原油高の背景と今後の価格見通し [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2017/11/08(水) 23:21 大橋ひろこ

原油価格がしっかりとした推移を見せています。11月30日には定例のOPEC総会が開催されていますが、どのような期待と思惑があるのでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は株式会社マーケット・エッジ代表取締役 小菅努さんに原油市場の動向についてお話を伺いました。

WTI原油は6/21に42.05ドルの安値がありましたが、11/6時点では57.61ドル
ブレント原油は6/21に44.35ドルでしたが11/6に64.44ドルまで上昇しています。
おおよそ、4割の価格上昇となっています。

また、ブレント価格とWTI価格の価格差は7月くらいまで3ドル程度でしたが
現在では7ドル近くも。ブレント価格が高いのか、WTI価格が割安なのか・・?!

マクロ要因としては

1) 協調減産による生産調整の成功
2) 需要見通し拡大による供給調整への依存度低下
3)在庫の正常化圧力

などが原油価格高の背景ですが、ミクロ要因として

1)協調減産の延長期待
2)シェールオイル増産圧力の抑制
3)冬の暖房用エネルギー需給
4)サウジ、イラン情勢を巡る地政学リスク

などが、価格上昇に拍車をかけています。

特に11/30OPEC総会に向けては
10/5のサウジ・サルマン国王とロシア・プーチン大統領のトップ会合で
プーチン大統領が9ヵ月の延長支持したことが伝えられており、これが原油高に繋がりました。

その後の要人らの発言からも、今回のOPEC総会では9か月の延長合意がコンセンサス。
ただしクウェートの対応に関しては不透明要因もあるほか、
このままOPEC総会前まで原油高が継続するならばロシアが態度を変化させるリスクにも
留意しておきたいと小菅氏。その場合は減産期間の短縮なども?!

一方、足元の原油価格急騰でもシェールオイルの増産圧力は大きくありません。
1~2月は50ドルで増産のペースアップが確認されたのですが、、、。

小菅氏によると「逆ザヤ」であることが要因のひとつ。
期近主導で上昇しており、期先限月は上げきれていない相場となっています。
つまり見掛けほどにはシェール生産の採算環境が改善していないとみられるのです。

また、シェールオイル会社の方針修正も増産抑制の背景。
従来は増産による売り上げ拡大方針でしたが、
現在は高コスト生産を抑制し収益性の向上を目指していると見られます。

但し、このまま原油価格上昇が継続すれば
いずれかの時点で増産抑制限界が訪れるとみられ、リグ稼働数や産油量など
週間統計の変化に注意しておく必要がありそうです。

その他、サウジアラビアのきな臭い動きなど地政学リスクが価格に及ぼす影響、
足元の需要などについても伺いました。

詳しくはオンデマンド放送で小菅氏の解説をお聞きくださいね。


******************************************

11月10日(金)TOCOM×JPXグループ共催セミナーを開催します!!

詳しくはこちらをご覧ください。(外部サイト)
http://cfes.jp/option/

コメント