安値放置からの浮上、動き出した穀物市場 [大橋ひろこコラム]
2018/02/08(木) 01:55 大橋ひろこ

金利が急上昇してきたことで株式市場が波乱の様相を呈していますが、コモディティ市況は比較的落ち着いています。特に穀物市場の値動きは、マクロ金融の混乱の影響をほとんど受けていないようです。2018年年初から安定した上昇トレンドを強めています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はコンチネンタルライス代表 茅野信行氏に
穀物市場の現状と今後の展望をお話いただきました。

5年連続の豊作となり、長期に安値放置された小麦、トウモロコシ、大豆の
穀物市況ですが、南米の干ばつの報などに動き出したかに見えます。

茅野さんは、現地の乾燥天候は年明けからの降雨によって緩和されていると指摘。
もし、天候リスクによって上昇開始したというのなら
失望からの穀物反落もあろうかと思われますが
売り飽きたマーケットは、ここより下値を探ろうという気がないようです。


茅野さんによると、現在シカゴの大豆とトウモロコシの比価は2.80。
通常、比価は2.5が中心値となり、これが3.0に接近すれば、
大豆の作付けが有利になり、2.0に近づけば逆に、
トウモロコシの作付けが有利になるという原則からみれば
この春からの新穀の需給予想は大豆作付が増えそうです。


ここからは、この春先からの新穀の生産動向に注目となってきますが
それよりも6年目の豊作の可能性は大きくなく、
天候リスクによる反応が大きいセンチメントとなっていることが
ポイントのようです。つまり、2018年は天候による相場が面白そうだということですね。

詳しくはオンデマンド放送で茅野さんの解説をお聞きくださいね。

コメント