ゴールド市場の動向と今後の展望 [大橋ひろこコラム]
2017/01/19(木) 20:30 大橋ひろこ

金ドル建て現物価格は、2016年12月の米利上げ以降、強含みで推移しています。年明けからは、トランプラリーで醸成されたドル高が修正される局面において金が買い戻され、昨年安値1124ドルから1200ドル超えまで上昇となっています。トランプ米次期政権に対しての不透明感も金買いの一因であるとの指摘も。。。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ 商品調査部門アナリスト 森成俊さんに貴金属市場の動向と今後の見通しを伺いました。

昨晩、イエレン議長は講演で、
「2019年末まで、政策金利であるFF金利を年2、3回のペースで引き上げる
との見通しをFRB内でおおむね共有していると述べたことで
米金利が急上昇。ドル高となったことで、金価格は急反落となりました。

今週は20日にトランプ次期大統領の就任式を控えていますが、
トランプ氏の経済政策と、FRBの利上げペースが焦点となってきます。

株式市場でNYダウはトランプ政権への期待から上昇し、
1月6日に1万9,999万ドルまで上昇するも、足踏み状態。
株価動向も気がかりです。

金ETFであるSPDRゴールドの現物保有高は807.96トンで
昨年10月31日の942.59トンから約14%以上の減少、
年初の822.17トンから1.8%の減少とETF市場からは資金流出が続いています。

CFTC建玉ポジション、ファンドポジションは10日現在、
10万9,482枚まで増加しています。昨年11月8日の米大統領選挙開催日には
買い越し幅は21万7,238枚まで増加するもその後は減少の一途を辿り、
1月3日には9万6,550枚まで減少。
11日以降は増加し、18日現在、買い越し幅は12万枚前後とみられますが、
買い余地はまだ十分にあると森さんは分析されています。

東京金先物価格は、昨年11月半ばから年末まで4,250~4,300円の
レンジ相場を形成していましたが12月30日に上放れとなり、
今年1月12日に4,422円まで上伸。
4,350~4,430円のレンジに切り上っています。
昨年7月22日以来の4,500円まで上げ余地ありと森さん。
25、200日移動平均線が4,330円に通っており、
4,350円水準では下値の堅さを示すのではないかと解説いただきました。

また、金とプラチナ価格の逆転現象が長期化しています。
2017年のプラチナ供給過剰予想やドル高、南アランド安が
プラチナの弱材料となっていたが、年明けから金の上昇に支援され反発、
昨年末の902ドルから今月17日には993ドルまで反騰してきました。
1,000ドルが抵抗線。金が1,200ドル台回復したにもかかわらず、
1,000ドルを回復できないでいるものの、2016年の中国の新車販売台数は
前年比13.7%増の2,802.8万台と過去最高を更新。
2017年は2,940万台に増加予想であり、中国と欧州の自動車販売が好調なら
2017年はプラチナ相場も面白そうです。

詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

コメント