小次郎講師のトレードラジオ講座~ロスカットラインの正しい考え方 [大橋ひろこコラム]
2016/11/22(火) 23:41 大橋ひろこ

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」小次郎講師のトレードラジオ講座、第2期シリーズも大詰め、esson13は「ロスカットラインの正しい考え方」です。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

最終的に利益を残していくためには、想定と違う値動きとなった際、
ロスカット、損切りが出来なければなりません。

しかし、トレンドの読みが正しいならば、一時的な逆行があっても
ポジションを継続する忍耐も必要。
ただし、それがリスク許容値を超えてしまってはなりませんが。

トレンドのある相場においての一時的な逆行はノイズに過ぎません。
そのノイズに引っかからないようにロスカットラインを設定しなければ
ロスカット貧乏となってしまいますね。

では、正しいロスカットラインの設定はどのようにすればいいのでしょうか。
これを理論的にはじき出す手法があります。

タートルズのロスカットライン「2ATR」です。

「ATR」についてはLesson10で学びましたね。

ATR~1日の平均的値動きを把握しリスクコントロール
http://blog.radionikkei.jp/trend/date/20161101/

今回は、小次郎講師にロスカットラインの設定における
2ATRとはどんなものなのか、解説いただいています。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

コメント