対中関税発動、静寂のドル円。 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018/07/06(金) 21:40 辻留奈
こんばんは、辻留奈です。
岡安さん、今日は気合いれてオシャレしてきたそうです~
いつもいいお声&ダンディですよね~

もしかして、もしかして、直前にトランプ大統領がTwitterで
「やっぱり関税発動やめる」なんて言い出したりして・・・と思っていましたが、

「先に中国から関税の発動をすることはない」全てはアメリカ次第とした中国に対し、
今日の日本時間13時1分に、米国は対中関税を発動しました。

これに対しマーケットは、上海株・日本株上昇、ドル円は動かずの楽観となりました。

一方、EUは米国に対して
「自動車輸入関税の引き下げ、もしくはゼロにしてもよい」と表明しました。
対する米国もEUに対して態度を軟化させ、貿易摩擦への懸念が後退、
ユーロは1.17台まで上昇しました。
「1.15もしくは、1.1720をブレイクアウトすればトレンドが発生する」
と岡安さんは話していました。


中国に対しては絶対に妥協しない米国ですが、EUに対しては譲歩の姿勢をみせるんですね~


貿易問題に関しては「誰のプラスにもならない」など、様々な議論がありますが、
「アメリカファーストは、最終的に米国にプラスに働く」
長期的にはドルが米国に集まり、ドル高円安になると岡安さんは考えています。



動きのないドル円に対し、ユーロやポンドは貿易問題とは異なる理由で動きました。


昨日のユーロ円の上昇は
ドイツの経済指標・大陽日酸の買収案件に伴うユーロ実需買いなどが理由にあがりました。
ポンドもカーニー総裁の発言から8月利上げが意識され、買われました。


岡安さんによると来週も狭いレンジとなりそうだというドル円、注目通貨は他にある?
予想レンジと動かないドル円に対しての注意点などオンデマンドでお聴きください!


そして、ブログアップより雇用統計の結果の方が早かった~(夏時間早い~ 焦る~)
雇用者数は増加したものの、失業率や平均時給の鈍化を受けて、ドル円はやや下落しています。


それではまた来週~

コメント