいました。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月9日土曜(大阪)、そして9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~小次郎講師の本のプレゼント!! [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第2期]
2017.08/01 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座

今日から第2期がスタートします!!

~チャート分析を極める~がテーマで、第1期は一目均衡表をつかさどる
5つのラインを徹底的に学んできました。

第2期全半は一目均衡表の上級編。後半は移動平均線大循環分析を
小次郎講師に徹底解説いただきます。

マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。

こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第2期の新テキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=120679807


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

2017年度の小次郎講師のトレードラジオ講座も第1期が終了、
今回から第2期スタートということで、
小次郎講師から感謝の意を込めましてプレゼントがあります~!

小次郎講師著「~数字オンチあやちゃんと学ぶ~稼げる『チャート分析の授業』」を、
抽選で10名様にプレゼントいたします。

「一目均衡表」「移動平均線大循環分析」をわかりやすく解説した一冊。
ぜひ「トレードラジオ講座中級編第2期」の内容と併せてご覧ください。

詳しくは、下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。
※締め切り:8月31日(木)
※申込先は手塚宏二事務所です。ご応募にあたっては「応募要項」をよくご確認ください。



今回は第2期で学ぶ一目均衡表上級編の概要について。

「一目均衡表の極意は三位一体にあり!」と小次郎講師。

波動= 波動は連続する三波動(N波動)から出来ている。

時間= 波動の時間は基本数値・対等数値になりやすい

価格変動= 三波動目の目標となる値位置を予測したもの

今後、これらの項目を徹底解説していただきます、ご期待くださいね。


※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月9日土曜(大阪)、そして9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。

「『小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編』第2期」アーカイブ [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第2期]
2017.07/31 スタッフ 記事URL

オンデマンドでLesson1からお聴きいただけます。

※放送日と内容は変更する場合があります
※放送当日のオンデマンド音声は、このページ右側の「今すぐ聴く!オンデマンド」よりお聴きください。

本講座をより深く学びたい方の為に、講座内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。


この「小次郎講師のトレードラジオ講座」は、TOCOMスクエアから公開生放送でお届けします。
くわしくはコチラ
8月1日から火曜日は「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編"第2期"」スタート! [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第2期]
2017.07/31 番組スタッフ 記事URL

「マーケット・トレンド」毎週火曜日は、「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」を放送中。
株式・為替・商品、あらゆる投資において必要不可欠な知識とノウハウを、おなじみ小次郎講師こと手塚宏二さんが1年かけてわかりやすく伝授します。

いよいよ8月から第2期に突入!第2期は11月中旬までの全17回。
詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/post_788.html

放送は毎週火曜日18:00~東京・日本橋、TOCOMスクエアから公開生放送!観覧は無料です。
放送終了後、TOCOMスクエアでそのまま無料セミナーを開催。
ぜひ小次郎講師から直接レクチャーを受けにTOCOMスクエアにお越しください!


※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
(A4版PDF形式・全105ページ)

TOCOMスクエアで放送終了後、引き続き開催の小次郎講師ミニセミナーの資料としても役立ちます。
詳しくは下記のバナーをクリックしてください。

※第2期では「一目均衡表」を詳しく取り上げます。「一目均衡表」は株式会社経済変動総研(http://www.ichimokukinkouhyou.jp/)に著作権があります。このテキストは、一目均衡表原著を参考に小次郎講師が作成しました。


~小次郎講師からリスナーの皆様へメッセージ~