下げ止まらぬゴム相場、ここから [大橋ひろこコラム]
2017/04/19(水) 23:27 大橋ひろこ

ゴム相場の下落が止まりません。TOCOMゴム先物価格は今年1月末の直近高値366.7円から足元では200円割れまでの大幅下落となっています。昨年から秋から今年の年明けにかけゴムの価格が大きく上昇。この背景には人民元安からの投機的な資金流入も指摘されていますが、価格上昇によって生産各国の生産意欲が高まったことからタイ、インドネシア、マレーシアの生産大手は2016年3月から8月までの半年間、合計61万5000トンの輸出削減策を講じたことで国際天然ゴム価格は、さらなる上昇を演じていました。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は商品アナリスト小針秀夫さんにお話を伺いました。


今年1月末に向けて歴史的な大相場を形成したゴム相場ですが、
価格上昇とともに輸出削減策は打ち切られたことや
2016年の輸出削減策で備蓄過剰となった生産最大手タイが
今年1月、2月、3月、と立て続けに備蓄在庫の売却に動いたことが
相場の崩壊のきっかけとなりました。

また新車販売台数で世界第2位の米国の販売台数が落ち込んでいることも
圧迫要因です。米新車販売台数の3月統計は155万5859台で
前年同月比1.6%のマイナス。前年割れは今年に入ってから3カ月連続。
新車販売台数の落ち込みは、それだけ新車装填用のタイヤ消費が
減ることにつながりますね。

一方で中国の自動車販売台数は、小型車減税の効果により
2016年は前年比13.7%増の2802万8000台と過去最高を記録しています。
今年3月の中国新車販売台数は254万2900台となり前年同月比4.0%増。
今年から減税が縮小したものの販売は堅調な流れを維持しており、
1~3月の販売累計は前年同期比7.0%増の700万2000台に達しています。

中国汽車工業協会は年初の時点で2017年の新車販売台数を
「前年比5%増の2940万台」と予測していますが、
この5%の伸び率を基準にすると、2017年の中国の天然ゴム生産は
2016年の推定値535万トンから560万トンまで増える計算で、
今年の推定増加量は25万トン。こちらはゴムの強気要因ですが、、、

ここからの見通しはオンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。



*****************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。
当番組を毎日放送しているコモディティの情報発信基地、
東京・日本橋「TOCOMスクエア」は、この5月で開設1周年を迎えます。

そこで5/10~5/12は「TOCOMスクエア1周年記念ウィーク!」とし、
ラジオNIKKEI「マーケット・トレンド」と連携して
毎日TOCOMスクエアで記念イベントを開催します。

3日間、ラジオ放送後にプレゼント(軽食)付きセミナーを開催。
投資に役立つ最新情報を、各分野の専門家から伺います。

詳しくは、下記のバナーをクリックしてください(外部サイトにアクセスします)

コメント