小次郎講師流RSIの極意 [大橋ひろこコラム]
2014/10/21(火) 23:40 大橋ひろこ

11月4日までの毎週火曜日は「小次郎講師流トレードの極意」シリーズ、小次郎講 師こと手塚宏二さんにVトレーダー(勝ち組トレーダー)になるための極意を教え ていただいています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
小次郎講師の放送は、テキス トと合わせてご覧くださいね。テキストはこのブログの右側あるTOCOMのバナーの 下に「小次郎講師流極意シリーズオンデマンド!テキストもこちらから!」というバナーからダウンロードできます。

第8回のテーマは「RSI(アールエスアイ)」です。

ロウソク足チャートの下の別枠に表示されるもので
相場の過熱感を見るオシレーター系の指標です。

一般的にRSIの教科書的なルールに
70%以上は買われすぎ!30%以下は売られすぎのサインなので
その域に達したら逆張りで反転を狙ってポジションを取る、
というような解説がなされていますが、
この逆張りの発想では、実は利益を上げられるどころか、
大きな損失に繋がるリスクを孕んでいるって、
皆さんはご存知でしたか?

70%超え、30%を下回るような相場に直面した時、
皆さんならどうしますか?
では小次郎講師流、テクニカル分析マスター術に沿って
教えていただきましょう!

①RSI計算式

RSI=14日間の上げ幅合計÷(14日間の上げ幅合計+下げ幅合計)


つまり、過去14日間の値動きの総計に対して
上昇した分がどれだけあったか、ってことですね。


②この計算式が何を意味しているのか

14日間の値動きの中で上昇分が何%あるの?
ということを確認するものです。
つまり、過去14日間に上昇した割合が大きかったか、
反対に下落した割合が大きかったか、一目で分かる、
というのがRSI。

要するに現在の相場のセンチメントをシンプルに
計ることが出きる指標なのです。

しかし、70%を超える数値を示現したら、もうすでに
加熱しているといえるのでしょうか?

現実には70%を超えるほどに、現状のセンチメントは強いということを
示しているにすぎません。70%を超えたからといって
参加者の強気姿勢に途端に変化が訪れるということを
教えてくれる指標ではないのです。


70%を超えてからもさらに80%、90%と数値が上がることも
珍しいことではありません。70%到達の時点で過熱感が
生じたと解釈して逆張りの発想で売りポジションを持っていたら、
80.90%へと相場がさらに加速してしまったら
損失は甚大ですね。加熱の域に入った値動きは
更なる加熱を生むことをお忘れなく。


③売買サインは?

では、70%.30%到達時点が逆張りサインでないのだとしたら、
どんな状況で売買サインが出るのでしょうか。

ここからが小次郎講師流、RSIの極意!

■RSIが70を超えた後、天井から10以上数値が下がってきたら売り
■RSIが30を割り込んだ後、底から10以上数値が上がってきたら買い

要するに、70%30%の到達時の逆張りではなく、
RSIにおいても天井を確認する作業が重要なのです。

仮にRSIが90で上昇が止まり、80を割り込んだら売りです。
仮にRSIが12で下落が止まり、22を超えて上昇したら買いです。

70%・30%を超えてきてからすぐに売買するのではなく、
天井、底を確認し10ポイント以上逆に動いてから
ようやくエントリーするのが小次郎流奥義なのです。


④なぜ買いサイン(売りサイン)なのか


10ポイント以上天井から下落、底から上昇した時は逆張りではなく、
次なるトレンド発生のサインと考えることが出来ます。
加熱している相場に飛び込むのとは違います。

70%超えの時点では、その後80.90%へと
更に加速する可能性を否定できません。

しかし、RSIが天井、底から10ポイント乖離したポイントから
ポジションを構築するという小次郎流手法は
トレンドに向かうのではなく、転換を確認してからポジショニングする
という順張りの手法に限りなく近い考え方なのですね。

RSIの確度の高い使い方について、詳しくはオンデマンド放送で
小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

コメント