小次郎講師のトレードラジオ講座~先行スパン1 [大橋ひろこコラム]
2017.06/20 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。
18:00~18:15の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)
生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。

こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699
また、この講座は オンデマンドでLesson1から全てお聴きいただけます。
アーカイブはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/post_733.html
ゆっくり復習もできます。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。

※「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/


今回は一目均衡表第12回「先行スパン1」を究めるです。

これまで、転換線、基準線、遅行スパン、先行スパン2を学びました。
一目均衡表をつかさどる5本のライン、今回学ぶ「先行スパン1」が最後ですね。

転換線と基準線の半値を26日将来に描画したものが先行スパン1です。

計算式は 転換線 + 基準線 ÷ 2 これを26日将来に描画します。

先行スパン2が長期を担当、転換線・基準線が短期・中期を担当するライン。
しかしそれぞれ描く位置が違うので比較が出来ません。
ということで一目三人は短期と中期の半値を26日先行させ、
先行スパン2と比較させたと小次郎講師。

先行スパン1と先行スパン2の間を塗りつぶしたものが「雲」と
呼ばれるようになりましたが、実は一目山人はこれを「抵抗帯」と呼んでいました。
後に雲という名称が広く定着しています。

そしてこの雲のねじれは大局トレンドの転換を表しています。

一目均衡表の各線は、押し目や戻しの限界を示しています。

転換線で反発するろうそく足は押し目もない最も勢いのある上昇相場。
基準線で反発すれば、安定した上昇トレンドの押し目となります。
先行スパン1で反発した場合の押し目は深い押し目。
先行スパン2は最後の砦。上昇トレンドはここを下抜けると終了します。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

「一目均衡表公式ホームページ」はこちら
http://www.ichimokukinkouhyou.jp/

***************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。

「商品先物取引ナンバーワンの称号をつかむのはだれか?!」
TOCOMリアルトレードコンテスト開催!中です。

優秀者には、金貨のプレゼントなど豪華賞品を用意。
ただいま参加者をプロ・アマ問わず募集中。
詳しくは下記のバナーをクリック!

皆様のご参加お待ちしております~♪

小次郎講師のトレードラジオ講座~三役好転・逆転の意味 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期]
2017.06/13 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。
18:00~18:15の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。

こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699
また、この講座は オンデマンドでLesson1から全てお聴きいただけます。
アーカイブはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/post_733.html
ゆっくり復習もできます。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。

今回は一目均衡表第11回「三役好転・逆転の意味」です。

三役好転・逆転は、一目均衡表で最も有名な売買サインとして知られいるのでは
ないでしょうか。しかしながら、その意味を正しく理解していなければ
トレードで成果を上げることはできません。

というのも、三役好転・逆転でエントリーするのは遅すぎるのです。。。

高値掴み、安値売りとなるリスクが大きいということですが、
最も有名で最も強力なシグナルとされているのに、それだけではなかなか勝てない
というのは一体どういうことでしょう。

一般的に三役好転・逆転は価格が先行スパン2、つまり雲を突き抜けたことを
差していますが、重要なのは三役が好転・逆転するまでに、きちんと
段階をきちんと踏んでいるか否かということです。

①転換線と基準線のクロス
②遅行スパンの転換
③三役の好転・逆転

レンジ相場の時はこの順の限りではありません。
そのようなときに価格が雲を抜けてきたからといって
三役好転・逆転とは言えないのです。


そして、この3つのサインはそれぞれ何を意味しているのかを
知ることが最も重要です。

短期筋、中期筋、そして長期筋の勢力の優位性を知ることができるのが
それぞれのサイン。それが理解できれば、三役のシグナルはかなり遅いと
いうことが見えてくるのです。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

******************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!

金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、
6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の
「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、
お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語る
スペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。
(外部サイトにジャンプします)


小次郎講師のトレードラジオ講座~先行スパン2 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期]
2017.06/06 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。
18:00~18:15の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。

(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。

こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。
また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699
また、この講座は オンデマンドでLesson1から全てお聴きいただけます。
アーカイブはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/post_733.html
ゆっくり復習もできます。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。

今回は一目均衡表第10回「先行スパン2を究める」です。

一目均衡表をつかさどる5本のライン。
そのうち、転換線、基準線、遅行スパンを小次郎講師に教えていただきました。

今回は先行スパン2。 

あれ?何故先行スパン1から学ばないのですか?!

素朴な疑問に小次郎講師は

「先行スパン2は半値線だからですよ。」

転換線、基準線は半値線であることを教わりましたね。
先行スパン2も半値線なのです。
転換線は短期の半値線。基準線は中期の半値線。
そして先行スパンは長期の半値線なのです。

半値線はひと目で相場水準の均衡が解る特徴がありますね。、

なかでも先行スパン2は「現在から26日後、将来に描かれている」
という特徴があります。

計算式は

(本日を含めて過去52日間の最高値+最安値)÷ 2(半値線)を26日将来に描画

この計算式が意味するところは長期(52日間)のトレンドの半値にあたる
水準を示しているということです。

一般的には先行スパン2をろうそく足が打ち破るということは
「雲を抜ける」と呼んでいます。
三役好転(逆転)を意味しているということですが、
先行スパン2にはもっと深い意味があるのです。

「予測の線」という言葉をご存知でしょうか。
先行スパン2に向けて描かれるであろうラインのことです。

予測の線、ですから、価格(ろうそく足)の今後の値動きを大まかに
予測するラインなのですが、実際にはその通りに価格が動くわけでは
ありません。その違いを見極めるために存在するラインです。

このライン「予測の線」はどのように引かれるものなのか。

先行スパン2は「最後の砦」と小次郎講師。

その意味するところとは?!
詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

******************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!

金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、
6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の
「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、
お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語る
スペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。
(外部サイトにジャンプします)


小次郎講師のトレードラジオ講座~遅行スパン [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期]
2017.05/30 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。
18:00~18:15の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。

(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)
生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。

こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699
また、この講座は オンデマンドでLesson1から全てお聴きいただけます。
アーカイブはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/post_733.html
ゆっくり復習もできます。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。

今回は一目均衡表第9回「遅行スパンを究める」です。

これまで学んできた「転換線」と「基準線」は「半値線」でしたが
今回学ぶ「遅行スパン」は半値線ではありません。

遅行スパンはとてもシンプル。
現在の価格の終値を26日前に描画したものが遅行スパンです。

遅行スパンこそが、一目均衡表で最も重要と小次郎講師。

※26日前に描画、とされていますが、これは当日の終値を含みます。
つまり当日を含んでカウントすると遅行スパンは25日前ということになります。

このカウントがまちまちであるため、海外のシステムでは
遅行スパンが1日ずれて描画されていることもあるので注意が必要です。


また、遅行線と呼ばれることもありますが、正式名称は遅行スパンです。
スパンとは期間のこと。
遅行スパンとは(26日期間)遅れて現在の価格が描画されている、
ということですね。現在の価格をろうそく足で、遅行スパンは折れ線グラフで
表示させていることで、わかりやすくそのスパンの違いがわかります。

遅行スパンというラインが一体何を意味しているのでしょう。

遅行スパンは「(当日含め)26日前の価格と現在の価格との比較」です。
つまり当日カウントしなければ25日前のカウント。

この25日にはどんな意味があるのか、、、、ですが、
これを1カ月の営業日数とするのは間違いです。

その正しい意味はぜひオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

遅行スパンが何を意味するか。。。

ズバリ「26日前に買った人が現在どういう損益かがわかる」ということ。

それによって、単に儲かっている損しているではなくて、
その儲け(損)がどれくらいか、それが広がっているか減っているかを
把握できるということがポイントなのです。

続きはぜひオンデマンド放送で!

******************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!

金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、
6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の
「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、
お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語る
スペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。
(外部サイトにジャンプします)


小次郎講師のトレードラジオ講座~均衡表の好転・逆転 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期]
2017.05/23 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。

18:00~18:15の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)
生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699

また、この講座は オンデマンドでLesson1から全てお聴きいただけます。
アーカイブはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/post_733.html
ゆっくり復習もできます。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。

今回は一目均衡表第8回「均衡表の好転・逆転」を究める!です。

均衡表とは、転換線と基準線のこと。

価格(ろうそく足)に沿って絡むように動くのが転換線。
小次郎講師曰く、転換線は価格の恋人、基準線はその下を推移するライン。
ここまではもうマスターしていますね?!

一目均衡表には

①均衡表の好転・逆転
②遅行スパンの好転・逆転
③三役好転・逆転

という3つのシグナルが存在しますが、三役好転・逆転まで確認していては
あまりに遅すぎて、高値掴み、底値売りのリスクが高まります。
小次郎講師は①均衡表の好転・逆転に乗ることが重要だと教えてくださいました。

◆均衡表の好転・逆転

上昇トレンドから下降トレンドへ、
下降トレンドから上昇トレンドへと変化する時
転換線と基準線は並び順を変えます、つまり「クロス」します。

これが
均衡表の好転=上昇トレンド入りのサイン
均衡表の逆転=下降トレンド入りのサインです。

ただし、クロスするだけがサインではありません。
好転、逆転には条件があります。

天井打ち、下降トレンドを例にとってその条件を
小次郎講師に解説いただきました。

◆逆転前の条件

①天井から数日以上経過していること
②現在、数日の下げを経ていること
③天井打ち後の新安値を付けていること
④上げ止まっている(あるいは横這いの)基準線を転換線が上から下へクロス
⑤窓を開けている下降(あるいは大陰線)があればさらに良い

以上を確認して仕掛ける

ただし、最も早いシグナルであることから騙しの可能性も大きいという
ウィークポイントが。その騙しにも対策の奥義があるんだそうです。

◆逆転後の騙し対策

(※テキストに一部誤りがありました。該当ページの修正版を公開しております。
下記のURLをクリックしてダウンロードをお願いいたします。
http://www2.radionikkei.jp/~planning2/pdf/Kojiroukousi-trade-radio-2017-1-seigo0525.pdf )

①遅行スパンの逆転が数日以内にあること
②逆転後、数日以内に基準線が下降を始め、上がらない
③逆転後価格(終値)が基準線を上回らないこと

以上が成立しない場合はすぐ手じまう

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

******************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!

金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、
6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の
「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、
お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語る
スペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。
(外部サイトにジャンプします)


小次郎講師のトレードラジオ講座~基準線の勾配を見よ [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期]
2017.05/16 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。

18:15~18:30の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)
生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699

また、この講座は オンデマンドでLesson1から全てお聴きいただけます。
アーカイブはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/post_733.html
ゆっくり復習もできます。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。

今回は一目均衡表第7回「基準線」を究める!です。

前回第6回は転換線を学びましたが、基準線と転換線の見分け方、
皆さんもうマスターされました?!

価格(ろうそく足)に沿って絡むように動くのが転換線。
小次郎講師曰く、転換線は価格の恋人(^^♪

基準線はその下を推移するライン。

計算式は

(本日を含めて過去26日間の最高値+最安値)÷2

これも半値線。中期的な相場水準を表しています。
(転換線は短期的な相場水準でしたね)

基準線の勾配は中期トレンドの方向を示し、
基準線の位置は中期勢力の均衡点を示しています。
価格と基準線の関係で中期の勢力が売方優勢か買方優勢かがわかる。

転換線との違いは「中期トレンド」を見極めることができるということです。

安定した上昇、下降トレンドの戻しは基準線まで!
安定したトレンドのストッパーとしてとっても重要なラインです。

◆重要◆

基準線だけを表示させてみてください。

現在がトレンドがある相場なのか、レンジ相場なのがひと目で見極めるには
基準線の「勾配」を見てください。上向きに動いているなら中期上昇トレンドがある状態。
下降しているなら下降トレンド状態ですが「水平」横這いで勾配がない時は「レンジ」です。


レンジ相場とトレンド相場の見極めがひと目で出来るのです!!

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

******************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!

金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、
6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の
「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、
お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語る
スペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。
(外部サイトにジャンプします)


小次郎講師のトレードラジオ講座~転換線を究める [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期]
2017.05/09 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。

18:15~18:30の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)
生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。
テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699

また、この講座は オンデマンドでLesson1から全てお聴きいただけます。
アーカイブはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/post_733.html
ゆっくり復習もできますよ♬

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。
今回は一目均衡表第6回「「転換線」を究める」です。

小次郎講師流テクニカルマスターは
「計算式」もきちんと理解することから始まります。

一目均衡表の転換線の計算式は
(本日を含めて過去9日間の最高値+最安値)÷2

基準線が26日間、先行スパン2が52日間の半値線だ、というのは
前回まででマスターしていますね。

転換線は9日間ですので、一番短い期間です。

つまり「転換線は短期の半値(相場水準)を示すものです。

転換線の「勾配」は短期トレンドの方向を示しています。

転換線の「位置」は短期勢力の均衡点を示しています。

そして、価格(ろうそく足)と転換線の位置関係を見ることで
短期の勢力が売方優勢か買方優勢かをひと目で判断することが可能です。

安定した上昇相場は転換線の上を転換線に沿って上昇し、
安定した下降相場は転換線の下を転換線に沿って下降します。

ところが転換線から大きく放れて上昇することも、
その場合は価格は調整(押し・戻し)が入りやすいため
過熱感を見ることもできるのです。

転換線は価格の恋人(小次郎講師流の覚え方です♪)

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。


******************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!

金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、
6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の
「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、
お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語る
スペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。
(外部サイトにジャンプします)


小次郎講師のトレードラジオ講座~ひと目で均衡が解るとは?! [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期]
2017.05/02 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。
18:15~18:30の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)
生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。
また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。
テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699

また、この講座は オンデマンドでLesson1から全てお聴きいただけます。
アーカイブはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/post_733.html
ゆっくり復習もできますよ♬


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。
今回は一目均衡表第5回「ひとめで均衡がわかる」とは?!

前回は一目均衡表は「半値線で出来ている」ということを学びましたね。

①転換線  過去9日間の最高値と最安値の半値
     → 短期的な相場の均衡点

②基準線  過去26日間の最高値と最安値の半値
      →中期的な相場の均衡点

③先行スパン2 過去52日間の最高値と最安値の半値
       (※それを26日将来に描画)
      →長期的な相場の均衡点

では、チャートに描かれたこれらの半値線をどのように見るのでしょうか。

①転換線と価格の関係

転換線より上に価格があれば短期勢力は買方優勢(下にあれば売方優勢)


②基準線と価格の関係

基準線より上に価格があれば中期勢力は買方優勢(下にあれば売方優勢)


③先行スパン2と価格の関係

26日先の先行スパン2より上に価格があれば長期勢力は買方優勢(下にあれば売方優勢)



価格とは、ろうそく足の位置ですね。
この3本のラインとろうそく足との位置関係で「ひと目で」わかるのは、
短期、中期、長期といった3つの時間軸の売買勢力の優劣。

マルチタイムフレームという呼び方もありますが、
ひとつのチャートで3つの時間軸の均衡点が解ることで
まさにひと目で現在の相場の状態を把握することができるのです。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

******************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!

金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、
6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の
「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、
お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語る
スペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。
(外部サイトにジャンプします)


小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表の「半値線」の秘密 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期]
2017.04/25 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。

18:15~18:30の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。
また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。

こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。
テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。
今回は一目均衡表第4回「一目均衡表の骨格「半値線」の秘密」

半値線とは、ある一定期間の最高値と最安値を足して2で割ったものです。
ある一定期間の価格変動の中心を「相場水準」と呼びますが
半値線はある一定期間の相場水準、売買勢力の均衡点、トレンドを
教えてくれるのですが、実は一目均衡表は「半値線」で出来ている
と言っても過言ではありません。

①転換線  過去9日間の最高値と最安値の半値
     → 短期的な相場の均衡点

②基準線  過去26日間の最高値と最安値の半値
      →中期的な相場の均衡点

③先行スパン2 過去52日間の最高値と最安値の半値
       (※それを26日将来に描画)
      →長期的な相場の均衡点

何故半値線が重要で、それを描く一目均衡表をどのように見れば
相場が解ってくるのか、その真理を小次郎講師に解説いただきました。
読んで字のごとく「一目」で「均衡」点が解るチャートなんです!!

詳しくはオンデマンド放送で!



*****************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。
当番組を毎日放送しているコモディティの情報発信基地、
東京・日本橋「TOCOMスクエア」は、この5月で開設1周年を迎えます。

そこで5/10~5/12は「TOCOMスクエア1周年記念ウィーク!」とし、
ラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」と連携して
毎日TOCOMスクエアで記念イベントを開催します。

3日間、ラジオ放送後にプレゼント(軽食)付きセミナーを開催。
投資に役立つ最新情報を、各分野の専門家から伺います。

詳しくは、下記のバナーをクリックしてください(外部サイトにアクセスします)

小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表の買いサイン、売りサイン [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期]
2017.04/18 大橋ひろこ 記事URL

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。

18:15~18:30の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。
また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。

こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。
テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。
今回は一目均衡表第3回「代表的買いサイン、売りサイン」を
小次郎講師に教えていただきましたが。。。
大前提として、この代表的な教えそのままに取引していては上手く行きません。
大事なのは、それが何を意味しているかを知ることだと小次郎講師。

☆彡買いサイン

均衡表の好転・・・転換線が基準線を上抜く
遅行スパンの好転・・・遅行スパンがローソク足を上抜く
三役好転・・・価格が雲を上抜く



☆彡売りサイン

均衡表の逆転・・・転換線が基準線を下抜く
遅行スパンの逆転・・・遅行スパンがローソク足を下抜く
三役逆転・・・価格が雲を下抜く


一目均衡表は「半値線」によって形成されています。

①転換線は過去9日間の最高値と最安値の半値   
(※半値とは一定期間の(最高値+最安値)÷2)

②基準線は過去26日間の最高値と最安値の半値

③先行スパン1は基準線と転換線の半値を26日将来に描画 

④先行スパン2は過去52日間の最高値と最安値の半値を26日将来に描画


前回の放送で学びましたね。

この半値線が「横這い」になる時と、横ばいから動き出す時。
このポイントの意味することを理解することが肝要なのです。


半値線が横這いになる、ということは
その期間、最高値と最安値が変わらない。ということ。
つまり揉みあっている状態ということなのですが、
半値線が動き出すということは、高値、安値を更新する動きが出てきたということ。
もみ合い放れを知ることができるのですが、
半値というのは価格変動における重要なポイントでもあります。

これをフィボナッチリトレースメントなどする分析法もありますが
一目均衡表は、それが常に描画されている、、、とするなら
こんなに便利なチャートはありません。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。


*****************************************


ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。
当番組を毎日放送しているコモディティの情報発信基地、
東京・日本橋「TOCOMスクエア」は、この5月で開設1周年を迎えます。

そこで5/10~5/12は「TOCOMスクエア1周年記念ウィーク!」とし、
ラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」と連携して
毎日TOCOMスクエアで記念イベントを開催します。

3日間、ラジオ放送後にプレゼント(軽食)付きセミナーを開催。
投資に役立つ最新情報を、各分野の専門家から伺います。

詳しくは、下記のバナーをクリックしてください(外部サイトにアクセスします)

 全2ページ中1 ページ   [1] 2 次の10件