利上げ後上昇したゴールド、なかなか金と鞘縮小とならない白金 [大橋ひろこコラム]
2017/03/23(木) 23:57 大橋ひろこ

ゴールドが下値固く推移しています。3月のFOMCで市場の予想通り利上げが実施されましたが、材料出尽くしでドルが軟化、ゴールドが反転上昇を開始しています。
足元では、医療保険改革オバマケアの改廃法案に絡み、修正された新しいヘルスケアプランが23日の下院での審議が通らないのではないか、という懸念から株式市場が大きく下落してきたことで、一段高となっています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんこも商品調査部門アナリスト森成俊さんにお話を伺いました。

テクニカル的には200日移動平均線(1,259ドル)が目前に迫るところまで上昇してきた金。
森さんは200日移動平均線超えなら1,300ドル目指す展開と指摘。


ポイントは米トランプ政権の動向と金融政策。
史上最高値の更新が続いたニューヨークダウは3月に入り調整局面入り。
21日は200ドルを超える下げとなりトランプラリー以降最大の下落を示現しました。
ダウが20,500ドル割れとなると、金への資金逃避が続き1,300ドルに向け上昇シナリオが強まる可能性も。


ただしETFの金現物保有高は今月22日現在、1,172.08トンで先月末の1,178.85トンから微減。
年初の1,159.85トンからは1.1%の増加していますが、勢いはありません。

ファンド勢のポジションは今月14日現在、10万6,038枚買い越しで、
2月28日の16万3,798枚から2週間で6万枚近く減少しています。
15日以降は増加に転じていますが、買い越しは12~13万枚台で増加の余地は十分にあります。

ドル建ての金価格は堅調も東京金先物価格は、為替の影響が上値を抑えています。
2月上旬から3月初旬にかけ上昇基調となり、今月2日に約1年ぶりの高値4,553円まで上昇しましたが
3日から急落となり、15日には4,403円まで下落。ドル円相場が110円までの円高となったことが影響しています。

プラチナと鞘関係はどうでしょう。
金とプラチナ価格の逆転現象が長期化の様相を呈していますね。
2017年のプラチナ供給過剰予想やドル高、南アランド安が弱材料となっていたプラチナ市場。
年明けから金の上昇に支援され反発しています。
2月27日には昨年9月27日以来の高値となる1,044ドルまで上昇しましたが、
3月に入りドル高か軟化し9日に931ドルまで下落、その後、下値を切り上げているのですが
974ドルで戻り一杯の相場。金とのサヤは280ドル以上に拡大してしまいました。

ここからの展望は?!

詳しくは森さんの解説をお聞きくださいね。
*****************************************


ここで、東京商品取引所(TOCOM)からプレゼントのお知らせです。
TOCOMは、本日3月21日に新商品「プラチナスポット」を上場いたしました。

上場初日、プラチナスポットは出来高が21,606枚と、
ゴールドスポット上場時を上回る好調な発進となりました!!

「プラチナスポット」について、詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.tocom.or.jp/jp/platinumspot/ (外部サイト)


この「プラチナスポット」上場を記念して、
「TOCOM特製プラチナ1gインゴットカード」を番組をお聴きの方抽選で2名様にプレゼントいたします。
応募方法など詳しくはこちらのページをご覧くださいね。
http://blog.radionikkei.jp/trend/pspot.html

コメント