コメ価格ジワリ上昇~背景に飼料米増産政策 [大橋ひろこコラム]
2018/01/24(水) 23:07 大橋ひろこ

おコメの値段がここ数年上昇しています。農林水産省の「コメの相対取引価格・数量」によると、2017年産米の全銘柄平均価格(相対価格、10月)は、玄米60㎏当り(消費税込み)1万5501円で前年同月から8%上昇で3年連続の上昇。外食や中食のコメ価格も上昇しており、価格は据え置きでもコンビニのおにぎりのサイズが小さくなるなど実質値上げとなっていることにお気づきでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫氏に
「主食用米 3年連続で上昇した背景とその影響」をテーマにお話を伺いました。

足元のコメ市況上昇の背景には、昨年2017年秋からの天候不順で稲の生育が遅れ、
作柄が悪化した影響があげられますが、ここ3年のコメ上昇の主因ではありません。


2015年からのコメ価格上昇には「政府主導による飼料用米の増産政策」が
影響しているのです。農水省は2014年より「減反廃止」政策を本格化し、
主食用米から飼料用米への転換を進めています。
主食用米が供給不足になるよう政策誘導しているのです。

飼料用米増産の駆動役となっているのは農家への助成金。
10a当り単収530kgを挙げると8万円、
最高680kgで10万5000円の助成金が出るため、
農家は単収を上げると助成金が増えることから、
中食・外食などが利用する業務用米が品薄となり、輸入米が急増。
結果、輸入米の入札価格も上昇しているのです。

日本のコメ需要自体は年々減少傾向にあるため
コメの過剰からコメ価格の値崩れに歯止めをかけねば
水田という生産装置を維持していくことができません。
日本の主食であるコメの潜在的生産力を保持するためには、
飼料作物へのスイッチもやむを得ないと柴田氏。
しかし、今後、飼料米への助成金制度による主食米の価格上昇が
続けば、さらなる需要減退につながりかねません。


農務省は2017年9月に「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト」を立ち上げ、
輸出用米の安定的な生産に取り組む産地、輸出拡大に取り組む事業者、
輸出ターゲット国を特定し、これら3者が連携した個別具体的な
取り組みを政府が強力に後押しする方針を示しています。

ただ、この取り組みにも様々な障壁が、、、。

詳しくはオンデマンド放送で柴田さんの解説をお聞きくださいね。

------------

2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組
「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!

おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)
第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開します。

ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。

詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html

コメント