小次郎講師のトレードラジオ講座~移動平均線の間隔 [「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第3期(~18年3月)]
2017/12/26(火) 20:30 大橋ひろこ

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座.

現在第3期「移動平均線大循環分析」と「大循環MACD」を究めるシリーズ放送中。

※トレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。是非テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第3期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=125121862

また、マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)
今週木曜28日にお越しいただきますと、FX/CXストックダイアリー2018と
榮太郎飴をプレゼントします!!

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。
事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は移動平均線大循環分析の「三次元分析」における
「線の間隔」について詳しく教えていただきました。

間隔の拡大(あるいは広いまま推移)はステージが長続きすることを示しています。

2本の線が急接近してくるとステージの変化の兆し。
3本の線が全て接近している状態はレンジ・もみ合い相場であることを示しています。

小次郎講師は、移動平均線の中期線と長期線の間を「帯」と定義しています。
帯には、中期線が上にあり右肩上がりの「上昇帯」と
中期線が下にあり右肩下がりの「下降帯」とがありますが、
この帯の分析を究めることでトレンドフォロートレードを究めることが出来るのです。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

ここで、ラジオNIKKEIからお知らせです♪

今週1週間は「ラジオNIKKEIリスナー感謝祭」と題して、
リスナーの皆さまに感謝の意を込め、各番組から、たくさんのプレゼントをご用意いたしました。
「マーケット・トレンド」からも岡安盛男さんの新版をプレゼント!
詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.radionikkei.jp/kanshasai/

コメント