米国シェール大増産時代へ?!~トランプ政権のエネルギー政策 [大橋ひろこコラム]
2017/01/25(水) 20:06 大橋ひろこ

米国の石油・ガスの掘削稼働リグ数が1月20日現在、前週比35基増の694基と大幅増加となりました。2015年11月25日の555基以来の550基突破となっています。

9月末のOPEC臨時総会で原油減産合意が打ち出されて以降、原油市況が上昇推移となったことWTI原油価格は年末~年初に55ドル台へと上昇したことが継続的なリグ数増加につながっているようです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は石油ガスジャーナル顧問 山内弘史氏に米国シェールガス、オイル増産に弾みがつくか?をテーマにお話を伺いました。

加えてトランプ新大統領はシェール革命推進への意向を明確に示しています。

就任式の後には,ホワイトハウスが「アメリ第一主義のエネルギープラン」を発表。
米国の所有するエネルギー源の最大の活用と安全保障のためのエネルギー自立を
新政権の政策として打ち出しています。

24日、カナダから米国に原油を輸送する「キーストーンXL・パイプライン」と
米ノースダコタ州に敷設予定の石油パイプライン「ダコタ・アクセス」の
建設を推進する大統領令に署名しています。

オバマ前政権の主要な環境政策を覆した格好です。

このため中長期的にもシェール革命推進によるリグ数増加に
一層の弾みがつくものとみられるのです。

米国エネルギー情報局(EIA)が17日に発表した「石油掘削レポート」では
1月の主要7シェールの石油・天然ガス生産予測は前月比66千バレルの増産予測。

バッケン・シェールは引き続き減産となるもののイーグルフォード、パーミアン、
ナイオブララなどは増産になるとしています。

EIAレポートが増産に転じるのは実に1年半ぶり。
米国石油生産は2015年10月をピークに減産が続いていたのです。
これが久しぶりに増産に転じたのですから、2017年1月は転換ポイントとなるかもしれません。

※増産予想内訳
パーミアンが前月比53千バレル、イーグルフォードが22千バレル、
ナイオブララが同13千バレルのそれぞれ増産となる見込みですが
対してバッケンは同20千バレルの減産が続く見込み。

シェールガスの大幅増産が続くマーセラス・シェールは1千バレルの減産、
同じくユーティカは3千バレルの減産。
しかしシェールガス生産量はそれぞれ引き続き日量188Mcf、15Mcの増産予測。

実際、EIAの12日発表の週報では米国原油生産量が
前週比176千バレル増の8,946千バレルと2016年4月第4週以来の890万バレル台に
増加していることが確認できます。


シェールオイルの生産コストは技術革新により随分圧縮されました。
現在主要なシェール層の生産コストは50ドル以下にまで低下。
場所によっては40ドル前後でも生産が可能になっているそうです。

これまでシェール掘削は縦に掘り下げ、その後、地下層奥深くで横に掘り進めるのに
20日程度要したところを現在は7~8日に時間を短縮できたことが
コスト圧縮につながっていると山内さん。

米国シェールオイル大増産の予感も、原油価格が50ドルの高値圏を維持できているのは
2016年のOPECと非OPECによる協調減産の効果を見極めんとする期待と
米国のガソリン需要が旺盛であることなどが背景のようです。

今後の原油展望は?!詳しくはオンデマンド放送で
山内さんの解説をお聞きくださいね。


コメント