小次郎講師のトレードラジオ講座~複利運用効果 [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第3期(~17年3月)]
2016/12/20(火) 23:40 大橋ひろこ

毎週火曜日は「小次郎講師のトレードラジオ講座」

講座内容をわかりやすくまとめたテキスト販売中です。
テキストを見ながらお聞きいただけますとより理解が深まります。
http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=110845976

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
第3期Lesson2は「資産を増やすには複利運用!」です。

単利=当初の元本に対してのみ利息が計算される
複利=利息を元本に組み入れ、その合計額に対して利息が計算される

複利で資金が増えて行くことは皆さん理解していることだと思いますが、
常に勝ち続けていることが前提です。では複利運用で損失が発生した場合
資金はどのように減少していくでしょうか。

初期資金を100万円とし、年間20%づつ損をしたとします。

単利の場合、1年目に資金は80万に、2年目では60万、3年40万、4年20万、5年0
と年間20万円づつ損失が発生すれば、5年で資金はゼロとなってしまいます。

ところが複利の考え方では1年目は同様に80万に資金が減少しますが
2年目はその80万円に対しての20%の損失なので結果64万に減少することになります。
同じように計算していくと3年目は51.2万、4年目41万、5年目32.8万・・・・と
5年たってもゼロにはなりませんね。

複利スタイルはマイナスを軽減するにも有効な素晴らしい方法に見えますね。
ところが、この素晴らしい複利運用にも落とし穴があるのだそうです。
複利運用のデメリット、落とし穴は次回、解説いただきます。

今回は複利運用の効果とそのメリットを小次郎講師に解説いただきました。
詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

-------------
ここで、東京商品取引所(TOCOM)主催セミナーのお知らせです。

激動の2016マーケットを"寸劇"で振り返り、2017を考える。
<劇団:コレモナニカノ円×E-factory 新春特別公演>
「金融寸劇セミナー:トランプ大統領誕生!日本経済これからどうなる!?」
新年1月11日(水)18:45~ 東京・日本橋TOCOMスクエアで開催します。

激動の2016年マーケットを金融寸劇&解説で振り返りながら、
2017年の展望を考える特別公演を開催いたします!
金融寸劇の脚本・構成・解説は、金融ジャーナリストの川口一晃さんです。
(川口さんは、同日18:00~の「マーケット・トレンド」にご出演予定!)

この公演に50名様を無料ご招待いたします。お申し込み受付中。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください。

コメント