原油が先行していた?原油下落の背景と今後 [大橋ひろこコラム]
2017/03/22(水) 20:26 大橋ひろこ

21日㈫NYダウは4日続落で、下げ幅は237ドルとトランプラリー以降で最大。ドル円相場は111円台へと円高進行、日経平均は414円もの下落となった22日水曜日。米議会で医療制度改革法案(オバマケア)の代替法案が議会の承認を得られるかどうか不透明となっていることを材料視、トランプ政権や共和党の指導力への疑念が高まっがことが背景にあったと指摘されています。また、3月のFOMCでは予想通りの利上げが実施されましたがFOMCメンバーの利上げ見通しが高まらず、米国の長期金利は低下し、ドル売りが加速しています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は三菱UFJリサーチ&コンサルティング芥田至知さんに
原油市場の動向と今後の見通しを伺いました。



ドル安であれば、国際コモディティ高、、、のはずですが、ゴールドが教科書通り
上昇する反面、原油は下落を続けています。逆に、原油の下落は3月10日前後から
始まっており、マーケットの変調は原油市場が先行していた、と素直に見れば
今回の波乱の前にいち早くリスク回避に動けたかもしれません。。。



WTI原油は11月のOPEC総会での減産合意以降50ドル台でのレンジ相場が
続いていましたが、とうとう50ドルの大台を割り込みレンジを下方ブレイク。
原油下落の背景には何があったのでしょうか。



<3月の下落①・・・原油在庫の増加>

8日、米エネルギー情報局(EIA)が発表した週次石油統計で、
原油在庫が前週比820万バレルの大幅増加を示しました。
9週連続して増加したことや史上最高水準の更新が続いたことが嫌気されました。
9日、エネルギー業界の会合で、米シェール業者がシェールオイルの増産に
意欲を示したことも、原油の供給過剰への懸念を強める材料となっています。



<3月の下落②・・・石油掘削リグの増加>

10日には、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した米石油掘削リグの
稼働数が増加を続けたことも下押し材料。


<3月の下落③・・・サウジ増産?>

 14日、石油輸出国機構(OPEC)の月報で2月のサウジアラビアの原油生産量が
増加したと示されたことを受けて、原油先物市場は7営業日連続の下落となりましした。
OPECの月報、二次情報源に基づく数値では、サウジの2月の産油量は
979.7万バレルに減少したものの、同国の自己申告ベースの数値では
1001.1万バレルに増加していたのです。
サウジ当局は、両者の相違を「在庫調整など操業上の要因によるもの」
と説明していますが、市場では、自国の大幅減産にも関わらず、
原油在庫がなかなか減少しない状況にしびれを切らして
市場シェアを確保する動きに出たのではないか、
という懸念につながったようです。


今後の原油価格動向のポイントとなる材料は?!

5月25日にはOPEC総会があります。

芥田さんに伺いました。詳しくはオンデマンド放送で芥田さんの解説を
お聞きくださいね。


コメント