「政治リスクと金市場」・・・不確実性と金 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2017/05/17(水) 23:32 大橋ひろこ

COMEXゴールドが5連騰。6月米利上げ織り込みの高まりから下落基調が続いていましたが反発に転じています。ロシアゲートとも呼ばれるトランプ大統領の弾劾リスク、米指標に好調続くと思われていた米経済の陰りが見え隠れし、マーケットにはリスクを警戒するムードが強まってきつつあります。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は金融貴金属アナリスト 亀井幸一郎氏にお話を伺いました。


亀井さんは「政治リスクは計算できないないためヘッジができない」として
マーケットにおいて「リスク」を数値化してヘッジすることができない「不確実性」


政治リスクがまさにこれに当たりますが、2017年3月FRBが利上げを実施した際
  ミネアポリス地区連銀カシュカリ総裁がただひとり、
「金融市場は政治情勢について予測するのはまったく不得手だ」として
利上げに反対票を投じていました。今、足元ではまさにこの政治リスクが噴出しています。

4月23日/5月7日 フランス大統領選においてマクロン候補が勝利を手にし、
波乱要因とされたルペン候補が敗退。リスクを警戒していたマーケットはイベントが
無難に通過したことで、ヘッジを外す動きが加速。
欧州株は高値を更新、ユーロも大きく上昇しました。

※参考 今後の欧州政治イベント
 6月 8日  英国 総選挙
    11日、18日  フランス国民議会選挙
 9月24日 ドイツ連邦議会選挙 ・・・反ユーロ政党:ドイツのための選択肢(AfD)
     スペイン、カタルーニャ州 分離独立国民投票を予定
  ※ イタリア総選挙・・・2018年実施予定を繰り上げ実施の可能性あり
  ※ スコットランド分離独立 第2回国民投票の可能性さぐる

リスク回避行動からのふり幅は大きく、VIX指数は1993年以来の低水準に沈み、
5月第2週には2日続けて10を切るという事象へ。
亀井さんはこれは2006年サブプライム問題が噴出する前に起こったきりだ、
と指摘されていましたが、足元では頻発するトランプ政権のスキャンダルで
VIX指数が上昇に転じ始めています。

6月利上げを織り込む形で下落を強いられていたゴールド市場ですが
ロシアゲートによる株価下落、あるいはNY連銀景況感指数の予想外の悪化、
住宅指標の悪化などで、6月利上げ織り込みは徐々に後退しています。
5月初旬はほぼ100%にまで利上げが織り込まれていましたが、
6月FOMCまでまだ1か月あまりも時間がありまだ利上げが確実だとは言い切れません。

トランプ大統領弾劾リスク、利上げ織り込みの後退などから米ドルが大きく下落。
ゴールドが上昇に転じています。ここからのポイントは?!

亀井幸一郎さんに伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で亀井さんの解説をお聞きくださいね。

下記、イベントのご案内。ゴールドフェスには亀井さんにもご登壇いただきますが
注目されるビットコイン、仮想通貨とゴールドという切り口からのお話も!!

仮想通貨が湧く一方で、ゴールドにも決済手段としてデビットカード採用の動きが出てきています。

******************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!

金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、
6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、
お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語る
スペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。
(外部サイトにジャンプします)


コメント