『小次郎講師のトレードラジオ講座』トレイリングストップ [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第2期(~16年12月)]
2016/12/06(火) 23:32 大橋ひろこ

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」小次郎講師のトレードラジオ講座、第2期シリーズは今回で終了となります。シーズン2最後のLesson15は「トレイリングストップとは」です。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

トレイリングストップとは
価格変動に応じてロスカットラインを調整することです。
基本の考え方は、買った後に価格が上昇した場合、その上昇に合わせて
ロスカットラインを切り上げるというものです。

価格の上昇に伴いリスクラインを切り上げるということですので
リスク(損失)が少なくなります。一定以上価格が上昇すれば、
リスクラインに到達しても一定の収益を確保出来るということで、
ロスカット(損失確定)注文でありながら、利食いとなるわけですね。

しかし、大きなトレンド相場が続くと高値圏ではボラティリティが上昇、
変動幅が大きくなることで、切り上げたトレイリングストップラインに
ひっかかりやすくなります。大きな押し目が入れば、そこでポジションが
カットされてしまうことが増えるため、長期トレンドで利を伸ばすことが
難しくなるというデメリットもあります。

タートルズのトレイリングストップの考え方は
ある一定のところまではトレイリングストップを使い、
そこから先は使わないというルール。
増し玉と併せてトレイリングストップを変更しますが
タートルズは増し玉は3回までなので、トレイリングストップも3回までとなります。

小次郎講師は、より利益を確保しつつ効果的にトレーリングストップを
活用してもらうために「新改良型トレイリングストップ」を考案。

ストップラインが買値のところになるまで通常のトレイリングストップを使い、
そこからさらに上昇した場合は上昇分の半分ストップロスを切り上げる、
というルールを提唱されています。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


2017年版投資手帳「CX FX STOCK DIARY 2017」を番組をお聴きの方5名様にプレゼントいたします!
詳しくは、こちらのページをご覧ください。

コメント